海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ポルトガル・ナショナル映画賞 ソフィア賞2018 受賞結果!

<<   作成日時 : 2018/03/29 18:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ポルトガル・ナショナル映画賞、第7回ソフィア賞(Prémios Sophia)が発表されました。(3月25日)

 ソフィア賞は、ポルトガル映画アカデミーによって、2012年に開設されたもので、今年で7回目になります。
 2013年の第1回と2014年の第2回は10月に開催されたのが、2015年は4月、2016年は5月に開催され、2017年から3月に開催されるようになっています。(2012年は名誉賞のみだけだったらしく、第1回とはカウントされていません。)
 部門構成としては、2013年にほぼ現在と同じ19部門が設けられて、現在に至っています。(その後、学生部門やTVが新設。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞(Melhor Filme)
 ◎“São Jorge(Saint George)”(ポルトガル・仏) 監督:マルコ・マルティンズ(Marco Martins)
 ・“A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”(ポルトガル) 監督:Pedro Pinho
 ・“Al Berto”(ポルトガル) 監督:Vicente Alves do Ó
 ・“Fátima”(ポルトガル・仏) 監督:ジョアン・カニージョ(João Canijo)

 “São Jorge(Saint George)”は、ベネチア国際映画祭2016 Orizzonti部門出品。男優賞受賞。米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 ポルトガル代表。
 “A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”は、カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。国際批評家連盟賞受賞。


 ◆監督賞(Melhor Realizador)
 ◎マルコ・マルティンズ(Marco Martins) “São Jorge(Saint George)”
 ・ジョアン・カニージョ(João Canijo) “Fátima”
 ・ジョアン・ボテリョ(João Botelho) “Peregrinação”(ポルトガル)
 ・Pedro Pinho “A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”


 ◆主演男優賞(Melhor Ator Principal)
 ◎ヌヌ・ロペス(Nuno Lopes) “São Jorge(Saint George)”
 ・Miguel Borges “Uma Vida à Espera(Letters)”(ポルトガル)(監督:Sérgio Graciano)
 ・Cláudio da Silva “Peregrinação”
 ・José Pimentão “Al Berto”

 ヌヌ・ロペスは、ベネチア国際映画祭2016 Orizzonti部門 男優賞受賞。


 ◆主演女優賞(Melhor Atriz Principal)
 ・Carla Galvão “A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”
 ◎リタ・ブランコ(Rita Blanco) “Fátima”
 ・Anabela Moreira “Fátima”
 ・マリアナ・ヌネス(Mariana Nunes) “São Jorge(Saint George)”

 ◆助演男優賞(Melhor Ator Secundário)
 ・アドリアーヌ・ルース(Adriano Luz) “São Jorge(Saint George)”
 ◎José Raposo “São Jorge(Saint George)”
 ・João Villas-Boas “Al Berto”
 ・Duarte Grilo “Al Berto”

 授賞式は、女優で妻のSara Barradasが登壇。


 ◆助演女優賞(Melhor Atriz Secundária)
 ◎Isabel Abreu “Uma Vida à Espera(Letters)”
 ・ベアトリス・ベタルダ(Beatriz Batarda) “São Jorge(Saint George)”
 ・カタリナ・ヴァレンシュタイン(Catarina Wallenstein) “Peregrinação”
 ・Raquel Rocha Vieira “Al Berto”


 ◆オリジナル脚本賞(Melhor Argumento Original)”
 ◎Ricardo Adolfo、マルコ・マルティンズ(Marco Martins) “São Jorge(Saint George)”
 ・ジョアン・カニージョ(João Canijo) “Fátima”
 ・Vicente Alves do Ó “Al Berto”
 ・Paulo Filipe Monteiro “Zeus”(ポルトガル・アルジェリア・仏)(監督:Paulo Filipe Monteiro)

 ◆脚色賞(Melhor Argumento Adaptado)
 ◎Pedro Pinho、Luisa Homem、Leonor Noivo、Tiago Hespanha Judith Herzbergのオリジナル戯曲“The Nothing Factory”に基づく “A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”
 ・ジョアン・ボテリョ(João Botelho) フェルナンド・メンデス・ピント(Fernão Mendes Pinto)の本の翻案 “Peregrinação”
 ・David Machado、Tiago R. Santos “Índice Médio de Felicidade”の本に基づく “Índice Médio de Felicidade”(ポルトガル)(監督:Joaquim Leitão)
 ・Jorge António、Paulo Leite、Virgilio Almeida エンリケ・アブランシェス(Henrique Abranches)の“Os Senhores do Areal”に基づく “A Ilha dos Cães”(ポルトガル)(監督:Jorge António)

 Luisa Homemは、編集賞も受賞。


 ◆撮影監督賞(Melhor Direcção de Fotografia)
 ◎Carlos Lopes “São Jorge(Saint George)”
 ・Luís Branquinho “Peregrinação”
 ・ルイ・ポッサス(Rui Poças) “Al Berto”
 ・Leonor Teles “Verão Danado(Damned Summer)”(ポルトガル)(監督:Pedro Cabeleira)


 ◆編集賞(Melhor Montagem)
 ・Mariana Gaivão “São Jorge(Saint George)”
 ・João Braz “Peregrinação”
 ◎Cláudia Oliveira、Edgar Feldman、Luísa Homem “A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”
 ・Pedro Ribeiro “Índice Médio de Felicidade”

 Luísa Homemは、脚色賞も受賞。


 ◆美術監督賞(Melhor Direção Artística)
 ・Joana Cardoso “Al Berto”
 ・João Torres “Zeus”
 ◎Wayne dos Santos “São Jorge(Saint George)”
 ・Bruno Caldeira “A Ilha dos Cães”


 ◆衣裳賞(Melhor Guarda-Roupa)
 ◎シルビア・クラボウスキー(Sílvia Grabowski) “Peregrinação”
 ・Joana Cardoso “Al Berto”
 ・シルビア・クラボウスキー(Sílvia Grabowski) “Zeus”
 ・Lucha D’Orey “O Divã de Estaline”(仏・ポルトガル・ロシア)(監督:ファニー・アルダン)

 シルビア・クラボウスキーは、2作品でノミネート。


 ◆メイキャップ&ヘア賞(Melhor Maquilhagem e Cabelos)
 ・Abigail Machado、Mário Leal “Al Berto”
 ◎Rita Castro、Felipe Muiron “Peregrinação”
 ・Djanira Cirilo da Cruz、Maria Almeida (Nani) “São Jorge(Saint George)”
 ・Nuno Esteves “Blue”、Mizé Silvestre “O Divã de Estaline”


 ◆特殊効果/キャラクタライゼーション賞(Melhor Efeitos Especiais/Caracterização)
 ◎Nuno Esteves “Blue” “Peregrinação”
 ・Sara Menitra “Zeus”
 ・Alexandra Espinhal “A Ilha dos Cães”
 ・João Rapaz “Verão Danado”

 ◆録音賞(Melhor Som)
 ・Olivier Blanc、Hugo Leitão “São Jorge(Saint George)”
 ・Francisco Veloso、Paulo Abelho、Tiago Inuit “Peregrinação”
 ・Elsa Ferreira、Olivier Hespel、Gérard Rousseau “Fátima”
 ◎Pedro Melo、Elsa Ferreira、Branko Neskov “Al Berto”

画像

 ◆オリジナル作曲賞(Melhor Banda Sonora Original)
 ・Rodrigo Leão “100 Metros”(ポルトガル・西)(監督:Marcel Barrena)
 ・Hugo Leitão、Nuno Malo、ラファエル・トラル(Rafael Toral) “São Jorge(Saint George)”
 ・Luís Bragança Gil、Daniel Bernardes “Peregrinação”
 ◎Rita Redshoes & The Legendary Tigerman “Ornamento e Crime”(ポルトガル・ブラジル)(監督:ホドリゴ・アレイアス(Rodrigo Areias))

画像

 ◆オリジナル歌曲賞(Melhor Canção Original)
 ・“Índice Médio de Felicidade”-‘Sementes do Impossível’ 作曲:Xutos、Pontapés 
 ◎“Uma Vida à Espera(Letters)”-‘Fim’ 作曲:Lúcia Moniz
 ・“Ornamento e Crime”-‘VOODOO’ 作曲:Rita Redshoes & The Legendary Tigerman パフォーマンス:Rita Redshoes
 ・“Delírio Em Las Vedras”(ポルトガル)(監督:Edgar Pêra)-‘Ribombar do Amor’ 作曲&パフォーマンス:Jorge Prendas

画像

 ◆短編映画賞(Melhor Curta-Metragem de Ficção)
 ◎“Coelho Mau(Bad Bunny)”(ポルトガル・仏) 監督:Carlos Conceição
 ・“Altas Cidades De Ossadas(High cities of bone)”(ポルトガル) 監督:João Salaviza
 ・“A Língua”(ポルトガル) 監督:Adriana Martins da Silva
 ・“Antes que a noite venha:Falas de Antígona”(ポルトガル) 監督:Joaquim Pavão

 “Coelho Mau(Bad Bunny)”は、カンヌ国際映画祭2017 批評家週間出品。クィア・リスボア/シネマ・クィア国際映画祭2017 審査員スペシャル・メンション受賞。Coimbra Caminhos do Cinema Português 2017 メイキャップ賞受賞。CinEuphoria Awards 2018 ナショナル・コンペティション部門 トップ・ショート・フィルム・オブ・ザ・イヤー受賞。
 “Altas Cidades De Ossadas(High cities of bone)”は、ベルリン国際映画祭2017 短編コンペティション部門出品。
 “Antes que a noite venha:Falas de Antígona”は、Avanca映画祭2017 ワールド・プレミア賞受賞。

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Melhor Documentário em Longa-Metragem
 ・“Ama-San”(ポルトガル・スイス・日) 監督:クラウディア・ヴァレジャン(Cláudia Varejão)
 ◎“Nos Interstícios da Realidade ou o Cinema de António de Macedo”(ポルトガル) 監督:João Monteiro
 ・“Treblinka”(ポルトガル・ロシア) 監督:Sérgio Tréfaut
 ・“Rosas de Ermera”(ポルトガル) 監督:Luís Filipe Rocha

 “Ama-San”は、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 “Treblinka”は、インディー・リスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭2016 最優秀長編ポルトガル映画賞受賞。CinEuphoria Awards 2017 ナショナル・コンペティション部門出品。最優秀ドキュメンタリー賞、撮影賞、表現の自由オナラリー賞、トップ・オブ・ザ・イヤー。
 “Rosas de Ermera”は、Coimbra Caminhos do Cinema Português 2017 撮影賞受賞。

画像

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Melhor Documentário em Curta-Metragem)
 ・“António E Catarina”(ポルトガル) 監督:Cristina Hanes
 ・“Reis Do Sertão”(ポルトガル) 監督:Pablo Antonio
 ・“Où En Êtes-Vous,João Pedro Rodrigues?”(仏・ポルトガル) 監督:João Pedro Rodrigues
 ◎“O Homem Eterno(The Everlasting Man)”(ポルトガル) 監督:Luís Costa

 “António E Catarina”は、ロカルノ国際映画祭2017 レパード・オブ・トゥモロー部門出品。金豹賞受賞。
 “O Homem Eterno(The Everlasting Man)”は、CinEuphoria Awards 2018 ナショナル・コンペティション部門出品。トップ・ショート・フィルムズ・オブ・ザ・イヤー。

画像

 ◆短編アニメーション賞(Melhor Curta-Metragem de Animação)
 ◎“A Gruta De Darwin(Darwin's Cave)”(ポルトガル) 監督:Joana Toste
 ・“Das Gavetas Nascem Sons(The Sounds from the Drawers)”(ポルトガル) 監督:Vítor Hugo
 ・“Água Mole(Drop by Drop)”(ポルトガル) 監督:Laura Gonçalves、Alexandra Ramires
 ・“Tocadora”(ポルトガル) 監督:Joana Imaginário

 “A Gruta De Darwin(Darwin's Cave)は、”Coimbra Caminhos do Cinema Português 2017 オリジナル作曲賞受賞。
 “Água Mole(Drop by Drop)”は、カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。ヴィラ・ド・コンド国際短編映画祭2017出品。トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。シカゴ国際映画祭2017 ゴールド・プラーク賞受賞。
 “Tocadora”は、Coimbra Caminhos do Cinema Português 2017 最優秀アニメーション賞受賞。

画像

 ◆テレビ・シリーズ/テレビ映画賞(Melhor Série/Telefilme)
 ◎“Madre Paula”(ポルトガル)
 ・“Vidago Palace”(ポルトガル・西)
 ・“A Criação”(ポルトガル)
 ・“A Família Ventura”(ポルトガル)

画像

 ◆Sophia学生賞(Prémio Sophia Estudante)
 ◎“Snooze” 監督:Dinis Leal Machado(ESMAD)
 ・“A Clarabóia” 監督:Alícia Moreira(IPCA)
 ・“Irís” 監督:Renato Arroyo、Francisco Ferreira(Universidade Lusófona)
 ・“Blondes Make the Best Victims” 監督:Rita Ventura(ESMAD)

画像

 ◆Sophiaキャリア賞(Prémios Sophia Carreira 2018)
 ◎Lauro António(映画監督)

画像

 ◎Ana Lorena(特殊効果)

画像

 ◎Artur Correia(映画監督、アニメーター、イラストレーター)
 Artur Correiaは、 3月1日に87歳で亡くなったため、息子が登壇。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・“São Jorge(Saint George)”(7/14):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・メイク・録音・作曲
 ・“Peregrinação”(3/11):監督・主演男優・助演女優・脚色・撮影・編集・メ衣裳・イク・特殊効果・録音・作曲
 ・“Al Berto”(1/10):作品・主演男優・助演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・美術・メイク・録音
 ・“Fátima”(1/6):作品・監督・主演女優・主演女優・脚本:録音
 ・“A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”(2/5):作品・監督・主演女優・脚色・編集
 ・“Zeus”(0/4):脚本・美術・衣裳・特殊効果
 ・“A Ilha dos Cães”(0/4):脚色・美術・衣裳・特殊効果
 ・“Uma Vida à Espera(Letters)”(2/3):主演男優・助演女優・歌曲
 ・“Índice Médio de Felicidade”(0/3):脚色・編集・歌曲
 ・“Ornamento e Crime”(1/2):作曲・歌曲
 ・“Verão Danado(Damned Summer)”(0/2):撮影・特殊効果
 ・“O Divã de Estaline”(0/2):衣裳・メイク

 ヨーロッパ映画賞2017のオフィシャル・セレクションに選出されたポルトガル映画は、“A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”だけで、米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 ポルトガル代表に選ばれたのが、“São Jorge(Saint George)”だったところからすると、ソフィア賞の最多受賞が“São Jorge(Saint George)”であり、“A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”がそれに次ぐポジションだったのは、ほぼ順当ということになるでしょうか。

 ポルトガル映画は、日本にもあまり紹介されないし、2017年は国際的にも目を引いたのは“A Fábrica de Nada(The Nothing Factory)”くらいで、そんなに目立った作品はありませんでしたが、そんな中では、上記の中に、“Ama-San”や“Água Mole(Drop by Drop)”などいくつか国際的に受賞を重ねた作品があったのが目につきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いくつかの作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“São Jorge(Saint George)”(ポルトガル・仏) 監督:マルコ・マルティンズ(Marco Martins)
 物語:経済危機、および、トロイカ合意に基づく財政再建化の渦中にあるポルトガル。ボクサーのJorgeは、職がなく、借金の取り立ての仕事を請け負う。
 『TRACES OF A DIARY – 日記をたどる』のマルコ・マルティンズ監督最新作。
 東京在住のポルトガル人小説家Ricardo Adolfoが脚本を手がけ、数人のプロの俳優と演技経験のないキャストを起用し、フィクションとドキュメンタリーをブレンドした手法でストーリーを物語る。
 ベネチア国際映画祭2016 Orizzonti部門出品。男優賞(ヌヌ・ロペス(Nuno Lopes))受賞。
 シカゴ国際映画祭2016出品。
 ドバイ国際映画祭2016出品。
 マカオ国際映画祭2016 出品。監督賞、男優賞(ヌヌ・ロペス)受賞。
 欧州連合映画祭(香港)2017出品。
 Villeurbanne Festival Reflets du cinéma ibérique et latino-américain 2017出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 米国アカデミー賞2018 外国語映画賞ポルトガル代表選出。


 ・“A Fábrica De Nada(The Nothing Factory)”(ポルトガル) 監督:Pedro Pinho
 ある夜、労働者たちのグループが、管理者側が、機械や原材料を横流ししていることに気づく。労働者たちは、装備をガードし、原材料をどこかよそへ運び出せないようにする。すると、その仕返しとして、彼らは仕事がない部署にまわされ、レイオフに対する交渉が行なわれる。労働者たちの世界は、そうした圧力によって崩壊し、互いの意思疎通ができなくなっていく。
 撮影監督Pedro Pinhoの初監督長編(これに先立ってドキュメンタリーが2本と62分のドラマ作品を1本手がけている)。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。国際批評家連盟賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 アナザー・ビュー部門出品。
 ミュンヘン映画祭2017 CineVision コンペティション部門CineVision Award受賞。
 エルサレム映画祭2017 スピリット・オブ・フリーダム部門出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。
 ドホーク国際映画祭2017出品。監督賞、審査員特別賞受賞。
 トロント国際映画祭2017 WAVELENGTHS部門出品。
 Jameson CineFest - Miskolc国際映画祭2017出品。Adolph Zukor Prize受賞。
 アデラード映画祭2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017 Dare部門出品。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2017出品。
 釜山国際映画祭2017 フラッシュ・フォワード部門出品。
 CPH:PIX 2017 New Talent Grand Pix部門出品。
 ウィーン国際映画祭2017出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2017 オフィシャル・セレクション出品。金のヒラルディージョ賞受賞。
 マル・デル・プラタ国際映画祭2017出品。
 トリノ映画祭2017出品。審査員特別賞(Fondazione Sandretto Re Rebaudengo Prize)、Gandhi's Glasses Award受賞。
 Premios Fénix (Fenix Film Awards) 2017 編集賞受賞。作品賞、脚本賞ノミネート。
 CinEuphoria Awards 2018 ナショナル・コンペティション部門出品。トップ10・オブ・ザ・イヤー、男優賞(José Smith Vargas)受賞。
 ロッテルダム国際映画祭2018出品。
 Cinemateca Uruguaya 2018出品。
 ポートランド国際映画祭2018出品。観客賞受賞。
 ニュー・ディレクターズ/ニュー・フィルムズ2018出品。


 ・“Peregrinação”(ポルトガル) 監督:ジョアン・ボテリョ
 ポルトガル人冒険家で商人でもあったフェルナン・メンデス・ピントが16世紀にインドや東南アジア、日本に訪れて書き残し、死後出版30年経って出版された『遍歴記』を映画化したもの。原作は、ウソや誤りが多いとされるが、ボテリョはその野心的なアイデンティティーを受け止めて、文学性と、家族物語、劇場を揺さぶるようなパフォーマンスとミュージカル・シーンを結びつけた3幕ものに仕上げた。
 2016年夏に、キャストなしでインドからマレーシア、ベトナム、中国、日本と旅し、2017年春に、リスボンやトマール、コンポルタ・ビーチで俳優たちと撮影を行なった。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年3月〜9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_33.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポルトガル・ナショナル映画賞 ソフィア賞2018 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる