ワシントンDC映画批評家協会賞2016 ノミネーション発表!

 ワシントンDC映画批評家協会賞2016のノミネーションが発表されました。(12月3日)

 【ワシントンDC映画批評家協会賞】
 ワシントンDC映画批評家協会は、2002年に設立された映画批評家協会で、全米映画賞レースの中で、序盤に発表される映画賞として、これ以降に発表される映画批評家協会系映画賞の流れを占う映画賞の1つになっている。

 ワシントンDC映画批評家協会(WDAFC:The Washington, D.C. Area Film Critics)
 設立年:2002 会員数:50
 公式サイト:http://www.wafca.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Washington_D.C._Area_Film_Critics_Association
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3D.C.%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 [賞の特徴]
 ・アンサンブル賞やヤング・パフォーマンス賞を設けている。
 ・ややインディペンデント作品寄りの傾向あり。
 ・最多ノミネート作品が、最多受賞になりやすい。
 ・ドキュメンタリー賞、外国語映画賞は、外しがち。
 ・美術賞で、プロダクション・デザイナーと装飾(セット・デコレーター)を併せて、ノミネートしている。
 ・本年度より、ボイス・パフォーマンス賞とモーション・キャプチャー・パフォーマンス賞が新設。
 ・2015年の作品賞は『スポットライト 世紀のスクープ』、2014年の作品賞は『6才のボクが、大人になるまで。』、2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2012年の作品賞は『ゼロ・ダーク・サーティ』、2011年の作品賞は『アーティスト』、2010年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』。

画像

--------------------------------

 ◆作品賞
 ・『メッセージ』(米) 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
 ・『最後の追跡』“Hell or High Water”(米) 監督:デイヴィッド・マッケンジー
 ・『ラ・ラ・ランド』(米) 監督:デイミアン・チャゼル
 ・“Manchester by the Sea”(米) 監督:ケネス・ロナーガン
 ・“Moonlight”(米) 監督:Barry Jenkins

 ◆監督賞
 ・デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』
 ・Barry Jenkins “Moonlight”
 ・ケネス・ロナーガン “Manchester by the Sea”
 ・デイヴィッド・マッケンジー 『最後の追跡』“Hell or High Water”
 ・ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『メッセージ』

 ◆主演男優賞
 ・ケイシー・アフレック “Manchester by the Sea”
 ・ジョエル・エドガートン “Loving”(オーストラリア・英・米)(監督:Garth Davis)
 ・アンドリュー・ガーフィールド “Hacksaw Ridge”(オーストラリア・米)(監督:メル・ギブソン)
 ・ライアン・ゴズリング 『ラ・ラ・ランド』
 ・デンゼル・ワシントン “Fences”(米)(監督:デンゼル・ワシントン)

 ◆主演女優賞
 ・エイミー・アダムス 『メッセージ』
 ・アネット・ベニング “20th Century Woman”(米)(監督:マイク・ミルズ)
 ・ルース・ネッガ “Loving”
 ・ナタリー・ポートマン 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』“Jackie”(米・チリ・仏)(監督:パブロ・ラライン)
 ・エマ・ストーン 『ラ・ラ・ランド』

 ◆助演男優賞
 ・マハーシャラ・アリ “Moonlight”
 ・ジェフ・ブリッジス 『最後の追跡』“Hell or High Water”
 ・ベン・フォスター 『最後の追跡』“Hell or High Water”
 ・ルーカス・ヘッジズ “Manchester by the Sea”
 ・マイケル・シャノン “Nocturnal Animals”(米)(監督:トム・フォード)

 ◆助演女優賞
 ・ヴィオラ・デイヴィス “Fences”
 ・グレタ・ガーウィグ “20th Century Women”
 ・ナオミ・ハリス “Moonlight”
 ・モリー・シャノン(Molly Shannon) “Other People”(米)(監督:Chris Kelly)
 ・ミシェル・ウィリアムズ “Manchester by the Sea”

 ◆オリジナル脚本賞
 ・テイラー・シェリダン 『最後の追跡』“Hell or High Water”
 ・デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』
 ・ケネス・ロナーガン “Manchester by the Sea”
 ・Barry Jenkins ストーリー:Tarell Alvin McCraney “Moonlight”
 ・ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ 『ロブスター』

 ◆脚色賞
 ・エリック・ハイセラー(Eric Heisserer) 『メッセージ』
  テッド・チャンの短編『あなたの人生の物語』“Story of Your Life”の映画化
 ・オーガスト・ウィルソン(August Wilson) “Fences”
  オーガスト・ウィルソンの戯曲の映画化
 ・Luke Davies “Lion”(オーストラリア・英・米)(監督:Garth Davis)
  サルー・ブライアリーのノンフィクション『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』の映画化
 ・パトリック・ネス(Patrick Ness) “A Monster Calls”
  自身の小説『怪物はささやく』の映画化
 ・トム・フォード “Nocturnal Animals”
  オースティン・ライトの『ミステリ原稿』の映画化

 ◆撮影賞
 ・ブラッドフォード・ヤングASC 『メッセージ』
 ・ステファーヌ・フォンテーヌAFC(Stéphane Fontaine) 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』“Jackie”
 ・リヌス・サンドグレン SFS(Linus Sandgren) 『ラ・ラ・ランド』
 ・James Laxton “Moonlight”
 ・シーマス・マクガーヴィASC, BSC “Nocturnal Animals”

 ◆編集賞
 ・ジョー・ウォーカー ACE 『メッセージ』
 ・Sebastián Sepúlveda 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』“Jackie”
 ・トム・クロス ACE 『ラ・ラ・ランド』
 ・Joi McMillon、ナット・サンダース(Nat Sanders) “Moonlight”
 ・ブル・マーリー(Blu Murray) 『ハドソン川の奇跡』

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ・『メッセージ』 プロダクション・デザイナー: パトリス・バーメット(Patrice Vermette Key Decorator: Paul Hotte
 ・『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 プロダクション・デザイナー:スチュアート・クレイグ(Stuart Craig) 装飾(Set Decorator): アンナ・ピノック(Anna Pinnock)
 ・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』“Jackie” プロダクション・デザイナー:ジャン・ラバス(Jean Rabasse)ADC 装飾: Véronique Melery
 ・『ラ・ラ・ランド』 プロダクション・デザイナー:デイヴィッド・ワスコ(David Wasco) 装飾: サンディ・レイノルズ・ワスコ(Sandy Reynolds-Wasco) SDSA
 ・“The Witch” クレイグ・レイスロップ(Craig Lathrop)

 ◆オリジナル作曲賞(Best Original Score)
 ・ヨハン・ヨハンソン 『メッセージ』
 ・ミカチュー(Mica Levi) 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』“Jackie
 ・ジャスティン・ハーウィッツ(Justin Hurwitz) 『ラ・ラ・ランド』
 ・ニコラス・ブリテル(Nicholas Britell) “Moonlight”
 ・クリフ・マルティネス 『ネオン・デーモン』

 ◆ヤング・パフォーマンス賞(Best Youth Performance)
 ・ルーカス・ヘッジズ “Manchester by the Sea”
 ・ルイス・マクドゥガル(Lewis MacDougall) “A Monster Calls”
 ・Sunny Pawar “Lion”
 ・ヘイリー・スタインフェルド “The Edge of Seventeen”(米)(監督:Kelly Fremon Craig)
 ・アニャ・テイラー=ジョイ(Anya Tayor-Joy) “The Witch”

 ◆アンサンブル賞(Best Acting Ensemble)
 ・“Fences”
 ・『最後の追跡』“Hell or High Water”
 ・“Manchester by the Sea”
 ・“Moonlight”
 ・“20th Century Women”

 ◆ボイス・パフォーマンス賞(Best Voice Performance) [新設]
 ・ジェイソン・ベイトマン 『ズートピア』
 ・アウリイ・クラヴァーリョ(Auli’i Cravalho) 『モアナと伝説の海』
 ・エレン・デジェネレス 『ファインディング・ドリー』
 ・ジニファー・グッドウィン 『ズートピア』
 ・リーアム・ニーソン “A Monster Calls”

 ◆モーション・キャプチャー・パフォーマンス賞(Best Motion Capture Performance) [新設]
 ・リーアム・ニーソン “A Monster Calls”
 ・マーク・ライランス 『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ・“Gleason”(米) 監督:クレイ・トゥイール(Clay Tweel)
 ・“I Am Not Your Negro”(米・仏・ベルギー・スイス) 監督:ラウル・ペック
 ・“O.J.: Made in America”(米) 監督:Ezra Edelman
 ・『13th -憲法修正第13条-』“13th”(米) 監督:エヴァ・デュヴァルネ
 ・“Weiner”(米) 監督:Josh Kriegman、Elyse Steinberg

 ◆アニメーション賞(Best Animated Feature)
 ・『ファインディング・ドリー』
 ・“Kubo and the Two Strings”(米) 監督:トラヴィス・ナイト
 ・『モアナと伝説の海』“Moana”(米) 監督:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー
 ・『ソーセージ・パーティー』
 ・『ズートピア』

 ◆外国語映画賞(Best Foreign Language Film)
 ・“Elle”(仏) 監督:ポール・ヴァーホーヴェン
 ・『ジュリエッタ』(西) 監督:ペドロ・アルモドバル
 ・『お嬢さん』(韓) 監督:パク・チャヌク
 ・“The Salesman(فروشنده /Forushande)”(イラン・仏) 監督:アスガー・ファルハディ
 ・“Toni Erdmann”(独・オーストリア) 監督:マレン・アデ

 ◆ワシントンDCの肖像賞/ジョー・バーバー賞(The Joe Barber Award for Best Portrayal of Washington, DC)
 ・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』“Jackie”
 ・『ジェイソン・ボーン』
 ・“Loving”
 ・“Miss Sloane”(仏・米) 監督:ジョン・マッデン
 ・『スノーデン』

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・『ラ・ラ・ランド』(9):作品・監督・主演男優・主演女優・脚本・撮影・編集・美術・作曲
 ・“Moonlight”(9):作品・監督・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・作曲・アンサンブル
 ・『メッセージ』(8):作品・監督・主演女優・脚色・撮影・編集・美術・作曲
 ・“Manchester by the Sea”(8):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・ヤング・アンサンブル
 ・『最後の追跡』(6):作品・監督・助演男優・助演男優・脚本・アンサンブル
 ・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(6):主演女優・撮影・編集・美術・作曲・DC
 ・“Fences”(4):主演男優・助演女優・脚色・アンサンブル
 ・“A Monster Calls”(4):脚色・ヤング・ボイス・モーション
 ・“Loving”(3):主演男優・主演女優・DC
 ・“20th Century Woman”(3):主演女優・助演女優・アンサンブル
 ・“Nocturnal Animals”(3):助演男優・脚色・撮影
 ・『ズートピア』(3):ボイス・ボイス・アニメーション
 ・“Lion”(2):脚色・ヤング
 ・“The Witch”(2):美術・ヤング
 ・『モアナと伝説の海』(2):ボイス・アニメーション
 ・『ファインディング・ドリー』(2):ボイス・アニメーション

 ほとんど、サテライト・アワードやクリティクス・チョイス・アワードをなぞるようなノミネーションになっています。

 受賞結果の発表は、12月5日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2015ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_12.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2015受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_17.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2014ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_11.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2014受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_16.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2013受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_21.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2012ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_18.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2012受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_24.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2011受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_10.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_11.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2009ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_11.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_13.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2008受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_15.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月~2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

 追記:
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_17.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック