フランス映画界が選ぶ、2018年度最優秀映画プロデューサーは―

 第12 回ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞のファイナリストです。(1月30日発表)

 ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞(Prix Daniel Toscan du Plantier)は、故ダニエル・トスカン・デュ・プランティエにちなんで、2008年より設けられたもので、前年度に著しい業績を残したと見なされるフランスの映画プロデューサーに贈られます。

 この賞の選出は、フランス映画芸術科学アカデミー(セザール賞を出しているところ)の会員と前年度セザール賞の受賞者の投票により行なわれ、授賞式はセザール賞の前夜祭という位置づけになっています。

 過去の受賞者は、以下の通り。

 2008年: クロード・ベリ 〔Pathé Renn Productions〕~『クスクス粒の秘密』
 2009年:パスカル・コシュトゥー 〔Why Not Productions〕~『クリスマス・ストーリー』
 同:トマ・ラングマン 〔La Petite Reine〕~『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編』
 2010年:パスカル・コシュトゥー&グレゴワール・ソーラ 〔Why Not Productions〕~『預言者』
 2011年: ヤエル・フォギエル&レティシア・ゴンザレス 〔Les Films du Poisson〕~『さすらいの女神たち』
 2012年: アラン・アタル 〔Les Productions du Trésor〕~『パリ警視庁:未成年保護部隊』
 2013年: Gaëlle Bayssière et Didier Creste 〔Everybody on Deck〕~『ギャロップ』
 2014年:シルヴィー・ピアラ 〔Les Films du Worso〕~『湖の見知らぬ男』、“La religieuse”
 2015年:シルヴィー・ピアラ 〔Les Films du Worso〕~『禁じられた歌声』
 2016年:パスカル・コシュトゥー&グレゴワール・ソーラ 〔Why Not Productions〕~“Comme un avion”、『ディーパンの闘い』、『あの頃エッフェル塔の下で』
 2017年:エリック・アルトメイヤー(Eric Altmayer) & ニコラス・アルトメイヤー(Nicolas Altmayer) 〔Mandarin Cinéma〕~『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』、『夜明けの祈り』、『婚約者の友人』
 2018年:Marie-Ange Luciani & ユーグ・シャルボノー(Hugues Charbonneau) 〔Les Films de Pierre〕~『BPM ビート・パー・ミニット』、“La surface de réparation”

 本年度のファイナリストは以下の通り。

画像

――――――――――――――――――――――――――――――――

 ・エリック・アルトメイヤー(Eric Altmayer) & ニコラス・アルトメイヤー(Nicolas Altmayer) 〔Mandarin Cinéma/Mandarin Production〕
 2018年の主なプロデュース作品:“L'Empereur de Paris”(監督:ジャン=フランソワ・リシェ)、“Grâce à Dieu”(監督:フランソワ・オゾン)

 ・シャルル=マリー・アントニオーズ(Charles-Marie Anthonioz)、ムライト・ベルケッダー(Mourad Belkeddar)、ジャン・デュアメル(Jean Duhamel)、Nicolas Lhermitte 〔Iconoclast Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:『ドント・ウォーリー』、『永遠の門 ゴッホの見た未来』

 ・アラン・アタル(Alain Attal) 〔Les Productions du Trésor〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Le grand bain”(監督:ジル・ルルーシュ)、“Pupille (In Safe Hands)”(監督:Jeanne Herry)

 ・リュック・ベッソン 〔T5 Production〕
 2018年の主なプロデュース作品:『TAXi ダイヤモンド・ミッション』

 ・Philippe Bony 〔M6 Studio〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Astérix: Le secret de la potion magique”(監督:アレクサンドル・アスティエ(Alexandre Astier)、Louis Clichy)

 ・Damien Brunner & ディディエ・ブリュネール(Didier Brunner) 〔Folivari〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Pachamama”(監督:ファン・アンティン(Juan Antin))

 ・パスカル・コシュトゥー(Pascal Caucheteux)&グレゴワール・ソーラ(Grégoire Sorlat)〔Why Not Productions〕
 2018年の主なプロデュース作品:“The Sisters Brothers”、“L'homme fidèle”(監督:ルイ・ガレル)、“Bécassine!”(監督:ブリュノ・ポダリデス)

 ・Emmanuel Chaumet 〔Ecce Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Bêtes blondes”(監督:Maxime Matray、Alexia Walther)、“Rojo”(監督:Benjamín Naishtat)、“Jessica Forever”(監督:Caroline Poggi、Jonathan Vinel)

 ・Olivier De Bannes 〔O2B Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Pachamama”(監督:ファン・アンティン(Juan Antin))、“1958: Ceux qui ont dit non”(監督:Philippe Saada)

 ・Grégoire Debailly 〔Geko Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Une année polaire”(監督:サミュエル・コラルディー(Samuel Collardey))、“Shéhérazade”(監督:Jean-Bernard Marlin)

 ・オリヴィエ・デルボス(Olivier Delbosc) 〔Curiosa Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Amoureux de ma femme”(監督:ダニエル・オートゥイユ)、“L'amour est une fête”(監督:セドリック・アンジェ)、“L'apparition”(監督:グザヴィエ・ジャノリ)

 ・シドニー・デュマ(Sidonie Dumas) 〔Gaumont〕
 2018年の主なプロデュース作品:『パリ、嘘つきな恋』“Tout le monde debout”(監督:フランク・デュボスク)、“Monsieur Je-Sais-Tout”(監督:Stéphan Archinard、François Prévôt-Leygonie)、“Volontaire”(監督:エレーヌ・フィリエール(Hélène Fillières))、“Edmond”(監督:アレクシス・ミシャリク(Alexis Michalik))

 ・ベルトラン・フェヴル(Bertrand Faivre) 〔Le Bureau Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:

 ・ヤエル・フォギエル(Yael Fogiel) & レティシア・ゴンザレス(Laetitia Gonzalez)〔Les Films du Poisson〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Alexis Michalik”(監督:ジュリー・ベルトゥチェリ)、2017年の主なプロデュース作品:『あなたはまだ帰ってこない』

 ・ドゥニ・フロイド(Denis Freyd) 〔Archipel 35〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Un peuple et son roi”(監督:ピエール・ショーレール)、“De chaque instant”(監督:ニコラ・フェリベール)

 ・アレクサンドル・ガヴラス(Alexandre Gavras) 〔KG Productions〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Les bonnes conditions”(監督:ジュリー・ガヴラス)、2017年の主なプロデュース作品:『ジュリアン』

 ・ジュリー・ガイエ&ナディア・トリンチェフ(Nadia Turincev) 〔Rouge International〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Muere, monstruo, muere”(監督:Alejandro Fadel)

 ・Jean-Marie Gigon 〔SaNoSi Productions〕
 2018年の主なプロデュース作品:“La visite”(監督:Yanira Yariv)、“Le grand bal”(監督:レティシア・カートン(Laetitia Carton))、“Libre”(監督:Michel Toesca)

 ・Emmanuel Giraud & Marie Sonne-Jensen 〔Les Films de la Croisade〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Michel Toesca”(監督:カミーユ・ヴィダル=ナケ(Camille Vidal-Naquet))

 ・リシャール・グランピエール(Richard Grandpierre) 〔Eskwad〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Le doudou”(監督:Julien Hervé、Philippe Mechelen)、“Les Tuche 3”(監督:Olivier Baroux)、“Climax”(監督:ギャスパー・ノエ)

 ・ピエール・ガイヤール(Pierre Guyard) 〔Nord-Ouest Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Ami-ami”(監督:Victor Saint Macary)、『アマンダと僕』“Amanda”(監督:ミカエル・アース(Mikhaël Hers))、“Deux fils”(監督:Félix Moati)

 ・Saïd Hamich 〔Barney Production〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Second Son”(監督:Hadrien Bichet)

 ・William Jéhannin & Raphaëlle Delauche 〔UFO Production〕
 2018年の主なプロデュース作品:“L'empire de la perfection”(監督:Julien Faraut)

 ・アブデラティフ・ケシシュ 〔Quat’sous Films〕
 2017年のプロデュース作品:“Mektoub, My Love: Canto Uno”(監督:アブデラティフ・ケシシュ)

 ・フランソワ・クラウス(François Kraus)&ドゥニ・ピノー=ヴァレンシアンヌ (Denis Pineau-Valencienne) 〔Les Films du Kiosque〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Les chatouilles”(監督:Andréa Bescond、エリック・メタイエ(Eric Métayer))、“Bonhomme”(監督:マリオン・ヴェルヌー(Marion Vernoux))

 ・ロラン・ラヴォレ(Laurent Lavolé) 〔Gloria Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“America”(監督:Claus Drexel)、“Mon tissu préféré”(監督:Gaya Jiji)

 ・Etienne Mallet、David Gauquié、Julien Deris 〔Cinéfrance〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Au poste!”(監督:カンタン・デュピュー(Quentin Dupieux))、2017年のプロデュース作品:『あなたはまだ帰ってこない』、“Plonger”(監督:メラニー・ロラン)

 ・フィリップ・マルタン(Philippe Martin)& ダビド・ティオン(David Thion) 〔Les Films Pelléas〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Plaire, aimer et courir vite”(監督:クリストフ・オノレ)、“Maya”(監督:ミア・ハンセン=ラヴ)、“En Liberté!(The Trouble With You)”(監督:ピエール・サルヴァドーリ)、『パパは奮闘中!』“Nos batailles(Our Struggles)”(監督:ギヨーム・セネズ)

 ・Vincent Mazel 〔Chi-Fou-Mi Productions〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Carnivores”(監督:ジェレミー・レニエ、ヤニック・レニエ)、“Le monde est à toi”(監督:ロマン・ガヴラス)、“Le monde est à toi”(監督:Jeanne Henry)

 ・ミヒェル・メルクト(Michel Merkt) 〔SBS Films / Why Not Productions〕
 2018年の主なプロデュース作品:“The Sisters Brothers”、“The Death and Life of John F. Donovan”(監督:グザヴィエ・ドラン)、“Volcano”(監督:セルゲーイ・ボンダルチューク)、“Capharnaüm”(監督:ナディーン・ラバキー)、“Place publique”(監督:アニエス・ジャウイ)

 ・ウーリー・ミルシュタン(Oury Milshtein) 〔Iliade et Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Guy”(監督:アレックス・ルッツ)

 ・Frédéric Niedermayer 〔Moby Dick Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Mademoiselle de Joncquières”(監督:エマニュエル・ムレ)

 ・Elisabeth Perez 〔CHAZ Productions〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Un amour impossible”(監督:カトリーヌ・コルシニ)

 ・シルヴィー・ピアラ(Sylvie Pialat)、Benoît Quainon 〔Les Films du Worso〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Les confins du monde”(監督:ギヨーム・ニクルー)、“Continuer”(監督:Joachim Lafosse)

 ・Sophie Révil & Denis Carot 〔Escazal Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“L'amour flou”(監督:ロマン・ボーランジェ、Philippe Rebbot)

 ・クリストフ・ロシニョン(Christophe Rossignon) & フィリップ・ボエファール(Philip Boëffard) 〔Nord-Ouest Films〕
 2018年の主なプロデュース作品:“En guerre”(監督:ステファーヌ・ブリゼ)、『ディリリとパリの時間旅行』

 ・Hugo Sélignac 〔Chi-Fou-Mi Productions〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Pupille”(監督:Jeanne Henry)、“Mon ket”(監督:フランソワ・ダミアン)、“Le grand bain”(監督:ジル・ルルーシュ)、“Le monde est à toi”(監督:ロマン・ガヴラス)、“Carnivores”(監督:ジェレミー・レニエ、ヤニック・レニエ)

 ・Jérôme Seydoux 〔Pathé〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Loro1”(監督:パオロ・ソレンティーノ)、“Loro2”、“Le gendre de ma vie”(監督:François Desagnat)

 ・Agnès Vallée & Emmanuel Barraux 〔31 juin Films / Les Films du Parc〕
 2018年の主なプロデュース作品:“Première année”(監督:トマ・リルティ)

――――――――――――――――――――――――――――――――

 本年度は、全部で38組56人の名前が挙がっています。

 個人名と会社名は、公式に発表されたものですが、主なプロデュース作品はこちらで調べたものです。

 フランスの映画人が、該当作品のどこを見て投票するのか(ヒット? プロデュースの難しさ?)は、よくわかりませんが、当たらないことを承知の上で予想しておくと、ざっと以下のような感じでしょうか。

 ・アレクサンドル・ガヴラス
 ・フィリップ・マルタン(Philippe Martin)& ダビド・ティオン(David Thion)
 ・ミヒェル・メルクト(Michel Merkt)
 ・Hugo Sélignac

 受賞結果は、2月18日のプロデューサーズ・ディナーの席で発表される予定です。

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓
 
  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2018 ファイナリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_22.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_66.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2017 ファイナリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_4.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_45.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2016 ファイナリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_42.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_46.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2014 ファイナリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_40.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_50.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2013:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_35.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_38.html
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_3.html
 ・2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_44.html

 ・フランス映画トロフィー2019:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201902/article_31.html

 ・セザール賞2019 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_53.html

 ・リュミエール賞2019 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_3.html
 ・リュミエール賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201902/article_14.html

 ・ルイ・デリュック賞2018 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_43.html
 ・ルイ・デリュック賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_27.html

 ・ジャン・ヴィゴ賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201807/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年1月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_31.html

 追記:
 ・ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞2019発表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201902/article_40.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック