大鐘賞2018 受賞結果!

 第55回大鐘賞の受賞結果が発表されました。(10月22日発表)

 【大鐘賞】

 1962年~ 中断あり
 韓国映画人協会・KBS・中央日報社主催。
 韓国のアカデミー賞と呼ばれる。元々は政府主導。
 2008年までは6~7月開催。2009年からは11月に開催されるようになった。(2016年は12月27日、2017年は10月25日開催)

 <審査方法>
 [2009年以前]
 50人の一般審査員団と10人の専門家によって、大鐘賞映画祭エントリー作品の中から選考を行なう。

 [2010年~]
 50人の一般審査員団によって、大鐘賞映画祭エントリー作品の中から本選出品作10作品を選び、その中から、専門の審査員が各部門賞を決める。
 ただし、新人男優賞、新人女優賞、新人監督賞の3部門に関しては、大鐘賞映画祭出品作の中から一般審査員団が候補を決めるところまで行なう。

 [2013年~]
 2012年に『王になった男』が15部門を独占するという結果になるにおよび、審査の公正さに対する疑問の声が上がり、一般審査員を増やすという方向で変更が加えられた。
 具体的には、専門の記者団50人前後と、映画制作の各分野で活躍する映画人30人以下と、一般審査員20人以下、あわせて、約100人で、大鐘賞映画祭エントリー作品(2013年は51作品)の中から、ノミネーションの選考(予備審査)を行なう。
 本審査は、映画の専門家5人と、各界の著名人10人以下、計15人以下で、行なう。

 [2017年~]
 2015年に授賞式に出席しないノミニーには賞を授与しないと発表したことが、映画人の反発を呼び、結果的にそれは取り消されたが、授賞式はノミニーの大半がボイコットするという異常事態になった。2016年は、2015年の事態を受けて、開催自体が危ぶまれたが、約2か月遅れで開催を強行したものの、有力作品にエントリーしてもらえなかったり、出品されていた作品でも多くのノミニーが欠席したりし、テレビ中継もケーブル・テレビで行なわれることになった。
 先立つ2年の状況を鑑みて、映画賞としての信用を取り戻すべく、公正性を優先した審査方法の改正が行なわれた。
 ノミネーションは、文化芸術界や学界が推薦した32人で予備審査委員会を結成し、10日間かけて審査し、議論して、決定した。本審査は、映画評論家を中心とした9人の専門家による審査員で行なう。

 [2018年~]
 大鐘賞映画祭エントリー作品の中からノミネーションを行なうという形式をやめ、対象期間中のすべての韓国映画を候補とする方式に改められた。
 ノミネーションには、映画界、学会、評論家の18人で構成される審査員が2ヶ月かけて、104編の中から審査を行なった。
 本審査は、映画評論家、映画研究者、プログラマーなど、9名で行なわれる。

--------------------------------

 ◆最優秀作品賞(작품상)
 ・“The Spy Gone North(공작)” 監督:ユン・ジョンビン
 ・『天命の城』 監督:ファン・ドンヒョク
 ◎『バーニング 劇場版』 監督:イ・チャンドン
 ・“Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)” 監督:キム・ヨンファ
 ・『1987、ある闘いの真実』 監督:チャン・ジュナン

 百想映画大賞では、『1987、ある闘いの真実』が大賞、『天命の城』が作品賞受賞。
 釜日映画賞では、“The Spy Gone North(공작)”が作品賞受賞。

 ◆監督賞(감독상)
 ・キム・ヨンファ “Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)”
 ・ユン・ジョンビン “The Spy Gone North(공작)”
 ・イ・チャンドン 『バーニング 劇場版』
 ◎チャン・ジュナン 『1987、ある闘いの真実』
 ・ファン・ドンヒョク 『天命の城』

 青龍映画賞2017では、キム・ヒョンソクが『アイキャンスピーク』で受賞。
 百想映画大賞では、キム・ヨンファが受賞。
 春史映画賞では、ファン・ドンヒョクが受賞。
 釜日映画賞では、イ・チャンドンが受賞。

画像

 ◆主演男優賞(남우주연상)
 ・キム・ユンソク 『1987、ある闘いの真実』
 ・イ・ビョンホン 『天命の城』
 ・ユ・アイン 『バーニング 劇場版』
 ◎イ・ソンミン “The Spy Gone North(공작)”
 ・チョ・ジヌン “Believer(독전/毒戦)”(監督:イ・ヘヨン(Lee Hae-young))
 ◎ファン・ジョンミン “The Spy Gone North(공작)”

 百想映画大賞では、キム・ユンソクが受賞。
 釜日映画賞では、イ・ソンミンが受賞。

画像

 ◆主演女優賞(여우주연상)
 ・キム・ダミ 『The Witch 魔女』(監督:パク・フンジョン)
 ・キム・テリ 『1987、ある闘いの真実』
 ・キム・ヘスク 『herstory』“Herstory(허스토리)”(監督:ミン・ギュドン)
 ◎ナ・ムニ 『アイキャンスピーク』”I Can Speak(아이 캔 스피크)”(監督:キム・ヒョンソク)
 ・イ・ソム “Microhabitat(소공녀/小公女)”(監督:Jeon Go-Woon(전고운))

 青龍映画賞2017、百想映画大賞では、ナ・ムニが受賞。
 釜日映画賞では、『herstory』でキム・ヒエが受賞。
 キム・ヘスクは、前回、助演女優賞ノミネート。(キャスト部門20人のうちで連続ノミネートはキム・ヘスクだけでした。)
 ナ・ムニは、韓国映画評論家協会賞2017、青龍映画賞2017、百想芸術大賞2018でも受賞。

画像

 ◆助演男優賞(남우조연상)
 ・キ・ジュボン “The Spy Gone North(공작)”
 ◎故キム・ジュヒョク “Believer(독전/毒戦)”
 ・ソン・セビョク 『七年の夜』
 ・スティーヴン・ユァン(Steven Yeun/스티븐 연) 『バーニング 劇場版』
 ・チン・ソンギュ 『犯罪都市』

 青龍映画賞2017では、チン・ソンギュが受賞。
 ワイルドフラワー映画賞では、キ・ジュボンが主演男優賞受賞。
 百想映画大賞では、『1987、ある闘いの真実』でパク・ヒスンが受賞。
 春史映画賞では、”Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)”でキム・ドンウクが受賞。
 釜日映画賞では、”The Spy Gone North(공작)”でチュ・ジフン受賞。

画像

 ◆助演女優賞(여우조연상)
 ・コ・ミンジ 『The Witch 魔女』
 ・キム・セビョク ”Adulthood(어른도감/大人図鑑)”(監督:キム・インソン)
 ・キム・ソニョン(Kim SunYoung/김선영) 『herstory』“Herstory(허스토리)”
 ・チョン・ユミ 『サイコキネシス 念力』
 ◎チン・ソヨン “Believer(독전/毒戦)”

 春史映画賞では、『コミュニケーションと嘘』でキム・ソニョンが受賞。
 釜日映画賞では、キム・ソニョンが受賞。

画像

 ◆脚本賞(시나리오상)
 ・“The Spy Gone North(공작)”
 ・『天命の城』
 ◎“Microhabitat(소공녀/小公女)”
 ・『アイキャンスピーク』”I Can Speak(아이 캔 스피크)”
 ・『1987、ある闘いの真実』
 ・“Adulthood(어른도감/大人図鑑)”

 青龍映画賞2017では、『天命の城』が受賞。
 百想映画大賞では、『1987、ある闘いの真実』が受賞。
 釜日映画賞では、“The Spy Gone North(공작)”が受賞。

画像

 ◆撮影賞(촬영상)
 ・“The Spy Gone North(공작)”
 ◎『天命の城』 キム・ジヨン(김지용)
 ・“Believer(독전/毒戦)”
 ・『バーニング 劇場版』
 ・『1987、ある闘いの真実』

 釜日映画賞では、『1987、ある闘いの真実』が受賞。
 キム・ジヨンは、韓国映画評論家協会賞2017で撮影賞、アジア映画賞2018で撮影賞、春史映画賞2018で技術賞受賞。

画像

 ◆編集賞(편집상)
 ◎『コンジアム』“Gonjiam: Haunted Asylum(곤지암/昆池岩)”(監督:ジョン・ボムスク) 김형주(キム・ヒョンジュ)、양동엽(ヤン・ドンヨプ)
 ・“The Spy Gone North(공작)”
 ・『天命の城』
 ・“Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)”
 ・『1987、ある闘いの真実』

 ◆美術賞(미술상)
 ◎“The Spy Gone North(공작)” 박일현(パク・イルヒョン)
 ・『天命の城』
 ・“Believer(독전/毒戦)”
 ・“Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)”
 ・”Illang: The Wolf Brigade(人狼)”(監督:キム・ジウン)

 釜日映画賞に続き、“The Spy Gone North(공작)”が受賞。

 ◆衣裳賞(의상상)
 ・“The Spy Gone North(공작)”
 ・『天命の城』
 ・“Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)”
 ◎”Illang: The Wolf Brigade(人狼)” チョ・サンギョン(조상경)、ソン・ナリ(손나리)
 ・『1987、ある闘いの真実』

 ◆照明賞(조명상)
 ・“The Spy Gone North(공작)”
 ◎『天命の城』 チョ・ギュヨン(조규영)
 ・『バーニング 劇場版』
 ・”Illang: The Wolf Brigade(人狼)”
 ・『1987、ある闘いの真実』

 ◆技術賞(기술상)
 ・“The Spy Gone North(공작)”
 ・“Believer(독전/毒戦)”
 ・『The Witch 魔女』
 ◎“Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)” 진종현(ジン・ジョンヒョン)
 ・”Illang: The Wolf Brigade(人狼)”

 百想芸術大賞では、“Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)”で、진종현(ジン・ジョンヒョン)(視覚効果 VFX)が芸術賞受賞。
 春史映画賞では、『天命の城』でキム・ジヨン(撮影)が受賞。

 ◆音楽賞(음악상)
 ◎『天命の城』 坂本龍一
 ・“Believer(독전/毒戦)”
 ・『バーニング 劇場版』
 ・”Sunset in My Hometown(변산/辺山)”(監督:イ・ジュンイク)
 ・『1987、ある闘いの真実』

 釜日映画賞では、『バーニング 劇場版』が受賞。
 坂本龍一は、韓国映画評論家協会賞2017でも音楽賞受賞。

画像

 ◆新人男優賞(신인남우상)
 ・Go Seong-wan(고성완) ”Loser’s Adventure(튼튼이의 모험)”(監督:Ko Bongsoo(고봉수))
 ・オ・スンフン “Method(메소드)”(監督:パン・ウンジン)
 ・Ha-Joon Wi(위하준) 『コンジアム』“Gonjiam: Haunted Asylum(곤지암/昆池岩)”
 ◎Lee Ga-sub(이가섭/イ・ガソプ) ”The Seeds of Violence(폭력의 씨앗)”(監督:Lim Taegue(임태규))
 ・チョン・カラム 『詩人の恋』

 ワイルドフラワー映画賞では、オ・スンフンが新人賞受賞。
 春史映画賞では、オ・スンフンが受賞。
 釜日映画賞では、“Loser’s Adventure(튼튼이의 모험)でKim Choong-gil (김충길)が受賞。
 Lee Ga-sub(이가섭/イ・ガソプ)は、ワイルドフラワー映画賞2018 新人賞、百想芸術大賞2018 新人男優賞、春史映画賞2018新人男優賞、釜日映画賞2018新人男性演技賞にそれぞれノミネート。

画像

 ◆新人女優賞(신인여우상)
 ・Kim Ga-hee(김가희) “Park Hwa-young(박화영)”(監督:Hwan Lee(이환))
 ◎キム・ダミ 『The Witch 魔女』
 ・Jeon Jong-seo(전종서) 『バーニング 劇場版』
 ・チン・ギジュ 『リトル・フォレスト 春夏秋冬』

 釜日映画賞に続き、キム・ダミが受賞。

画像

 ◆新人監督賞(신인감독상)
 ・カン・ユンソン 『犯罪都市』
 ・シン・ドンソク 『最後の息子』“살아남은 아이(Last Child)”
 ・Lee Seoggeun(이석근) “On Your Wedding Day(너의 결혼식)”
 ・Lim Dae-hyeong(임대형) ”Merry Christmas Mr. Mo(메리 크리스마스 미스터 모)”
 ◎Jeon Go-Woon(전고운)  “Microhabitat(소공녀/小公女)”

 ワイルドフラワー映画賞では、Lim Dae-hyeong(임대형)が受賞。
 百想芸術大賞、春史映画賞では、カン・ユンソンが受賞。
 釜日映画賞に続き、Jeon Go-Woon(전고운)が受賞。

画像

 ◆企画賞(기획상)
 ・『コンジアム』“Gonjiam: Haunted Asylum(곤지암/昆池岩)”
 ・“The Spy Gone North(공작)”
 ・『犯罪都市』
 ・“Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)”
 ◎『1987、ある闘いの真実』 이우정(イ・ウジョン)

画像

 ◆ウリィ銀行スター賞(우리은행스타상)
 ◎ソリョン(설현) “The Great Battle(안시성/安市城)”(監督:キム・グァンシク)

画像

 ◆特別賞(특별상)
 ◎故キム・ジュヒョク

画像

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・“The Spy Gone North(공작)”(3/13):作品・監督・主演男優・主演男優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・照明・技術・企画
 ・『1987、ある闘いの真実』(2/11):作品・監督・主演男優・主演女優・脚本・撮影・編集・衣裳・照明・音楽・企画
 ・『天命の城』(3/10):作品・監督・主演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・照明・音楽
 ・『バーニング 劇場版』(1/8):作品・監督・主演男優・助演男優・撮影・照明・音楽・新人女優
 ・“Along With the Gods: The Two Worlds(신과함께-죄와 벌/神と共に-罪と罰)”(1/7):作品・監督・編集・美術・衣裳・技術・企画
 ・“Believer(독전/毒戦)”(2/7):主演男優・助演男優・助演女優・撮影・美術・技術・音楽
 ・『The Witch 魔女』(1/4):主演女優・助演女優・技術・新人女優
 ・”Illang: The Wolf Brigade(人狼)”(1/4):美術・衣裳・照明・技術
 ・“Microhabitat(소공녀/小公女)”(2/3):主演女優・脚本・新人監督
 ・『犯罪都市』(0/3):助演男優・脚本
 ・『コンジアム』“Gonjiam: Haunted Asylum(곤지암/昆池岩)”(1/3):編集・新人男優・企画
 ・『herstory』(0/2):主演女優・助演女優
 ・『アイキャンスピーク』(1/2):主演女優・脚本
 ・“Adulthood(어른도감/大人図鑑)”(0/2):助演女優・脚本

 『バーニング』は、釜日映画賞では2部門の受賞でしたが、大鐘賞でも作品賞は受賞したものの、1部門の受賞にとどまりました。『バーニング』は、高評価ではあるものの、映画賞を総なめする感じではないようです。

 “The Spy Gone North(공작)”の、2部門で3つの受賞が最多賞で、2部門で受賞した作品が4つあり、1作品に賞が偏ることはありませんでした。本年度は、そんなに強い作品はない、ということでしょうか。

 美術賞、新人女優賞、新人監督賞は、釜日映画賞2018と同じになりました。

 “Believer(독전/毒戦)”、『コンジアム』、”Illang: The Wolf Brigade(人狼)”、”The Seeds of Violence(폭력의 씨앗)”は、初受賞です。中でも、”The Seeds of Violence(폭력의 씨앗)”のイ・ガソプは、何度もノミネートされて、ようやく助演男優賞の受賞となりました。

 わりと、欠席者、代理受賞が多い授賞式でしたね。

--------------------------------

 *韓国映画ファンの方もクリックしてね。
 ↓ ↓ ↓ ↓

 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 ・大鐘賞2018 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_14.html
 ・大鐘賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_31.html
 ・大鐘賞2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_42.html
 ・大鐘賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_95.html
 ・大鐘賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_22.html
 ・大鐘賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_19.html
 ・大鐘賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_3.html
 ・大鐘賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_38.html
 ・大鐘賞2011 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_60.html
 ・大鐘賞2010 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_3.html 
 ・大鐘賞2009 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_10.html

 ・釜日映画賞2018 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201809/article_1.html
 ・釜日映画賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_7.html

 ・春史映画賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201809/article_2.html

 ・百想芸術大賞2018 映画部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201804/article_9.html
 ・百想芸術大賞2018 テレビ部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201804/article_10.html
 ・百想芸術大賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201805/article_4.html

 ・ワイルドフラワー映画賞2018 ノミネーション: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201804/article_4.html
 ・ワイルドフラワー映画賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201804/article_13.html

 ・釜山映画評論家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_46.html

 ・青龍映画賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_12.html
 ・青龍映画賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_45.html

 ・韓国映画評論家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_44.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年3月~9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_33.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年10月~2019年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_5.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック