海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS サンセバスチャン国際映画祭2018 ホライズンズ・ラティーノ部門

<<   作成日時 : 2018/09/23 08:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 【ホライズンズ・ラティーノ部門】

画像

 ・“Compráme un revolver”(メキシコ) 監督:Julio Hernández Cordón
 物語:暴力に支配された世界。女は娼婦になるか、殺されるかしかない。ひとりの少女がハルクの面をつけ、足首には鎖をつけている。彼女は、父親の手助けをしている。父親は、麻薬中毒で苦しんでいて、打ち棄てられた野球場でドラッグ・ディーラーたちの世話をしている。砂漠で麻薬王のパーティーが開かれる。父親は娘を連れていくしかない。パーティーは大きく、コンサートステージまである。麻薬王を祝福するステージが始まり、赤いレーザー光線に満たされ、銃撃戦が始まる。父親は娘をクーラーで隠す。翌朝、ハルクが目覚めると、辺りはカオスと死に覆われている。彼女は、自由になるために闘い、逃げようとする。
 カンヌ国際映画祭2018 監督週間出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2018出品。
 シカゴ国際映画祭2018出品。

画像

 ・“Our Time (Nuestro Tiempo)”(メキシコ・仏・独・デンマーク・スウェーデン) 監督:カルロス・レイガダス
 出演:Natalia López、エレアサル・レイガダス(Eleazar Reygadas)、ルートゥ・レイガダス(Rut Reygadas)、Phil Burgers
 物語:メキシコの高地の牧場。Esterは、牧場を切り盛りしている。夫のJuanは、有名な詩人で、牛を交配し、育てている。Esterが、アメリカの馬のトレーナー不貞を働いた時、Juanは、未来に希望を持つことができなくなる。彼は妻のことをスパイし始め、濁った嫉妬の感情で自分を見失う。
 ベネチア国際映画祭2018 コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2018 MASTERS部門出品。


 ・“Los Silencios”(ブラジル・仏・コロンビア) 監督:Beatriz Seigner
 物語:N‎úria (12) とFabio (9) は、若い母親Amparo (40)と一緒に、ブラジルとコロンビアとペルーの国境に浮かぶ地図にも載っていない島に到着する。彼らは、そこで採掘会社で働いていた父親が土砂崩れで死んだことを知る。一家は、父の賠償金とブラジルのビザを手に入れたいと考える。しゃべれないN‎úria、家族の秘密、コロンビアの半世紀の紛争。この島にはたくさんの亡霊が潜んでいることが明らかになる。
 “Bollywood Dream”(2010)のBeatriz Seigner監督の第2作。
 カンヌ国際映画祭2018 監督週間出品。

画像

 ・“Rust (Ferrugem)”(ブラジル) 監督:Aly Muritiba
 出演:Giovanni De Lorenzi、Tifanny Dopke、Enrique Diaz、クラリッサ・キステ(Clarissa Kiste)、Duda Azevedo、Pedro Inoue
 物語:Tatiは、SNSで、自分が好きなものを共有するのが好きだ。だが、自分が公にしたくないものを高校のクラスのWhatsAppグループにさらされてしまった時、自分の行動の後始末をしなければならなくなる。
 サンセバスチャン国際映画祭2017 Films In Progress 32 Industry Award、Film Factory Award、Caaci/Ibermedia TV Films In Progress Award受賞。
 サンダンス映画祭2018出品。
 シアトル国際映画祭2018イベロアメリカン・コンペティション部門出品。審査員大賞受賞。
 ソウル国際女性映画祭2018出品。
 ゴールウェイ映画祭2018出品。
 グラマド映画祭2018出品。作品賞、脚本賞、録音賞受賞。編集賞ノミネート。

画像

 ・“The Heiresses(Las herederas)”(パラグアイ) 監督:Marcelo Martinessi
 出演:Ana Brun、Margarita Irún、Ana Ivanova
 物語:ChelaとChiquitaは、裕福な家の出身で、30年以上にわたってアスンシオンで一緒に暮らしてきた。ところが経済状況が悪化し、彼らは受け継いだ財産を手放していく。借金のせいで、Chiquitaは刑務所に入れられることになり、Chelaは新しい現実を受け止めなくてはならなくなる。彼女は、何年かぶりに車の運転をし、裕福な高齢の女性グループのために地元でタクシーのサービスを始める。新しい生活にも慣れ始めた頃、年下のAngyと出会い、フレッシュで元気づけられる関係を築いていく。Chelaはついに自分の殻を抜け出し、世界と関わり、自分自身のパーソナルで親しみのある革命に乗り出していく。
 初監督長編。
 ベルリン国際映画祭2018 コンペティション部門出品。女優賞(銀熊賞:Ana Brun)、アルフレッド・バウアー賞(銀熊賞)、テディー賞読者賞受賞。
 カルタヘナ映画祭2018 監督賞、国際批評家連盟賞受賞。
 全州国際映画祭2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2018 コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 リマ・ラテンアメリカ映画祭2018出品。女優賞(Ana Brun)、第1回作品賞受賞。
 Molodist国際映画祭2018出品。最優秀LGBTQ映画賞受賞。
 シアトル国際映画祭2018 審査員大賞スペシャル・メンション受賞。
 シドニー映画祭2018出品。作品賞受賞。
 エジンバラ国際映画祭2018出品。
 ゴールウェイ映画祭2018出品。
 ワールド・シネマ・アムステルダム2018出品。作品賞受賞。
 グラマド映画祭(ブラジル)2018ラテン映画コンペティション部門出品。作品賞、監督賞、女優賞(Ana Brun、Margarita Irun、Ana Ivanova)、脚本賞、観客賞、Kikito Critics Prize受賞。
 オステンデ映画祭2018出品。
 アテネ国際映画&ビデオ・フェスティバル2018出品。
 El Gouna国際映画祭2018出品。
 バンクーバー国際映画祭2018出品。
 米国アカデミー賞外国語映画賞パラグアイ代表。


 ・“Familia Sumergida (Immersed Family)”(アルゼンチン・ブラジル・独・ノルウェー) 監督:Maria Alché
 物語:Marcelaは、姉妹のRinaが死んだあと、世界が見知らぬ場所になったように感じた。自分の家も夫との関係も失われ、子どもたちは病気のように見える。ところが、友人の娘Nachoが思いがけず立ち寄ってくれた時、彼女は彼と話し、散歩もするようになる。次第に、彼女は、別の側面から親戚とも会話をするようになった。
 ロカルノ国際映画祭2018 フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門出品。

画像

 ・“Figuras”(西・アルゼンチン) 監督:Eugenio Canevari
 物語:Stellaは、アルゼンチンからの移民でスペインで暮らしている。彼女は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っていて、つきっきりの看病が必要とされる。Pacoは、長年のパートナーで、彼女の移動や食事、コミュニケーションの手助けをしている。Valeriaは、Stellaの娘で、時々彼らを訪ねているのが、母親が目に見えて悪化しているのを見て苦しみ、それから逃れるためにパーティーにでかけてしまう。彼らは、政府が補助金を支給する住宅が得られるかどうか、返答を待っている。彼らは、ユーモアと愛を通して、状況に対処している。
 本物の家族がリアルな物語を演じている。

画像

 ・“La noche de 12 años(A Twelve-Year-Night)”(西・アルゼンチン) 監督:Álvaro Brechner
 物語:1972年、ある秋の夜。3人の政治犯が刑務所の居房から、12年続く秘密の軍事作戦のために連れ出された。3人は小さな房に隔離され、ほとんどの時間、頭にはフードが被せられた。彼らの中にはホセ・ムヒカ、のちのウルグアイ大統領がいた。
 ベネチア国際映画祭2018 Orizzonti部門出品。
 オステンデ映画祭2018出品。
 CPH:PIX 2018出品。

画像

 ・“Florianópolis Dream (Sueño Florianópolis)”(アルゼンチン・ブラジル・仏) 監督:アナ・カッツ(Ana Katz)
 物語:精神分析医のLucreciaとPedro、彼らの10代の子どもたちJulianとFlorenciaは、蒸し暑いブエノスアイレスを出発して、おんぼろのルノーで、ブラジルのサマー・リゾートFlorianópolisへと、バケーションに向かう。絵に描いたような幸せな家族の図だが、実はこれは作り物である。両親は、彼らの結婚を考え直すと称して別居していて、数か月の間、別れて暮らしているのだ。彼らは、彼らと同じような危機にある夫婦からコテージを借りる。水泳や食事、酒、カラオケの間に、大人には大人の、子どもたちには子どもたちの、セックスや恋愛、あるいはその両方のチャンスが訪れる。Lucreciaの誕生日が近づいてくる。だが、のびのびした日々は、より深い疑問を投げかけてくる。自分たちの演じる役割について、分かち合う愛について、これからの人生がもたらしてくれる可能性について。
 『ウィスキー』に出演もしている女優で監督アナ・カッツの最新作。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2018 オフィシャル・セレクション出品。女優賞(Mercedes Morán)、審査員特別賞、国際批評家連盟賞受賞。
 トロント国際映画祭2018 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 CPH:PIX 2018出品。
 シカゴ国際映画祭2018出品。


 ・“El Motoarrebatador(The Snatch Thief)”(アルゼンチン・ウルグアイ・仏) 監督:Agustín Toscano
 物語:ひったくりが、老女からハンドバッグをひったくろうとして、乱暴にはねてしまって後悔し、自分が与えたダメージに対して償おうとする。だが、ひったりくりとしての彼の過去の行為が、彼が人生をやり直そうとするのを邪魔する。
 カンヌ国際映画祭2018 監督週間出品。
 サンチアゴ国際映画祭SANFIC2018出品。
 チューリヒ映画祭2018出品。

画像

 ・“Marilyn”(アルゼンチン・チリ) 監督:Martín Rodríguez Redondo
 物語:Marcosは、シャイな17歳の若者で、農場労働者として、家族と一緒に慎ましく暮らしている。ジェンダーの役割は明確に定められている。暑い夏、生活にゆとりはなく、お金は稼がなければならず、家畜の群れは維持しなければならない。Marcosは、ルーティーンの中で、自由の小さな島を切り開こうとする。彼は、ドアを閉めて、子どもっぽいメイクをして、カラフルなドレスを着るのが好きだ。カーニバルが迫る。今年のカーニバルは、家族も予想していなかったほどドラマチックにMarcosの人生を変える。
 Marcosは、敵意ある雰囲気の中で、自分のセクシュアリティーを発見する。他の村のティーンからは“Marilyn”とニックネームをつけられ、彼は欲望と差別の対象となる。彼は次第に閉め出されたように感じる。
 監督第2作。
 ベルリン国際映画祭2018 パノラマ部門出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2018出品。
 シアトル国際映画祭2018出品。
 TLVフェスト/テルアビブ国際LGBT映画祭2018 最優秀ナラティヴ長編賞受賞。
 ミラノ国際レズビアン&ゲイ映画祭2018出品。審査員特別賞受賞。

画像

 ・“Enigma”(チリ) 監督:Ignacio Juricic Merillán
 物語:Nancyは、未解決事件に関するテレビ番組から出演のオファーを受ける。若いレズビアンの娘だった娘が、8年前に撲殺された事件について話してくれというのだ。犯人はまだ見つかっていない。彼女は家族と向きあい、事件がそれぞれにとってどう見えているのか探る。番組に出演するかどうか決めるために、娘がどんな人間だったかより多く知るために。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ※審査員:Eugenia Mumenthaler (審査員長/スイス出身の映画プロデューサー、映画監督)、Adriana Paz(メキシコの女優)、フェルナンド・フランコ(Fernando Franco:スペインの編集技師)

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓

  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サンセバスチャン国際映画祭2018 オフィシャル・セレクション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201809/article_31.html

 ・サンセバスチャン国際映画祭2018 ニュー・ディレクターズ部門:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201809/article_33.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年3月〜9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_33.html

 追記:
 ・サンセバスチャン国際映画祭2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンセバスチャン国際映画祭2018 ホライズンズ・ラティーノ部門 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる