米国アカデミー賞2017 短編アニメーション賞 候補作品リスト

 恒例になっていますが、アニメーションの情報サイトCATOON BREWが第89回米国アカデミー賞 短編アニメーション賞候補作品のリストを入手したとサイトで記事にしています。(10月27日)

 *CATOON BREW:http://www.cartoonbrew.com/awards/2017-animated-short-oscar-contenders-record-number-films-competing-144106.html

 第89回米国アカデミー賞 短編アニメーション賞は、10月3日にエントリーが締め切りになり、11月半ばのショートリスト発表に向けて選考を行なっているはずですが、そのための有資格作品のリスト(非公開)をCATOON BREWが独自に入手した、と言っているというわけです。

 本年度の有資格作品は、70本あり、前回の60本、前々回の58本を超えて、史上最多記録になり、2010年度の33本から比べるとわずか6年で2倍を超える作品数になっているとCATOON BREWは書いています。

 前回は、入手したリストからすべてのタイトルを公表していましたが、今回は約半分の33本のみ明らかにしています。

画像

--------------------------------

 【米国アカデミー賞2017 短編アニメーション賞候補作品リスト】

 ・『マノマン』“Manoman”(英) 監督:サイモン・カートライト(Simon Cartwright)

 ・『ステムズ Stems』“Stems”(英) 監督:Ainslie Henderson

 ・“Stick Man”(英) 監督:Jeroen Jaspaert、Daniel Snaddon

 ・“Alike”(西) 監督:Daniel Martínez Lara、Rafa Cano

 ・『Decorado』“Decorado”(西・仏) 監督:Alberto Vázquez

 ・“Construire un Feu(To Build a Fire)”(仏・英) 監督:F-X.ゴビ(François-Xavier Goby)

 ・『日曜の昼食』(『サンデーランチ』)“Sunday Lunch(Le Repas dominical)”(仏) 監督:Céline Devaux

 ・“Celui qui a deux âmes(He Who Has Two Souls)”(仏) 監督:ファブリス・ルアン=ヴィジャ(Fabrice Luang-Vija)

 ・“Journal animé”(仏) 監督:Donato Sansone

 ・『ペリフェリア』“Peripheria”(仏) 監督:ダヴィッド・コカール・ダソ(David Coquard-Dassault)

 ・『あなたの指で』“Under your fingers(Sous tes doigts)”(仏) 監督:Marie-Christine Courtès

 ・『ユルと蛇』(『ユル アンド ザ スネーク』)“Yùl and the Snake(Yùl et le Serpent)”(仏) 監督:ガブリエル・アレル(Gabriel Harel)

 ・“Broken - The Women's Prison at Hoheneck(Kaputt)”(独) 監督:Alexander Lahl、Volker Schlecht

 ・『魔王』“Erlkönig”(スイス) 監督:ジョルジュ・シュヴィツゲベル

 ・“Analysis Paralysis”(スイス) 監督:アネット・メリース(Anete Melece)

 ・“Happy End”(チェコ) 監督:Jan Saska

 ・“Moms on Fire”(スウェーデン) 監督:Joanna Rytel

 ・『ウェイティング フォア ザ ニュー イヤー』“Gaidot Jauno gadu(Waiting for The New Year)”(ラトヴィア) 監督:ヴラディミール・レシチョフ(Vladimir Leschiov)

 ・“Schirkoa”(インド) 監督:Ishan Shukla

 ・『エルシティへ』“Go to City Ele”(中) 監督:Wenyu Li

 ・『空き部屋』“The Empty”(韓・仏) 監督:ダヒ・チョン(Dahee Jeong)

 ・“Deer Flower”(韓・米) 監督:キム・ガンミン(Kangmin Kim)

 ・“The Tide Keeper”(ニュージーランド) 監督:Alyx Duncan

 ・“Pear Cider and Cigarettes”(カナダ・英) 監督:Robert Valley

 ・『Une tete disparait』“Une tête disparaît(The Head Vanishes)”(カナダ・仏) 監督:Franck Dion

 ・『盲目のヴァイシャ』(『ブラインド ヴァイシャ』)“Vaysha, l'aveugle(Blind Vaysha)”(カナダ) 監督:セオドア・ウシェフ

 ・『ムーム』“Moom”(日・米) 監督:ロバート・コンド(Robert Kondo)、堤大介

 ・“Borrowed Time”(米) 監督:Andrew Coats、Lou Hamou-Lhadj

 ・“Glove”(米) 監督:Alexa Lim Haas、Bernardo Britto

 ・“Inner Workings”(米) 監督:Leo Matsuda

 ・“Once Upon a Line”(米) 監督:Alicja Jasina

 ・“Pearl”(米) 監督:パトリック・オズボーン

 ・『ひな鳥の冒険』“Piper”(米) 監督:アラン・バリラーロ(Alan Barillaro)

--------------------------------

 大半の作品が、当ブログでも既出の作品で、15本が既に日本でも紹介されている作品です。

 また、10月末現在で、『マノマン』、『日曜の昼食』(『サンデーランチ』)、“Borrowed Time”、“Pearl”が、ネット上で動画本編が視聴可能になっています。『日曜の昼食』(『サンデーランチ』)以外はほぼセリフなし。

 過去5年のデータからすると、本年度はアメリカの大手スタジオの短編作品が受賞するめぐり合わせの年ですが、どうなるでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2016 短編アニメーション賞 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_10.html

 ・米国アカデミー賞2012 短編アニメーション賞 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_21.html

 ・米国アカデミー賞2017 短編ドキュメンタリー賞 ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_43.html

 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その1(アイスランド~オーストラリア):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_6.html
 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その2(オーストリア~スロヴァキア):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_10.html
 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その3(スロヴェニア~パレスチナ):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_22.html
 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その4(ハンガリー~メキシコ):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_29.html
 ・米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品リスト その5(モロッコ~ロシア):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_36.html
 ・完全ガイド!米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 各国代表作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_23.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月~11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック