ノース・テキサス映画批評家協会賞2017 ノミネーション

 第13回ノース・テキサス映画批評家協会賞のノミネーションが発表になりました。(12月9日)

 ノース・テキサス映画批評家協会(NTFCA:North Texas Film Critics Association)
 設立年:2005? 会員数:16
 公式サイト:http://www.northtexasfilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/North_Texas_Film_Critics_Association

 [賞の特徴]
 ・2011年は各部門で次点2位まで発表。
 ・2007年はワースト映画を発表。
 ・脚本賞が設けられていない。
 ・2016年度の作品賞は『ラ・ラ・ランド』、2016年(2015年度)の作品賞は『オデッセイ』、2015年(2014年度)の作品賞は『6才のボクが、大人になるまで。』、2014年(2013年度)の作品賞は『ゼロ・グラビティ』、2013年(2012年度)の作品賞は『リンカーン』、2012年(2011年度)の作品賞は『戦火の馬』、2011年(2010年度)の作品賞は『インセプション』。

 例年、年明けに発表していましたが、2016年度より年内の発表になりました。
 また、2016年度は受賞作だけでなく、作品賞はトップ10、アニメーション賞はトップ3、そのほかの部門はトップ5を発表しています。

画像


--------------------------------

 ◆作品賞
 ・「ベイビー・ドライバー」 監督:エドガー・ライト
 ・“The Big Sick” 監督:マイケル・ショウォルター
 ・『ダンケルク』(英・仏・米・オランダ) 監督:クリストファー・ノーラン
 ・『ゲット・アウト』 監督:ジョーダン・ピール
 ・“The Florida Project” 監督:ショーン・ベイカー
 ・“Lady Bird” 監督:グレタ・ガーウィグ
 ・『LOGAN/ローガン』 監督:ジェームズ・マンゴールド
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 監督:スティーヴン・スピルバーグ
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 監督:ギレルモ・デル・トロ
 ・『スリー・ビルボード』(英・米) 監督:マーティン・マクドナー

 ◆監督賞
 ・ショーン・ベイカー “The Florida Project”
 ・ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・グレタ・ガーウィグ “Lady Bird”
 ・パティー・ジェンキンス 『ワンダーウーマン』
 ・クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』
 ・ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』
 ・スティーヴン・スピルバーグ 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・アーロン・ソーキン “Molly’s Game”
 ・ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『ブレードランナー 2049』
 ・ジョー・ライト 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

 ◆主演男優賞
 ・ジェームズ・フランコ “The Disaster Artist”(監督:ジェームズ・フランコ)
 ・ジェイク・ギレンホール “Stronger”(監督:デイヴィッド・ゴードン・グリーン)
 ・トム・ハンクス 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・ヒュー・ジャックマン 『LOGAN/ローガン』
 ・ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』
 ・ジェームズ・マカヴォイ 『スプリット』
 ・クメイル・ナンジアニ “The Big Sick”
 ・ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
 ・ロバート・パティンソン 『グッド・タイム』
 ・ジェレミー・レナー “Wind River”(監督:テイラー・シェリダン)
 ・アンディー・サーキス 『猿の惑星: 聖戦記』

 ◆主演女優賞
 ・ジェシカ・チャステイン “Molly’s Game”
 ・ジュディー・デンチ “Victoria & Abdul”(英)(監督:スティーヴン・フリアーズ)
 ・ガル・ガドット 『ワンダーウーマン』
 ・ジェニファー・ローレンス 『マザー!』
 ・フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』
 ・Brooklynn Prince “The Florida Project”
 ・マーゴット・ロビー “I,Tonya”(監督:クレイグ・ギレスピー)
 ・シアーシャ・ローナン “Lady Bird”
 ・エマ・ストーン “Battle of the Sexes”(監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)
 ・メリル・ストリープ 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

 ◆助演男優賞
 ・スティーヴ・カレル “Battle of the Sexes”
 ・ダニエル・クレイグ 『ローガン・ラッキー』
 ・ブライアン・クランストン “Last Flag Flying”(監督:リチャード・リンクレイター)
 ・ウィレム・デフォー “The Florida Project”
 ・イドリス・エルバ “Molly’s Game”
 ・ウィル・ポールター 『デトロイト』
 ・サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』
 ・レイ・ロマーノ “The Big Sick”
 ・マーク・ライランス^ 『ダンケルク』
 ・パトリック・スチュワート 『LOGAN/ローガン』

 ◆助演女優賞
 ・メアリー・J・ブライジ 『マッドバウンド 哀しき友情』
 ・ホリー・ハンター “The Big Sick”
 ・アリソン・ジャネイ “I,Tonya”
 ・ニコール・キッドマン 『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
 ・タチアナ・マスラニー “Stronger”
 ・ローリー・メトカーフ(Laurie Metcalf) “Lady Bird”
 ・オクタヴィア・スペンサー 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・ティルダ・スウィントン 『Okja/オクジャ』
 ・クリスティン・スコット・トーマス 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
 ・Bria Vinaite “The Florida Project”
 ・アリソン・ウィアムズ(Allison Williams) 『ゲット・アウト』

 ◆撮影賞
 ・ティミオス・バカタキス(Thimios Bakatakis) 『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
 ・ロジャー・ディーキンス 『ブレードランナー 2049』
 ・ホイテ・ヴァン・ホイテマ 『ダンケルク』
 ・マシュー・ジェンセン(Matthew Jensen) 『ワンダーウーマン』
 ・ダン・ローストセン(Dan Laustsen) 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・ヤヌス・カミンスキー 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・マイケル・セレシン(Michael Seresin) 『猿の惑星: 聖戦記』

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Abacus: Small Enough to Jail”(米) 監督:スティーヴ・ジェームズ(Steve James)
 ・『チェイシング・コーラル 消えゆくサンゴ礁』“Chasing Coral” 監督:ジェフ・オーロースキー(Jeff Orlowski)
 ・“City of Ghosts” 監督:マシュー・ハイネマン(Matthew Heineman)
 ・『シリアからの叫び』“Cries from Syria”(米・シリア・チェコ) 監督:エフゲニー・アフィネフスキー(Evgeny Afineevsky)
 ・『不都合な真実2:放置された地球』“An Inconvenient Sequel: Truth to Power” 監督:ボニー・コーエン(Bonni Cohen)、ジョン・シェンク(Jon Shenk)
 ・“Jane”(米) 監督:ブレット・モーゲン(Brett Morgen)
 ・“Step” Amanda Lipitz

 ◆アニメーション賞
 ・“The Breadwinner”(アイルランド・カナダ・ルクセンブルク) 監督:ノラ・トゥーミー(Nora Twomey)
 ・『カーズ/クロスロード』 監督:ブライアン・フィー
 ・『リメンバー・ミー』 監督:リー・アンクリッチ 共同監督:エイドリアン・モリーナ
 ・『怪盗グルーのミニオン大脱走』 監督:カイル・バルダ、ピエール・コフィン
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』(米・デンマーク) 監督:クリス・マッケイ
 ・『ゴッホ 最期の手紙』(英・ポーランド) 監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン

 ◆外国語映画賞
 ・『最初に父が殺された』“First They Killed My Father”(カンボジア) 監督:アンジェリーナ・ジョリー
 ・『女は二度決断する』“In the Fade(Aus Dem Nichts)”(独・仏) 監督:ファティ・アキン
 ・“Menashe” (米) 監督:Joshua Z. Weinstein
 ・『RAW 少女のめざめ』(仏) 監督:ジュリア・デュクルノー
 ・“The Square”(スウェーデン・独・仏・デンマーク) 監督:リューベン・オストルンド

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・“The Florida Project”(5):作品・監督・主演女優・助演男優・助演女優
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(5):作品・監督・主演男優・主演女優・撮影
 ・“The Big Sick”(4):作品・主演男優・助演男優・助演女優
 ・『ダンケルク』(4):作品・監督・助演男優・撮影
 ・『ゲット・アウト』(4):作品・監督・主演男優・助演女優
 ・“Lady Bird”(4):作品・監督・主演女優・助演女優
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』(4):作品・監督・助演女優・撮影
 ・『LOGAN/ローガン』(3):作品・主演女優・助演男優
 ・『スリー・ビルボード』(3):作品・監督・助演男優
 ・『ワンダーウーマン』(3):監督・主演女優・撮影
 ・“Molly’s Game”(3):監督・主演女優・助演男優
 ・『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(3):監督・主演男優・助演女優
 ・『ブレードランナー 2049』(2):監督・撮影
 ・“Stronger”(2):主演男優・助演女優
 ・『猿の惑星: 聖戦記』(2):主演男優・撮影
 ・“I,Tonya”(2):主演女優・助演女優
 ・“Battle of the Sexes”(2):主演女優・助演男優
 ・『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』(2):主演女優・撮影

 受賞結果の発表がいつなのかは公表されていませんが、数日中に発表になるはずです。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓
 
  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞2016(2016年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_11.html
 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞2016(2015年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_15.html
 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞2015(2014年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_17.html
 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞2014(2013年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_15.html
 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞2013(2012年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_15.html
 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞2012(2011年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_24.html
 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞2011(2010年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_20.html
 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞2010(2009年度):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_22.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

 追記:
 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞2017 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_68.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック