アイリス賞(ケベック映画賞)2019 受賞結果!

 ケベック州で製作されたカナダ映画を対象とする映画賞「アイリス賞」(改称してから第3回)の受賞結果が発表されました。(6月2日結果発表。ノミネーション発表は4月11日。)


 ◆作品賞(Best Film)
 ◎“1991”(カナダ) 監督:Ricardo Trogi
 ・“La Bolduc”(カナダ) 監督:François Bouvier
 ・“A Colony (Une colonie)”(カナダ) 監督:Geneviève Dulude-De Celles
 ・“For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”(カナダ) 監督:Yan Giroux
 ・“Genesis (Genèse)”(カナダ) 監督:Philippe Lesage
 ・“Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”(カナダ) 監督:ドゥニ・コテ(Denis Côté)
 ・『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”(カナダ) 監督:マキシム・ジルー(Maxime Giroux)

 “A Colony (Une colonie)”は、ベルリン国際映画祭2019 ジェネレーションKplus部門クリスタル・ベア賞/児童審査員賞受賞。
 “Genesis (Genèse)”は、ロカルノ国際映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。
 “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”は、ベルリン国際映画祭2019コンペティション部門出品。
 『大いなる闇の日々』は、トロント国際映画祭2018 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門、東京国際映画祭2018 コンペティション部門出品。
 カナダ・スクリーン・アワード2019では、“A Colony (Une colonie)”が作品賞受賞。

 ◆監督賞(Best Director)
 ◎Ricardo Trogi “1991”
 ・ドゥニ・コテ(Denis Côté) “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”
 ・Geneviève Dulude-De Celles “A Colony (Une colonie)”
 ・マキシム・ジルー(Maxime Giroux) 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・Yan Giroux “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”


 ◆主演男優賞(Best Actor)
 ◎マルタン・デュブレイユ(Martin Dubreuil) “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・Jean-Carl Boucher “1991”
 ・ピエール=リュック・ブリラント(Pierre-Luc Brillant) 『蛍はいなくなった』“The Fireflies Are Gone (La disparition des lucioles)”(カナダ)(監督:セバスチャン・ピロット(Sébastien Pilote)))
 ・Patrick Hivon “We Are Gold (Nous sommes Gold)”(カナダ)(監督:エリック・モリン(Eric Morin))
 ・Théodore Pellerin “Genesis (Genèse)”


 ◆主演女優賞(Best Actress)
 ◎Debbie Lynch-White “La Bolduc”
 ・Josée Deschênes “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”
 ・ブリジット・プパール(Brigitte Poupart) “Les Salopes or the Naturally Wanton Pleasure of Skin (Les salopes ou le sucre naturel de la peau)”(カナダ)(監督:Renée Beaulieu))
 ・カレル・トレンブレイ(Karelle Tremblay) 『蛍はいなくなった』“The Fireflies Are Gone (La disparition des lucioles)”
 ・Carla Turcotte “Sashinka”(カナダ)(監督:Kristina Wagenbauer))

 カレル・トレンブレイは、東京国際映画祭2018東京ジェムストーン賞受賞。
 カナダ・スクリーン・アワード2019では、“A Colony (Une colonie)”でÉmilie Bierreが受賞。


 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor)
 ◎ロビン・オベール(Robin Aubert) “A Colony (Une colonie)”
 ・Pier-Luc Funk “Genesis (Genèse)”
 ・ヴァンサン・ルクレール(Vincent Leclerc) “The Fall of the American Empire (La Chute de l'empire américain)”(カナダ)(監督:ドゥニ・アルカン))
 ・アレクサンドル・ナッシュ(Alexandre Nachi) “1991”
 ・Henri Picard “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress)
 ◎サンドリーヌ・ビソン(Sandrine Bisson) “1991”
 ・セリーヌ・ボニエ(Céline Bonnier) “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・Larissa Corriveau “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”
 ・メリッサ・デゾルモー=プーラン(Mélissa Désormeaux-Poulin) “The Far Shore (Dérive)”(カナダ)(監督:デイヴィッド・ウロス(David Uloth))
 ・ナタリア・ドンシェーヴァ(Natalia Dontcheva) “Sashinka”

 カナダ・スクリーン・アワード2019では、『大いなる闇の日々』でサラ・ガドンが受賞。


 ◆脚本賞(Best Screenplay)
 ◎Guillaume Corbeil、Yan Giroux “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・Geneviève Dulude-De Celles “A Colony (Une colonie)”
 ・André Gulluni、Claude Lalonde “Origami”(カナダ)(監督:Patrick Demers))
 ・Eric K. Boulianne “Avant qu'on explose”(カナダ)(監督:Rémi St-Michel))
 ・Ricardo Trogi “1991”

 ◆撮影賞(Best Cinematography)
 ◎Sara Mishara 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・Steve Asselin “1991”
 ・イアン・ラガルド(Ian Lagarde) “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・François Messier-Rheault “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”
 ・ロナルド・プラント(Ronald Plante) “La Bolduc”

 カナダ・スクリーン・アワード2019では、Sara Misharaが『大いなる闇の日々』で受賞。

 ◆編集賞(Best Editing)
 ◎イヴァン・ティボドー(Yvann Thibaudeau) “1991”
 ・ミシェル・アルカン(Michel Arcand) “La Bolduc”
 ・Mathieu Bouchard-Malo “Genesis (Genèse)”
 ・Mathieu Bouchard-Malo 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・Elric Robichon “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”

 ◆美術賞(Best Art Direction)
 ◎Raymond Dupuis “La Bolduc”
 ・Sylvain Dion、パトリシア・マクニール(Patricia McNeil) 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・Marie-Pier Fortier “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”
 ・Marie-Claude Gosselin “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・Christian Legaré “1991”

 カナダ・スクリーン・アワード2019では、Sylvain Dionとパトリシア・マクニール(Patricia McNeil)が『大いなる闇の日々』で受賞。

 ◆衣裳デザイン賞(Best Costume Design)
 ◎Mariane Carter “La Bolduc”
 ・Caroline Bodson “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”
 ・Mélanie Garcia “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・Anne-Karine Gauthier “1991”
 ・パトリシア・マクニール(Patricia McNeil) 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”

 カナダ・スクリーン・アワード2019では、パトリシア・マクニール(Patricia McNeil)が『大いなる闇の日々』で受賞。

 ◆メイキャップ賞(Best Make-Up)
 ◎Nicole Lapierre “La Bolduc”
 ・Audrey Bitton “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・Virginie Boudreau “1991”
 ・Léonie Lévesque-Robert “A Colony (Une colonie)”
 ・Dominique T. Hasbani “Genesis (Genèse)”
 ・Dominique T. Hasbani “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”

 ◆ヘアスタイリング賞(Best Hairstyling)
 ◎Martin Lapointe “La Bolduc”
 ・Nathalie Dion “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・André Duval “The Fall of Sparta (La chute de Sparte)”
 ・Daniel Jacob “1991”
 ・Dominique T. Hasbani “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”

 ◆視覚効果賞(Best Visual Effects)
 ◎Aurélia Abate、Delphine Lasserre、Bruno Maillard、Benoît Brière、Louis-Philippe Clavet、Valérie Garcia、Étienne Rodrigue “Just a Breath Away (Dans la brume)”(仏・カナダ)(監督:ダニエル・ロビィ(Daniel Roby))
 ・Jean-François "Jafaz" Ferland、Marie-Claude Lafontaine “La Bolduc”
 ・Jean-Pierre Boies、Jean-François Talbot “1991”

 カナダ・スクリーン・アワード2019では、“Just a Breath Away (Dans la brume)”が受賞。

 ◆録音賞(Best Sound)
 ◎Claude Beaugrand、Michel B. Bordeleau、Luc Boudrias、ギレス・コーベイル(Gilles Corbeil) “La Bolduc”
 ・Mimi Allard、シルヴァン・ベルマール(Sylvain Bellemare)、Bernard Gariépy Strobl、Claude La Haye “Allure”(カナダ)(監督:Carlos Sanchez、Jason Sanchez)
 ・ステファン・ベルゲロン(Stéphane Bergeron)、Olivier Calvert、ギレス・コーベイル(Gilles Corbeil) 『蛍はいなくなった』“The Fireflies Are Gone (La disparition des lucioles)”
 ・Luc Boudrias、Frédéric Cloutier、Stephen De Oliveira “The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・Sylvain Brassard、Michel Lecoufle “1991”

 ◆オリジナル音楽賞(Best Original Music)
 ◎Philippe Brault 『蛍はいなくなった』“The Fireflies Are Gone (La disparition des lucioles)”
 ・Olivier Alary 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・Philippe B “We Are Gold (Nous sommes Gold)”
 ・Frédéric Bégin “1991”
 ・Peter Venne “Avant qu'on explose”

 ◆新人賞(Revelation of the Year)
 ◎Émilie Bierre “A Colony (Une colonie)”
 ・Irlande Côté “A Colony (Une colonie)”
 ・Lévi Doré “The Fall of Sparta (La chute de Sparte)”
 ・Maripier Morin “The Fall of the American Empire (La Chute de l'empire américain)”
 ・Jacob Whiteduck-Lavoie “A Colony (Une colonie)”


 ◆短編映画賞(Best Live Action Short Film)
 ◎“Brotherhood (Ikhwène)”(チュニジア・カナダ) 監督:Meryam Joobeur
 ・『野獣』“Fauve”(カナダ) 監督:ジェレミー・コント(Jérémy Comt)
 ・“Lunar-Orbit Rendezvous”(カナダ) 監督:Mélanie Charbonneau
 ・“Milk”(カナダ) 監督:Santiago Menghini
 ・“My Boy (Mon Boy)”(カナダ) Sarah Pellerin

 “Brotherhood (Ikhwène)”は、トロント国際映画祭2018最優秀カナダ短編映画賞受賞。サンフランシスコ国際映画祭2019最優秀ナラティヴ・ショート。
 『野獣』は、米国アカデミー賞2019短編映画賞ノミネート。
 “Lunar-Orbit Rendezvous”は、ロカルノ国際映画祭2018レパード・オブ・トゥモロー部門出品。
 “Milk”は、SWSX映画祭2018 ミッドナイト・ショート審査員賞受賞。
 “My Boy (Mon Boy)”は、トロント国際映画祭2018 SHORT CUTS部門出品。
 カナダ・スクリーン・アワード2019では、『野獣』が受賞。

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ◎“Innu Nikamu: Chanter la résistance”(カナダ) 監督:Kevin Bacon Hervieux
 ・“Anote's Ark”(カナダ) 監督:Matthieu Rytz
 ・“Cielo”(チリ・カナダ) 監督:Alison McAlpine
 ・“The Other Rio (L'autre Rio)”(カナダ) 監督:Émilie B. Guérette
 ・“Pauline Julien,intime et politique”(カナダ) 監督:Pascale Ferland

 “Anote's Ark”は、サンダンス映画祭2018出品。
 “Cielo”は、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2018出品。

 ◆撮影賞 ドキュメンタリー部門(Best Cinematography in a Documentary)
 ◎Danae Elon、Itamar Mendes Flohr “A Sister's Song”(カナダ・イスラエル)(監督:Danae Elon))
 ・ベンハミン・エチャサレッタ(Benjamín Echazarreta) “Cielo”
 ・Sylvestre Guidi “New Memories”(カナダ)(監督:Michka Saäl))
 ・Alexandre Lampron “Des histoires inventées”(カナダ)(監督:Jean Marc E. Roy))
 ・Matthieu Rytz “Anote's Ark”

 ◆編集賞 ドキュメンタリー部門(Best Editing in a Documentary)
 ◎René Roberge “Pauline Julien,intime et politique”
 ・Mila Aung-Thwin、Oana Suteu Khintirian “Anote's Ark”
 ・Natacha Dufaux “The Other Rio (L'autre Rio)”
 ・Vincent Guignard、Alexandre Leblanc “A Sister's Song”
 ・Catherine Legault “My Mother's Letters (Les lettres de ma mère)”(カナダ)(監督:Serge Giguère))

 ◆録音賞 ドキュメンタリー部門(Best Sound in a Documentary) [前回より新設]
 ◎Cyril Bourseaux、Mélanie Gauthier、Simon Léveillé、Simon Plouffe、Lynne Trépanier、Jean Paul Vialard、Shikuan Shetush Vollant “Ceux qui viendront,l'entendront”(カナダ)(監督:Simon Plouffe))
 ・Claude Beaugrand、Luc Boudrias、Serge Giguère “My Mother's Letters (Les lettres de ma mère)”
 ・Bruno Bélanger、Marie-Pierre Grenier、Francisco Heron De Alencar “The Other Rio (L'autre Rio)”
 ・Olivier Calvert、Jean Paul Vialard “Pauline Julien,intime et politique”
 ・Andrés Carrasco、Miguel Hormazábal、Mauricio López、Alison McAlpine、Rodrigo Salvatierra、Carlo Sanchez Farías、Claudio Vargas “Cielo”

 ◆短編アニメーション賞(Best Animated Short Film)
 ◎“The Subject (Le sujet)”(カナダ) 監督:Patrick Bouchard
 ・“Bone Mother”(カナダ) 監督:Dale Hayward、Sylvie Trouvé
 ・“But One Bird Sang Not (Mais un oiseau ne chantait pas)”(カナダ) 監督:ピエール・エベール(Pierre Hébert)
 ・“Not Your Panda”(カナダ) 監督:Tigris Alt Sakda
 ・“The Sisters' Bedroom (La chambre des filles)”(カナダ) 監督:Claire Brognez

 “The Subject (Le sujet)”は、カンヌ国際映画祭2018監督週間出品。

 ◆キャスティング賞(Best Casting)
 ◎Ariane Castellanos “A Colony (Une colonie)”
 ・Nathalie Boutrie “The Fall of Sparta (La chute de Sparte)”
 ・Chloé Cinq-Mars “The Far Shore (Dérive)”
 ・ドゥニ・コテ(Denis Côté) “Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”
 ・Nolwenn Daste、Fanny Rainville、Kristina Wagenbauer “Sashinka”

 ◆ケベック以外で最も成功した映画(Most Successful Film Outside Quebec)
 ◎“The Fall of the American Empire (La Chute de l'empire américain)”
 ・“Cielo”
 ・『きみへの距離、1万キロ』“Eye on Juliet”(カナダ)(監督:キム・グエン))
 ・『蛍はいなくなった』“The Fireflies Are Gone (La disparition des lucioles)”
 ・“Racetime (La Course des tuques)”(カナダ)(監督:ブノワ・ゴドブ(Benoît Godbout)、ジャン=フランソワ・プリオ(Jean-François Pouliot)、François Brisson))

 ◆観客賞(Public Prize)
 ◎1991”
 ・La Bolduc”
 ・The Fall of the American Empire (La Chute de l'empire américain)”
 ・The Fireflies Are Gone (La disparition des lucioles)”
 ・Racetime (La Course des tuques)”

――――――――――――――――――――――――――――――――

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・“1991”(5/16):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・編集・撮影・美術・衣裳・メイク・ヘア・視覚効果・録音・音楽・観客
 ・“For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”(2/12):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・ヘア
 ・“La Bolduc”(6/11):作品・主演女優・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・ヘア・視覚効果・録音・観客
 ・“Ghost Town Anthology (Répertoire des villes disparues)”(0/10):作品・監督・主演女優賞・助演女優・撮影・美術・衣裳・メイク・ヘア・キャスト
 ・“A Colony (Une colonie)”(3/9):作品・監督・助演男優
脚本・メイク・新人・新人・新人・キャスト
 ・『大いなる闇の日々』(1/7):作品・監督・撮影・編集・美術・衣裳・音楽
 ・“The Fall of the American Empire (La Chute de l'empire américain)”(1/7):助演男優・ヘア・新人・新人・キャスト・ケベック以外・観客
 ・『蛍はいなくなった』(1/5):主演男優・主演女優・録音・音楽・ケベック以外
 ・“Genesis (Genèse)”(0/5):作品・主演男優・助演男優・編集・メイク
 ・“Pauline Julien,intime et politique”(1/3):ドキュメンタリー・ドキュメンタリー編集・ドキュメンタリー録音
 ・“Sashinka”(0/3):主演女優・助演女優・キャスト
 ・“Cielo”(0/3):ケベック以外・ドキュメンタリー・ドキュメンタリー撮影
 ・“The Other Rio (L'autre Rio)”(0/3):ドキュメンタリー・ドキュメンタリー編集・ドキュメンタリー録音
 ・“Anote's Ark”(0/3):ドキュメンタリー・ドキュメンタリー撮影・ドキュメンタリー編集
 ・“Avant qu'on explose”(0/3):脚本・録音・音楽
 ・“A Sister's Song”(1/2):ドキュメンタリー撮影・ドキュメンタリー編集
 ・“We Are Gold (Nous sommes Gold)”(0/2):主演男優・音楽
 ・“The Far Shore (Dérive)”(0/2):助演女優・キャスト
 ・“My Mother's Letters (Les lettres de ma mère)”(0/2):ドキュメンタリー編集・ドキュメンタリー録音

--------------------------------

 “1991”(カナダ) 監督:Ricardo Trogi
 出演:サンドリーヌ・ビソン(Sandrine Bisson)、Jean-Carl Boucher、Mamoudou Camara、Giuseppe Cantore、Francesca Luce Cardinale、ルイジ・シアルド(Luigi Ciardo)
 物語:21歳のRicardoは、自分の冒険(自分の恋とイタリア行き)について語る。
 “1981”(2009)、“1987”(2014)と自分の形成期の物語を語り続けているRicardo Trogiの半自伝シリーズの最新作で、今回は、UQAMの脚本プログラムを受講している21歳の時の物語。Ricardoは、前年に出会ったMarie-Eve Bernardと恋をし、彼女を将来の子どもたちの母親と考えていて、彼女にペルージャの交換プログラムに一緒に行くよう頼む。
 カナダ・スクリーン・アワード2019 ゴールデン・スクリーン・アワード受賞(Ricardo Trogi)。


 “La Bolduc”(カナダ) 監督:François Bouvier
 出演:Debbie Lynch-White、Émile Proulx-Cloutier、Bianca Gervais、Laurence Deschênes、ローズ・マリエ・ペレアルト(Rose-Marie Perreault)、ミレーヌ・マッケイ(Mylène Mackay)、ヤン・イングランド(Yan England)
 物語:マリー・トラヴァース(Mary Travers、1936-2009)の人生の物語。マリー・トラヴァースは、60年代、アメリカのフォークグループの1つ、ピーター・ポール&マリーに参加し、ピーター・ポール&マリーが解散した70年代 以降はソロ活動した。マリーは、Madame BolducまたはLa Bolducとして知られ、カナダのフォークシンガーの女王として君臨した。ケベックで最初のシンガーソングライターとしばしば考えられている。彼女のスタイルは、アイルランドとケベックの伝統的な民俗音楽を、通常は明るい、コメディの曲で組み合わせたものである。


 “A Colony (Une colonie)”(カナダ) 監督:Geneviève Dulude-De Celles
 出演:Émilie Bierre、Cassandra Gosselin-Pelletier、Jacob Whiteduck-Lavoie、Irlande Côté、ロビン・オベール(Robin Aubert)
 物語:Mylia (Émilie Bierre)は、高校生活をスタートした若い娘で、Jacinthe (Cassandra Gosselin-Pelletier)と新しい友人関係を築き、セックスやアルコールといった悪影響を受ける。アーティスティックなファースト・ネーションの学生Jimmy (Jacob Whiteduck-Lavoie)とも仲良くなる。
 ベルリン国際映画祭2019 ジェネレーションKplus部門クリスタル・ベア賞/児童審査員賞受賞。
 カナダ・スクリーン・アワード2019 作品賞、主演女優賞(Émilie Bierre)、第1回作品賞受賞。


 『野獣』“Fauve”(カナダ/17min)監督:ジェレミー・コント(Jeremy Comte)
 物語:「大空の下、果てしなく広がる大鉱山。二人の少年が危険な力争いゲームに興じている。見守る者は誰一人おらず、戦いの証人は大自然だけ…。」
 サンダンス映画祭2018出品。審査員特別賞受賞。
 アスペン短編映画祭2018出品。最優秀ドラマ受賞。
 REGARD - Festival International du court-métrage au Saguenay(カナダ)2018出品。カナディアン・グランプリ、ユース短編賞受賞。
 クリーヴランド国際映画祭2018出品。プログラマーズ・アワード受賞。
 ミネアポリス・セントポール国際映画祭2018出品。最優秀ナラティヴ・ショート受賞。
 VISウィーン・インディペンデント・ショーツ出品。審査員賞受賞。
 パームスプリングス国際短編映画祭2018出品。
 ファンタジア映画祭2018インターナショナル短編コンペティション部門出品。女優賞受賞(Félix Grenier)。
 メルボルン国際映画祭2018出品。最優秀短編フィクション賞(メルボルン市賞)受賞。
 ロード・アイランド国際映画祭2018出品。撮影賞受賞。
 オルデンブルグ国際映画祭2018出品。最優秀短編賞受賞。
 トロント国際映画祭2018 最優秀カナダ短編映画賞 オナラブル・メンション受賞。
 Jameson CineFest - Miskolc国際映画祭2018出品。
 カルガリー国際映画祭2018 最優秀オーバーオール短編映画賞受賞。
 バンクーバー国際映画祭2018出品。最優秀カナディアン・ショート受賞。
 サンディエゴ国際映画祭2018出品。
 TiSFF テッサロニキ国際短編映画祭2018出品。Cinematic Achievement Award受賞。
 AFIフェスト2018出品。
 コーク映画祭2018出品。
 ケルン短編映画祭2018出品。
 マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル2019にて上映。
 クレルモン・フェラン国際短編映画祭2019出品。
 米国アカデミー賞2019 短編映画賞ノミネート。
 ボールダー国際映画祭2019出品。最優秀短編映画賞受賞。
 カナダ撮影者協会賞2019 ドラマティック・ショート部門ノミネート。
 ファーゴ映画祭2019 ナラティヴ・ショート オナラブル・メンション受賞。
 カナダ・スクリーン・アワード2019 最優秀短編映画賞受賞。


--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アイリス賞(ケベック映画賞)2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_14.html
 ・アイリス賞(ケベック映画賞)2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201706/article_2.html
 ・ケベック映画賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_28.html
 ・Jutra賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_19.html
 ・Jutra賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_18.html
 ・Jutra賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_16.html
 ・Jutra賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_18.html
 ・Jutra賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_8.html
 ・Jutra賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_44.html
 ・Jutra賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_19.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年4月~9月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_12.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック