サンディエゴ映画批評家協会賞2016 ノミネーション発表

 サンディエゴ映画批評家協会賞2016のノミネーションが発表されました。(12月9日)

 ・【サンディエゴ映画批評家協会賞】(SDFCS:The San Diego Film Critics Society)
 ・設立年:1996 会員数:18
 ・公式サイト:http://sdfcs.org/
 ・Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/San_Diego_Film_Critics_Society
 ・Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%82%B4%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・[特徴]
 ・撮影賞、編集賞、美術賞がある。
 ・次点を発表している。
 ・Body of WorkやKyle Counts Awardという特別賞がある。
 ・他の映画賞が選ばないチョイスをすることが多い。
 ・2016年にコメディック演技賞を新設。
 ・2015年の作品賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、2014年の作品賞は『ナイトクローラー』、2013年の作品賞は『her/世界でひとつの彼女』、2012年の作品賞は『アルゴ』、2011年の作品賞は『アーティスト』、2010年の作品賞は『ウィンターズ・ボーン』。

画像

--------------------------------

 ◆作品賞(Best Picture)
 ・『最後の追跡』“Hell or High Water”(米) 監督:デイヴィッド・マッケンジー
 ・『ラ・ラ・ランド』(米) 監督:デイミアン・チャゼル
 ・“Manchester by the Sea”(米) 監督:ケネス・ロナーガン
 ・『ムーンライト』(米) 監督:バリー・ジェンキンス
 ・“Nocturnal Animals”(米) 監督:トム・フォード

 ◆監督賞
 ・バリー・ジェンキンス 『ムーンライト』
 ・デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』
 ・デイヴィッド・マッケンジー 『最後の追跡』“Hell or High Water”
 ・ケネス・ロナーガン “Manchester by the Sea”
 ・トム・フォード “Nocturnal Animals”

 ◆主演男優賞(Best Actor, Male)
 ・アダム・ドライヴァー “Paterson”(米・独・仏)(監督:ジム・ジャームッシュ)
 ・ケイシー・アフレック “Manchester by the Sea”
 ・クリス・パイン 『最後の追跡』
 ・ジェイク・ギレンホール “Nocturnal Animals”
 ・ジョエル・エドガートン “Loving”(英・米)(監督:ジェフ・ニコルズ)
 ・ライアン・ゴズリング 『ラ・ラ・ランド』
 ・ヴィゴ・モーテンセン 『はじまりへの旅』

 ◆主演女優賞(Best Actor, Female)
 ・アネット・ベニング “20th Century Woman”(米)(監督:マイク・ミルズ)
 ・エマ・ストーン 『ラ・ラ・ランド』
 ・ナタリー・ポートマン 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(米・チリ・仏)(監督:パブロ・ラライン)
 ・ルース・ネッガ “Loving”
 ・ソニア・ブラガ 『アクエリアス』“Aquarius”(ブラジル・仏)(監督:クレベール・メンドンサ・フィリオ(Kleber Mendonça Filho))

 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor, Male)
 ・アーロン・テイラー=ジョンソン “Nocturnal Animals”
 ・ベン・フォスター 『最後の追跡』
 ・ジェフ・ブリッジス 『最後の追跡』
 ・マハーシャラ・アリ 『ムーンライト』
 ・マイケル・シャノン “Nocturnal Animals”

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actor, Female)
 ・グレタ・ガーウィグ “20th Century Women”
 ・ジュディー・デイヴィス “The Dressmaker”(オーストラリア)(監督:ジョスリン・ムーアハウス)
 ・リリー・グラッドストーン “Certain Women”(米)(監督:ケリー・ライヒャルト)
 ・ミシェル・ウィリアムズ “Manchester by the Sea”
 ・ニコール・キッドマン “Lion”

 ◆オリジナル脚本賞
 ・バリー・ジェンキンス、Tarell McCraney 『ムーン・ライト』
 ・デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』
 ・ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ 『ロブスター』
 ・ケネス・ロナーガン “Manchester by the Sea”
 ・テイラー・シェリダン 『最後の追跡』

 ◆脚色賞
 ・エリック・ハイセラー(Eric Heisserer) 『メッセージ』
 ・Luke Davies “Lion”
 ・タイカ・ワイティティ “Hunt For The Wilderpeople”(ニュージーランド)(監督:タイカ・ワイティティ)
 ・トム・フォード “Nocturnal Animals”
 ・ホイット・スティルマン “Love & Friendship”(アイルランド・仏・オランダ)(監督:ホイット・スティルマン)

 ◆撮影賞
 ・ブラッドフォード・ヤング 『メッセージ』
 ・ジャイルズ・ナットジェンズ(Giles Nuttgens) 『最後の追跡』
 ・James Laxton 『ムーンライト』
 ・リヌス・サンドグレン(Linus Sandgren) 『ラ・ラ・ランド』
 ・シーマス・マクガーヴィ “Nocturnal Animals”

 ◆編集賞
 ・ブル・マーリー(Blu Murray) 『ハドソン川の奇跡』
 ・ジェイク・ロバーツ 『最後の追跡』
 ・ジョーン・ソーベル(Joan Sobel) “Nocturnal Animals”
 ・ジョー・ウォーカー 『メッセージ』
 ・トム・クロス 『ラ・ラ・ランド』

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ・アンナ・ラカルド(Anna Rackard) “Love & Friendship”
 ・デイヴィッド・ワスコ(David Wasco) 『ラ・ラ・ランド』
 ・ジャン・ラバス(Jean Rabasse) 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
 ・Jess Goncher 『ヘイル、シーザー!』
 ・パトリス・バーメット(Patrice Vermette) 『メッセージ』
 ・シェーン・ヴァレンティーノ(Shane Valentino) “Nocturnal Animals”

 ◆衣裳デザイン賞(Best Costume Design)
 ・イマー・ニー・ヴァルドウニグ(Eimer Ni Mhaoldomhnaigh) “Love & Friendship”
 ・マデリーン・フォンテーヌ(Madeline Fontaine) 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
 ・Marion Boyce、マーゴット・ウィルソン(Margot Wilson) “The Dressmaker”
 ・メアリー・ゾフレス(Mary Zophres) 『ラ・ラ・ランド』
 ・スージー・ベンジンガー(Suzy Benzinger) “Café Society”(米)(監督:ウディ・アレン)

 ◆視覚効果賞
 ・“A Monster Calls”(西・米・英・カナダ)(監督:フアン・アントニオ・バヨナ)
 ・『メッセージ』
 ・『ドクター・ストレンジ』
 ・『ラ・ラ・ランド』
 ・『ジャングル・ブック』

 ◆音楽賞(Best Use of Music in A Film)
 ・『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』
 ・『最後の追跡』
 ・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
 ・『ラ・ラ・ランド』
 ・『シング・ストリート 未来へのうた』

 ◆コメディック演技賞(Best Comedic Performance) [新設]
 ・アルデン・エーレンライク 『ヘイル、シーザー!』
 ・Julian Dennison “Hunt For The Wilderpeople”
 ・ケイト・マッキノン 『ゴーストバスターズ』
 ・ライアン・ゴズリング 『ナイスガイズ!』
 ・ライアン・レイノルズ 『デッドプール』

 ◆ブレイクスルー・アーティスト賞(Breakthrough Artist)
 ・アルデン・エーレンライク 『ヘイル、シーザー!』、“Rules Don’t Apply”(米)(監督:ウォーレン・ベイティ)
 ・アニャ・テイラー=ジョイ(Anya Taylor-Joy) “The Witch”
 ・Julian Dennison “Hunt For The Wilderpeople”
 ・リリー・グラッドストーン “Certain Women”
 ・ルーカス・ヘッジズ “Manchester By The Sea”

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble)
 ・“20th Century Women”
 ・『最後の追跡』
 ・“Hidden Figures”(米)(監督:セオドア・メルフィ)
 ・『ムーンライト』
 ・“Nocturnal Animals”

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“De Palma”(米) 監督:ノア・バウムバック、ジェイク・パルトロウ
 ・“Gleason”(米) 監督:クレイ・トゥイール(Clay Tweel)
 ・“O.J.: Made in America”(米) 監督:Ezra Edelman
 ・“Tower”(米) 監督:Keith Maitland
 ・“Weiner”(米) 監督:Josh Kriegman、Elyse Steinberg

 ◆アニメーション賞(Best Animated Film)
 ・“April and the Extraordinary World(Avril et le monde truqué)”(仏・ベルギー・カナダ) 監督:Christian Desmares、Franck Ekinci
 ・“Kubo and the Two Strings”(米) 監督:トラヴィス・ナイト
 ・『Long Way North』“Long Way North(Tout en haut du monde)”(仏・デンマーク) 監督:レミ・シャイエ
 ・『モアナと伝説の海』“Moana”(米) 監督:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー
 ・『ズートピア』

 ◆外国語映画賞
 ・『幸せなひとりぼっち』(スウェーデン・ノルウェー) 監督:ハンネス・ホルム(Hannes Holm)
 ・『アクエリアス』“Aquarius”(ブラジル・仏) 監督:クレベール・メンドンサ・フィリオ(Kleber Mendonça Filho)
 ・“Mother(Ema)”(エストニア) 監督:Kadri Kõusaar
 ・『山河ノスタルジア』(中・仏・日) 監督:ジャ・ジャンクー
 ・“Neruda”(チリ・アルゼンチン・仏・西・米) 監督:パブロ・ラライン
 ・『お嬢さん』(韓) 監督:パク・チャヌク

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・『ラ・ラ・ランド』(11):作品・監督・主演男優・主演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・視覚効果・音楽
 ・『最後の追跡』(10):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・脚本・撮影・編集・音楽・アンサンブル
 ・“Nocturnal Animals”(10):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・脚色・撮影・編集・美術・アンサンブル
 ・“Manchester by the Sea”(6):作品・監督・主演男優・助演女優・脚本・ブレイクスルー
 ・『ムーンライト』(6):作品・監督・助演男優・脚本・撮影・アンサンブル
 ・『メッセージ』(5):脚色・撮影・編集・美術・視覚効果
 ・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(4):主演女優・美術・衣裳・音楽
 ・“20th Century Woman”(3):主演女優・助演女優・アンサンブル
 ・“Hunt For The Wilderpeople”(3):脚色・美術・衣裳
 ・“Love & Friendship”(3):脚色・美術・衣裳
 ・『ヘイル、シーザー!』(3):美術・コメディー・ブレイクスルー
 ・“Loving”(2):主演男優・主演女優
 ・“The Dressmaker”(2):助演女優・衣裳
 ・“Certain Women”(2):助演女優・ブレイクスルー
 ・“Lion”(2):助演女優・脚色

 各部門に1つか2つくらい、他の映画賞では選出されないようなノミニーが選ばれています。

 “Hacksaw Ridge”が全く選ばれていないのに対し、“Hunt For The Wilderpeople”が3部門、“The Dressmaker”が2部門で選ばれています。

 『メッセージ』が5部門のノミネートにとどまっているのに対し、『最後の追跡』と“Nocturnal Animals”が10部門でノミネートされています。

 受賞結果は、12月12日に発表予定です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_31.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_40.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_39.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_28.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_31.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_21.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_25.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_30.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_34.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_27.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月~2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

 追記:
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_46.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック