シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2016 受賞結果 その1

 第49回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭(10月7日-16日)の受賞結果です。

画像

 【ファンタスティック・コンペティション部門】(49th Sitges Official Fantàstic Selection)

 ※審査員:ミック・ギャリス(プロデューサー、脚本家)、Axelle Carolyn(ジャーナリスト、監督)、Geoffey Gilmore(元サンダンス映画祭ディレクター、Gilmore Consultancy)、Frank Ribière(プロデューサー、監督)、ブライアン・ユズナ

 ◆最優秀作品賞(Award for Best Feature Length Film)
 ◎“Swiss Army Man”(米) 監督:Daniels(Daniel Scheinert、Daniel Kwan)
 出演:ポール・ダノ、ダニエル・ラドクリフ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド
 物語:ハンクは、荒涼とした孤島に取り残されて、家に帰る希望も失いつつある。ある日、海岸に死体が漂着してくる。彼は、波が死体をさらっていきそうになるのを見て、サーフボードのように死体に乗ってこの島を脱出できるかもしれないと考えるが、文明の地は遥かに遠かった。次の日、ハンクは、この死体が(スイス・アーミー・ナイフのように)無限の可能性を持っていると考えるようになり、マニーと名づけて、彼が忘れてしまったのかもしれない言葉や概念を教え込み始める。ハンクは、マニーに、食べることや映画を観る楽しみ、パーティーなどを教え、彼がサラという女性が好きだったという空想まで展開させる。サラは、実は、ハンクがバスで見かけて気になっていた女性なのだが、ハンクはシャイで話しかけられなかったのだ。ハンクの妄想はどんどん大きくなっていく……。
 2人の監督は、「ダニエルズ」として知られるミュージック・ビデオ出身の監督で、これまで短編やテレビ作品を手がけてきていて、ダニエル・シェイナート(Daniel Scheinert)はこれが第2長編、ダニエル・クワン(Daniel Kwan)は初監督長編。
 サンダンス映画祭2016 監督賞受賞。
 シドニー映画祭2016出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2016出品。Imaging the Future Award、インターナショナル批評家賞、観客賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 ワールド・ファンタスティック・ブルー部門出品。
 グアダラハラ国際映画祭2016出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2016出品。
 チューリヒ映画祭2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016出品。
 ゴッサム・アワード2016 ブレイクスルー監督賞ノミネート。

画像

 ◆審査員特別賞(Special Jury Award)
 ◎“The Autopsy of Jane Doe”(米) 監督:アンドレ・ウーヴレダル(André Øvredal)
 出演:エミール・ハーシュ、ブライアン・コックス、オフィリア・ラヴィボンド、マイケル・マケルハットン
 物語:トミーと息子のオースティンは、検視官で、家族でモルグを運営している。保安官が、身元不明の殺人事件の遺体を持ち込んできた時、最初は単純明快な事件のように思われた。ところが、身元を特定しようとして検視を進めるにつれ、次々と奇妙な発見があり、2人は恐ろしい秘密へと導かれていく。
 『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル監督の最新作。
 トロント国際映画祭2016 MIDNIGHT MADNESS部門出品。ピープルズ・チョイス賞次点。
 ファンタスティック・フェスト2016出品。最優秀ホラー作品賞受賞。
 BFIロンドン映画祭2016 Cult部門出品。

画像

画像

 ◆監督賞(Award for Best Director)
 ◎ヨン・サンホ “Train to Busan”(韓)

 “Train to Busan(부산행/釜山行き)”(韓) 監督・ヨン・サンホ
 出演:コン・ユ、マ・ドンソク、チョン・ユミ、キム・スアン、チェ・ウシク、キム・ウィソン
 物語:人をゾンビ化するウィルスが韓国を襲う。情報の伝達は遅れていて、何も知らない乗客が乗ったKTXが、ソウルから釜山へと出発する。その列車の中に感染者が紛れ込んでいたため、釜山へ向かう道中で、生き残りを賭けた死闘が繰り広げられていく……。
 長編アニメーション“Seoul Station(서울역/ソウル駅)”と連作をなす作品。
 カンヌ国際映画祭2016 ミッドナイト・スクリーニング部門出品。
 ファンタジア国際映画祭2016出品。Cheval Noir 、アジア映画部門 観客賞受賞。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 釜日映画賞2016 助演男優賞(キム・ウィソン)、ユ•ヒョンモク映画芸術賞受賞。作品賞、助演女優賞(チョン・ユミ)、撮影賞、美術賞ノミネート。
 ハイファ国際映画祭2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016出品。

画像

 ◆男優賞(Award for Best Actor)
 ◎ダニエル・ラドクリフ “Swiss Army Man”

 ◆女優賞(Award for Best Actress)
 ◎Sennia Nanua “The Girl With All The Gifts”(英・米)

 “The Girl With All The Gifts”(英・米) 監督:コーム・マッカーシー(Colm McCarthy)
 出演:Sennia Nanua、ジェマ・アータートン、グレン・クローズ、パディー・コンシダイン
 物語:真菌の感染によりほとんどの人類が死滅した未来のディストピア。感染者は、人間の心を失って「餓鬼」になり、健康な人間の肉を貪った。病気は、血と唾によって広がるほか、真菌によって作られる胞子によっても広がっていった。少数の生き残りは、厳重に守られたバーミンガムで暮らしていた。彼らは、そこで、半分が人間で、半分が「餓鬼」である第2世代のハイブリッドの子どもたちを研究して、治療方法を探っていた。第2世代は、第1世代の「餓鬼」とは異なり、人間の匂いに近づき過ぎない限りは、人間の心を保持することができた。研究では、科学者は被験者を殺すことも認められていたが、教師のヘレンはそれを快く思っていなかった。科学者のチーフであるキャロラインが、一人の少女メラニーを解剖する決定を下した時、ヘレンは危険を冒してメラニーを守ろうとする……。
 M・R・ケアリーの小説『パンドラの少女』の映画化。
 ロカルノ国際映画祭2016 ピアッツァ・グランデ部門出品。
 トロント国際映画祭2016 MIDNIGHT MADNESS部門出品。
 ファンタスティック・フェスト2016出品。ホラー部門 監督賞受賞。
 ヘルシンキ国際映画祭2016出品。
 エドモントン国際映画祭2016出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。


 ◆撮影賞(Award for Best Cinematography)
 ◎ホン・ギョンピョ(Hong Kyung-pyo) “The Wailing”(韓)(監督:ナ・ホンジン)

 “The Wailing(곡성/Gokseong)”(韓) 監督:ナ・ホンジン
 出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ、チャン・ソヨン、Jo Han-Cheol
 物語:ある村によそ者(國村隼)が現れる。それから、村で謎の病気が広まる。警察は、野生のきのこのせいだと結論づけるが、よそ者が犯人に違いないという噂が立つ。警官のチョングは、ムミョンと会ってから、噂を信じるようになる。チョングの娘ヒョジンが同じ病気にかかる。彼は祈祷師に力を借りようとする……。
 カンヌ国際映画祭2016 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 ミュンヘン映画祭2016 スポットライト部門出品。
 ファンタジア国際映画祭2016出品。Prix AQCC、観客賞第3席受賞。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 プチョン・チョイス部門出品。最優秀作品賞、観客賞受賞。
 釜山国際映画祭2016 韓国映画トゥデイ パノラマ部門出品。
 釜日映画賞2016 作品賞、監督賞、主演男優賞(クァク・ドウォン)、助演男優賞(ファン・ジョンミン)、助演男優賞(國村隼)、助演女優賞(チョン・ウヒ)、新人女優賞(Kim Hwan-Hee)、撮影賞、美術賞、音楽賞ノミネート。
 BFIロンドン映画祭2016 Thrill部門出品。
 CPH:PIX 2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016出品。


 ◆脚本賞(Award for Best Screenplay)
 ◎ジェレミー・スレイター “Pet”

 “Pet”(米・西) 監督:カルレス・トレンス(Carles Torrens)
 出演:ドミニク・モナハン(Dominic Monaghan)、クセニア・ソロ(Ksenia Solo)、ジェネット・マッカーディ(Jennette McCurdy)、ネイサン・パーソンズ(Nathan Parsons)
 物語:セスは、動物保護施設で働いている。彼は、何年もの間、ウェイトレスのホリーに思いを寄せているが、自分の気持ちを伝えられないでいる。ある日、彼は、彼女をさらい、自分が働いている施設に監禁するという暴挙に出る。ところが、まもなく、彼女は見た目とは違っていて、ただの被害者には収まらないことが明らかになってくる。
 SXSW映画祭2016出品。

画像

 ◆視覚効果賞(Award for Best Special Effects)
 ◎Jung Hwang-su “Train to Busan”(韓)(監督:ヨン・サンホ)

 ◆批評家賞(José Luis Guarner Award/Critics Jury)
 ◎“The Neon Demon”(米・仏・デンマーク) ニコラス・ウィンディング・レフン
 出演:エル・ファニング、キアヌ・リーヴス、クリスティーナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン、アビー・リー・カーショウ、カール・グルスマン、ベラ・ヒースコート、デズモンド・ハリントン
 物語:新進のモデル、16歳のジェシーがロサンゼルスに引っ越してくる。カメラメンを目指しているディーンが、彼女のフォトフォリオを撮り、デートする。ジェシーは、レズビアンのメイキャップ・アーティスト、ルビーと知り合い、さらにパーティーで、嫉妬深いモデルのジジとサラとも出会う。エージェントは、彼女が他とは違うものを持っていると感じて、プロのカメラマン、ジャックの許に送る。ジェシーは、ジャックを魅了し、彼女は業界の注目を集め、成功への階段を上っていく。だが、ルビーらは、彼女に対して嫉妬を募らせていく。
 カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。カンヌ・サウンドトラック賞 作曲家賞(クリフ・マルティネス)。
 エルサレム映画祭2016出品。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 ワールド・ファンタスティック・レッド部門出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 東京国際映画祭2016 特別招待作品。

画像

 ◆市民ケーン賞/新進監督賞(Citizen Kane Award for Best Up-and-Coming Director)
 ◎Julia Ducournau “Grave (Raw)”(仏・ベルギー)

 ◎“Raw”(仏・ベルギー) 監督:Julia Ducournau
 出演:Garance Marillier、Ella Rumpf、ラバ・ナイト・ウフェラ(Rabah Naït Oufella)、ローラン・リュカ、ジョアンナ・プレイス
 物語:ジャスティンの一家は、みんな獣医で、ベジタリアンである。彼女は、才能に恵まれ、16歳で、姉も学んでいる獣医学校に入学する。彼女は、準備する間もなく、いじめを受け、人生で初めて生肉を食べさせられる。すると彼女の真の自我が現れ始め、思ってもみなかった結果が出来する。
 カンヌ国際映画祭2016 国際批評家週間出品。国際批評家連盟賞受賞。
 トロント国際映画祭2016 MIDNIGHT MADNESS部門出品。ピープルズ・チョイス賞 MIDNIGHT MADNESS部門 次点2位。
 BFIロンドン映画祭2016 第1回作品コンペティション部門出品。第1回作品賞(サザーランド賞)受賞。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2016出品。
 ハイファ国際映画祭2016出品。
 シカゴ国際映画祭2016出品。
 CPH:PIX2016出品。


 ◆Carnet Jove Jury Award for Best Feature Length Film
 ◎“Grave (Raw)”(仏・ベルギー) 監督:Julia Ducournau

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“The Lure(Córki Dancingu)”(ポーランド) 監督:Agnieszka Smoczynska
 出演:Marta Mazurek、Michalina Olszanska、ヤクブ・ギェルシャウ(Jakub Gierszal)、Kinga Preis、Andrzej Konopka、ズィグムント・マラノウィッチ(Zygmunt Malanowicz)
 物語:とあるダークナイト。ミュージシャンの一家が、水辺で、セイレーンの姉妹シルバーとゴールデンと出会う。2人は、彼らを襲ったりはしないと保証し、その後、ネオンきらめくワルシャワのダンス・クラブで、バンド フィグス&デイツにスカウトされる。シルバーは、美しいブロンドのベーシスト、ミエテクに恋するが、より狡猾なゴールデンは、血への渇望から逃れられず、妹のせいで、アメリカで新生活を始めるという夢が叶えられなくなるのを心配する。
 初監督長編。
 グディニャ映画祭2015 メイキャップ賞、新人監督賞受賞。
 サンダンス映画祭2016出品。ユニーク・ヴィジョン&デザイン賞受賞。
 ファンタスポルト2016 Cinema Fantásticoコンペティション部門出品。作品賞、監督賞、特殊効果賞受賞。
 ポーランド・アカデミー賞(ゴールデン・イーグル賞)2016 ディスカバリー賞受賞。助演女優賞、録音賞ノミネート。
 ソフィア国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。ヤング審査員賞受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2016 ニュー・ヨーロッパ-ニュー・ネームズ部門出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2016出品。
 イマジン映画祭2016出品。
 ナッシュヴィル映画祭2016 グレイヴヤード・シフト・コンペティション部門出品。審査員大賞、女優賞(Marta Mazurek )、Steven Goldmann ヴィジョナリー賞受賞。
 シアトル国際映画祭2016 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。
 シドニー映画祭2016出品。
 ブリュッセル映画祭2016出品。
 エジンバラ国際映画祭2016出品。
 イースト・エンド映画祭2016出品。
 モスクワ国際映画祭2016出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 アナザー・ビュー部門出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2016出品。最優秀作品賞オナラブル・メンション受賞。
 ファンタジア国際映画祭2016出品。審査員特別賞、観客賞第3席受賞。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 プチョン・チョイス部門出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 ファンタスティック・フェスト2016 スペシャル・メンション受賞。
 ストックホルム国際映画祭2016出品。


 ◎“Swiss Army Man”(米) 監督:Daniels

 ◆Méliès d’Argent/Award for Best Feature Length European Film SOFC 49
 ◎“Grave (Raw)”(仏・ベルギー) 監督:Julia Ducournau

 ◆観客賞(Grand Audience Award)
 ◎“The Handmaiden”(韓) 監督:パク・チャヌク
 出演:ハ・ジョンウ、キム・ミニ、チョ・ジヌン、Tae Ri Kim
 物語:1930年代。スラム出身の若い女スリ、スッキは、チャーニングな詐欺師に雇われ、手の込んだ詐欺に関わる。ターゲットは、裕福な日本人貴族の娘ヒデコで、彼女は、両親を失って以来、厳格な叔父イモプが後見人となっていた。その屋敷に、スッキが使用人として入り込んで、彼女を誘惑し、遺産をせしめようというのが、日本人の伯爵になりすました詐欺師が考えた作戦だった。
 サラ・ウォーターズの『荊の城』を、日本占領下の韓国に舞台に置き換えて映画化した作品。2005年にはイギリスでテレビ・ドラマ化されている。
 カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。ヴァルカン賞(The Vulcan Award of the Technical Artist)受賞(リュ・ソンヒ)。
 シドニー映画祭2016出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 ホライズンズ部門出品。
 エルサレム映画祭2016出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2016出品。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2016 ワールド・ファンタスティック・レッド部門出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。観客賞第2席出品。
 オステンデ映画祭2016出品。
 トロント国際映画祭2016 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2016出品。
 ファンタスティック・フェスト2016出品。
 釜山国際映画祭2016 韓国映画トゥデイ パノラマ部門出品。
 釜日映画賞2016 新人女優賞(김태리(キム・テリ))、美術賞、釜日読者審査賞受賞。作品賞、監督賞、主演女優賞(キム・ミニ)、撮影賞、音楽賞ノミネート。
 エドモントン国際映画祭2016出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016Dare部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2016出品。
 フィラデルフィア国際映画祭2016出品。
 シカゴ国際映画祭2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016出品。

画像

 [その他のエントリー作品]
 ・“Proyecto Lázaro(Realive)”(西・仏) 監督:マテオ・ヒル
 ・“Sam Was Here”(仏・米) 監督:Christophe Deroo
 ・“Mon Ange”(ベルギー) 監督:Harry Cleven
 ・“Shelley”(デンマーク) 監督:Ali Abbasi
 ・“Psycho Raman”(インド) 監督:アヌラーグ・カシヤプ
 ・“Interchange”(マレーシア・インドネシア) 監督:Dain Iskandar Said
 ・“Karaoke Crazies”(韓) 監督:Kim Sang-chan
 ・“Seoul Station”(韓) 監督:ヨン・サンホ
 ・『クリーピー 偽りの隣人』“Creepy”(日) 監督:黒沢清
 ・『ミュージアム』“Museum”(日) 監督:大友啓史
 ・『テラフォーマーズ』“Terraformars”(日) 監督:三池崇史
 ・“Safe Neighborhood”(オーストラリア・米) 監督:Chris Peckover
 ・“The Void”(カナダ) 監督:スティーヴン・コンスタンスキ(Steven Kostanski)、ジェレミー・ギレスピー(Jeremy Gillespie)
 ・“Operation Avalanche”(米・カナダ) 監督:Matt Johnson
 ・“Before I Wake”(米) 監督:マイク・フラナガン(Mike Flanagan)
 ・『ブレア・ウィッチ』“Blair Witch”(米) 監督:アダム・ウィンガード
 ・“Dog Eat Dog”(米) 監督:ポール・シュレーダー
 ・“The Love Witch”(米) 監督:Anna Biller
 ・“Desierto”(メキシコ・仏) 監督:ホナス・キュアロン(Jonás Cuarón)
 ・“Tenemos la carne”(メキシコ・仏) 監督:Emiliano Rocha Minter

 【ファンタスティック短編コンペティション部門】

 ◆最優秀短編映画賞
 ◎『カーブ』“Curve”(オーストラリア) 監督:Tim Egan
 物語:女性が目覚めると、自分が、奈落へと落ちるなめらかな曲面の上部にいることに気づく。自分の手の摩擦だけを頼りに、この曲面を登っていかなければならない。一方、下方の闇の奥からは、奇妙な音が聞こえてくる。
 トライベッカ映画祭2016 短編コンペティション ナラティヴ・ショート部門 出品。
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016出品。
 ファンタスティック・フェスト2016 短編ホラー部門 作品賞、監督賞受賞。

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Limbo”(仏・ギリシャ) 監督:コンスタンディナ・コジャマニ(Konstantina Kotzamani)
 物語:豹はヤギとともに横たわり、オオカミは羊とともに暮らし、少年はそれらを率いる。12+1の子どもたちと海浜の波に洗われた枝肉……。
 コンスタンディナ・コジャマニ(Konstantina Kotzamani)は、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2015で『ワシントニア』が上映されている。
 カンヌ国際映画祭2016 国際批評家週間出品。
 パームスプリングス国際短編映画祭2016出品。Future Filmmaker Award受賞。
 Curtas Vila do Conde 2016 出品。最優秀フィクション賞受賞。
 ストックホルム国際映画祭2016出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 短編映画賞ノミネート。サラエボ代表。


 ◆最優秀短編ヨーロッパ映画賞(Award for Best European Short Film SOFC 49)
 ◎“Dawn of The Deaf”(英) 監督:Rob Savage
 物語:奇妙な音波が耳の聞こえる人々に影響を及ぼしている。その時、耳の不自由な人々の小さなグループが生き残るために協力し合う。
 ファンタジア国際映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016 Cult部門出品。

画像

--------------------------------

 この記事は、次↓に続きます。

 ・シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2016 受賞結果 その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_40.html

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月~11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック