視覚効果協会賞(VES) 2019 受賞結果

 第17回視覚効果協会賞(VES)の受賞結果が発表されました。(2月5日)

 【長編映画部門】

 ◆視覚効果賞(Outstanding Visual Effects in a Photoreal Feature)
 ◎『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 ダン・デリーウ(Dan DeLeeuw)、Jen Underdahl、ケリー・ポート(Kelly Port)、Matt Aitken、ダン・サディック(Dan Sudick)

 ◆視覚効果賞 視覚効果が補助的に使われている長編映画部門(Outstanding Supporting Visual Effects in a Photoreal Feature)
 ◎『ファースト・マン』 ポール・ランバート(Paul Lambert)、Kevin Elam、Tristan Myles、Ian Hunter、J.D.シュウォーム(JD Schwalm)

 ◆アニメーション・キャラクター賞 長編映画部門(Outstanding Animated Character in a Photoreal Feature)
 ◎『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』;サノス(Thanos) Jan Philip Cramer、Darren Hendler、Paul Story、Sidney Kombo-Kintombo

 ◆環境クリエーション 長編映画部門(Outstanding Created Environment in a Photoreal Feature)
 ◎『レディ・プレイヤー1』;『シャイニング』のオーバールック・ホテル(The Shining, Overlook Hotel) Mert Yamak、Stanley Wong、Joana Garrido、Daniel Gagiu

 ◆撮影賞 長編映画部門(Outstanding Virtual Cinematography in a Photoreal Project)
 ◎『レディ・プレイヤー1』;ニューヨーク・レース(New York Race) Daniele Bigi、Edmund Kolloen、Mathieu Vig、Jean-Baptiste Noyau

 ◆模型賞 長編映画/アニメーション・プロジェクト部門(Outstanding Model in a Photoreal or Animated Project)
 ◎『移動都市/モータル・エンジン』;ロンドン Matthew Sandoval、James Ogle、Nick Keller、Sam Tack

 ◆エフェクト・シュミレーション 長編映画部門(Outstanding Effects Simulations in a Photoreal Feature)
 ◎『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』;タイタン Gerardo Aguilera、Ashraf Ghoniem、Vasilis Pazionis、Hartwell Durfor

 ◆合成賞 長編映画部門(Outstanding Compositing in a Photoreal Feature)
 ◎『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』;タイタン Sabine Laimer、Tim Walker、Tobias Wiesner、Massimo Pasquetti

 【長編アニメーション部門】

 ◆視覚効果賞 長編アニメーション部門(Outstanding Visual Effects in an Animated Feature)
 ◎『スパイダーマン: スパイダーバース』 Joshua Beveridge、Christian Hejnal、Danny Dimian、Bret St. Clair

 ◆アニメーション・キャラクター賞 長編アニメーション部門(Outstanding Animated Character in an Animated Feature)
 ◎『スパイダーマン: スパイダーバース』; Miles Morales Marcos Kang、Chad Belteau、Humberto Rosa、Julie Bernier Gosselin

 ◆環境クリエーション アニメーション部門(Outstanding Created Environment in an Animated Feature)
 ◎『スパイダーマン: スパイダーバース』; Graphic New York City Terry Park、Bret St. Clair、Kimberly Liptrap、Dave Morehead

 ◆エフェクト・シュミレーション 長編アニメーション部門(Outstanding Effects Simulations in an Animated Feature)
 ◎『スパイダーマン: スパイダーバース』 Ian Farnsworth、Pav Grochola、Simon Corbaux、Brian D. Casper

 【テレビ部門】

 ◆視覚効果賞 テレビ・エピソード部門(Outstandind Visual Effects in a Photoreal Episode)
 ◎『ロスト・イン・スペース』; “Danger, Will Robinson” Jabbar Raisani、Terron Pratt、Niklas Jacobson、Joao Sita

 ◆視覚効果賞 視覚効果が補助的に使われているテレビ・エピソード部門(Outstandind Supporting Visual Effects in a Photoreal Episode)
 ◎『ジャック・ライアン』;パイロット版 Erik Henry、Matt Robken、Bobo Skipper、Deak Ferrand、Pau Costa

 ◆アニメーション・キャラクター賞 テレビ・エピソード/リアルタイム・プロジェクト部門(Outstanding Animated Character in an Episode or Real-Time Project)
 ◎『ロスト・イン・スペース』; ヒューマノイド(Humanoid) Chad Shattuck、Paul Zeke、Julia Flanagan、Andrew McCartney

 ◆環境クリエーション テレビ・エピソード/CM/リアルタイム・プロジェクト部門(Outstanding Created Environment in an Episode, Commercial, or Real-Time Project)
 ◎『ロスト・イン・スペース』;パイロット版; Impact Area Philip Engström、Kenny Vähäkari、Jason Martin、Martin Bergquist

 ◆エフェクト・シュミレーション テレビ・エピソード/CM/リアルタイム・プロジェクト部門(Outstanding Effects Simulations in an Episode, Commercial, or Real-Time Project)
 ◎『オルタード・カーボン』 Philipp Kratzer、Daniel Fernandez、Xavier Lestourneaud、Andrea Rosa

 ◆合成賞 テレビ・エピソード部門(Outstanding Compositing in a Photoreal Episode)
 ◎『ロスト・イン・スペース』; “Impact”; Crash Site Rescue David Wahlberg、Douglas Roshamn、Sofie Ljunggren、Fredrik Lönn

 【リアルタイム・プロジェクト部門】

 ◆視覚効果賞 リアルタイム・プロジェクト部門(Outstandind Visual Effects in a Real-Time Project)
 ◎“Age of Sail” John Kahrs、Kevin Dart、Cassidy Curtis、Theresa Latzko

 【CM部門】

 ◆視覚効果賞 CM部門(Outstanding Visual Effects in a Commercial)
 ◎John Lewis; “The Boy and the Piano” Kamen Markov、Philip Whalley、Anthony Bloor、Andy Steele

 ◆アニメーション・キャラクター賞 CM部門(Outstanding Animated Character in a Commercial)
 ◎フォルクスワーゲン; Born Confident; Bam David Bryan、Chris Welsby、Fabian Frank、Chloe Dawe

 ◆合成賞 CM部門(Outstanding Compositing in a Photoreal Commercial)
 ◎Apple; “Welcome Home” Michael Ralla、Steve Drew、Alejandro Villabon、Peter Timberlake

 【その他の賞】

 ◆視覚効果賞 特別開催プロジェクト部門(Outstanding Visual Effects in a Special Venue Project)
 ◎Childish Gambino’s Pharos Keith Miller、Alejandro Crawford、Thelvin Cabezas、Jeremy Thompson

 ◆学生作品賞(Outstanding Visual Effects in a Student Project)
 ◎“Terra Nova” Thomas Battistetti、Mélanie Geley、Mickael Le Mezo、Guillaume Hoarau

 【特別賞・名誉賞】

 ◆VES生涯貢献賞(VES Lifetime Achievement Award)
 ◎クリス・メレダンドリ(Chris Meledandri)
 イルミネーション・エンターテインメント代表。
 『怪盗グルーの月泥棒』『イースターラビットのキャンディ工場』『ロラックスおじさんの秘密の種』『ミニオンズ』『ペット』『SING/シング』『怪盗グルーのミニオン大脱走』『グリンチ』などを製作。

画像

 ◆VESヴィジョナリー賞(VES Visionary Award)
 ◎ジョナサン・ノーラン(Jonathan Nolan)
 イギリスの脚本家。クリストファー・ノーランの弟。
 『プレステージ』『ダークナイト』『ダークナイト ライジング』『インターステラー』『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』『ウエストワールド』などを手がける。

画像

 ◆VES クリエイティヴ・エクセレンス賞(VES Award for Creative Excellence)
 ◎デイヴィッド・ベニオフ(David Benioff)
 ◎D・B・ワイス(D.B. Weiss)
 アメリカの脚本家。2011年以降は共同で『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズを手がける。

画像

――――――――――――――――――――――――――――――――

 VESの長編映画部門では、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がノミネートされていた6部門のうち、模型賞を除く4部門を受賞。
 アニメーション部門では、『スパイダーマン:スパイダーバース』がノミネートされていた4部門すべてを受賞。
 テレビ部門では、前回まで『ゲーム・オブ・スローンズ』が複数部門を連覇していましたが、最終シリーズは2018年には放映されなかったため、ノミネートされず、対象外となりました。

 映画部門のこれまでの受賞結果では、米国アカデミー賞視覚効果賞と視覚効果協会賞(VES)の「視覚効果賞(視覚効果が作品に大きく寄与している長編映画部門)」が一致したのは、過去全16回のうち10回、「視覚効果賞 視覚効果が補助的に使われている長編映画部門」と一致したのが1回です。
 前回は不一致で、VESが『猿の惑星:聖戦記』の圧勝、米国アカデミー賞視覚効果賞は『ブレードランナー 2049』でした。

 映画部門は、VESでは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が有力に見えますが、前哨戦では、サテライト・アワードもクリティクス・チョイスも『ブラックパンサー』が受賞しています。米国アカデミー賞では、『ブラックパンサー』はノミネートもされていないので、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でほぼ決まりでしょうか。

 ◆米国アカデミー賞2019 視覚効果賞ノミネーション
 ・『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 ダン・デリーウ(Dan DeLeeuw)、ケリー・ポート(Kelly Port)、ラッセル・アール(Russell Earl)、ダン・サディック(Dan Sudick)
 ・『プーと大人になった僕』 クリス・ローレンス(Chris Lawrence)、Mike Eames、テオ・ジェームズ(Theo Jones)、クリス・コーボールド(Chris Corbould)
 ・『ファースト・マン』 ポール・ランバート(Paul Lambert)、J・D・シュウォーム(J.D. Schwalm)、Ian Hunter、Tristan Myles
 ・『レディ・プレイヤー1』 Matthew E. Butler、グレイディ・コファー(Grady Cofer)、ロジャー・ガイエット(Roger Guyett)、David Shirk
 ・『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 ロブ・ブレドウ(Rob Bredow)、Patrick Tubach、ニール・スキャンラン(Neal Scanlan)、Dominic Tuohy

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2019 視覚効果賞 候補10作品:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_47.html
 ・米国アカデミー賞2019 視覚効果賞 候補20作品:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_10.html

 ・米・視覚効果協会賞(VES)2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_53.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_32.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_48.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_19.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_5.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_20.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_29.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_45.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_13.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_11.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_24.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_19.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_17.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_4.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_34.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_4.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_23.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_31.html

 ・全米映画賞レース2018 前半戦の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_77.html
 ・全米映画賞レース2018 後半戦の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_78.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年1月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_31.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック