先進映像協会が選ぶ、ルミエール賞2019 受賞結果!

 ルミエール賞2019が発表されました。(1月30日)

 この賞は、国際3D協会によって“Lumiere Awards”として創設されていながら、第2回以降「3Dクリエイティヴ・アーツ・アワード」(3D Creative Arts Awards)と名乗っていたんですが、前々回からまた「ルミエール賞」を正式名称として名乗るようになったようで、“Lumiere Awards”にTMマークもつけられています。
 フランスにも「リュミエール賞」と名乗る賞が2つもあって、それで後発のこの賞は名称変更を余儀なくされたのかなと思っていたんですが、特に説明はないので、詳しい事情はわかりません。TMがつけられるようになったことで、正々堂々と「ルミエール賞」と名乗ることができるようになった、ということでしょうか。
 “Lumiere Awards”は「リュミエール賞」と日本語表記したいところですが、日本にも支部があって、そこが「ルミエール賞」と表記しているので、それに従っておくことにします。
 日本支部の名称も「国際3D協会日本部会」と名乗っていたんですが、「先進映像協会日本部会」(Advanced Imaging Society Japan Committee:AIS-J)と改称したようで、HPによると2015年に「国際3D協会」から「先進映像協会(Advanced Imaging Society)」と改称した、とあります。

 本年度の受賞結果は以下の通り。

--------------------------------

 ◆最優秀3D没入型環境長編映画賞(Best Immersive Entertainment Feature Film)
 ◎『ブラックパンサー』

 ◆最優秀3D実写映画賞(Best Live Action 3D Feature)
 ◎『レディ・プレイヤー1』

 ◆最優秀ステレオグラフィー 実写映画賞(Best 3D Motion Picture Live Action – Best Stereography)
 ◎『レディ・プレイヤー1』

 ◆最優秀シーン(The Best Scene or Sequence Lumiere)
 ◎『ミッションインポッシブル/フォールアウト』

画像

 ◆最優秀3D長編アニメーション賞(Best 3D Animated Feature)
 ◎『スパイダーマン:スパイダーバース』

 ◆最優秀ステレオグラフィー 長編アニメーション賞(Best Stereography Animated Feature)
 ◎『スパイダーマン:スパイダーバース』

 ◆2Dから3Dへの最優秀変換作品(Best Use of 2D To 3D Conversion)
 ◎『レディ・プレイヤー1』

 ◆理事特別賞(A special Governor’s Award)
 ◎“They Shall Not Grow Old”

 ◆最優秀3D短編アニメーション賞(Best 3D Short Animation)
 ◎『BAO』“Bao(包宝宝)”

 ◆実写映画における最優秀HDR活用賞(Best Use of HDR in A Live Action Motion Picture)
 ◎『アリー/スター誕生』

 ◆アニメーション映画における最優秀HDR活用賞Best Use of HDR in An Animated Motion Picture)
 ◎『シュガー・ラッシュ:オンライン』

 ◆外国映画における最優秀HDR活用賞(Best Use of HDR for Best Foreign Language Feature)
 ◎『ROMA/ローマ』

 ◆教育に対する最優秀VR利用(VR Experience for Best Use of VR for Education)
 ◎“One Strange Rock”( National Geographic)

 ◆VRに対する最優秀没入体験(Best Immersive Experience for VR)
 ◎Starbreeze Studios and Ink Stories

 ◆特別ルミエール賞(A special Lumiere Award)
 ◎8K 花美 HANABI(大日本印刷)

 【名誉賞】(Honorary Awards

 ◆ハロルド・ロイド賞(Harold Lloyd Award) ・HAROLD LLOYD AWARD
 ◎クリストファー・マッカリー(Christopher McQuarrie)
 『パブリック・アクセス』や『ユージュアル・サスペクツ』の脚本から、『ミッションインポッシブル/フォールアウト』の監督・脚本を手がける監督。

 ◆Sir Charles Wheatstone Award
 ◎Cinionic CEO Wim Buyens
 新しい劇場用映画技術と品質保証システムに対して(for the company’s new theatrical cinema technology and quality assurance systems)

--------------------------------

 年ごとに新しい賞ができて、以前はあった賞がごっそりなくなったりしていて、何がどうなっているのかよくわかりません。それだけ進歩が著しいジャンルだということなのかもしれませんが。
 今年は、受賞結果を箇条書きにしてくれているサイトが見当たらないので、いくつかの記事からのピックアップです。上記のほかに取りこぼしがある可能性があります。

 *参考
 ・https://variety.com/2019/artisans/news/tom-cruise-black-panther-spiderman-into-the-spider-verse-are-among-top-winners-at-lumiere-awards-1203124306/
 ・https://www.bydeluxe.com/en/get-to-know-us/news/deluxes-stereo-d-honored-five-lumiere-awards/

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ルミエール賞2018:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_31.html
 ・ルミエール賞2017:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_34.html
 ・第7回国際3Dアワード:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_55.html
 ・第6回国際3Dアワード:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_13.html
 ・第5回国際3Dアワード:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_79.html
 ・第4回国際3Dアワード:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_14.html
 ・第3回国際3Dアワード:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_14.html
 ・第2回国際3Dアワード:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_2.html
 ・第1回国際3Dアワード:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_42.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年1月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_31.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック