フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭(オスロ)2016 受賞結果 是枝&トトロも受賞!

 第26回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭(10月6日-16日)の受賞結果です。

 【フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭】

 フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭(Film fra Sør (Films from the South))は、1991年からノルウェーのオスロで開催されている映画祭で、元々はオスロ大学の映画クラブの上映会が母体でしたが、現在では3万人以上の観客を動員するノルウェー最大の映画祭に成長しています。
 「フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭」の「サウス」とは、ノルウェーより南方、つまり、ヨーロッパと北米を除く三大陸(アジア、アフリカ、中南米)のことで、三大陸から出品された、100本近い映画を上映しています。

 コンペティション部門としては、インターナショナル・コンペティション部門とドック・サウスというドキュメンタリーのコンペティション部門がありますが、基本的にはそれぞれ最優秀作品1本を選ぶだけという、ごくシンプルなものです。
 インターナショナル・コンペティション部門では、1997年に『ユメの銀河』、2012年に『おおかみこどもの雨と雪』が最優秀作品賞であるThe Silver Mirrorを受賞しています。その他の受賞作品には、『アモーレス・ペロス』、『少女の髪どめ』、『愛より強く』、『リンリンの電影日記』、『キャラメル』、『子供の情景』、“City of Life and Death(南京!南京!)”、『ハウスメイド』、『リアリティのダンス』、“Gett: The Trial of Viviane Amsalem”、『火の山のマリア』などがあります。

 本年度のプログラムには、北朝鮮(5作品)、イラン(6作品)、ラテンアメリカ、アフリカ、アジア、中東といった地域別の特集のほか、ディレクターズ・スペシャル・ポートレート、クリティカル・ルーム、Mangapolis EpiCon(ジャパニメーション特集9作品)、キッズ・コーナーという部門が設けられ、ディレクターズ・スペシャル・ポートレートでは、アッバス・キアロスタミ トリビュート5作品、是枝裕和特集3作品、アマ・エスカランテ特集3作品、マハマット・サレー=ハルーン特集3作品、Gabriel Mascaro特集3作品といった特集が組まれています。

 本年度の受賞結果は以下の通りです。

画像

--------------------------------

 【メイン・コンペティション部門】

 ※審査員:Jon Inge Faldalen(オスロ大学メディア・コミュニケーション学)、Ida Madsen Hestman(ジャーナリスト)、Øyvor Dalen(作家、コラムニスト、翻訳家、映画批評家)

 ◆グランプリ/The Silver Mirror for best film
 ◎『海よりもまだ深く』“After the Storm”(日) 監督:是枝裕和

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“A Dragon Arrives!(Ejhdeha Vared Mishavad!)”(イラン) 監督:マニ・ハギギ
 物語:1965年1月22日。1台のオレンジ色のシボレー・インパラが、墓地を抜けて、砂漠の真ん中にある打ち捨てられた難破船に向かっていく。その前日には、イランの首相が議事堂の前で暗殺されていた。難破船の中では、罰された政治犯が首を吊っている。その壁は、日々の書きつけや引用文、謎の記号で覆われている。警察の捜査官Babak Hafiziが捜査を始める。彼は、音響エンジニアと地質学者の助けを借りて、ペルシャ湾に浮かぶケシム島で捜査を行って行なっていく。50年後、取り調べの録音テープとともにすべての証拠が入った箱が発見される。そして、Babak Hafiziと彼の同僚がなぜ逮捕されたのかが明らかになる。
 ベルリン国際映画祭2016 コンペティション部門出品。
 ファジル映画祭2016出品。
 香港国際映画祭2016出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2016出品。
 イスタンブール国際映画祭2016出品。
 ブカレスト国際映画祭2016出品。
 台北電影節2016出品。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016出品。

画像

 ◎『エンドレス・ポエトリー』“Endless Poetry”(チリ・日・仏) 監督:アレハンドロ・ホドロフスキー)
 物語:1940年代から50年代にかけてのサンチャゴ。ホドロフスキーは20代で、家族の反対を押し切って詩人になる決心をする。彼は、芸術的知的なボヘミアンたちのサークルに入って、Enrique LihnやStella Díaz Varín、Nicanor Parraらと出会う。彼らは、まだ無名だったけれども、のちに20世紀のヒスパニック文学の大立物となるものばかりだった。ホドロフスキーは、彼らのそばで存在の美について感化され、人生について一緒に探求した。
 アレハンドロ・ホドロフスキーの息子が、アレハンドロ・ホドロフスキーを演じる。
 カンヌ国際映画祭2016 監督週間出品。
 モスクワ国際映画祭2016出品。
 ミュンヘン映画祭2016 シネマスターズ・コンペティション部門出品。
 エルサレム映画祭2016 The Jewish Experience部門出品。
 ニュージーランド国際映画祭2016出品。
 ロカルノ国際映画祭2016 ピアッツァ・グランデ部門出品。
 モトヴン映画祭2016 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2016出品。
 レイキャビク国際映画祭2016出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 釜山国際映画祭2016 ワールド・シネマ部門出品。

画像

 [その他のエントリー作品]
 ・“Inversion”(イラン) 監督:ベーナム・ベーザディ(Behnam Behzadi
 ・『オールド・ストーン』“Old Stone”(中・カナダ) 監督:ジョニー・マー
 ・“The Handmaiden”(韓) 監督:パク・チャヌク
 ・“The Wailing”(韓) 監督:ナ・ホンジン
 ・『バケモノの子』“The Boys and the Beast”(日) 監督:細田守
 ・“Desierto”(メキシコ・仏) 監督:ホナス・キュアロン
 ・『モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ』“A Monster with a Thousand Heads”(メキシコ) 監督:ロドリゴ・プラ
 ・“The Untamed”(メキシコ・ノルウェー) 監督:アマ・エスカランテ
 ・“Neon Bull”(ブラジル・ウルグアイ・オランダ・西) 監督:Gabriel Mascaro
 ・“Don’t Call Me Son”(ブラジル) 監督:アナ・ミュイラート(Anna Muylaert)
 ・“Hedi”(チュニジア・ベルギー・仏) 監督:Mohamed Ben Attia
 ・“Soy Nero”(メキシコ・米・仏) 監督:ラフィ・ピッツ(Rafi Pitts)
 ・『エル・クラン』(アルゼンチン・西) 監督:パブロ・トラペロ

 【ドック・サウス部門】(The Dok:South)

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞/The Doc:South Award for best documentary
 ◎『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』“Fire At Sea(Fuocoammare)”(伊・仏) 監督:ジャンフランコ・ロージ
 ランペドゥーサ島は、イタリアの南方にある、地中海の島である。数年来、この島は、アフリカや中東からヨーロッパを目指す難民が流れ着く最初の場所として知られるようになり、難民の希望や困難さ、数十万の移民の運命の象徴のような場所となった。平和や自由、幸せを求める難民たちは、途中で死んでしまうことも多く、遺体となって漂着することも少なくなかった。島民たちは、この現代の人道的悲劇とも言える出来事の目撃者ともなっている。本作では、この島で暮らす12歳の少年Samuele Pucilloの目を通して、難民と島の人々の物語が語られる。
 ベルリン国際映画祭2016 コンペティション部門出品。金熊賞、エキュメニカル審査員賞、アムネスティ・インターナショナル賞、The Berliner Morgenpost Readers' Jury Award受賞。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 作品賞・監督賞・編集賞・プロダクション賞ノミネート。
 バーリ国際映画祭2016 編集賞(ロベルト・ペルピニャーニ賞)受賞。
 イタリア・ゴールデングローブ賞2016 大賞受賞。
 ナストロ・ダルジェント賞2016 特別ドキュメンタリー賞受賞。
 トロント国際映画祭2016 MASTERS部門出品。
 UNHCR難民映画祭2016出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2016 パールズ部門出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2016出品。
 ニューヨーク映画祭2016出品。
 レイキャビク国際映画祭2016出品。
 シカゴ国際映画祭2016出品。
 デンバー国際映画祭2016出品。
 ハワイ国際映画祭2016出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 ドキュメンタリー賞 オフィシャル・セレクション。ピープルズ・チョイス賞ノミネート。ヨーロッパ大学映画賞ノミネート。
 米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 イタリア代表。

画像

画像

 ◆オナラブル・メンション(Honorable mention)
 ◎『ソニータ ~アフガニスタン難民 少女ラッパーは叫ぶ~』(『ソニータ』)“Sonita”(独・スイス・イラン) 監督:ロクサレ・ガエム・マガミ(Rokhsareh Ghaemmaghmi)
 18歳の、イランの女性ラッパーSonitaに関するドキュメンタリー。または、新しい世代のアーティストの目を通して、映し出される現代イラン社会のコントラスト。Sonitaは、ビッグになることを夢見ているわけではない。正義の希求、恐れ、女性差別主義の横行が彼女を叫ばせるのだ。カリスマ的な存在感と、生き生きとした目が、彼女の未来を変えるのに、そう時間はかからないに違いない。監督Rokhsareh Ghaem Maghamiの手助けもあって、彼女は、アフガニスタンからユタまでを見てまわる機会を得る。ところが、保守的な彼女の母親は、いい時期にお嫁に行った方がよいと言って、彼女の人生を脱線させようとする。
 第2長編ドキュメンタリー。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2015出品。DOC U! Award、観客賞受賞。
 サンダンス映画祭2016 グランプリ、観客賞受賞。
 ポートランド映画祭2016 観客賞受賞。
 フルフレーム・ドキュメンタリー映画祭2016 Center for Documentary Studies Filmmaker Award受賞。
 サラソータ映画祭2016 観客賞受賞。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞第20席。
 モントクレア映画祭2016 審査員特別賞、観客賞受賞。
 インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭2016 観客賞受賞。
 ミュンヘン国際ドキュメンタリー映画祭2016 SOS-Kinderdörfer Award受賞。
 ズリーン国際映画祭2016 ドキュメンタリー部門出品。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2016出品。ヤング審査員賞受賞。
 イースト・エンド映画祭2016 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 モスクワ国際映画祭2016出品。NETPAC賞受賞。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 サラエボ映画祭2016 ドキュメンタリー部門 観客賞4位。
 カムデン国際映画祭2016 観客賞受賞。
 レイキャビク国際映画祭2016出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2016出品。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2016出品。
 セントルイス国際映画祭2016出品。

画像

 【その他の賞】

 ◆名誉賞(The Silver Mirror Honorary Award)
 ◎マハマット・サレー=ハルーン

画像

 ◆観客賞(Audience Award)
 ◎『となりのトトロ』“My Neighbor Totoro”(日) 監督:宮崎駿
 授賞式に出席したのは↓、ノルウェーの配給者。

画像

--------------------------------

 『海よりもまだ深く』は、いろんな映画祭で上映されていますが、何らかの賞を受賞したのは、今回が初めてです。

 『となりのトトロ』が観客賞を受賞していますが、新作を含む、今回のすべての上映作品の中で最も人気が高かったということなのでしょう。
 『となりのトトロ』は、日本での劇場公開から約20年遅れて2007年にノルウェーで劇場公開されていますが、2016年11月にリバイバル公開されることが決定しています。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_21.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年6月~11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック