ロカルノ国際映画祭2018 受賞結果!

 第71回ロカルノ国際映画祭(8月1日-11日)の各賞が発表になりました。

 【インターナショナル・コンペティション部門】 (Concorso Internazionale/International Competition)

 ◆金豹賞(Pardo d'oro) 90,000 CHF
 ◎“A Land Imagined(幻土)”(シンガポール・仏・オランダ) 監督:Yeo Siew Hua(楊修華)


 ◆審査員特別賞 30,000 CHF
 ◎“M”(仏) 監督:Yolande Zauberman


 ◆監督賞(Pardo per la Miglior Regia (Best Direction)) 20,000 CHF
 ・“Too Late to Die Young(Tarde para morir joven)”(チリ・ブラジル・アルゼンチン・オランダ・カタール) 監督:ドミンガ・ソトマイヨール(Dominga Sotomayor)


 ◆男優賞(Pardo per la Migliore Interpretazione Maschile (Best Actor))
 ◎KI Joobong “Hotel by the River”(韓)(監督:ホン・サンス)


 ◆女優賞(Pardo per la Migliore Interpretazione Femminile (Best Actress))
 ◎Andra Guți “Alice T.”(ルーマニア・仏・スウェーデン)(監督:ラドゥー・ムンテアン(Radu Muntean))


 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Ray & Liz”(英) 監督:リチャード・ビリンガム(Richard Billingham)

 ◆エキュメニカル審査員賞
 ◎“Sibel“(トルコ・仏・独・ルクセンブルク) 監督:チャーラ・ゼンジルジ(Çağla Zencirci)、ギョーム・ジョヴァネッティ(Guillaume Giovanetti)

 ◆エキュメニカル審査員賞 スペシャル・メンション
 ◎“Diane”(米) 監督:ケント・ジョーンズ(Kent Jones)
 ◎“A Land Imagined(幻土)”(シンガポール・仏・オランダ) 監督:Yeo Siew Hua(楊修華)

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Sibel“(トルコ・仏・独・ルクセンブルク) 監督:チャーラ・ゼンジルジ(Çağla Zencirci)、ギョーム・ジョヴァネッティ(Guillaume Giovanetti)

 ◆«Environment is quality of life» Prize 3,000 CHF
 ◎“M”(仏) 監督:Yolande Zauberman

 [ヤング審査員賞](Junior Jury Awards)

 ◆第1席 6,000 CHF
 ◎“A Land Imagined(幻土)”(シンガポール・仏・オランダ) 監督:Yeo Siew Hua(楊修華)

 ◆第2席 4,000 CHF
 ◎“Sibel“(トルコ・仏・独・ルクセンブルク) 監督:チャーラ・ゼンジルジ(Çağla Zencirci)、ギョーム・ジョヴァネッティ(Guillaume Giovanetti)

 ◆第3席 2,000 CHF
 ◎“Hotel by the River”(韓) 監督:ホン・サンス

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Menocchio”(伊・ルーマニア) 監督:アルベルト・ファズーロ(Alberto Fasulo)
 ◎“La flor (The Flower)”(アルゼンチン) 監督:Mariano Llinás

 【フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門】 (Cineasti Del Presente /Film-makers of the Present Competition)

 ◆金豹賞(Pardo d'oro Cineasti del Presente) 40,000 CHF
 “Chaos”(オーストリア・シリア・レバノン・カタール) 監督:Sara Fattahi


 ◆エマージング監督賞(Premio per il Miglior Regista Emergente - Città e Regione di Locarno (Best Emerging Director)) 20,000 CHF
 ◎“Dead Horse Nebula”(トルコ) 監督:Tarik Aktas


 ◆審査員特別賞(Premio Speciale della Giuria Ciné+ Cineasti del Presente (Special Jury Prize)) 25,000 CHF
 ◎“Closing Time(打烊時刻)”(スイス・独) 監督:Nicole Vögele


 ◆スペシャル・メンション(Special Mentions)
 ◎“Fausto(Faust)”(メキシコ・カナダ) 監督:Andrea Bussmann


 ◎Rose “L'époque(Young and Alive)”(仏)(監督:Matthieu Bareyre)

 ◆第1回作品賞(Prize for Best First Feature) 15,000 CHF
 ◎“Alles ist gut(All Good)”(独) 監督:Eva Trobisch


 ◆Europa Cinemas Label
 ◎“L'époque(Young and Alive)”(仏) 監督:Matthieu Bareyre

 ◆ヤング審査員賞 2,000 CHF
 ◎“Hatzlila (The Dive)”(イスラエル) 監督:Yona Rozenkier

 ◆ヤング審査員賞 スペシャル・メンション
 ◎“L'époque(Young and Alive)”(仏) 監督:Matthieu Bareyre

 【アウト・オブ・コンペティション部門】

 ◆第1回作品賞 Swatch Art Peace Hotel Award
 ◎“Rūgštus miškas(Acid Forest)”(リトアニア) 監督:Rugile Barzdziukaite


 【レパード・オブ・トゥモロー】(Pardi di domani/ Concorso internazionale)

 [インターナショナル部門]

 ◆金豹賞(Pardino d'Oro for the Best International Short Film - Premio SRG SSR) 10,000 CHF
 ◎“D’un château l’autre (Castle to Castle)”(ベルギー・仏/40') 監督:Emmanuel Marre


 ◆銀豹賞(Pardino d'Argento SRG SSR for the Concorso Internazionale) 5,000 CHF
 ◎“Heart of Hunger”(オランダ/29') 監督:Bernardo Zanotta


 ◆監督賞(Pardi di domani Best Direction Prize) 2,000 CHF
 ◎“El laberinto (The Labyrinth)”(仏・コロンビア・米/21') 監督:Laura Huertas Millán


 ◆Medien Patent Verwaltung AG Award
 ◎“Je sors acheter des cigarettes (I’m Going Out for Cigarettes)”(仏/13') 監督:Osman Cerfon

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“La máxima longitud de un puente (Big bridge)”(コロンビア・アルゼンチン/13') 監督:Simón Vélez


 ◆ヤング審査員賞 1,500 CHF
 ◎“D’un château l’autre (Castle to Castle)”(ベルギー・仏/40') 監督:Emmanuel Marre

 ◆ヤング審査員賞 スペシャル・メンション
 ◎“Reneepoptosis”(米・日/10') 監督:Renee Zhan

 [ナショナル部門]

 ◆金豹賞(Pardino d'Oro for the Best Swiss Short Film - Premio Swiss Life) 10,000 CHF
 ◎“Los que desean (Those who Desire)”(スイス・西/24') 監督:Elena López Riera


 ◆銀豹賞(Pardino d'Argento Swiss Life for the Concorso Nazionale) 5,000 CHF
 ◎“Abigaïl”(スイス/20') 監督:Magdalena Froger


 ◆ヨーロッパ映画賞2018 ロカルノ代表
 ◎“Los que desean (Those who Desire)”(スイス・西/24') 監督:Elena López Riera

 ◆スイス・ニューカマー賞(Best Swiss Newcomer Award)
 ◎“Ici le chemin des ânes (Stone Age)”(スイス/22') 監督:Lou Rambert Preiss


 ◆ヤング審査員賞 1,500 CHF
 ◎“Ici le chemin des ânes (Stone Age)”(スイス/22') 監督:Lou Rambert Preiss

 【ピアッツァ・グランデ部門】

 ◆ピアッツァ・グランデ賞(Variety Piazza Grande Award)
 ◎“Le vent tourne (With the Wind)”(スイス・仏) 監督:ベティナ・オベルリ(Bettina Oberli)


 ◆観客賞(Prix du Public (Audience Award) )
 ◎“Blackkklansman : J’ai infiltré le Ku Klux Klan”(米) 監督:スパイク・リー

 【サイン・オブ・ライフ部門】

 ◆サイン・オブ・ライフ賞(The Signs of Life Award electronic.art.foundation 2018) 5'000 CHF
 ◎“Hai shang cheng shi(海上城市/The Fragile House)”(中/81') 監督:LIN Zi(林子)


 ◆The Fundación Casa Wabi - Mantarraya Award
 ◎“Le Discours d’acceptation glorieux de Nicolas Chauvin(The Glorious Acceptance of Nicolas Chauvin)”(仏/26') 監督:Benjamin Crotty


 ◆第1回作品賞 スペシャル・メンション
 ◎“Tirss, rihlat alsoo’oud ila almar’i (Erased, Ascent of the Invisible)”(レバノン/74') 監督:Ghassan Halwani


 【批評家週間】

 ◆SRG SSR Prize/Semaine de la critique 2018  8,000 CHF
 ◎“Le Temps des forêts”(仏) 監督:François-Xavier Drouet

 ◆Premio Zonta Club Locarno 2018 2,000 CHF
 ◎“#FEMALE PLEASURE”(スイス・独) 監督:Barbara Miller

 【オープン・ドアーズ部門】

 ◆Residency Internationale Kurzfilmtage Winterthur @ Villa Sträuli
 ◎Mahde Hasan(バングラデシュ、フィルムメイカー) SAND CITY

 【特別賞・名誉賞】

 ◆名誉金豹賞(Pardo d’onore Manor)
 ◎ブリュノ・デュモン


 ◆エクセレンス賞
 ◎イーサン・ホーク


 ◆ライモンド・レッツォニコ賞/最優秀インディペンデント・プロデューサー賞
 ◎テッド・ホープ(Ted Hope)


 ◆ヴィジョン賞Ticinomoda
 ◎カイル・クーパー(Kyle Cooper)


 ◆レパード・クラブ賞
 ◎メグ・ライアン


 ◆トリビュート
 ◎パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ


 ◎Wolf-Eckart Bühler

 ◎Pierre Rissient

 ◎クロード・ランズマン

--------------------------------

 シンガポール映画が金豹賞受賞とか、ホン・サンス作品が男優賞受賞とか、“La flor (The Flower)”はヤング審査員賞スペシャル・メンションどまりなのかあとか、思うところはいろいろあるわけですが、ロカルノ国際映画祭の受賞結果がそのまま作品の絶対的評価にはならないので、個々の作品については今後の展開を待ちたいところですね。

 とはいえ、やはり複数の賞を受賞している作品が気になるのと、全体的に女性監督の作品の受賞が多いのが注目されます。

 あと、日本作品が全然ない(そもそも全く上映されていない)のは、寂しいですね。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
    ↓ ↓ ↓ ↓

    ↑ ↑ ↑ ↑
    クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ロカルノ国際映画祭2018コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201807/article_11.html
 ・ロカルノ国際映画祭2018 フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201807/article_14.html
 ・ロカルノ国際映画祭2018 コンペティション部門以外のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201808/article_1.html

 ・ロカルノ国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_18.html
 ・ロカルノ国際映画祭2017 フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_19.html
 ・ロカルノ国際映画祭2017 コンペティション部門以外のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_21.html
 ・ロカルノ国際映画祭2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_17.html
 ・ロカルノ国際映画祭2016 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_25.html
 ・ロカルノ国際映画祭2016 ラインナップ コンペティション部門以外:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_26.html
 ・ロカルノ国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_18.html
 ・ロカルノ国際映画祭2014 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_18.html
 ・ロカルノ国際映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201408/article_14.html
 ・ロカルノ国際映画祭2013 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_19.html
 ・ロカルノ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_2.html
 ・ロカルノ国際映画祭2010 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_16.html
 ・ロカルノ国際映画祭2010 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_17.html
 ・ロカルノ国際映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_7.html
 ・ロカルノ国際映画祭2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200907/article_16.html
 ・ロカルノ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_10.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年3月~9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_33.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック