ブラック・リール・アワード2016 受賞結果!

 第16回ブラック・リール・アワードの受賞結果が発表されました。(2月18日)

 ブラック・リール・アワードは、黒人の、映画やテレビにおける業績を認め、讃えるための賞で、非営利団体FAAAF(The Foundation for the Augmentation of African-Americans in Film)によって運営されています。
 アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞やブラック映画批評家協会賞といった映画批評家協会の映画賞や、公民権運動の流れを組むNAACPイメージ・アワードとも違い、未来の黒人の映画人、テレビ人を育てることを目的とした教育的な意味合いも持っています。
 2000年度スタートで、2016年で第16回を迎えます。

画像

--------------------------------

 【映画部門】(Motion Picture)

 ◆作品賞(Outstanding Motion Picture)
 ・『ビースト・オブ・ノー・ネーション』 エイミー・カウフマン、キャリー・ジョージ・フクナガ、ダニエラ・タップリン・ランドバーグ(Daniela Taplin Lundberg)、リーヴァ・マーカー(Riva Marker)、ダニエル・クラウン(Daniel Crown)、イドリス・エルバ
 ・“Chi-Raq” スパイク・リー
 ・“Concussion” リドリー・スコット、Larry Shuman、エリザベス・カンティロン(Elizabeth Cantillon)、Giannina Scott、David Wolthoff
 ◎『クリード チャンプを継ぐ男』 シルヴェスター・スタローン、アーウィン・ウィンクラー、デイヴィッド・ウィンクラー、ロバート・チャートフ(Robert Chartoff)、ウィリアム・チャートフ(William Chartoff)、ケヴィン・キング=テンプルトン(Kevin King-Templeton)
 ・『ストレイト・アウタ・コンプトン』 F・ゲイリー・グレイ、アイス・キューブ、マット・アレバレス(Matt Alvarez)、スコット・バーンスタイン(Scott Bernstein)

 ◆監督賞(Outstanding Director, Motion Picture)
 ◎ライアン・クーグラー 『クリード チャンプを継ぐ男』
 ・リック・ファムイーワ “Dope”
 ・アントワン・フークワ “Southpaw”
 ・F・ゲイリー・グレイ 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 ・スパイク・リー “Chi-Raq”

 ◆主演男優賞(Outstanding Actor, Motion Picture)
 ・エイブラハム・アッター 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ・キウェテル・イジョフォー “Z for Zachariah”(監督:クレイグ・ゾベル)
 ・サミュエル・L・ジャクソン 『ヘイトフル・エイト』
 ◎マイケル・B・ジョーダン 『クリード チャンプを継ぐ男』
 ・ウィル・スミス “Concussion”

 ◆主演女優賞(Outstanding Actress, Motion Picture)
 ・ヴィオラ・デイヴィス “Lila & Eve”(監督:チャールズ・ストーン三世)
 ◎テヨナ・パリス “Chi-Raq”
 ・キタナ・キキ・ロドリゲス 『タンジェリン』
 ・ゾーイ・サルダナ “Infinitely Polar Bear”(監督:マイア・フォーブス)
 ・Karidja Toure “Girlhood”(仏)(監督:セリーヌ・シアマ)

 ◆助演男優賞(Outstanding Supporting Actor, Motion Picture)
 ・キウェテル・イジョフォー 『オデッセイ』
 ◎イドリス・エルバ 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ・コーリー・ホーキンズ 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 ・ジェイソン・ミッチェル 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 ・フォレスト・ウィテカー “Southpaw”

 ◆助演女優賞(Outstanding Supporting Actress, Motion Picture)
 ・アンジェラ・バセット “Chi-Raq”
 ・ゾイ・クラヴィッツ “Dope”
 ・ググ・ンバータ=ロー “Concussion”
 ・マイヤ・テイラー 『タンジェリン』
 ◎テッサ・トンプソン 『クリード チャンプを継ぐ男』

 ◆脚本賞(Outstanding Screenplay (Adapted or Original), Motion Picture)
 ・“Chi-Raq” スパイク・リー、ケヴィン・ウィルモット
 ◎『クリード チャンプを継ぐ男』 ライアン・クーグラー、アーロン・コヴィントン
 ・“Dope” リック・ファムイーワ

 ◆ボイス・パフォーマンス賞(Outstanding Voice Performance)
 ・Marleik “Mar Mar” Walker  『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』
 ◎リアーナ “Home”
 ・マヤ・ルドルフ “Strange Magic”
 ・クヮヴェンジャネ・ウォレス “Kahlil Gibran’s The Prophet”
 ・ジェフリー・ライト 『アーロと少年』

 ◆オリジナル作曲賞(Outstanding Original Score)
 ・『ビースト・オブ・ノー・ネーション』 ダン・レーマー(Dan Romer)
 ・“Chi-Raq” テレンス・ブランチャード(Terence Blanchard)
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』 ルドウィグ・ゴランソン(Ludwig Goransson)
 ・“Dope” Germaine Franco (Open Roads)
 ◎『ストレイト・アウタ・コンプトン』 ジョゼフ・トラパニーズ(Joseph Trapanese)

 ◆オリジナル歌曲賞(Outstanding Original Song)
 ・『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』-‘Earned It’ パフォーマンス:ザ・ウィークエンド 作:ザ・ウィークエンド、Stephan Moccio、Jason Quenneville、Ahmad Balshe
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』-‘Grip’ パフォーマンス:テッサ・トンプソン 作:テッサ・トンプソン、ルドウィグ・ゴランソン、サム・デュー(Sam Dew)
 ◎『ワイルド・スピード SKY MISSION』-‘See You Again’ パフォーマンス:ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)、チャーリー・プース(Charlie Puth) 作:ウィズ・カリファ、チャーリー・プース、Andrew Cedar、DJ Frank E
 ・『ストレイト・アウタ・コンプトン』-‘Talking to My Diary’ パフォーマンス:Dr. Dre 作:ドクター・ドレー(Dr. Dre)、Russell “Silk” Brown、Camille “Choc” Clerc、フランソワ・ド・ルーベ(Francois de Roubaix)
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』-‘Waiting for My Moment’ パフォーマンス:チャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)、ヴィンス・ステイプルズ(Vince Staples)、ジェネイ・アイコ(Jhene Aiko) 作:ライアン・クーグラー、ヴィンス・ステイプルズ、ドナルド・グローバー(Donald Glover)、ルドウィグ・ゴランソン

 ◆男性ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Outstanding Breakthrough Performance, Male)
 ◎エイブラハム・アッター 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ・R.J. Cyler “Me and Earl and the Dying Girl”
 ・オシェア・ジャクソン・ジュニア 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 ・ジェイソン・ミッチェル 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 ・シャメイク・ムーア(Shameik Moore) “Dope”

 ◆女性ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Outstanding Breakthrough Performance, Female)
 ◎カーシー・クレモンズ(Kiersey Clemons) “Dope”
 ・シャネル・イマン(Chanel Iman) “Dope”
 ・キタナ・キキ・ロドリゲス 『タンジェリン』
 ・Assa Sylla “Girlhood”
 ・マイヤ・テイラー 『タンジェリン』

 ◆アンサンブル賞(Outstanding Ensemble)
 ※キャスティング・ディレクターが対象
 ・“Chi-Raq” キム・コールマン(Kim Coleman)
 ・“Concussion” リンジー・グレアム(Lindsay Graham)、メアリー・ヴァーニュー(Mary Vernieu)
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』 フランシーヌ・マイスラー(Francine Maisler)
 ・“Dope” キム・コールマン
 ◎『ストレイト・アウタ・コンプトン』 ヴィクトリア・トーマス(Victoria Thomas)、シンディー・トーラン(Cindy Tolan)

 ◆ドキュメンタリー賞(Outstanding Documentary)
 ・“The Amazing Nina Simone”(米) 監督:Jeff L. Lieberman
 ・“A Ballerina’s Tale”(米) 監督:Nelson George
 ・“The Black Panthers: Vanguard of the Revolution”(米) 監督:スタンリー・ネルソン・ジュニア(Stanley Nelson)
 ・“Sweet Micky for President”(ハイチ・カナダ・米) 監督:Ben Patterson
 ◎『ニーナ・シモン 魂の歌』(米) 監督:リズ・ガーバス(Liz Garbus)

 ◆外国映画賞(Outstanding Foreign Film)
 ・“Freetown”(リベリア) 監督:Garrett Batty
 ◎“Girlhood”(仏) 監督:セリーヌ・シアマ
 ・“Honeytrap”(英) 監督:Rebecca Johnson
 ・“Mediterranea”(伊) 監督:Jonas Carpignano
 ・“My Friend Victoria”(仏) 監督:ジャン=ポール・シヴェラック(Jean-Paul Civeyrac)
 ・『サンバ』(仏) 監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ

 【インディペンデント部門】(Independent Categories)

 ◆インディペンデント映画賞(Outstanding Independent Feature)
 ・“Blackbird”(米) 監督:Patrik-Ian Polk
 ・“Knucklehead”(米) 監督:Ben Bowman
 ・“Somewhere in the Middle”(米) 監督:Lanre Olabisi
 ◎『タンジェリン』(米) 監督:ショーン・ベイカー
 ・“The Man in 3B”(米) 監督:Trey Haley

 ◆インディペンデント・ドキュメンタリー賞(Outstanding Independent Documentary)
 ・“Adina Howard 20 : A Story of Sexual Liberation”(米) 監督:Gezus Zaire
 ・“Be Known”(米) 監督:Dwayne Johnson-Cochran
 ・“Cody High: A Life Remodeled Project”(米) 監督:Walter V. Marshall
 ◎“Mary Lou Williams : The Lady Who Swings the Blues”(米) 監督:Carol Bash
 ・“Romeo is Bleeding”(米) 監督:Jason Zeldes

 ◆インディペンデント短編賞(Outstanding Independent Short)
 ◎“Addiction”(米) 監督:Danny Dzhurayev
 ・“David’s Reverie”(米) 監督:Neil Creque Williams
 ・“Sacred Heart”(米・仏) Jennia Fredrique & Sol Aponte

 【テレビ部門】(Television Categories)

 ◆作品賞(Outstanding TV Movie or Limited Series)
 ・“American Crime” ロリ=エッタ・ターブ(Lori-Etta Taub)、Ed Tapla (ABC)
 ◎『BESSIE/ブルースの女王』 ロン・シュミット(Ron Schmidt)(HBO)
 ・“The Book of Negroes” Damon D’Oliveira、クレメント・ヴァーゴ(Clement Virgo)(BET)
 ・『刑事ジョン・ルーサー』 Marcus Wilson (BBC America)
 ・“Show Me a Hero” ゲイル・マットルー(Gail Mutrux)(HBO)

 ◆監督賞(Outstanding Director, TV Movie or Limited Series)
 ・アンジェラ・バセット “Whitney”(Lifetime)
 ◎ディー・リース 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ・レジーナ・キング “Let the Church Say Amen”(BET)
 ・ジョン・リドリー “American Crime”(ABC)
 ・クレメント・ヴァーゴ(Clement Virgo) “The Book of Negroes”(BET)

 ◆主演男優賞(Outstanding Actor, TV Movie or Limited Series)
 ・Steve Harris “Let the Church Say Amen”(BET)
 ・ジェームズ・アール・ジョーンズ “Great Performances: Driving Miss Daisy”(PBS)
 ・アミン・ジョセフ(Amin Joseph) “Stock Option”(TV One)
 ◎デイヴィッド・オイェロウォ 『ある殺人者の告白』(HBO)
 ・マイケル・ケネス・ウィリアムズ “The Spoils of Babylon”(IFC Channel)

 ◆主演女優賞(Outstanding Actress, TV Movie or Limited Series)
 ・ヤヤ・ダコスタ(YaYa DaCosta) “Whitney”(Lifetime)
 ・アーンジャニュー・エリス “The Book of Negroes”(BET)
 ・レジーナ・ホール 『婚活 365日!』(Lifetime)
 ◎クイーン・ラティファ 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ・Shanice Williams “The Wiz Live!”(NBC)

 ◆助演男優賞(Outstanding Supporting Actor, TV Movie or Limited Series)
 ・チャールズ・S・ダットン 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ・キューバ・グッディング・ジュニア “The Book of Negroes”(BET)
 ・デイヴィッド・アラン・グリア “The Wiz Live!”(NBC)
 ・マイケル・ケネス・ウィリアムズ 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ◎ボキーム・ウッドバイン(Bokeem Woodbine) 『FARGO/ファーゴ』(FX)

 ◆助演女優賞(Outstanding Supporting Actress, TV Movie or Limited Series)
 ・アンジェラ・バセット “American Horror Story: Hotel”(FX)
 ・メアリー・J・ブライジ(Mary J. Blige) “The Wiz Live!”(NBC)
 ◎レジーナ・キング “American Crime”(ABC)
 ・モニーク 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ・アンバー・ライリー(Amber Riley) “The Wiz Live!”(NBC)

 ◆脚本賞(Outstanding Screenplay (Original or Adapted), TV Movie or Limited Series)
 ・Stacey A. Littlejohn “American Crime”-エピソード7(ABC)
 ◎ジョン・リドリー “American Crime”-エピソード1(ABC)
 ・ディー・リース、ベティナ・ジロイス(Bettina Gilois)、クリストファー・クリーヴランド(Christopher Cleveland) 『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ・クレメント・ヴァーゴ “The Book of Negroes”(BET)
 ・Lisa Belkin、デイヴィッド・サイモン(David Simon)、ウィリアム・F・ゾルツィ(William F. Zorzi) “Show Me a Hero”(HBO)

 ◆ドキュメンタリー賞(Outstanding TV Documentary or Special)
 ・“3 ½ Minutes”(米) 監督:Marc Silver (HBO)
 ・“Holler if You Hear Me: Gay in the Black Church”(米) Clay Cane (BET)
 ・“Kareem: Minority of One”(米) Clare Lewins (HBO)
 ・“Stevie Wonder Songs in the Key of Life: An All-Star Grammy Tribute”(米) 監督:Leon Knoles (CBS)
 ◎“The Wiz Live!”(米) 監督:ケニー・レオン(Kenny Leon)(NBC)

--------------------------------

 映画部門の、主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・『クリード チャンプを継ぐ男』(5/9):作品・監督・主演男優・助演女優・脚本・作曲・歌曲・歌曲・アンサンブル
 ・『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2/9):作品・監督・助演男優・助演男優・作曲・歌曲・男性ブレイク・男性ブレイク・アンサンブル
 ・“Dope”(1/8):監督・助演女優・脚本・作曲・男性ブレイク・女性ブレイク・女性ブレイク・アンサンブル
 ・“Chi-Raq”(1/7):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・作曲・アンサンブル
 ・『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2/5):作品・主演男優・助演男優・作曲・男性ブレイク
 ・『タンジェリン』(1/5):主演女優・助演女優・女性ブレイク・女性ブレイク・インディペンデント
 ・“Concussion”(0/4):作品・主演男優・助演女優・アンサンブル
 ・“Girlhood”(0/3):主演女優・女性ブレイク・外国
 ・“Southpaw”(0/2):監督・助演男優

 テレビ部門の、主な作品のノミネート状況は以下の通りです。

 ・『BESSIE/ブルースの女王』(3/7):作品・監督・主演女優・助演男優・助演男優・助演女優・脚本
 ・“American Crime”(2/5):作品・監督・助演女優・脚本・脚本
 ・“The Book of Negroes”(0/5):作品・監督・主演女優・助演男優・脚本
 ・“The Wiz Live!”(1/5):主演女優・助演男優・助演女優・助演女優・ドキュメンタリー
 ・“Show Me a Hero”(0/2):作品・脚本
 ・“Whitney”(0/2):監督・主演女優
 ・“Let the Church Say Amen”(0/2):監督・主演男優

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ブラック・リール・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_86.html

 ・NAACPイメージ・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_85.html
 ・第47回NAACPイメージ・アワード 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_7.html

 ・ブラック映画批評家協会賞2015:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_69.html

 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2015:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_20.html

 ・全米映画賞レース2015の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_70.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年1月~5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_49.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック