MCNの、オスカー2016 最終予想!

 MCN(Movie City News)による、オスカー2016の最終予想が発表されました。(2月24日)

 *MCN:http://moviecitynews.com/2016/02/gurus-o-gold-our-best-guess-our-final-guess/

画像

 ◆作品賞
 1位(前回1位):『レヴェナント:蘇えりし者』 アーノン・ミルチャン、スティーヴ・ゴリン、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、メアリー・ペアレント、キース・レドモン 9票
 2位(前回3位):『スポットライト 世紀のスクープ』 マイケル・シュガー、スティーヴ・ゴリン、Nicole Rocklin、Blye Pagon Faust 2票
 2位(前回2位):『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー 2票

 いろんな指標による予想がなされる中、最後は、ゴールデン・グローブ賞からの流れで、『レヴェナント:蘇えりし者』が首位に立ちました。

 ◆監督賞
 1位(前回1位):『レヴェナント:蘇えりし者』 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 11票
 2位(前回2位):『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 ジョージ・ミラー 2票

 ◆主演男優賞
 1位(前回1位):レオナルド・ディカプリオ 『レヴェナント:蘇えりし者』 13票

 ◆主演女優賞
 1位(前回1位):ブリー・ラーソン 『ルーム』 13票

 ◆助演男優賞
 1位(前回1位):シルヴェスター・スタローン 『クリード チャンプを継ぐ男』 12票

 ◆助演女優賞
 1位(前回1位):アリシア・ヴィキャンデル 『リリーのすべて』 13票

 ◆オリジナル脚本賞
 1位(前回1位):『スポットライト 世紀のスクープ』 作:ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー 13票

 ◆脚色賞
 1位(前回1位):『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 脚本:チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ 13票

 ◆撮影賞
 1位(前回1位):『レヴェナント:蘇えりし者』 エマニュエル・ルベツキ 13票

 ◆編集賞
 1位(前回1位):『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 マーガレット・シクセル 11票
 2位(前回2位):『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 ハンク・コーウィン 2票

 ◆美術賞(Achievement in production design)
 1位(前回1位):『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 プロダクション・デザイン:コリン・ギブソン 装飾:Lisa Thompson 13票

 ◆衣裳デザイン賞
 1位(前回1位):『キャロル』 サンディー・パウエル 5票
 2位(前回2位):『シンデレラ』 サンディー・パウエル 4票
 2位(前回4位):『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 ジェニー・ビーヴァン 4票

 BAFTA英国アカデミー賞の結果も、衣裳デザイナー組合賞(CDG)の結果も反映されず、『キャロル』&サンディー・パウエルが首位のままです。

 ◆メイキャップ&ヘアスタイリング賞
 1位(前回1位):『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 Lesley Vanderwalt、Elka Wardega、Damian Martin 13票

 ◆視覚効果賞
 1位(前回2位):『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ロジャー・ガイエット、Patrick Tubach、ニール・スキャンラン(Neal Scanlan)、クリス・コーボールド 7票
 2位(前回1位):『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 Andrew Jackson、トム・ウッド、Dan Oliver 、Andy Williams 3票
 2位(前回3位):『レヴェナント:蘇えりし者』 Rich McBride、Matthew Shumway、Jason Smith、キャメロン・ウォルドバウアー 3票

 視覚効果協会賞(VES)の結果もあってか、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が首位に立ちました。

 ◆録音賞(Achievement in sound mixing)
 1位(前回2位):『レヴェナント:蘇えりし者』 Jon Taylor、Frank A. Montaño、ランディー・トム、Chris Duesterdiek 7票
 2位(前回2位):『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 Chris Jenkins、グレッグ・ルドロフ、Ben Osmo 5票

 ◆音響編集賞(Achievement in sound editing)
 1位(前回1位):『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 マーク・マンジーニ、David White 7票
 2位(前回2位):『レヴェナント:蘇えりし者』 マルティン・エルナンデス(Martin Hernandez)、ロン・ベンダー 6票

 ◆オリジナル作曲賞
 1位(前回1位):『ヘイトフル・エイト』 エンニオ・モリコーネ 13票

 ◆オリジナル歌曲賞
 1位(前回1位):『ハンティング・グラウンド』“The Hunting Ground”-‘Til It Happens To You’ 音楽・詞:ダイアン・ウォーレン、レディー・ガガ 13票

 ◆短編映画賞(Best live action short film)
 1位(前回1位):“Shok”(英・コソボ) 監督:Jamie Donoughue 6票
 2位(前回2位):“Ave Maria”(パレスチナ・仏・独) 監督:Basil Khalil プロデューサー:Eric Dupont 2票
 2位(前回3位):“Everything Will Be Okay(Alles wird gut)”(独・オーストリア) 監督:Patrick Vollrath 2票
 2位(前回4位):“Day One”(米) 監督:Henry Hughes 2票

 ◆長編ドキュメンタリー賞
 1位(前回1位):“Amy”(英) 監督:アシフ・カパディア プロデューサー:ジェームズ・ゲイ=リース 12票

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Best documentary short subject)
 1位(前回2位):“Body Team 12”(リベリア) 監督:David Darg プロデューサー:Bryn Mooser 4票
 1位(前回1位):“Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah”(カナダ・米・英) 監督:Adam Benzine 4票
 3位(前回3位):“A Girl in the River: The Price of Forgiveness”(パキスタン) 監督:シャーミーン・オベイド=チノイ(Sharmeen Obaid-Chinoy) 3票
 4位(前回3位)*“Chau, beyond the Lines(War Within the Walls)”(米・ベトナム) 監督:Courtney Marsh プロデューサー:Jerry Franck 2票

 ◆長編アニメーション賞
 1位(前回1位):『インサイド・ヘッド』(米) 監督:ピート・ドクター、プロデューサー:ジョナス・リヴェラ 13票

 ◆短編アニメーション賞
 1位(前回3位):『ある熊の物語』“Bear Story”(チリ) 監督:ガブリエル・オソリオ・ヴァルガス プロデューサー:Pato Escala 5票
 2位(前回1位):『ボクのスーパーチーム』“Sanjay’s Super Team”(米) 監督:Sanjay Patel プロデューサー:ニコル・パラディス・グリンドル 4票
 2位(前回2位):『明日の世界』“World of Tomorrow”(米) 監督:ドン・ハーツフェルト 4票

 ◆外国語映画賞
 1位(前回1位):『サウルの息子』(ハンガリー) 監督:ネメシュ・ラースロー 12票

--------------------------------

 最終予想は、ポイント制ではなく、1人1票の得票制になっています。

 候補者1人に絞り込まれた部門も多いですが、絞り切れていない部門もけっこうあります。
 3つある短編部門は、一応、最上位作品は出ているものの、いま現在でも、特にこれでなくてはならないという決め手はないようです。

 2014年度は、最終予想で、結果的に6部門で予想を外していますが、その6部門で受賞したのは、すべてここで予想第2位になっていた候補でした。まあ、ここでの予想はそう大きく外れるということはない、ということになります。

 本年度は、作品賞すらまだ当確ではないという事態になっていて、それはもちろん最も大きな注目のポイントではあるんですが、それよりももっとというか、技術部門で最多受賞が予想される『マッドマックス 怒りのデス・ロード』から何部門奪えるかが、もう1つの大きな注目ポイントになっています。

 この2週間ほどで、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が受賞すると予想されていた視覚効果賞と録音賞が、すでに他の作品に最有力作品の座を奪われています。

 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、どれだけアメリカの映画界に嫌われているんだっていう感じですが、上記予想では4部門の受賞となりますが、果たしてここから何部門まで受賞部門を増やすことができるか(それとももっと減らされるのか)、見ものですね。

 とまあ、ここまで書いてはみたものの、本年度の米国アカデミー賞は、どうもそれだけでは終わりそうにありません。BAFTA英国アカデミー賞でも、会場の内外を騒がせていましたが、まだ「人種差別問題」が尾を引いていて、米国アカデミー賞授賞式でも何か好ましからざることが起こりそうで、ちょっと嫌な予感がしますね。せいぜいスピーチで皮肉るくらいのことで済めばいいのですが。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・全部門解説!米国アカデミー賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_38.html

 ・米国アカデミー賞2016 ノミネーションに関するデータ、トリビア、予想など:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_39.html

 ・『レヴェナント:蘇えりし者』が米国アカデミー賞作品賞を獲れる可能性、獲れない可能性! :http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_35.html

 ・MCNのオスカー2016予想 投票開始直前:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_20.html

 ・MCNのオスカー2016予想 ノミネーション発表直後:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_42.html

 ・MCNのオスカー2016予想 2015年12月現在:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_73.html

 ・MCNのオスカー2016予想 第1弾:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_6.html

 ・早くも2016年米国アカデミー賞を予想してみました!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201503/article_2.html

 ・2016年米国アカデミー賞部門別予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201503/article_3.html

 ・全米映画賞レース2015の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_70.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月~5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック