シカゴ・インディペンデント映画批評家サークル賞2019 受賞結果

 第3回シカゴ・インディペンデント映画批評家サークル賞の受賞結果です。(ノミネーション発表は1月27日、受賞結果発表は2月2日)

 シカゴ・インディペンデント映画批評家サークル(CIFCC:The Chicago Independent Film Critics Circle)
 設立年:2016? 会員数:21
 公式サイト:https://chicagoindiecritics.org/
 公式twitter:https://twitter.com/CriticsChicago?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fchicagoindiecritics.org%2Fabout%2F

 [特徴]
 ・作品賞を、インディペンデント作品賞とスタジオ作品賞に分けている。
 ・批評家協会賞には珍しくメイキャップ賞を設けている。
 ・インパクト賞、先駆者賞という賞を設けている。
 ・2016年のインディペンデント作品賞は『ムーンライト』、スタジオ作品賞は『ラ・ラ・ランド』、2017年のインディペンデント作品賞は『レディ・バード』、スタジオ作品賞は『LOGAN/ローガン』。

 前回はノミネーションも受賞結果も年内の発表でしたが、今回は両方とも年を越えてからの発表になりました。

画像

――――――――――――――――――――――――――――――――

 ◆インディペンデント作品賞(Best Independent Film)
 ※予算2000万未満の作品を対象とする
 ・“Eighth Grade”
 ・『魂のゆくえ』
 ・『ヘレディタリー/継承』
 ◎『ビール・ストリートの恋人たち』
 ・『ROMA/ローマ』

 ◆スタジオ作品賞(Best Studio Film)
 ・『アナイアレイション -全滅領域-』
 ◎『ブラックパンサー』
 ・『ファースト・マン』
 ・『スパイダーマン:スパイダーバース』
 ・『アリー/スター誕生』
 ・『バイス』

 ◆監督賞(Best Director)
 ・アリ・アスター 『ヘレディタリー/継承』
 ・ライアン・クーグラー 『ブラックパンサー』
 ・アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』
 ◎スパイク・リー 『ブラック・クランズマン』
 ・リン・ラムジー 『ビューティフル・デイ』

 ◆主演男優賞(Best Actor)
 ・クリスチャン・ベール 『バイス』
 ・ブラッドリー・クーパー 『アリー/スター誕生』
 ・ライアン・ゴズリング 『ファースト・マン』
 ◎イーサン・ホーク 『魂のゆくえ』
 ・ホアキン・フェニックス 『ビューティフル・デイ』

 ◆主演女優賞(Best Actress)
 ・ヤリッツァ・アパリシオ 『ROMA/ローマ』
 ・トニ・コレット 『ヘレディタリー/継承』
 ・オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』
 ◎エルシー・フィッシャー “Eighth Grade”
 ・レディー・ガガ 『アリー/スター誕生』

 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor)
 ・マハーシャラ・アリ 『グリーンブック』
 ・アダム・ドライヴァー 『ブラック・クランズマン』
 ・サム・エリオット 『アリー/スター誕生』
 ・ヒュー・グラント 『パディントン2』
 ◎リチャード・E・グラント 『ある女流作家の罪と罰』“Can You Ever Forgive Me?”
 ・マイケル・B・ジョーダン 『ブラックパンサー』

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress)
 ・エリザベス・デビッキ 『妻たちの落とし前』
 ・クレア・フォイ 『ファースト・マン』
 ◎レジーナ・キング 『ビール・ストリートの恋人たち』
 ・エマ・ストーン 『女王陛下のお気に入り』
 ・レイチェル・ワイズ 『女王陛下のお気に入り』

 ◆オリジナル脚本賞(Best Original Screenplay)
 ◎“Eighth Grade” Bo Burnham
 ・『女王陛下のお気に入り』 デボラ・デイヴィス(Deborah Davis)、トニー・マクマナラ(Tony McNamara)
 ・『魂のゆくえ』 ポール・シュレイダー
 ・『ROMA/ローマ』 アルフォンソ・キュアロン
 ・『バイス』 アダム・マッケイ

 ◆脚色賞(Best Adapted Screenplay)
 ・『ブラックパンサー』 ライアン・クーグラー、ジョー・ロバート・コール
 ◎『ブラック・クランズマン』 スパイク・リー、Charlie Wachtel、デイヴィッド・ラビノウィッツ(David Rabinowitz)、ケヴィン・ウィルモット(Kevin Willmott)
 ・『ある女流作家の罪と罰』“Can You Ever Forgive Me?” ニコール・ホロフセナー、Jeff Whitty
 ・『ビール・ストリートの恋人たち』 バリー・ジェンキンス
 ・“Leave No Trace” デブラ・グラニック、アン・ロッセリーニ(Anne Rosellini)
 ・『アリー/スター誕生』 エリック・ロス、ブラッドリー・クーパー、ウィル・フェッターズ(Will Fetters)

 ◆撮影賞(Best Cinematography)
 ・『COLD WAR あの歌、2つの心』“Cold War” ウカシュ・ジャル(Lukasz Zal)
 ・『女王陛下のお気に入り』 ロビ・ライアン
 ・『ファースト・マン』 リヌス・ランドグレン
 ・『ビール・ストリートの恋人たち』 ジェームズ・ラクストン
 ◎『ROMA/ローマ』 アルフォンソ・キュアロン

 ◆編集賞(Best Editing)
 ・『女王陛下のお気に入り』 ヨルゴス・モヴロプサリディス(Yorgos Mavropsaridis)
 ・『ファースト・マン』 トム・クロス
 ◎『ROMA/ローマ』 アルフォンソ・キュアロン、Adam Gough
 ・『アリー/スター誕生』 ジェイ・キャシディ(Jay Cassidy)
 ・『妻たちの落とし前』 ジョー・ウォーカー

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ・『アナイアレイション -全滅領域-』 マーク・ディグビー(Mark Digby)、ミシェル・デイ(Michelle Day)
 ・『ブラックパンサー』 ハンナ・ビークラー、Jay Hart
 ・『クレイジー・リッチ!』 ネルソン・コーツ(Nelson Coates)、Andrew Baseman
 ◎『女王陛下のお気に入り』 フィオナ・クロンビー、Alice Felton
 ・『ファースト・マン』 ネイサン・クロウリー、Kathy Lucas
 ・『ROMA/ローマ』 エウヘニオ・カバイェー(Eugenio Caballero)、バルバラ・エンリケス(Bárbara Enríquez)

 ◆衣裳デザイン&メイキャップ賞(Best Costume Design and Makeup)
 ◎『ブラックパンサー』 ルース・E・カーター(衣裳)、ジョエル・ハーロウ(Joel Harlow)、Camille Friend、Ken Diaz (メイキャップ)
 ・『女王陛下のお気に入り』 サンディー・パウエル(衣裳)、ナディア・ステイシー(ヘア&メイキャップ)
 ・『メリー・ポピンズ リターンズ』 サンディー・パウエル(衣裳)、ピーター・キング(Peter Swords King)(メイキャップ)
 ・『サスペリア』 ジュリア・ピエルサンティ(Giulia Piersanti)(衣裳)、Fernanda Perez (メイキャップ)
 ・『バイス』 スーザン・マシスン(Susan Matheson)(衣裳)、Kate Biscoe (メイキャップ)

 ◆視覚効果賞(Best Visual Effects)
 ・『アナイアレイション -全滅領域-』 リチャード・クラーク(Richard Clarke)、Simon Hughes、アンドリュー・ホワイトハースト(Andrew Whitehurst)、サラ・ベネット(Sara Bennett)
 ・『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 ダン・デリーウ(Dan Deleeuw)、ケリー・ポート(Kelly Port)、ラッセル・アール(Russell Earl)、ダン・サディック(Dan Sudick)
 ・『ブラックパンサー』 ジェフリー・バウマン(Geoffrey Baumann)、Jesse James Chisholm、クレイグ・ハマック(Craig Hammack)、ダン・サディック(Dan Sudick)
 ◎『ファースト・マン』 ポール・ランバート(Paul Lambert)、J・D・シュウォーム(J.D. Schwalm)、Ian Hunter、Tristan Myles
 ・『レディ・プレイヤー1』 ロジャー・ガイエット(Roger Guyett)、グレイディ・コファー(Grady Cofer)、Matthew E. Butler、David Shirk

 ◆作曲賞(Best Musical Score)
 ・『アナイアレイション -全滅領域-』 ジェフ・バーロウ(Geoff Barrow)、ベン・ソールズベリー(Ben Salisbury)
 ・『ブラックパンサー』 ルドウィグ・ゴランソン
 ・『ファースト・マン』 ジャスティン・ハーウィッツ
 ◎『ビール・ストリートの恋人たち』 ニコラス・ブリテル
 ・『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』 ヨハン・ヨハンソン

 ◆アンサンブル・キャスト賞(Best Ensemble Cast)
 ・『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
 ◎『ブラックパンサー』
 ・『女王陛下のお気に入り』
 ・『ビール・ストリートの恋人たち』
 ・『妻たちの落とし前』

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ・“Free Solo”
 ◎“Minding the Gap”
 ・『RBG 最強の85才』 “RBG”
 ・『まったく同じ3人の他人』“Three Identical Strangers”
 ・“Won’t You Be My Neighbor”

 ◆アニメーション賞(Best Animated Film)
 ・『紅き大魚の伝説』“Big Fish & Begonia”
 ・『インクレディブル・ファミリー』
 ・『犬ヶ島』
 ・『シュガー・ラッシュ:オンライン』
 ◎『スパイダーマン:スパイダーバース』

 ◆外国映画賞(Best Foreign Film)
 ・『バーニング 劇場版』
 ・『COLD WAR あの歌、2つの心』
 ・『THE GUILTY/ギルティ』
 ◎『ROMA/ローマ』
 ・『万引き家族』

 ◆先駆者賞(Trailblazer Award)
 ・ライアン・クーグラー 『ブラックパンサー』
 ・アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』
 ◎Bing Liu “Minding the Gap”
 ・アダム・マッケイ 『バイス』
 ・ブーツ・ライリー “Sorry to Bother You”

 ◆インパクト賞(Impact Award)
 ・Brian Andreotti The Music Box Theatre
 ・Bo Burnham “Eighth Grade”
 ・ジョン・M・チュウ 『クレイジー・リッチ!』
 ・ライアン・クーグラー 『ブラックパンサー』
 ◎スパイク・リー 『ブラック・クランズマン』

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・『ブラックパンサー』(3/11):スタジオ・監督・助演男優・脚色・美術・衣裳・視覚効果・作曲・アンサンブル・先駆者・インパクト
 ・『ROMA/ローマ』(3/9):インディペンデント・監督・主演女優・脚本・撮影・編集・美術・外国語・先駆者
 ・『女王陛下のお気に入り』(1/9):主演女優・助演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・アンサンブル
 ・『ファースト・マン』(1/8):スタジオ・主演男優・助演女優・撮影・編集・美術・視覚効果・作曲
 ・『ビール・ストリートの恋人たち』(3/6):インディペンデント・助演女優・脚色・撮影・作曲・アンサンブル
 ・『アリー/スター誕生』(0/6):スタジオ・主演男優・主演女優・助演女優・脚色・編集
 ・『バイス』(0/5):スタジオ・主演男優・脚本・衣裳・先駆者
 ・“Eighth Grade”(2/4):インディペンデント・主演女優・脚本・インパクト
 ・『アナイアレイション -全滅領域-』(0/4):スタジオ・美術・視覚効果・作曲
 ・『ブラック・クランズマン』(3/4):監督・助演男優・脚色・インパクト
 ・『魂のゆくえ』(1/3):インディペンデント・主演男優・脚本
 ・『ヘレディタリー/継承』(0/3):インディペンデント・監督・主演女優
 ・『妻たちの落とし前』(0/3):助演女優・編集・アンサンブル
 ・『スパイダーマン:スパイダーバース』(1/2):スタジオ・アニメーション
 ・『ビューティフル・デイ』(0/2):監督・主演男優
 ・『ある女流作家の罪と罰』(1/2):助演男優・脚色
 ・『COLD WAR あの歌、2つの心』(0/2):撮影・外国語
 ・『クレイジー・リッチ!』(0/2):美術・インパクト
 ・『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(0/2):視覚効果・アンサンブル
 ・“Minding the Gap”(2/2):ドキュメンタリー・先駆者

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・シカゴ・インディペンデント映画批評家サークル賞2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_6.html

 ・全米映画賞レース2018 前半戦の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_77.html
 ・全米映画賞レース2018 後半戦の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_78.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年1月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_31.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック