サンフランシスコ映画批評家協会賞2017 ノミネーション発表!

 サンフランシスコ映画批評家協会賞2017のノミネーションが発表されました。(12月8日)

 サンフランシスコ映画批評家協会賞(SFFCC:The San Francisco Film Critics Circle)
 設立年:2002 会員数:47
 公式サイト:http://sffcc.org
 公式facebook:https://www.facebook.com/SFCritics/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/San_Francisco_Film_Critics_Circle

 [特徴]
 本命ではなくても、比較的オーソドックスな受賞結果を出す。
 2012年に編集賞、美術賞新設。
 マーロン・リッグス賞(ベイ・エリア映画コミュニティーにおける意欲的な活動とヴィジョンに対する特別賞)、「まだ評価されていないインディペンデント映画に対する特別賞」という特別賞を設けている。
 2016年の作品賞は『ムーンライト』、2015年の作品賞は『スポットライト 世紀のスクープ』、2014年の作品賞は『6才のボクが、大人になるまで。』、2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2012年の作品賞は『ザ・マスター』、2011年の作品賞は『ツリー・オブ・ライフ』、2010年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』。

画像

--------------------------------

 ◆作品賞
 ・“Call Me by Your Name”(伊・仏・ブラジル・米) 監督:ルカ・グァダニーノ
 ・“The Florida Project” 監督:ショーン・ベイカー
 ・『ゲット・アウト』 監督:ジョーダン・ピール
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 監督:ギレルモ・デル・トロ
 ・『スリー・ビルボード』(英・米) 監督:マーティン・マクドナー

 ◆監督賞
 ・ショーン・ベイカー “The Florida Project”
 ・ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・グレタ・ガーウィグ “Lady Bird”
 ・クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』
 ・ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』

 ◆主演男優賞
 ・ティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet) “Call Me By Your Name”
 ・ジェームズ・フランコ “The Disaster Artist”(監督:ジェームズ・フランコ)
 ・ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』
 ・ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
 ・アンディー・サーキス 『猿の惑星: 聖戦記』

 ◆主演女優賞
 ・アネット・ベニング “Film Stars Don’t Die In Liverpool”(監督:ポール・マクギガン)
 ・サリー・ホーキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』
 ・マーゴット・ロビー “I,Tonya”(監督:クレイグ・ギレスピー)
 ・シアーシャ・ローナン “Lady Bird”

 ◆助演男優賞
 ・ウィレム・デフォー “The Florida Project”
 ・アーミー・ハマー “Call Me by Your Name”
 ・リチャード・ジェンキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』
 ・マイケル・スタールバーグ “Call Me by Your Name”

 ◆助演女優賞
 ・ホリー・ハンター “The Big Sick”(監督:マイケル・ショウォルター)
 ・アリソン・ジャネイ “I,Tonya”
 ・メリッサ・レオ “Novitiate”(監督:‎Margaret Betts)
 ・レスリー・マンヴィル “Phantom Thread”(監督:ポール・トーマス・アンダーソン)
 ・ローリー・メトカーフ(Laurie Metcalf) “Lady Bird”

 ◆オリジナル脚本賞
 ・“The Big Sick” クメイル・ナンジアニ、エミリー・V・ゴードン
 ・『ゲット・アウト』 ジョーダン・ピール
 ・“Lady Bird” グレタ・ガーウィグ
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 ギレルモ・デル・トロ、ヴァネッサ・テイラー(Vanessa Taylor)
 ・『スリー・ビルボード』 マーティン・マクドナー

 ◆脚色賞
 ・“The Disaster Artist” スコット・ノイスタッター(Scott Neustadter)、マイケル・H・ウェバー(Michael H. Weber)
 ・“Call Me by Your Name” ジェームズ・アイヴォリー
 ・“Molly's Game” アーロン・ソーキン
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』 ディー・リース、ヴァージル・ウィリアムズ(Virgil Williams)
 ・『ワンダーストラック』“Wonderstruck”(監督:トッド・ヘインズ) ブライアン・セルズニック(Brian Selznick)

 ◆撮影賞
 ・『ブレードランナー 2049』 ロジャー・ディーキンス
 ・『ダンケルク』 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
 ・“The Florida Project” アレクシス・サベ(Alexis Zabe)
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 ダン・ローストセン(Dan Laustsen)
 ・“Wonder Wheel”(監督:ウディ・アレン) ヴィットリオ・ストラーロ

 ◆編集賞
 ・『ベイビー・ドライバー』 ポール・マクリス(Paul Machliss)、ジョナサン・エイモス(Jonathan Amos)
 ・『ブレードランナー 2049』 ジョー・ウォーカー
 ・『ダンケルク』 リー・スミス(Lee Smith)
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 マイケル・カーン(Michael Kahn)
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 シドニー・ウォリンスキー(Sidney Wolinsky)

 ◆美術賞(Best Production design)
 ・『ブレードランナー 2049』 デニス・ガスナー(Dennis Gassner)
 ・『ダンケルク』 ネイサン・クロウリー(Nathan Crowley)
 ・”Phantom Thread” マーク・ティルデスリー(Mark Tildesley)
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 ポール・D・オースタベリー(Paul D. Austerberr)
 ・『ワンダーストラック』 マーク・フリードバーグ(Mark Friedberg)

 ◆オリジナル作曲賞(Best Original Score)
 ・『ブレードランナー 2049』 ハンス・ジマー、ベンジャミン・ウォールフィッシュ (Benjamin Wallfisch)
 ・『ダンケルク』 ハンス・ジマー
 ・”Phantom Thread” ジョニー・グリーンウッド
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 アレクサンドル・デプラ
 ・『猿の惑星: 聖戦記』 マイケル・ジアッキノ

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Brimstone & Glory” 監督:Viktor Jakovleski
 ・“City of Ghosts” 監督:マシュー・ハイネマン(Matthew Heineman)
 ・『ドーソン・シティー:凍結された時間』“Dawson City: Frozen Time” 監督:ビル・モリソン(Bill Morrison)
 ・“Faces Places(Visages,Villages)”(仏) 監督:アニエス・ヴァルダ& JR
 ・“Jane” 監督:ブレット・モーゲン(Brett Morgen)

 ◆アニメーション賞
 ・“The Breadwinner”(アイルランド・カナダ・ルクセンブルク) 監督:ノラ・トゥーミー(Nora Twomey)
 ・『リメンバー・ミー』 監督:リー・アンクリッチ 共同監督:エイドリアン・モリーナ
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』(米・デンマーク) 監督:クリス・マッケイ
 ・『ゴッホ 最期の手紙』(英・ポーランド) 監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
 ・『君の名は。』(日) 監督:新海誠

 ◆外国語映画賞
 ・『BPM ビート・パー・ミニット』(仏) 監督:ロバン・カンピヨ
 ・『ナチュラルウーマン』“A Fantastic Woman”(チリ・独・西・米) 監督:セバスティアン・レリオ
 ・『婚約者の友人』(仏・独) 監督:フランソワ・オゾン
 ・『女は二度決断する』“In the Fade(Aus Dem Nichts)”(独・仏) 監督:ファティ・アキン
 ・“The Square”(スウェーデン・独・仏・デンマーク) 監督:リューベン・オストルンド

 ◆まだ評価されていないインディペンデント映画に対する特別賞(Special Citation (for that underappreciated indie gem))
 ・“Brimstone & Glory” 監督:Viktor Jakovleski
 ・“Columbus” 監督:Kogonada
 ・“The Other Kids” 監督:Chris Brown

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』(9):作品・監督・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・作曲
 ・“Call Me by Your Name”(5):作品・主演男優・助演男優・助演男優・脚色
 ・『ダンケルク』(5):監督・撮影・編集・美術・作曲
 ・“The Florida Project”(4):作品・監督・助演男優・撮影
 ・『ゲット・アウト』(4):作品・監督・主演男優・脚本
 ・『スリー・ビルボード』(4):作品・主演女優・助演男優・脚本
 ・“Lady Bird”(4):監督・主演女優・助演女優・脚本
 ・“Phantom Thread”(3):助演女優・美術・作曲
 ・『猿の惑星: 聖戦記』(2):主演男優・作曲
 ・“The Big Sick”(2):助演女優・脚本
 ・“I,Tonya”(2):主演女優・助演女優
 ・『ワンダーストラック』(2):脚色・美術
 ・“Brimstone & Glory”(2):ドキュメンタリー・評価

 受賞結果の発表は、12月10日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_27.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_36.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_24.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_30.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_38.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_37.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_42.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_42.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_19.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_26.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_23.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_27.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月~2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

 追記:
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_31.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック