海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港国際映画祭2019 受賞結果

<<   作成日時 : 2019/05/16 07:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第43回香港国際映画祭(第43 届香港國際電影節/3月18日-4月1日)の受賞結果です。

画像

 今回からヤング・シネマ・コンペティション部門が、インターナショナル部門とチャイニーズ部門に分割になりました。

 【ヤング・シネマ・インターナショナル・コンペティション部門】(Young Cinema International Competition)

 ・“Campo”(ポルトガル) 監督:Tiago Hespanha
 ・“Hellhole”(ベルギー・オランダ) 監督:Bas Devos
 ・“Cronofobia”(スイス) 監督:Francesco Rizzi
 ・“Ti imas noc(You Have the Night)”(モンテネグロ・セルビア) 監督:Ivan Salatic
 ・“Irina”(ブルガリア) 監督:Nadejda Koseva
 ・“Dronningen(Queen of Hearts)”(デンマーク・スウェーデン) 監督:May el-Toukhy
 ・“The Gold-Laden Sheep & the Sacred Mountain”(インド) 監督:Ridham Janve

 審査員:Michel Ciment(ポジティフ誌の編集者)、アンゲラ・シャーネレク(Angela Schanelec:ドイツの映画監督)、Ignas SCheynius(ストックホルム国際映画祭の設立者、ディレクター)、坂野ゆか(川喜多記念映画文化財団チーフコーディネーター)

 ◆グランプリ(Firebird Award/火鳥大獎)
 ◎“Ti imas noc(You Have the Night)”(モンテネグロ・セルビア) 監督:Ivan Salatic
 物語:船で働いていたSanjaは、船を降りた後、家に帰る以外に行くところがないことに気づく。造船所は、倒産を申請し、多くの労働者が失業した。防水シートがかけられた船は、風景の中に散乱し、よりよき日々を待っている。嵐がやってきて、ひとつの命が失われる。Lukaは、森の中で夜を明かす。すべてが変わる夜を。
 ベネチア国際映画祭2018 国際批評家週間出品。

画像

 ◆監督賞
 ◎Bas Devos “Hellhole”(ベルギー・オランダ)
 物語:若いアラブ人Medhi、息子が中東に向かうフランドルの医師Wannes、イタリア人翻訳者Alba。孤独な街ブリュッセルで、3人は時代の重荷の中で漂う。
 ベルリン国際映画祭2019 パノラマ部門出品。

画像

 ◆男優賞
 ◎Gustav Lindh “Dronningen(Queen of Hearts)”

 “Dronningen(Queen of Hearts)”(デンマーク・スウェーデン) 監督:May el-Toukhy
 出演:トリーヌ・ディルホム、Gustav Lindh、マグヌス・クレッペル(Magnus Krepper)
 物語:成功した弁護士のAnneは、彼女の2人の娘と医師の夫Peterと一緒に美しいモダニストの家に住んでいる。Peterには、別の女性との間に10代の息子Gustavがいて、問題を抱えたGustavは彼らと同居するようになる。AnneとGustavは親密な絆を築くが、Anneの完璧な人生は危険にさらされることになる。そして、当初Anneの解放的な行動のように思われたものは、壊滅的な結果を伴う、権力と裏切りと責任の不穏な物語に変容する。
 サンダンス映画祭2019 観客賞受賞。
 ロッテルダム国際映画祭2019出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2019 ノルディック映画賞、パフォーマンス賞(トリーヌ・ディルホム)、観客賞受賞。

画像

 ◆女優賞
 ◎Martina Apostolova “Irina”(ブルガリア)

 “Irina”(ブルガリア) 監督:Nadejda Koseva
 物語:Irinaはパートタイムのウェイトレスとして働いていたが、解雇される。不運なことに同じ日に、夫はひどい事故に遭う。彼は体が不自由になり、もはや生計を立てることができない。体の不自由な夫、子ども、そして自分自身の面倒を見るために、Irinaは代理母になる決心をする。しかし、やがてこれは信じられないほど困難であることがわかる。それでも彼女がそれに参加する時、Irinaは自分の中で成長している生命をどのように受け入れればいいだろうか? 彼女は、ゆっくりと愛することと許すことの意味を発見する。
 ゴールデン・ローズ映画祭2018 デビュー賞(Nadejda Koseva)、女優賞(Martina Apostolova)、ブルガリア・フィルムメイカー組合賞受賞。
 ワルシャワ国際映画祭2018 審査員特別賞受賞(Martina Apostolova)。
 ティラナ国際映画祭2018出品。Golden Owl賞受賞。
 ミンスク国際映画祭2018出品。
 Listapad国際映画祭2018出品。
 コットバス国際映画祭2018出品。デビュー映画賞、女優賞(Martina Apostolova)受賞。
 トビリシ国際映画祭2018出品。
 マラケシュ国際映画祭2018出品。
 バーリ国際映画祭2019出品。

画像

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“The Gold-Laden Sheep & the Sacred Mountain”(インド) 監督:Ridham Janve
 物語:ヒマラヤで空軍のジェット機が墜落した後、年老いた羊飼いが群れを残してパイロットを捜しに行く。ジェット機が墜落した山は、聖なる山であったが、聖域を侵すことは羊飼いの意思したことではなかった。禁じられた土地に入る時、彼は、時空の次元を超えようと懸命になる。置き去りにされた群れは、うろつきまわる捕食者によって崩壊し、頭部を切り落とされた。
 ムンバイ映画祭2018 インディア・ゴールド部門シルバー・ゲイトウェイ賞受賞。
 ダラムシャーラー国際映画祭2018出品。
 ロッテルダム国際映画祭2019出品。

画像

 【ヤング・シネマ・チャイニーズ・コンペティション部門】(Young Cinema Chinese Competition)

 ・『はじめての別れ』“A First Farewell(第一次的离别)”(中) 監督:リナ・ワン(Lina Wang/王丽娜)
 ・“A Dog Barking at the Moon(再見 南屏晚鐘)”(中・西) 監督:Lisa Zi Xiang(相梓)
 ・『幻土』“A Land Imagined(幻土)”(仏・オランダ・シンガポール) 監督:ヨー・シュウホァ(Siew Hua Yeo/楊修華)
 ・“Cheng ke(乗客/ Give Me a Ride)”(中) 監督:Zhenhao Xu(許振昊)
 ・“Dong qu dong you lai(冬去冬又来)”(中) 監督:Jian Xing(邢健)
 ・『過ぎた春』“Guo chun tian(過春天/The Crossing)”(中) 監督:パイ・シュエ(Bai Xue/白雪)
 ・“Man you(漫游)”(中) 監督:Xin Zhu(祝新)
 ・“Three Adventures of Brooke(星溪的三次奇遇)”(中・マレーシア) 監督:Sissi Deng(竹原青)

 審査員賞:チアン・ウェン、レオン・カーファイ、Peggy Chiao(プロデューサー、脚本家、作家))

 ◆グランプリ(Firebird Award/火鳥大獎)
 ◎『はじめての別れ』“A First Farewell(第一次的离别)”(中) 監督:Lina Wang(王丽娜)
 物語:「ムスリムの少年アイサは村の学校に通い、聾唖でときどき家を抜け出して徘徊する母の面倒を見ながら父親の農作業も手伝っている。アイサは仲の良い同級生の少女カリビヌールと一緒に羊の世話をするのが好きだ。カリビヌールはウイグル語の成績がいい反面、中国語の成績が悪く、彼女の母親は中国語の特訓のための方策を考えている。やがてアイサの母は施設に入ることになり、アイサが初めて経験する別れがやってくる…。」
 東京国際映画祭2018 アジアの未来部門出品。作品賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2019 ジェネレーション Kplus部門出品。クリスタル・ベア賞、インターナショナル審査員賞特別賞受賞。
 ファジル映画祭2019出品。

画像

 ◆監督賞
 ◎“Cheng ke(乗客/ Give Me a Ride)”(中) 監督:Zhenhao Xu(許振昊)
 物語:重慶。離婚したタクシー運転手の静かな生活は、20年ぶりに帰ってきた神秘的な女性が乗車した後に噴き出します。彼の性的欲求は再燃し、彼女はまた彼の麻痺した母親と反抗的な同性愛者の息子についての彼の抑制された怒りを解放する。暗いトンネルと深い霧に包まれて、彼は先に光が見えない。

画像

 ◆男優賞
 ◎Yu Deng(ケ宇) “Cheng ke(乗客/Zhenhao Xu)”(中)

 ◆女優賞
 ◎ホアン・ヤオ(Huang Yao/黄堯) 『過ぎた春』“Guo chun tian(過春天)”(中)

画像

 『過ぎた春』“Guo chun tian(過春天/The Crossing)”(中) 監督:パイ・シュエ(Bai Xue/白雪)
 物語:Peipei(佩佩)は、深圳に住みながら、香港で勉強していて、16年の間、2つの都市を行ったり来たりしている。彼女の夢は、親友と日本に行って、雪を見ることだ。Peipeiは密輸団に入り、学生の身分を使って、香港から大陸へとiPhoneの密輸をするようになる。家族生活と友情はバラバラになり始め、Peipeiの日常生活はコントロールできなくなる。
 初監督作品。田壮壮がエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。
 トロント国際映画祭2018 DISCOVERY部門出品。NETPAC賞受賞。
 ピンヤオ国際映画祭2018 Fei Mu奨 最優秀作品賞、女優賞(Huang Yao(黄堯))受賞。
 ベルリン国際映画祭2019ジェネレーション14plus部門出品。
 ダブリン国際映画祭2019出品。ダブリン映画批評家協会賞 脚本賞受賞。
 大阪アジアン映画祭2019出品。来るべき才能賞(パイ・シュエ)受賞。
 アジア映画賞2019 新人賞、新人監督賞受賞。
 北京大学生電影節2019 審査員グランプリ、ニューカマー賞受賞。

画像

 ドキュメンタリー・コンペティション部門】
 
画像
 
 ◆グランプリ(Firebird Award/火鳥大獎)
 ◎“Midnight Family”(メキシコ・米) 監督:Luke Lorentzen
 メキシコシティーには、900万人という人口に対し、緊急救急車は45台しかない。Ochoa一家は、民間の救急車を走らせて、地下のライフラインとして機能している。しかし、一家は、警察への賄賂と熾烈な争いでいっぱいである。彼らは、信用できるという評判を得ながらも、窮地にある患者からお金を稼ぐという倫理的に疑わしい慣行に身を置くことを余儀なくされる。本作では、至る所で、息をのむようなスピードと緊急の事態が展開する。カメラは緊張感あるテクスチャーと救急車とレスキューのスリルを捉えて、深刻な財政的および道徳的な強要の下での家族と社会についてのサブテキストの物語が浮かび上がっていく。
 サンダンス映画祭2019出品。撮影賞受賞。
 テッサロニキ・ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 カルタヘナ国際映画祭2019出品。
 グアダラハラ国際映画祭2019出品。長編ドキュメンタリー賞、MEZCAL Awardメキシコ長編映画賞、監督賞受賞。
 CPH:DOX 2019出品。F:ACT Awardオナラブル・メンション受賞。
 Docville国際映画祭2019出品。
 ヒューストン・ラティーノ映画祭2019出品。
 New Directors/New Films 2019出品。
 フル・フレーム・ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 ナイト・ヴィジョンズ映画祭2019出品。
 FREEP映画祭2019出品。
 サラソータ映画祭2019出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2019出品。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 カルガリー・アンダーグラウンド映画祭2019出品。
 モントクレア映画祭2019 出品。Bruce Sinofsky Prizeオナラブル・メンション受賞。
 シアトル国際映画祭2019出品。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。

画像

 ◆審査員賞
 ◎“Advocate”(カナダ・スイス・イスラエル) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche
 イスラエルの人権弁護士Lea Tsemelは抑止できない力である。彼女は、イスラエルの裁判所で50年近くにわたってパレスチナ人を数多くの刑事訴訟から弁護してきて、裁判制度の慈悲心の確固たるサポーターになっている。マスコミや世論の中で頻繁に厳しい批判にさらされて、Tsemelは正義が役立つという信念に楽観的で揺るがずにいる。
 サンダンス映画祭2019出品。
 テッサロニキ・ドキュメンタリー映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品出品。Golden Alexander受賞。国際批評家連盟賞受賞。
 CPH:DOX 2019出品。
 It's All True –国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 DocAviv国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。

画像

 【短編コンペティション部門】

 ◆グランプリ(Firebird Award/火鳥大獎)
 ◎“All These Creatures”(オーストラリア) 監督:Charles Williams
 思春期の少年が、ミステリアスな蔓延の記憶、彼の父親の解明、われわれすべての内なる生き物について解き明かそうとする。
 Signes de Nuit 国際映画祭2018出品。Signs Awardスペシャル・メンション受賞。
 カンヌ国際映画祭2018出品。短編部門パルムドール受賞。
 メルボルン国際映画祭2018出品。オーストラリア短編映画賞受賞。
 コンコルト映画祭2018出品。ヤング審査員スペシャル・メンション。
 ドキュフェスト国際ドキュメンタリー&短編映画祭2018出品。
 トロント国際映画祭2018 SHORT CUTS部門出品。
 バトゥミ国際ArtHouse映画祭2018出品。最優秀短編賞受賞。
 El Gouna映画祭2018出品。
 Black Canvasコンテンポラリー映画祭2018出品。脚本賞受賞。
 International Cinematographers' Film Festival Manaki Brothers 2018出品。"Small Golden Camera 300" Award受賞。
 エンカウンター国際映画祭2018出品。
 Sedicicorto国際映画祭 2018出品。
 アデレード映画祭2018出品。
 Festival de cine fantástico de la Universidad de Málaga 2018出品。撮影賞受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2018出品。
 THESS国際映画祭2018出品。シネマティク・アチーヴメント賞受賞。
 ミラノ国際映画祭2018出品。
 釜山国際映画祭2018出品。
 ボスフォラス映画祭2018出品。
 ティラナ国際映画祭2018出品。
 Winterthur国際短編映画祭2018出品。Youth Film Award 12+受賞。
 ストックホルム国際映画祭2018出品。
 Certamen Internacional de Cortos Ciudad de Soria 2018出品。
 Panorama Coisa De Cinema 2018出品。インターナショナル短編映画賞オナラブル・メンション。
 Festival Du Grain à Démoudre 2018出品。ヤング審査員賞受賞。
 エレヴァン短編映画2018出品。
 NDU国際映画祭2018 出品。Golden Olive Award 受賞。
 リガ国際映画祭2ANNAS 2018出品。
 AACTAオーストラリア・アカデミー賞2018 最優秀短編フィクション賞受賞。
 フリッカーフェスト国際短編映画祭2019出品。
 Minimalen短編映画祭2019出品。最優秀短編賞オナラブル・メンション。
 オマハ映画祭2019出品。
 レッドライン国際映画祭2019出品。フィクション賞、脚本賞,撮影賞受賞。
 タンペレ国際短編映画祭2019出品。
 Akbank短編映画祭2019出品。最優秀短編賞受賞。
 ショート・ウェーヴ映画祭2019出品。
 20 MinMax国際短編映画祭2019出品。最優秀短編賞受賞。
 ミネアポリス・セントポール国際映画祭2019出品。
 サラソータ映画祭2019出品。
 Skepto映画祭2019出品。

画像

 ◆審査員賞
 ◎“The Call”(ルーマニア) 監督:アンカ・ダミアン(Anca Damian)
 物語:電話、浴室、そして女性は世界の交差点にいる。
 トロント国際映画祭2018 SHORT CUTS部門出品。
 サンダンス映画祭2019出品。
 シアトル国際映画祭2019出品。

画像

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
  
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・香港国際映画祭2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201804/article_2.html
 ・香港国際映画祭2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_35.html
 ・香港国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_2.html
 ・香港国際映画祭2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_6.html
 ・香港国際映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_9.html
 ・香港国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_18.html
 ・香港国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201204/article_12.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年4月〜9月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_12.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年1月〜5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香港国際映画祭2019 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる