シカゴ国際映画祭2018 受賞結果(続き)

 【ドキュメンタリー短編コンペティション部門】(Documentary Short Film Competition)

 ◆シルバー・ヒューゴ賞(Silver Hugo)
 ◎“Circle”(英・カナダ・インド/14min) 監督:Jayisha Patel
 インドのジェンダーに基づく暴力の無限ループに巻き込まれながら、レイプを生き延びた少女のセンシティヴな肖像。
 インドのウッタル・プラデーシュ州。13歳のKhushbuの物語を通して、インド人女性の集団強姦と精神的虐待と知らない男性との児童婚について探っていく。監督のJayisha Patelは、3世代の女性家族の日常生活を観察する。地域社会では、女性に対する暴力が受け入れられていて、夫に対して奉仕しない女性は殴られるべきという考えが家族によって強化され、女性は牛と変わりがないように見なされる。結婚式は祝うべきイベントなどではないのだ。この映画では、悪質で抑圧的な虐待の輪を提示はするが、その中に介入はせず、われわれには何ができるのかという問題を観る者に委ねている。
 3年かけて制作された。
 ベルリン国際映画祭2018 短編コンペティション部門出品。
 ロンドン・インディアン映画祭2018出品。
 Filmski Festival Herceg Novi -モンテネグロ映画祭2018出品。最優秀ドキュメンタリー賞スペシャル・メンション受賞。
 トロント国際映画祭2018 SHORT CUTS部門出品。
 カムデン国際映画祭2018出品。最優秀短編賞(Camden Cartel Award)受賞。
 ウプサラ国際短編映画祭2018出品。
 グリアソン・アワード2018 学生作品部門ノミネート。

画像

 ◆ゴールド・プラーク賞(Gold Plaque)
 ◎“Edgecombe”(米/15min) 監督:Crystal Kayiza
 Edgecombeは、ノースカロライナ州東部のアフリカン・アメリカンの農業コミュニティーである。歴史的な南部のコミュニティーと同様に、ここにも奴隷制の名残りと市民権闘争のモニュメントが残されている。本作では、自宅軟禁下にある新しい居住者Shaka Jackson、コミュニティー向上組織(Community Enrichment Organization)の会長Doris Stith、最も古い教会の年配者であるDeacon William Joynerという3人を観察し、それぞれが微妙に異なる選択をする様子を示していく。そして、黒人が世代を超えて、克服する多くの方法を紹介する。
 BAMcinemaFest 2018 出品。
 ニューハンプシャー映画祭2018出品。
 ニューオリンズ映画祭2018出品。
 Nitehawk短編フェスティバル2018出品。
 Cucalorusフェスティバル2918出品。

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Black 14”(米/15min) 監督:Darius Clark Monroe
 1969年のワイオミング大学での人種差別に対する抗議に関するメディア報道を通して、白人病理学と認知的不協和を調査する。
 カムデン国際映画祭2018出品。
 ロサンゼルス映画祭2018出品。
 DOC NYC2018出品。

画像

 【アニメーション短編コンペティション部門】(Animated Short Film Competition)

 ◆シルバー・ヒューゴ賞(Silver Hugo)
 ◎『Bloeistraat 11』“Bloeistraat 11”(オランダ/10min) 監督:ニンケ・ドゥーツ(Nienke Deutz)
 物語:離れがたい親友どうしが、子ども時代最後の夏休みを家の周りで過ごしている。夏が進むにつれて、彼らの体は変化し始め、2人の関係はぎこちないものへと変わっていく。思春期が、彼らの絆に割り込んでくる。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2018 短編コンペティション部門グランプリ/Cristal for a Short Film受賞。
 オランダ映画祭2018出品。
 ゲント国際映画祭2018出品。ヨーロッパ映画賞2019短編映画賞ゲント代表。
 新千歳空港国際アニメーション映画祭2018出品。

画像

 ◆ゴールド・プラーク賞(Gold Plaque)
 ◎“Weekends”(米/15min) 監督:Trevor Jimenez
 物語:1980年代のトロント。少年は、最近、両親が離婚して、双方の家を行ったり来たりしている。ドメスティックな現実とシュールな夢のミックス。
 『ファインディング・ドリー』のストーリーボード・アーティストとしてアニー賞にノミネートされたり、短編“Key Lime Pie”(2007/カナダ)をアヌシー国際アニメーションフェスティバルに出品したりしているTrevor Jimenezの最新監督短編。台詞なし。
 ワルシャワ国際映画祭2017 短編アニメーション賞受賞。
 Oaxaca映画祭MX 2017最優秀アニメーション・ショート受賞。
 サンホセ国際短編映画祭2017 最優秀アニメーション賞受賞。
 クレルモン・フェラン国際短編映画祭2018出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2018 ゴールデン・ゲイト賞 ベイ・エリア短編賞受賞。
 サラソータ映画祭2018出品。
 リバーラン国際映画祭2018 アニメーション・ショート 審査員特別賞受賞。
 ナッシュヴィル映画祭2018 アニメーション部門審査員大賞受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2018 審査員賞、観客賞受賞。
 ロサンゼルス映画祭2018 観客賞受賞。
 サンディエゴ国際映画祭2018出品。
 サンタフェ・インディペンデント映画祭2018出品。

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Opening Night”(米/5min) 監督:Margaret Bialis
 物語:若い男が、感謝、ユーモア、音楽的なひねりをもって、人生の最も成長する時を省察していた時、陽気なキャラクターの合唱団が訪ねてくる。
 インディー・ショーツ国際映画祭2018出品。学生チョイス賞受賞。
 DC短編映画祭2018出品。

画像

 【ライヴ・アクション 短編コンペティション部門】

 ◆ゴールド・ヒューゴ賞(Gold Hugo)
 ◎“Mamartuille”(メキシコ/12min) 監督:Alejandro Saevich
 物語:メキシコの大統領は、任期の最後の期間にあって、退任するまでの日数を数えるだけになっている。それは、静かなるお別れムードのように見えたが、国際紛争が彼を先の見えない水の中へ追い込む。
 モレリア国際映画祭2017出品。

画像

 ◆シルバー・ヒューゴ賞(Silver Hugo)
 ◎“Hair Wolf”(米/12min) 監督:Mariama Diallo
 物語:ブルックリンの高級地区にある黒人のヘアサロン。夜遅く、ヘアサロンのスタッフたちは、新しい奇妙なモンスターを払いのける。白人女性たちは、黒人文化から活力を吸い尽くそうとする。
 サンダンス映画祭2018出品。短編審査員賞 USフィクション部門受賞。
 SXSW映画祭2018ミッドナイト・ショート部門出品。
 フロリダ映画祭2018 ミッドナイト短編賞観客賞受賞。
 The Overlook映画祭2018出品。短編部門審査員賞オナラブル・メンション受賞。
 ボストン・インディペンデント映画祭2018出品。短編ナラティヴ部門審査員大賞受賞。
 シャンゼリゼ映画祭2018出品。
 Snake Alley映画祭2018出品。最優秀ホラー映画賞受賞。
 ブルックリン・ホラー映画祭2018出品。短編部門撮影賞受賞。
 アデレード映画祭2018出品。
 ロサンゼルス映画祭2018出品。
 ストックホルム国際映画祭2018出品。


 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Nyi ma lay(妹妹/Little Sister)”(シンガポール/20min) 監督:Wei Liang Chiang(曾威量)
 物語:高層アパートの屋上に少女が座っているが、そこから落ちると死んでしまう。少女がなぜそんなことをしているのかは誰も知らない。通行人は彼女を端から引き離そうとして力を合わせる。
 シンガポール国際映画祭2017出品。
 台北電影奨2018 最優秀短編賞ノミネート。

画像

 【その他の賞】

 ◆シカゴ賞(Chicago Award)
 ◎“Hashtag Perfect Life”(米/12min) 監督:Michael Paulucci
 物語:間違った理由でウィルスに感染してしまった女性が、自分の名前をはっきりさせるためにテレビに出て、ソーシャルメディアハラスメントの雪崩を止めようとする。
 メリーランド映画祭2018出品。

画像

 ◆Founder’s Award
 ※ユニークさやイノヴェイティヴなアプローチにおいて、シカゴ国際映画祭の精神を体現していると思われる作品に贈られる。
 ◎“Beautiful Boy”(米) 監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
 出演:スティーヴ・カレル、ティモシー・シャラメ、モーラ・ティアニー、Christian Convery、 Oakley Bull、ケイトリン・ディーヴァー、エイミー・ライアン、ステファニー・スコット、Julian Works
 物語:クリスタル・メス(覚醒剤)の常用で苦しむ息子ニック(ティモシー・シャラメ)と、それを助けようとする父親デイヴィッド(スティーヴ・カレル)のクロニクル。それぞれの回想録を原作とする。
 シカゴ国際映画祭2018 オープニング作品。
 David Sheffの“Beautiful Boy: A Father's Journey Through His Son's Addiction”とニック・シェフの“Tweak - Growing up on Methamphetamines”の映画化。
 トロント国際映画祭2018 GALAS部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2018 オフィシャル・セレクション アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 チューリヒ映画祭2018出品。
 アスペン映画祭2018出品。Independent by Nature Award受賞。
 ミル・ヴァレー映画祭2018出品。
 BFIロンドン映画祭2018 Headline Galas部門出品。
 アデレード映画祭2018出品。
 ゲント国際映画祭2018出品。
 ハリウッド映画賞2018 ブレイクスルー監督賞、助演男優賞(ティモシー・シャラメ)受賞。


 【観客賞】 10月24日発表

 ◆観客賞 最優秀英語作品
 ◎“The Hate U Give”(米) 監督:ジョージ・ティルマン・ジュニア(George Tillman、Jr.)
 出演:アマンドラ・ステンバーグ(Amandla Stenberg)、KJ・アパ(K.J. Apa)、レジーナ・ホール(Regina Hall)、サブリナ・カーペンター(Sabrina Carpenter)、アンソニー・マッキー、コモン、イッサ・レイ(Issa Rae)、ラッセル・ホーンズビー(Russell Hornsby)
 物語:麻薬やギャングが蔓延るゲットー(黒人街)。スターは、幼馴染のカリルが白人の警官に射殺されるのを目撃する。しかし、警察は、無抵抗のカリルを撃った警官を正当化するために、カリルを悪人に仕立て上げようとする。スターは、カリルの汚名をそそそぐため、カリルの声となって、法廷で証言する決心をする。
 アンジー・トーマスの小説『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ』の映画化。
 トロント国際映画祭2018 GALAS部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2018 観客賞 長編ナラティヴ作品賞受賞。
 ミル・ヴァレー映画祭2018出品。観客賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2018出品。
 サンディエゴ国際映画祭2018出品。
 BFIロンドン映画祭2018 スペシャル・プレゼンターションズ部門出品。
 ハリウッド映画賞2018 ブレイクスルー女優賞(アマンドラ・ステンバーグ)受賞。


 ◆観客賞 外国語映画部門
 ◎“Unga Astrid (Becoming Astrid)”(スウェーデン・独・デンマーク) 監督:ペアネレ・フェシャー・クリスチャンセン(Pernille Fischer Christensen)
 『長ぐつ下のピッピ』や『やかまし村の子どもたち』で知られるスウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーンの青春時代の物語。
 物語:アストリッドと彼女の兄弟たちは、ヴィンメルビューの両親の牧師館農場で成長していることは幸運だと考えていた。彼らの日常生活は厳格な宗教的価値観によって形作られていたけれども、母親のハンナと父サミュエルは、彼らにいつも安心感と自由感を与えようとした。アストリッドは、通常は裕福なブルジョアの子どもが通う中等学校に通わせてもらった。18歳の時、彼女は、地元新聞のオーナーによって、ボランティアとして編集室で働くようになったが、それまで彼女は編集室には入ったことはなかった。編集長のReinhold Blombergは、彼女に校正とテキストの書き方を教え、彼女と恋に落ちた。彼女が妊娠したとき、彼女は彼と結婚することを拒否し、自分で自分自身と息子Lasseの面倒を見る決心をした。
 ベルリン国際映画祭2018 ベルリナーレ・スペシャル・メンション部門出品。
 Transatlantyk映画祭2018 New Cinema部門出品。Transatlantyk Distribution Award受賞。
 CPH:PIX 2018出品。
 チューリヒ映画祭2018出品。
 Västeras映画祭2018出品。観客賞受賞。
 ミル・ヴァレー映画祭2018出品。
 ヨーロッパ・アート・シネマ・デイ(独)2018出品。
 ライデン国際映画祭2018出品。

画像

 ◆観客賞 ドキュメンタリー部門
 ◎“United Skates”(米) 監督:Tina Brown、Dyana Winkler
 アメリカの最後のローラーリンクが閉鎖に脅かされた時、数千人のコミュニティーが、地下のサブカルチャーを守るために、人種問題を引き起こしそうな環境で戦う。
 ローラースケートは、現代のアフリカン・アメリカ人の文化において重要な役割を果たしている。リンクは、コミュニティーの拠り所と芸術的表現の両方の役目を担い、市民権運動の足場となっている。
 Tina BrownとDyana Winklerは、コード化された差別の歴史的詳細をバックアップするアーカイヴ映像を使って、スケート文化の重要性を示し、多くの人にとってこのコミュニティーがもたらすエモーショナルな価値へとパーソナルな旅をする。
 トライベッカ映画祭2018出品。観客賞受賞。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2018出品。
 AFI Docs2018出品。
 ニュージーランド国際映画祭2018出品。
 メルボルン国際映画祭2018出品。
 ロサンゼルス映画祭2018出品。
 デンバー国際映画祭2018出品。

画像

 ◆観客賞 短編部門
 ◎“Black 14”(米/15min) 監督:Darius Clark Monroe

 【特別賞・名誉賞】

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎ウィリアム・フリードキン

画像

 ◆芸術貢献賞(The Artistic Achievement Award)
 ◎キャリー・マリガン

画像

 ◆キャリア貢献賞(Career Achievement Award)
 ◎ルース・E・カーター(Ruth Carter)
 『ブラックパンサー』や『チェイサー』『かけがえのない人』『グローリー/明日への行進』『オールド・ボーイ』『大統領の執事の涙』などを手がける衣裳デザイナー。

画像

--------------------------------

 今年のシカゴ国際映画祭は、58カ国から124本の長編と51本の短編が上映された、と発表されています。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓

  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・シカゴ国際映画祭2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_37.html
 ・シカゴ国際映画祭2017 受賞結果 その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_45.html
 ・シカゴ国際映画祭2017 受賞結果 その2:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_46.html
 ・シカゴ国際映画祭2016 受賞結果 その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_24.html
 ・シカゴ国際映画祭2016 受賞結果 その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_25.html
 ・シカゴ国際映画祭2013 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_11.html
 ・シカゴ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_39.html
 ・シカゴ国際映画祭2012 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_19.html
 ・シカゴ国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_33.html
 ・シカゴ国際映画祭2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201010/article_9.html
 ・シカゴ国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_4.html
 ・シカゴ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_29.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年10月~2019年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_5.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック