ブラック・リール・アワード 2018 受賞結果

 第18回ブラック・リール・アワードの受賞結果が発表されました。(2月22日)

 ブラック・リール・アワードは、黒人の、映画やテレビにおける業績を認め、讃えるための賞で、非営利団体FAAAF(The Foundation for the Augmentation of African-Americans in Film)によって運営されています。
 アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞やブラック映画批評家協会賞といった映画批評家協会の映画賞や、公民権運動の流れを組むNAACPイメージ・アワードとも違い、未来の黒人の映画人、テレビ人を育てることを目的とした教育的な意味合いも持っています。
 2000年度スタートで、2018年で第18回を迎えます。

 過去17回では、映画部門とテレビ部門が併せて授賞式が行なわれていましたが、2017年度からテレビ部門は夏の開催に変更になりました。(2017年のノミネーション発表は6月15日、授賞式は8月3日でした。)

画像

--------------------------------

 【映画部門】

 ◆作品賞
 ・『デトロイト』
 ◎『ゲット・アウト』
 ・“Girls Trip” 監督:マルコム・D・リー
 ・『マーシャル 法廷を変えた男』 監督:レジナルド・ハドリン
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』 ディー・リース

 ◆監督賞
 ・Margaret Betts “Novitiate”
 ・レジナルド・ハドリン 『マーシャル 法廷を変えた男』
 ・マルコム・D・リー “Girls Trip”
 ◎ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』
 ・ディー・リース 『マッドバウンド 哀しき友情』

 ◆主演男優賞
 ・チャドウィック・ボーズマン 『マーシャル 法廷を変えた男』
 ◎ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』
 ・アルジー・スミス(Algee Smith) 『デトロイト』
 ・ラキース・リー・“キース”・スタンフィールド(Lakeith Stanfield) “Crown Heights”(監督:Matt Ruskin)
 ・デンゼル・ワシントン “Roman J. Israel, Esq.”(監督:ダン・ギルロイ)

 ◆主演女優賞
 ・シモーヌ・ベイカー(Simone Baker) “Gook”(監督:ジャスティン・チョン(Justin Chon))
 ・カルメン・イジョゴ “It Comes at Night”(監督:Trey Edward Shults)
 ◎Natalie Paul “Crown Heights”
 ・アマンドラ・ステンバーグ(Amandla Stenberg) 『エブリシング』
 ・ジェシカ・ウィリアムズ 『天下無敵のジェシカ・ジェームズ』“The Incredible Jessica James”

 ◆助演男優賞
 ・イドリス・エルバ “Molly’s Game”(監督:アーロン・ソーキン)
 ・ローレンス・フィッシュバーン “Last Flag Flying” (監督:リチャード・リンクレイター)
 ・ジェイミー・フォックス 『ベイビー・ドライバー』
 ・リル・レル・ハウリー(Lil Rel Howery) 『ゲット・アウト』
 ◎ジェイソン・ミッチェル 『マッドバウンド 哀しき友情』

 ◆助演女優賞
 ・メアリー・J・ブライジ 『マッドバウンド 哀しき友情』
 ・ベティー・ガブリエル 『ゲット・アウト』
 ◎ティファニー・ハディッシュ(Tiffany Haddish) “Girls Trip”
 ・オクタヴィア・スペンサー 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・テッサ・トンプソン 『マイティ・ソー バトルロイヤル』

 ◆脚本賞
 ・『ヘルウィーク』“Burning Sands” ジェラード・マクマリー(Gerald McMurray)& Christine T. Berg
 ◎『ゲット・アウト』 ジョーダン・ピール
 ・“Girls Trip” Kenya Barris & Tracey Oliver
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』 ディー・リース、ヴァージル・ウィリアムズ(Virgil Williams)
 ・“Novitiate”(監督:Margaret Betts) Margaret Betts

 ◆作曲賞(Outstanding Score)
 ・『デトロイト』 ジェームズ・ニュートン・ハワード
 ◎『ゲット・アウト』 マイケル・アーベルス(Michael Abels)
 ・“Girls Trip” デイヴィッド・ニューマン
 ・“Gook” Roger Suen
 ・『マーシャル 法廷を変えた男』 マーカス・ミラー(Marcus Miller)

 ◆オリジナル歌曲賞(Outstanding Original Song)
 ・“La Vie Magnifique De Charlie”(米)(監督:Bobby Huntley)-‘Best of Me’
 パフォーマー:Kortnee Price ライター:Jeff Paige、Jypsy Nichols、Bobby Huntley、Nikki Wade
 ・“Step”(監督:Amanda Lipitz)-‘Jump’
 パフォーマー:シンシア・エリヴォ(Cynthia Enrivo) ライター:Taura Stinson、ラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)、ローラ・カープマン(Laura Karpman)
 ◎『マッドバウンド 哀しき友情』-‘Mighty River’
 パフォーマー:メアリー・J・ブライジ ライター:ラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)、メアリー・J・ブライジ、Taura Stinson
 ・『マーシャル 法廷を変えた男』-‘Stand Up For Something’
 パフォーマー:アンドラ・デイ、コモン ライター:コモン、ダイアン・ウォーレン
 ・“Zo! Making of Skybreak”(監督:Donnie Seales Jr.)-‘Starlight’
 パフォーマー:Zo! & Phonte ライター:L. Ferguson、P. Coleman

 ◆男性ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Best Breakthrough Performance, Male)
 ・ナムディ・アソムガ(Nnamdi Asomugha) “Crown Heights”
 ・スターリング・K・ブラウン 『マーシャル 法廷を変えた男』
 ・J・クィントン・ジョンソン(J. Quinton Johnson) “Last Flag Flying”
 ◎ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』
 ・リル・レル・ハウリー(Lil Rel Howery) 『ゲット・アウト』

 ◆女性ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Best Breakthrough Performance, Female)
 ・メアリー・J・ブライジ 『マッドバウンド 哀しき友情』
 ・ベティー・ガブリエル 『ゲット・アウト』
 ◎ティファニー・ハディッシュ(Tiffany Haddish) “Girls Trip”
 ・Natalie Paul “Crown Heights”
 ・ジェシカ・ウィリアムズ 『天下無敵のジェシカ・ジェームズ』

 ◆ボイス・パフォーマンス賞(Outstanding Voice Performance)
 ◎ヴィン・ディーゼル 『ガーディアン・オブ・ギャラクシー:リミックス』
 ・ケヴィン・ハート “Captain Underpants: The First Epic Movie”
 ・ジェニファー・ルイス 『カーズ/クロスロード』
 ・マヤ・ルドルフ 『絵文字の国のジーン』
 ・マヤ・ルドルフ “The Nut Job 2: Nutty by Nature”

 ◆アンサンブル賞(Outstanding Ensemble)
 ・『デトロイト』 キャスティング・ディレクター:Victoria Thomas
 ・『ゲット・アウト』 キャスティング・ディレクター:Terri Taylor
 ・“Girls Trip” キャスティング・ディレクター:Mary Vernieu & Michelle Wade Byrd
 ・『マーシャル 法廷を変えた男』 キャスティング・ディレクター:Victoria Thomas
 ◎『マッドバウンド 哀しき友情』 キャスティング・ディレクター:Billy Hopkins & Ashley Ingram

 ◆ドキュメンタリー賞(Outstanding Documentary Feature)
 ・“Chasing Trane: The John Coltrane Documentary” 監督:ジョン・シャインフェルド(John Scheinfeld)
 ・“Let It Fall: Los Angeles 1982-1992” 監督:ジョン・リドリー(John Ridley)
 ◎“Step” 監督:Amanda Lipitz
 ・“Strong Island” 監督:Yance Ford
 ・“Whose Streets?” 監督:Sabaah Folayan、Damon Davis

 ◆外国語映画賞(Outstanding Foreign-Language Film)
 ・『わたしは、幸福』(仏・ベルギー・セネガル・独・レバノン) 監督:アラン・ゴミス
 ・“Kati Kati”(ケニア・独) 監督:Mbithi Masya
 ◎“The Wound”(南ア・独・オランダ・仏) 監督:John Trengove

 【インディペンデント部門】

 ◆インディペンデント長編作品賞(Outstanding Independent Feature)
 ・『ヘルウィーク』“Burning Sands”(Netflix) 監督:ジェラルド・マクマリー(Gerald McMurray)
 ◎“Crown Heights”(Amazon Studios/IFC) 監督:Matt Ruskin
 ・“Gook”(Samuel Goldwyn Films) 監督:ジャスティン・チョン(Justin Chon, Director)
 ・『インペリアル・ドリーム』“Imperial Dreams”(Netflix) 監督:マリク・ヴィタル(Malik Vitthal)
 ・『天下無敵のジェシカ・ジェームズ』“The Incredible Jessica James”(Netflix) 監督:ジム・ストラウス(Jim Strouse)

 ◆インディペンデント短編作品賞(Outstanding Independent Short)
 ・“90 Days” 監督:Jennia Fredrique & Nathan Hale Williams
 ・“Amelia’s Closet” 監督:Halima Lucas
 ・“Gema” 監督:Kenrick Prince
 ◎“Oscar Micheaux” 監督:JD Walker
 ・“See You Yesterday” 監督:Stefon Bristol

 ◆インディペンデント・ドキュメンタリー賞(Outstanding Independent Documentary) [新設]
 ・“Back To Natural: A Documentary Film” 監督:Gillian Scott-Ward
 ・“Quest” 監督:Jonathan Olshefski
 ◎“Tell Them We Are Rising: The Story of Black Colleges And Universities” 監督:スタンリー・ネルソン(Stanley Nelson)
 ・“Yemanja: Wisdom From The African Heart of Brazil” 監督:Donna Roberts & Donna Reed
 ・“Zo! Making of Skybreak!” 監督:Donnie Seales Jr.

 ◆ワールド・シネマ賞(Outstanding World Cinema Motion Picture)
 ・“Brown Girl Begins”(カナダ) 監督:シャロン・ルイス(Sharon Lewis)
 ・“Cargo”(バハマ) 監督:Kareem Mortimer
 ◎“A United Kingdom”(英) 監督:アマ・アサンテ(Amma Asante)

 ◆エマージング監督賞(Outstanding Emerging Director)
 ・Margaret Betts “Novitiate”
 ・Damon Davis & Sabaah Folayan “Whose Streets?”
 ・J・D・ディラード(JD Dillard) 『インフィニット』“Sleight”
 ◎ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』
 ・マリク・ヴィタル(Malik Vitthal) 『インペリアル・ドリーム』“Imperial Dreams”

 ◆第1回脚本賞(Outstanding First Screenplay)
 ・『ヘルウィーク』“Burning Sands” ジェラルド・マクマリー(Gerald McMurray)、Christine T. Berg
 ・『インペリアル・ドリーム』“Imperial Dreams” マリク・ヴィタル(Malik Vitthal)、イスメット・プルシック(Ismet Prcic)
 ◎“Novitiate” Margaret Betts
 ・『インフィニット』“Sleight” J・D・ディラード、アレックス・トイラー(Alex Theurer)
 ・“Tourment d’Amour”(仏)(監督:Caroline Jules) Caroline Jules

 【特別賞・名誉賞】

 ◆シドニー・ポワティエ生涯貢献賞(Sidney Poitier Life Achievement Award)
 ◎シシリー・タイソン(Cicely Tyson)

 ◆オスカー・ミショー生涯貢献賞(The Oscar Micheaux Life Achievement Award named for the “father of Black Film”)
 ◎スパイク・リー

 ◆ルビー・ディー生涯貢献賞(The Ruby Dee Life Achievement for humanitarian career achievement)
 ◎オプラ・ウィンフリー

 ◆ヴァンガード賞(Vanguard Award)
 ◎ジョーダン・ピール

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・『ゲット・アウト』(7/12):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・作曲・男性ブレイク・男性ブレイク・女性ブレイク・アンサンブル・エマージング
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』(3/8):作品・監督・助演男優・助演女優・脚本・歌曲・女性ブレイク・アンサンブル
 ・“Girls Trip”(2/7):作品・監督・助演女優・脚本・作曲・女性ブレイク・アンサンブル
 ・『マーシャル 法廷を変えた男』(0/7):作品・監督・主演男優・作曲・歌曲・男性ブレイク・アンサンブル
 ・“Crown Heights”(2/5):主演男優・主演女優・男性ブレイク・女性ブレイク・インディペンデント
 ・『デトロイト』(0/4):作品・主演男優・作曲・アンサンブル
 ・“Novitiate”(1/4):監督・脚本・エマージング・第1回脚本
 ・“Gook”(0/3):主演女優・作曲・インディペンデント
 ・『天下無敵のジェシカ・ジェームズ』(0/3):主演女優・女性ブレイク・インディペンデント
 ・『ヘルウィーク』(0/3):脚本・インディペンデント・第1回脚本
 ・『インペリアル・ドリーム』(0/3):インディペンデント・エマージング・第1回脚本
 ・“Last Flag Flying” (0/2):助演男優・男性ブレイク
 ・“Step”(1/2):歌曲・ドキュメンタリー
 ・“Zo! Making of Skybreak”(0/2):歌曲・インディペンデントドキュメンタリー
 ・“Whose Streets?”(0/2):ドキュメンタリー・エマージング
 ・『インフィニット』(0/2):エマージング・第1回脚本

 ほぼ予想通り。

 アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞やブラック映画批評家協会賞、NAACPイメージ・アワードの結果をなぞりつつ、それらをミックスしたような受賞結果になりました。

 これが黒人たちの総意というか、毎年ここはスタンダードな結果を出してきますね。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ブラック・リール・アワード2018 ノミネーション:http://s.webry.info/sp/umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_94.html
 ・ブラック・リール・アワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_68.html
 ・ブラック・リール・アワード2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_42.html
 ・ブラック・リール・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_86.html
 ・ブラック・リール・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_33.html

 ・NAACPイメージ・アワード2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_92.html
 ・NAACPイメージ・アワード2018 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_47.html

 ・ブラック映画批評家協会賞 2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_82.html

 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_49.html

 ・全米映画賞レース2017 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_38.html
 ・全米映画賞レース2017 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_85.html
 ・全米映画賞レース2017 終盤戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_50.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月~2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック