ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 ノミネーション!

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016のノミネーションです。(3月22日発表)

 ◆作品賞(Miglior Film)
 ・“Fuocoammare”(伊・仏) 監督:ジャンフランコ・ロージ
 ・“Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”(英・仏・伊) 監督:マッテオ・ガローネ
 ・“Non Essere Cattivo”(伊) 監督:Claudio Caligari
 ・“Perfetti Sconosciuti”(伊) 監督:Paolo Genovese
 ・『グランドフィナーレ』 監督:パオロ・ソレンティーノ

 『グランドフィナーレ』は、ヨーロッパ映画賞2016受賞。
 “Non Essere Cattivo”は、バーリ国際映画祭2016 フランコ・クリスタルディ賞(プロデューサー賞)受賞。
 “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”は、イタリア・ゴールデングローブ賞2015ノミネート。

 ◆監督賞(Migliore Regista)
 ・ジャンフランコ・ロージ “Fuocoammare”
 ・マッテオ・ガローネ “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・Claudio Caligari “Non Essere Cattivo”
 ・Paolo Genovese “Perfetti Sconosciuti”
 ・パオロ・ソレンティーノ 『グランドフィナーレ』

 マッテオ・ガローネは、バーリ国際映画祭2016 マリオ・モニチェリ賞(監督賞)受賞。
 パオロ・ソレンティーノはヨーロッパ映画賞2015受賞。ナストロ・ダルジェント賞2015受賞。

 ◆主演男優賞(Migliore Attore Protagonista)
 ・クラウディオ・サンタマリア(Claudio Santamaria) 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”(伊)(監督:ガブリエーレ・マイネッティ)
 ・Alessandro Borghi “Non Essere Cattivo”
 ・ルカ・マリネッリ(Luca Marinelli) “Non Essere Cattivo”
 ・マルコ・ジャリーニ(Marco Giallini) “Perfetti Sconosciuti”
 ・ヴァレリオ・マスタンドレア “Perfetti Sconosciuti”

 Alessandro Borghiとルカ・マリネッリは助演男優賞でもノミネート。
 マルコ・ジャリーニは前回『神様の思し召し』で主演男優賞ノミネート。
 ルカ・マリネッリは、バーリ国際映画祭2016 ヴィットリオ・ガスマン賞(主演男優賞)受賞。

 ◆主演女優賞(Migliore Attrice Protagonista)
 ・アストリッド・ベルジュ=フリスベ(Àstrid Bergès-Frisbey) “Alaska”(伊・仏)(監督:クラウディオ・クッペリーニ)
 ・パオラ・コルテッレージ(Paola Cortellesi) “Gli Ultimi Saranno Ultimi”(伊)(監督:Massimiliano Bruno)
 ・ザブリナ・フェリッリ(Sabrina Ferilli) 『私と彼女』“Io E Lei”(伊)(監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ)
 ・ジュリエット・ビノシュ 『待つ女たち』“L’Attesa”(伊・仏)(監督:ピエロ・メッシーナ)
 ・Ilenia Pastorelli 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・ヴァレリア・ゴリーノ 『あなたたちのために』“Per Amor Vostro”(伊・仏)(監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ)
 ・アンナ・フォリエッタ(Anna Foglietta) “Perfetti Sconosciuti”

 アンナ・フォリエッタは、前回『俺たちとジュリア』で助演女優賞ノミネート。ヴァレリア・ゴリーノは、3年連続でノミネート。前回は“Il ragazzo invisibile”で助演女優賞ノミネート。2014年に『人間の値打ち』で助演女優賞受賞。
 ヴァレリア・ゴリーノは、バーリ国際映画祭2016 アンア・マニャーニ賞(主演女優賞)受賞。
 ジュリエット・ビノシュは、バーリ国際映画祭2016 マリアンジェラ・メラート賞(第1-2回監督作品部門 主演女優賞)受賞。

 ◆助演男優賞(Migliore Attore Non Protagonista)
 ・Valerio Binasco “Alaska”
 ・ファブリツィオ・ベンティヴォリオ “Gli Ultimi Saranno Ultimi”
 ・ジュゼッペ・バティストン “La Felicita’ E’ Un Sistema Complesso”(伊)(監督:ジャンニ・ザナージ)
 ・ルカ・マリネッリ 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Alessandro Borghi 『暗黒街』“Suburra”(伊・仏)(監督:ステファノ・ソッリマ)

 ルカ・マリネッリとAlessandro Borghiは主演男優賞でもノミネート。
 ファブリツィオ・ベンティヴォリオは、3年連続でノミネート。前回はIl ragazzo invisibile”でノミネート。

 ◆助演女優賞(Migliore Attrice Non Protagonista)
 ・エラ・デッリ・エスポスティ(Piera Degli Esposti) “Assolo”(伊)(監督:ラウラ・モランテ)
 ・アントニア・トゥルッポ(Antonia Truppo) 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Elisabetta De Vito “Non Essere Cattivo”
 ・ソニア・ベルガマスコ(Sonia Bergamasco) 『オレはどこへ行く?』“Quo Vado?”(伊)(監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ)
 ・クラウディア・カルディナーレ “Ultima Fermata”(伊)(監督:Giambattista Assanti)

 ソニア・ベルガマスコは、バーリ国際映画祭2016 アリダ・ヴァリ賞(助演女優賞)受賞。

 ◆脚本賞(Migliore Sceneggiatura)
 ・Edoardo Albinati、ウーゴ・キーティ(Ugo Chiti)、マッテオ・ガローネ、 マッシモ・ガウディオソ (Massimo Gaudioso) “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・Nicola Guaglianone、Menotti 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Claudio Caligari、Giordano Meacci、Francesca Serafini “Non Essere Cattivo”
 ・Filippo Bologna、パオロ・コステッラ(Paolo Costella)、Paolo Genovese、Paola Mammini、ロランド・ラヴェッロ(Rolando Ravello) “Perfetti Sconosciuti”
 ・パオロ・ソレンティーノ 『グランドフィナーレ』

 “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”はイタリア・ゴールデングローブ賞2015受賞。
 『グランドフィナーレ』はイタリア・ゴールデングローブ賞2015ノミネート。ヨーロッパ映画賞2015ノミネート。
 “Perfetti Sconosciuti”は、バーリ国際映画祭2016 トニーノ・グエッラ賞(主題賞)受賞。

 ◆撮影賞(Migliore Direttore Della Fotografia)
 ・ピーター・サシツキー “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・Michele D’Attanasio 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・マウリツィオ・カルヴェージ(Maurizio Calvesi) “Non Essere Cattivo”
 ・パオロ・カルネラ(Paolo Carnera) 『暗黒街』“Suburra”
 ・ルカ・ビガッツィ 『グランドフィナーレ』

 ルカ・ビガッツィは、ナストロ・ダルジェント賞2015受賞。イタリア・ゴールデングローブ賞2015受賞。バーリ国際映画祭2016 ジュゼッペ・ロトゥンノ賞(撮影賞)受賞。

 ◆編集賞(Migliore Montatore)
 ・ヤーコポ・クアドリ(Jacopo Quadri) “Fuocoammare”
 ・Andrea Maguolo、Federico Conforti 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・コンスエロ・カトゥッチ(Consuelo Catucci) “Perfetti Sconosciuti”
 ・パトリツィオ・マローネ(Patrizio Marone) 『暗黒街』“Suburra”
 ・クリスティアーノ・トラヴァリョーリ(Cristiano Travaglioli) 『グランドフィナーレ』

 ヤーコポ・クアドリは前回『レオパルディ』でノミネート。クリスティアーノ・トラヴァリョーリは3年連続ノミネート。前回『黒の魂』で受賞。
 クリスティアーノ・トラヴァリョーリはナストロ・ダルジェント賞2015受賞。

 ◆美術賞(Migliore Scenografo)
 ・Dimitri Capuani、Alessia Anfuso “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・マウリツィオ・サバティーニ(Maurizio Sabatini) “La Corrispondenza”(伊)(監督:ジュゼッペ・トルナトーレ)
 ・Massimiliano Sturiale 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Giada Calabria “Non Essere Cattivo”
 ・Paki Meduri 『暗黒街』“Suburra”
 ・ルドヴィカ・フェラーリオ(Ludovica Ferrario) 『グランドフィナーレ』

 ※Paki Meduriは“Alaska”でも候補となったが、ルールにより対象外となった。

 Paki Meduriは、前回『俺たちとジュリア』でノミネート。

 ◆衣裳賞(Migliore Costumista)
 ・Massimo Cantini Parrini “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・ジェンマ・マスカーニ(Gemma Mascagni) “La Corrispondenza”
 ・Mary Montalto 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Chiara Ferrantini “Non Essere Cattivo”
 ・カルロ・ポッジョーリ(Carlo Poggioli) 『グランドフィナーレ』

 Massimo Cantini Parriniは、バーリ国際映画祭2016 ピエトロ・トージ賞(衣裳賞)受賞。

 ◆メイキャップ賞(Migliore Truccatore)
 ・ジーノ・タマニーニ(Gino Tamagnini)、Valter Casotto、Luigi D’Andrea、Leonardo Cruciano “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・Enrico Iacoponi “La Corrispondenza”
 ・Giulio Pezza 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Lidia Minì “Non Essere Cattivo”
 ・マウリツィオ・シルヴィ(Maurizio Silvi) 『グランドフィナーレ』

 Enrico Iacoponiは前回『母よ、』でノミネート。マウリツィオ・シルヴィは3年連続ノミネート。マウリツィオ・シルヴィは前回(『レオパルディ』)、前々回(『グレート・ビューティー/追憶のローマ』)と受賞。

 ◆ヘア・スタイリスト賞(Migliore Acconciatore)
 ・Francesco Pegoretti “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・Elena Gregorini “La Corrispondenza”
 ・Angelo Vannella 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Sharim Sabatini “Non Essere Cattivo”
 ・アルド・シグノレッティ(Aldo Signoretti) 『グランドフィナーレ』

 アルド・シグノレッティは3年連続ノミネート。前回『レオパルディ』で、前々回『グレート・ビューティー/追憶のローマ』で受賞。

 ◆録音賞(Miglior Fonico di Presa Diretta)
 ・マリッチェッタ・ロンバルド(Maricetta Lombardo) “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・Valentino Gianni’ 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Angelo Bonanni “Non Essere Cattivo”
 ・Umberto Montesanti “Perfetti Sconosciuti”
 ・Emanuele Cecere 『グランドフィナーレ』

 ◆デジタル効果賞(Migliori Effetti Digitali) [前回より改称]
 ・EDI(Effetti Digitali Italiani) “Game Therapy”(伊・米)(監督:Ryan Travis)
 ・Makinarium “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・Chromatica 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・Visualogie 『暗黒街』“Suburra”
 ・Peerless 『グランドフィナーレ』

 Chromaticaは3年連続ノミネート。Visualogieは7年連続ノミネート。Visualogieは前回“Il ragazzo invisibile”で受賞。Chromaticaは2014年に『グレート・ビューティー/追憶のローマ』で受賞。

 ◆作曲賞(Migliore Musicista)
 ・アレクサンドル・デプラ “Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”
 ・エンニオ・モリコーネ “La Corrispondenza”
 ・Michele Braga、ガブリエーレ・マイネッティ(Gabriele Mainetti) 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・パオロ・ヴィヴァルディ(Paolo Vivaldi)、Alessandro Sartini “Non Essere Cattivo”
 ・デイヴィッド・ラング(David Lang) 『グランドフィナーレ』

 ◆オリジナル歌曲賞(Migliore Canzone Originale)
 ・“La Felicita’ E’ Un Sistema Complesso”-‘Torta Di Noi’ 作曲・作詞・パフォーマンス:Niccolo’ Contessa
 ・“Non Essere Cattivo”-‘A Cuor Leggero’ 作曲・作詞・パフォーマンス:Riccardo Sinigallia
 ・“Perfetti Sconosciuti”-‘Perfetti Sconosciuti’ 作曲:Bungaro & Cesare Chiodo 作詞・パフォーマンス:フィオレッラ・マンノイア(Fiorella Mannoia)
 ・『オレはどこへ行く?』“Quo Vado?”-‘La Prima Repubblica’ 作曲・作詞:Luca Medici(Checco Zalone) パフォーマンス:Luca Medici
 ・『グランドフィナーレ』-‘Simple Song #3’ 作曲・作詞:デイヴィッド・ラング パフォーマンス:スミ・ジョー(Sumi Jo)

 ◆新人監督賞(Migliore Regista Esordiente)
 ・Carlo Lavagna “Arianna”(伊)
 ・Adriano Valerio “Banat – Il Viaggio”(伊・ルーマニア・ブルガリア・マケドニア)
 ・ピエロ・メッシーナ(Piero Messina) 『待つ女たち』“L’Attesa”
 ・ガブリエーレ・マイネッティ(Gabriele Mainetti) 『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot”
 ・ファビオ・ボニファッチ(Fabio Bonifacci)、Francesco Micciche’ “Loro Chi?”(伊)
 ・アルベルト・カヴィリア(Alberto Caviglia) “Pecore In Erba”(伊)

 ガブリエーレ・マイネッティは、バーリ国際映画祭2016 第1-2回監督作品部門 エットーレ・スコラ賞(監督賞)受賞。

 ◆プロダクション賞(Migliore Produttore)
 ・“Fuocoammare” 21uno Film、Stemal Entertainment、Istituto Luce-Cinecittà、Rai Cinema、Les Films D’Ici、Arte France Cinema
 ・“Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales” Archimede、Rai Cinema
 ・『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot” ガブリエーレ・マイノッティ(Gabriele Mainetti)(Goon Films)、Rai Cinema
 ・“Non Essere Cattivo” Paolo Bogna、Simone Isola、ヴァレリオ・マスタンドレア(Kimerafilm)、Rai Cinema、Taodue Film、ピエトロ・ヴァルセッキ(Pietro Valsecchi)、Andrea Leone Films (in collaboration with)
 ・『グランドフィナーレ』 ニコラ・ジュリアーノ(Nicola Giuliano)、フランチェスカ・シーマ(Francesca Cima)、カルロッタ・カロリ(Carlotta Calori)(Indigo Film)

 “Non Essere Cattivo”は、バーリ国際映画祭2016 フランコ・クリスタルディ賞(プロデューサー賞)受賞。

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Miglior documentario lungometraggio)
 ・“Harry's bar”(伊) 監督:Carlotta Cerquetti
 ・“I bambini sanno”(伊) 監督:Walter Veltroni
 ・“Lousiana (The Other Side)”(仏・伊) 監督:Roberto Minervini
 ・“Revelstoke: Un bacionel vento”(伊・カナダ) 監督:Nicola Moruzzi
 ・“S is for Stanley”(伊・英) 監督:アレックス・インファセリ(Alex Infascelli)

 ◆短編映画賞(Miglior cortometraggio)
 ◎“Bellissima”(伊) 監督:Alessandro Capitani
 ・“A Meta' Luce 2016”(伊) 監督:Anna Gigante
 ・“Dove L'acqua Con Altra Acqua Si Confonde(Where water comes together with other water)”(伊) 監督:Gianluca Mangiasciutti、 Massimo Loi
 ・“La Ballata Dei Senzatetto”(伊) 監督:Monica Manganelli
 ・“Per Anna”(伊) 監督:Andrea Zuliani

 ◆EU映画賞(Miglior film dell'unione europea)
 ・『さざなみ』(英) 監督:アンドリュー・ヘイ
 ・『神様メール』(ベルギー・仏・ルクセンブルク) 監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
 ・『サウルの息子』(ハンガリー) 監督:ネメシュ・ラースロー
 ・“A Perfect day”(西) 監督:Fernando Leon
 ・『リリーのすべて』(英・独・米) 監督:トム・フーパー

 ◆外国映画賞(Miglior film straniero)
 ・『キャロル』(英・米・仏) 監督:トッド・ヘインズ
 ・『スポットライト 世紀のスクープ』(米) 監督:トム・マッカーシー
 ・『ブリッジ・オブ・スパイ』(米) 監督:スティーヴン・スピルバーグ
 ・『インサイド・ヘッド』(米) 監督:ピート・ドクター、ロニー・デル・カルメン
 ・“Remeber”(カナダ・独) 監督:アトム・エゴヤン

 ◆ヤング・ダヴィッド賞(David Giovani) 6000人以上の学生が審査員として投票して決める賞
 ・“Alaskadi” 監督:クラウディオ・クッペリーニ(Claudio Cupellini)
 ・“Gli Ultimi Saranno Ultimidi” 監督:Massimiliano Bruno
 ・“La Corrispondenzadi” 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
 ・“Non Essere Cattivodi” 監督:Claudio Caligari
 ・『オレはどこへ行く?』“Quo Vado?” 監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ(Gennaro Nunziante)

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は以下の通り。

 ・“Non Essere Cattivo”(16):作品・監督・主演男優・主演男優・助演女優・脚本・撮影・美術・衣裳・メイク・ヘア・録音・作曲・歌曲・プロダクション・ヤング
 ・『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』(16):主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・ヘア・録音・デジタル・作曲・新人監督・プロダクション
 ・『グランドフィナーレ』(14):作品・監督・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・ヘア・録音・デジタル・作曲・歌曲・プロダクション
 ・“Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”(12):作品・監督・脚本・撮影・美術・衣裳・メイク・ヘア・録音・デジタル・作曲・プロダクション
 ・“Perfetti Sconosciuti”(9):作品・監督・主演男優・主演男優・主演女優・脚本・編集・録音・歌曲
 ・“La Corrispondenza”(6):美術・衣裳・メイク・ヘア・作曲・ヤング
 ・『暗黒街』(5):助演男優・撮影・編集・美術・デジタル
 ・“Fuocoammare”(4):作品・監督・編集・プロダクション
 ・“Alaska”(3):主演女優・助演男優・ヤング
 ・“Gli Ultimi Saranno Ultimi”(3):主演女優・助演女優・ヤング
 ・『オレはどこへ行く?』(3):助演女優・歌曲・ヤング
 ・『待つ女たち』(2):主演女優・新人監督
 ・“La Felicita’ E’ Un Sistema Complesso”(2):助演男優・歌曲

 今回の主な見どころは―

 ・“Non Essere Cattivo”と『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』がそれぞれ16ノミネートで最多ノミネートとなっているけれども、Non Essere Cattivo”は作品賞と監督賞にノミネートされているのに対して、『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』は新人監督作品として新人監督賞にはノミネートされているものの、作品賞と監督賞にはノミネートされていない。(内容的に『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』が最多受賞となるとはちょっと考えにくいけれども、少なくとも新人監督賞は当確か?)

 ・ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した“Fuocoammare”は、ドキュメンタリーということもあって、ノミネートはわずか4部門にとどまっている。『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』の金獅子賞も“Fuocoammare”の金熊賞も、映画祭でのめぐりあわせ(がよかった)ということもあったということなのか、少なくとも『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』はイタリア国内の映画賞では全く振るわなかった。今回はどうか?

 ・ナストロ・ダルジェント賞やイタリア・ゴールデングローブ賞は、2015年の対象作品となった『グランドフィナーレ』や“Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”は、1年遅れのダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、どれだけ受賞できるか? パオロ・ソレンティーノは、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』ではダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を総なめにしたけれど、今回は?(少なくとも撮影賞は有望?)

 ・外国人であるジュリエット・ビノシュやピーター・サシツキー、アレクサンドル・デプラらは受賞できるか?

 ・米国アカデミー賞で受賞を果たし、セザール賞(フランス・アカデミー賞)にもノミネートされたエンニオ・モリコーネは、同年度にダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)にもノミネートされた。しかもすべて異なる作品で。イタリアでは受賞なるか否か。

 ・アルド・シグノレッティは、ヘア・スタイリスト賞3連覇なるか?

 などなど。

 受賞結果の発表は、4月18日です。

--------------------------------

 いくつかの作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Non Essere Cattivo(Don't Be Bad)”(伊) 監督:Claudio Caligari
 出演: ルカ・マリネッリ、Alessandro Borghi、Roberta Mattei、Silvia D'Amico、Alessandro Bernardini
 物語:90年代。ローマ郊外。ヴィットリオとチェザレは、20代の初めで、成功を夢見ていた。彼らのまわりには、豪華な車や、ナイトクラブ、コカイン、人工麻薬などがあり、快楽主義が支配していた。彼らが生きていくには、高いコストがかかる。ヴィットリオは自分を守るためにチェザレを見捨てる。しかし、2人の絆はあまりにも強かった……。
 ベネチア国際映画祭2015 アウト・オブ・コンペティション部門出品。Pasinetti Award 作品賞、男優賞(ルカ・マリネッリ)、FEDIC Award、Sorriso Diverso Venezia Award、NuovoImaie Talent Award(Alessandro Borghi)、Gillo Pontecorvo-Arcobaleno Latino Award、AssoMusica Award受賞。
 米国アカデミー賞2016外国語映画賞 イタリア代表作品。
 バーリ国際映画祭2016 フランコ・クリスタルディ賞(プロデューサー賞)受賞。


 ・『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』“Lo Chiamavano Jeeg Robot(They Call Me Jeeg)”(伊) 監督:ガブリエーレ・マイネッティ(Gabriele Mainetti)
 出演:クラウディオ・サンタマリア、ルカ・マリネッリ、Stefano Ambrogi、Ilenia Pastorelli、マウリツィオ・テセイ(Maurizio Tesei)、フランチェスコ・フォルミケッティ(Francesco Formichetti)、アントニア・トゥルッポ
 物語:エンゾは、テヴェレ川で放射性物質に触れ、不思議な力を得る。ひとりぼっちで内向的な彼は、この力を悪の方面に使おうかとも考えるが、アレッシアとの出会いですべてが変わる。彼女は、彼を、自分が愛する日本のコミック・ヒーロー、鋼鉄ジーグがコミックの中から出てきたかのようにとらえるのだ。
 短編作品“Tiger Boy”が高い評価を受けた俳優ガブリエーレ・マイネッティの初監督長編。
 ローマ映画祭2015出品。
 バーリ国際映画祭2016 第1-2回監督作品部門 エットーレ・スコラ賞(監督賞)、ヴィットリオ・ガスマン賞(主演男優賞)(ルカ・マリネッリ)受賞。

画像

 ・“Il Racconto Dei Racconti – Tale Of Tales”(英・仏・伊) 監督:マッテオ・ガローネ
 出演:サルマ・ハエック、ヴァンサン・カッセル、ジョン・C・ライリー、アルバ・ロルヴァケル
 物語:“The Queen(そもそものはじめの物語)”:王は、笑わない王女を笑わせようとするがうまくいかない。ところが、ある日、街で少年と老婆が口ゲンカをしているのを見て、王女は大笑いする。笑われた老婆は、怒って王女に呪いをかける。その呪いとは、眠り王子の呪いを解いて彼を婿に迎えない限り、王女は一生結婚できないというものだった。眠り王子の呪いを解くためには、彼の墓の前に置かれてある壺を涙でいっぱいにしなければならない。王女は、苦労して王子の墓を見つけ、あともう少しでいっぱいになるというところまで涙を溜めるが疲れて眠ってしまう。そこへたまたまやってきた女奴隷が、壺を涙でいっぱいにしてしまう。呪いが解かれて目覚めた王子は、これをすべて女奴隷がやったと思い込み、彼女と結婚する。王女は、ことの顛末を知って怒り、女奴隷に魔法をかけて、彼女がずっと王子に面白い話をせがみ続けるように仕向ける。
 “The Flee(ノミ)”:王は、ノミが羊くらいの大きさになるまで育てた後、皮を剥いで、これが何の皮かわかった者に、王女を嫁にやろうと宣言する。オルグがこれを当ててため、王女はオルグの妻にされてしまう。しかし、王女は、老婆と7人の息子によって助けだされる。
 “The Two Old Sisters(生皮をはがれた老婆)”:老婆が王をだまして、彼と寝て、妖精の魔法で美女に姿を変えてもらう。老婆の妹は、自分も姉のように変身したいと願うが、彼女は床屋の手によって生皮を剥がれてしまう。
 17世紀にナポリの軍人で詩人のジャンバティスタ・バジーレによって書かれた民話集『ペンタメローネ』(のちにシャルル・ペローやグリム兄弟がまとめることになる民話の原型と言われる)の中から3つの物語をピックアップして映画化した作品。
 カンヌ国際映画祭2015 コンペティション部門出品。
 イタリア・ゴールデングローブ賞2015 脚本賞受賞。作品賞ノミネート。
 ナストロ・ダルジェント賞2015 美術賞、衣裳賞、録音賞受賞。監督賞、脚本賞ノミネート。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2015 ホライズンズ部門出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2015出品。
 釜山国際映画祭2015 ワールド・シネマ部門出品。
 レイキャビク国際映画祭2015出品。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2015出品。
 バーリ国際映画祭2016 マリオ・モニチェリ賞(監督賞)、ピエトロ・トージ賞(衣裳賞)受賞。


 ・“Perfetti Sconosciuti(Perfect Strangers)”(伊) 監督:Paolo Genovese
 出演:ジュゼッペ・バティストン、マルコ・ジャリーニ、アンナ・フォリエッタ、エドアルド・レオ(Edoardo Leo)、カシア・スムトゥニアク(Kasia Smutniak)、ヴァレリオ・マスタンドレア、アルバ・ロルヴァケル
 物語:長いつきあいの友人7人がディナーを囲む。彼らは、お互いに何の隠し事もないことを示すために、携帯電話をテーブルに置き、それぞれの中身をみんなで分かち合おうと言い出す。最初は、ほんの気晴らしのはずだったが、やがて気まずい雰囲気になり、実はみんな、友人やパートナーのことをほとんど知らないということを思い知らされる……。
 バーリ国際映画祭2016 トニーノ・グエッラ賞(主題賞)受賞。
 トライベッカ映画祭2016 インターナショナル・ナラティヴ・コンペティション部門出品。

画像

 ・“Fuocoammare”(伊・仏) 監督:ジャンフランコ・ロージ
 ドキュメンタリー。Lampedusaは、イタリアの南方にある、地中海の島である。数年来、この島は、アフリカや中東からヨーロッパを目指す難民が流れ着く最初の場所として知られるようになり、難民の希望や困難さ、数十万の移民の運命の象徴のような場所となった。平和や自由、幸せを求める難民たちは、途中で死んでしまうことも多く、遺体となって漂着することも少なくなかった。島民たちは、この現代の人道的悲劇とも言える出来事の目撃者ともなっている。本作では、この島で暮らす12歳の少年Samuele Pucilloの目を通して、難民と島の人々の物語が語られる。
 ベルリン国際映画祭2016 コンペティション部門出品。金熊賞、エキュメニカル審査員賞、アムネスティ・インターナショナル賞、The Berliner Morgenpost Readers' Jury Award受賞。

画像

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_22.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201406/article_12.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_17.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_15.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201204/article_13.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_10.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_22.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_8.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_10.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200904/article_4.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_2.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月~5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html

 追記:
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_19.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック