海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS カンヌ国際映画祭2019 短編部門、シネフォンダシオン部門

<<   作成日時 : 2019/04/21 21:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ◆短編部門
 4,240本から選出。
 ・“The Jump”(仏) 監督:Vanessa Dumont、Nicolas Davenel

 ・“And Then the Bear”(仏) 監督:アニエス・アトロン(Agnès Patron)
  アニエス・アトロンは、セザール賞2016候補の短編アニメ―ション『Chulyen, a crow’s tale』“Chulyen, Histoire De Corbeau”の監督。

 ・“The Van”(アルバニア・仏) 監督:Erenik Beqiri

 ・“The Distance Between Us and the Sky”(ギリシャ・仏) 監督:Vasilis Kekatos
  Vasilis Kekatosは、“The Silence of the Dying Fish”はロカルノ映画祭2018 レパード・オブ・トゥモロー部門出品。

 ・“Who Talks(Ingen lyssnar)”(スウェーデン) 監督:Elin Övergaard

 ・“All Inclusive”(フィンランド) 監督:テーム・ニッキ(Teemu Nikki)
  テーム・ニッキは『ペット安楽死請負人』の監督。

 ・“Butterflies(Parparim)”(イスラエル) 監督:Yona Rozenkier
  Yona Rozenkierは、ロカルノ国際映画祭2018、トロント国際映画祭2018に“The Dive (Hatzlila)”を出品。

 ・“Anna”(ウクライナ・イスラエル・英) 監督:Dekel Berenson

 ・“White Echo”(米) 監督:クロエ・セヴィニー
  クロエ・セヴィニーは2016年のカンヌ映画祭に短編“Kitty”を出品。“White Echo”は監督第3作?

 ・“Monster God(Monstruo Dios)”(アルゼンチン) 監督:Agustina San Martín

 ・“The Nap(La Siesta)”(アルゼンチン) 監督:Federico Luis Tachella


 ◆シネフォンダシオン部門
 2000本から選出。17本中3本がアニメーション。
 ・“Solar Plexus”(英) 監督:David McShane(NFTS)
 ・“Roadkill”(英) 監督:Leszek Mozga(UAL)
 ・“Mano a mano”(仏) 監督:Louise Courvoisier(CinéFabrique)
 ・“Rosso: A True Lie About a Fisherman(Rosso : La Vera storia falsa del pescatore Clemente)”(仏) 監督:Antonio Messana(La Fémis)
 ・“Bamboe”(ベルギー) 監督:Flo Van Deuren(RITCS)
 ・“Favourites(Favoriten)”(オーストリア) 監督:Martin Monk(Filmakademie Wien)
 ・“As Up to Now(Ahogy eddig)”(ハンガリー) 監督:Katalin Moldovai(Budapest Metropolitan University (METU))
 ・“The Little Soul(Duszyczka)”(ポーランド) 監督:Barbara Rupik(PWSFTviT)
 ・“One Hundred and Twenty-Eight Thousand(Sto dvacet osm tisíc)”(チェコ) 監督:Ondřej Erban(FAMU)
 ・“Pura vida”(スロヴァキア) 監督:Martin Gonda(FTF VŠMU – Film and Television Faculty, Academy of Performing Arts)
 ・“Complex Subject(Slozhnopodchinennoe)”(ロシア) 監督:Olesya Yakovleva(St Petersburg State University of Film and Television)
 ・“Ambience”(パレスチナ) 監督:Wisam Al Jafari(Dar al-Kalima University College of Arts and Culture)
 ・“Rift(Netek)”(イスラエル) 監督:Yarden Lipshitz Louz(Sapir College)
 ・“Adam”(シンガポール) 監督:Shoki Lin(NTU)
 ・“Alien(Reonghee)”(韓) 監督:Yeon Jegwang(Korea National University of Arts)
 ・“Jeremiah”(米) 監督:Kenya Gillespie(University of Texas at Austin)
 ・“Hiêu”(米) 監督:Richard Van(CalArts)

――――――――――――――――――――――――――――――――

 短編部門とシネフォンダシオン部門の審査員長は、クレール・ドゥニ。

 今回は、日本からの選出は短編部門もシネフォンダシオン部門も1本もありませんでした。(2016年よりより、なら国際映画祭とカンヌのシネフォンダシオン部門はパートナーシップを結んでいて、なら国際映画祭の学生映画部門(NARA-wave)から3作品をシネフォンダシオンのディレクターに推薦付きで応募できるようになったらしく、2017年は日本からの選出がありましたが、2018年、2019年は選出がありませんでした。)

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 *[人気ブログランキング]
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 カンヌ国際映画祭 短編コンペティション&シネフォンダシオン部門
 2018年ラインナップ:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201804/article_12.html
 2017年ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_18.html
 2016年ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_22.html
 2015年ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_17.html
 2014年ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_22.html
 2013年ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_11.html
 2012年ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_20.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カンヌ国際映画祭2019 短編部門、シネフォンダシオン部門 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる