黒人による黒人のための… NAACPイメージ・アワード2016 ノミネーション!

 第47回NAACPイメージ・アワードのノミネーションです。(12月8日発表)

 【NAACPイメージ・アワード】
 NAACPというのは、National Association for the Advancement of Colored Peopleの略で、日本語では全米黒人地位向上協会とか全国有色人種向上協会と訳され、1909年発足というアメリカで最も古い公民権運動の団体の1つです。
 NAACPの大会には必ずその時々の大統領がスピーチすることが慣わしになっているというくらいメジャーな団体で、一般にも広く認知されていて、2004年にジョージ・W・ブッシュがスピーチを断ったことがニュースになったりもしています。

 NAACPイメージ・アワードは、映画、テレビ、レコード、文学のジャンルで、「創造的活動を通して、社会的正義の促進に貢献した」作品や人物、グループに贈られる賞で、今回で第47回を迎えます。

画像

--------------------------------

 【エンタテイナー・オブ・ザ・イヤー】(Entertainer of The Year)

 ・マイケル・B・ジョーダン
 ・ミスティー・コープランド
 ・ファレル・ウィリアムス
 ・ションダ・ライムズ
 ・ヴィオラ・デイヴィス

 【映画部門】(Motion Picture)

 ◆作品賞
 ・『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ・“Concussion”(監督:ピーター・ランデズマン)
 ・『クリード チャンプを継ぐ男』
 ・“Dope”(監督:リック・ファムイーワ)
 ・『ストレイト・アウタ・コンプトン』

 ◆監督賞
 ・Alfonso Gomez-Rejon “Me and Earl and the Dying Girl”
 ・チャールズ・ストーン3世 “Lila and Eve”
 ・F・ゲイリー・グレイ 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 ・リック・ファムイーワ “Dope”
 ・ライアン・クーグラー 『クリード チャンプを継ぐ男』

 ◆主演男優賞
 ・エイブラハム・アッター 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ・キウェテル・イジョフォー “Secret in Their Eyes”(監督:ビリー・レイ)
 ・マイケル・B・ジョーダン 『クリード チャンプを継ぐ男』
 ・マイケル・イーリー “The Perfect Guy”(監督:デイヴィッド・M・ローゼンタール)
 ・ウィル・スミス “Concussion”

 ◆主演女優賞
 ・Lauren ‘Keke’ Palmer “Brotherly Love”(監督:Jamal Hill)
 ・サナ・レイナン(Sanaa Lathan) “The Perfect Guy”
 ・テヨナ・パリス “Chi-Raq”(監督:スパイク・リー)
 ・ヴィオラ・デイヴィス “Lila and Eve”
 ・ゾーイ・サルダナ “Infinitely Polar Bear”(監督:マイア・フォーブス)

 ◆助演男優賞
 ・キウェテル・イジョフォー 『オデッセイ』
 ・コーリー・ホーキンズ(Corey Hawkins) 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 ・フォレスト・ウィテカー “Southpaw”(監督:アントワン・フークワ)
 ・イドリス・エルバ 『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ・O’Shea Jackson,Jr. 『ストレイト・アウタ・コンプトン』

 ◆助演女優賞
 ・アンジェラ・バセット “Chi-Raq”
 ・ググ・ンバータ=ロー “Concussion”
 ・ジェニファー・ハドソン “Chi-Raq”
 ・フィリシア・ラシャド 『クリード チャンプを継ぐ男』
 ・テッサ・トンプソン 『クリード チャンプを継ぐ男』

 ◆脚本賞
 ・アンドレア・バーロフ、ジョナサン・ハーマン 『ストレイト・アウタ・コンプトン』
 ・クリストファー・クリーヴランド、ベティナ・ジロイス、Grant Thompson “McFarland USA”(監督:ニキ・カーロ)
 ・ピート・ドクター、メグ・レフォーヴ、ジョシュ・クーリー 『インサイド・ヘッド』
 ・リック・ファムイーワ “Dope”
 ・ライアン・クーグラー、アーロン・コヴィントン 『クリード チャンプを継ぐ男』

 ◆インディペンデント映画賞(Outstanding Independent Motion Picture)
 ・『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
 ・“Brotherly Love”
 ・“Chi-Raq”
 ・“Infinitely Polar Bear”
 ・“Secret in Their Eyes”

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Amy”(英) 監督:アシフ・カパディア
 ・『ドリームキャッチャー』Dreamcatcher”(英・米) 監督:キム・ロンジノット
 ・“In My Father’s House”(米) 監督:リッキー・スターン(Ricki Stern)、アン・サンドバーグ(Annie Sundberg)
 ・“The Black Panthers: Vanguard of the Revolution”(米) 監督:スタンリー・ネルソン・ジュニア(Stanley Nelson)
 ・『ニーナ・シモン 魂の歌』(米) 監督:リズ・ガーバス(Liz Garbus)

 ◆キャラクター・ボイス・パフォーマンス賞(Outstanding Character Voice-Over Performance – (Television or Film))
 ・アイシャ・タイラー 『アーチャー』Archer” (FX Networks)
 ・オードラ・マクドナルド “Doc McStuffins”(Disney Junior)
 ・ジェフリー・ライト 『アーロと少年』
 ・ロレッタ・デヴァイン “Doc McStuffins” (Disney Channel)
 ・ワンダ・サイクス “Penn Zero” (Disney XD)

 【テレビ部門】(Television)

 [テレビ映画/ミニシリーズ/ドラマ・スペシャル部門]

 ◆作品賞
 ・“American Crime” (ABC)
 ・『BESSIE/ブルースの女王』(HBO)
 ・『刑事ジョン・ルーサー』(BBC America)
 ・“The Book of Negroes” (BET)
 ・“The Wiz Live!” (NBC)

 ◆監督賞
 ・Christine Swanson “For the Love of Ruth”(TV One)
 ・ディー・リース 『BESSIE/ブルースの女王』
 ・ンジンガ・スチュワート(Nzingha Stewart) 『婚活 365日!』“With this Ring”(Lifetime)
 ・ラスティー・カンデッフ(Rusty Cundieff) “White Water”(TV One)
 ・サリム・アキル(Salim Akil) “The Start Up”(BET)

 ◆主演男優賞
 ・キューバ・グッディング・ジュニア “The Book of Negroes”
 ・David Alan Grier “The Wiz Live!”
 ・デイヴィッド・オイェロウォ 『ある殺人者の告白』“Nightingale” (HBO)
 ・イドリス・エルバ 『刑事ジョン・ルーサー』
 ・マイケル・ケネス・ウィリアムズ 『BESSIE/ブルースの女王』

 ◆主演女優賞
 ・アンジェラ・バセット “American Horror Story: Hotel”(FX Networks)
 ・アーンジャニュー・エリス “The Book of Negroes”
 ・ジエウ・スコット 『婚活 365日!』
 ・LaTonya Richardson Jackson “Show Me a Hero” (HBO)
 ・クイーン・ラティファ 『BESSIE/ブルースの女王』

 ◆脚本賞
 ・ディー・リース 『BESSIE/ブルースの女王』
 ・Lawrence Hill、Clement Virgo “The Book of Negroes”
 ・Michael S. Bandy、Eric Stein “White Water”
 ・ンジンガ・スチュワート 『婚活 365日!』
 ・シェム・ビターマン “Whitney” (Lifetime)

 [ドラマ・シリーズ部門]

 ◆作品賞
 ・“Being Mary Jane” (BET)
 ・『Empire 成功の代償』(FOX)
 ・『殺人を無罪にする方法』(ABC)
 ・“Power” (Starz)
 ・『スキャンダル 託された秘密』(ABC)

 ◆監督賞
 ・アーネスト・ディッカーソン 『ハンド・オブ・ゴッド』“Hand of God”-‘Welcome the Stranger’(Amazon Video)
 ・ジョン・リドリー “American Crime”-エピソード1
 ・リー・ダニエルズ 『Empire 成功の代償』-パイロット版
 ・ミリセント・シェルトン(Millicent Shelton) “American Crime”-エピソード10(ABC)
 ・サリム・アキル “Being Mary Jane”-‘Sparrow’

 ◆主演男優賞
 ・LL ・クール・J 『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』(CBS)
 ・モリス・チェスナット(Morris Chestnut) “Rosewood”(FOX)
 ・オマリ・ハードウィック(Omari Hardwick) “Power”
 ・テレンス・ハワード 『Empire 成功の代償』
 ・ウェズリー・スナイプス “The Player” (NBC)

 ◆主演女優賞
 ・ガブリエル・ユニオン(Gabrielle Union) “Being Mary Jane” (BET)
 ・ケリー・ワシントン 『スキャンダル 託された秘密』 (ABC)
 ・ニコール・ベハーリー(Nicole Beharie) 『スリーピー・ホロウ』(FOX)
 ・タラジ・P・ヘンソン 『Empire 成功の代償』
 ・ヴィオラ・デイヴィス 『殺人を無罪にする方法』

 ◆助演男優賞
 ・アルフレッド・イーノック(Alfred Enoch) 『殺人を無罪にする方法』
 ・ブリシェア・グレイ 『Empire 成功の代償』
 ・Guillermo Diaz 『スキャンダル 託された秘密』
 ・ジョー・モートン 『スキャンダル 託された秘密』
 ・Jussie Smollett 『Empire 成功の代償』

 ◆助演女優賞
 ・シシリー・タイソン 『殺人を無罪にする方法』
 ・ダナイ・グリラ(Danai Gurira) 『ウォーキング・デッド』(AMC)
 ・グレイス・ギーリー 『Empire 成功の代償』
 ・ナトゥーリ・ノートン(Naturi Naughton) “Power”
 ・レジーナ・キング “American Crime” (ABC)

 ◆脚本賞
 ・エリカ・グリーン・スワフォード(Erika Green Swafford)、ダグ・ストックスティル(Doug Stockstill) 『殺人を無罪にする方法』–‘Mama’s Here Now’
 ・ジョン・リドリー “American Crime”-エピソード1 (ABC)
 ・ラトーヤ・モーガン(LaToya Morgan) “TURN: Washingtons Spies”-‘False Flag’(AMC)
 ・リー・ダニエルズ、ダニー・ストロング 『Empire 成功の代償』-パイロット版
 ・マーラ・ブロック・アキル(Mara Brock Akil)、Jameal Turner、Keli Goff “Being Mary Jane”-‘Sparrow’

 [コメディー・シリーズ部門]

 ◆作品賞
 ・“black-ish” (ABC)
 ・“House of Lies” (Showtime)
 ・“Key & Peele” (Comedy Central)
 ・『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』(Netflix)
 ・“Survivor’s Remorse” (Starz)

 ◆監督賞
 ・アジズ・アンサリ(Aziz Ansari) 『マスター・オブ・ゼロ』“Master of None”-‘Parents’(Netflix)
 ・ブラッド・シルバーリング 『ジェーン・ザ・ヴァージン』-Chapter Twenty-Three (The CW)
 ・ドン・チードル “House of Lies”-‘The Urge to Save Humanity is Almost Always a False Front for the Urge to Rule’
 ・ピーター・アテンチオ(Peter Atencio) “Key & Peele”-‘The End’
 ・スタン・レイサン(Stan Lathan) “Real Husbands of Hollywood”-‘Cabin Pressure’(BET)

 ◆主演男優賞
 ・アンドレ・ブラウアー(Andre Braugher) “Brooklyn Nine-Nine”(FOX)
 ・アンソニー・アンダーソン(Anthony Anderson) “black-ish”
 ・ドン・チードル “House of Lies”
 ・ドウェイン・ジョンソン(Dwayne Johnson) “Ballers” (HBO)
 ・ロンリーコ・リー(RonReaco Lee) “Survivor’s Remorse”

 ◆主演女優賞
 ・ジーナ・ロドリゲス 『ジェーン・ザ・ヴァージン』
 ・ロレッタ・デヴァイン(Loretta Devine) “The Carmichael Show” (NBC)
 ・トレイシー・エリス・ロス(Tracee Ellis Ross) “black-ish”
 ・ウゾ・アドゥーバ 『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』
 ・ウェンディ・ラクエル・ロビンソン(Wendy Raquel Robinson) “The Game” (BET)

 ◆助演男優賞
 ・デイヴィッド・アラン・グリア(David Alan Grier) “The Carmichael Show”
 ・ローレンス・フィッシュバーン “black-ish”
 ・マイク・エップス(Mike Epps) “Survivor’s Remorse”
 ・Miles Brown “black-ish”
 ・テリー・クルーズ(Terry Crews) “Brooklyn Nine-Nine”

 ◆助演女優賞
 ・アンナ・ディーヴァー・スミス(Anna Deavere Smith) 『ナース・ジャッキー』(Showtime)
 ・ダニエル・ブルックス(Danielle Brooks) 『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』
 ・ラヴァーン・コックス(Laverne Cox) 『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』
 ・Marsai Martin “black-ish”
 ・Tichina Arnold “Survivor’s Remorse”

 ◆脚本賞
 ・アラン・ヤン(Alan Yang)、アジズ・アンサリ 『マスター・オブ・ゼロ』-‘Parents’(Netflix)
 ・ジェニー・スナイダー・アーマン(Jennie Snyder Urman) 『ジェーン・ザ・ヴァージン』-Chapter Twenty-Three
 ・ジル・ソロウェイ 『トランスペアレント』-‘Kina Hora’(Amazon Video)
 ・ジョーダン・ピール(Jordan Peele)、キーガン=マイケル・キー(Keegan-Michael Key)、Jay Martel、イアン・ロバーツ(Ian Roberts)、Rebecca Drysdale、Colton Dunn、Phil Augusta Jackson、アレックス・ルーベンス(Alex Rubens)、チャーリー・サンダース(Charlie Sanders)、Rich Talarico “Key & Peele”-‘Y’all Ready For This?’
 ・Kenya M. Barris “black-ish”-‘The Word’

 ◆ヤング・パフォーマンス賞 シリーズ/スペシャル/テレビ映画/ミニシリーズ部門(Outstanding Performance by a Youth (Series,Special,Television Movie or Mini-series))
 ・Hudson Yang “Fresh Off The Boat”(ABC)
 ・Marcus Scribner “black-ish”
 ・Marsai Martin “black-ish”
 ・Miles Brown “black-ish”
 ・Skai Jackson 『ジェシー!』“Jessie”(Disney Channel)

 [その他のテレビ部門]

 ◆最優秀ニュース/情報番組(シリーズ/スペシャル)(Outstanding News/ Information(Series or Special))
 ・“Katrina: 10 Years After the Storm” (ABC)
 ・“News One Now” (TV One)
 ・“Oprah Prime: Celebrating Dr. King and the Selma Marches 50 Years Later” (OWN)
 ・“Oprah: Where Are They Now?- Civil Rights Special” (OWN)
 ・“Unsung” (TV One)

 ◆最優秀トーク・シリーズ(Outstanding Talk Series)
 ・“Melissa Harris-Perry” (MSNBC)
 ・“Steve Harvey” (Syndicated)
 ・“The Daily Show with Trevor Noah” (Comedy Central)
 ・“The Talk” (CBS)
 ・“The Wendy Williams Show” (Syndicated)

 ◆最優秀リアリティー番組/リアリティー・コンテスト番組(Outstanding Reality Program/Reality Competition Series)
 ・“Dancing with the Stars” (ABC)
 ・“Iyanla: Fix My Life” (OWN)
 ・“Shark Tank” (ABC)
 ・“The Voice” (NBC)
 ・“Welcome to Sweetie Pies” (OWN)

 ◆最優秀バラエティー番組(シリーズ/スペシャル)(Outstanding Variety (Series or Special))
 ・“Black Girls Rock!” (BET)
 ・“Family Feud” (Syndicated)
 ・“Oprahs Master Class” (OWN)
 ・“The Daily Show with Trevor Noah” (Comedy Central)
 ・“The Nightly Show with Larry Wilmore” (Comedy Central)

 ◆最優秀児童番組(Outstanding Children’s Program)
 ・『ドックはおもちゃドクター』“Doc McStuffins” (Disney Junior)
 ・“Dora and Friends” (Nickelodeon)
 ・『ティーン・スパイ K.C.(』“K.C. Undercover” (Disney Channel)
 ・“Little Ballers” (Nickelodeon)
 ・“Project MC2” (Netflix)

 ◆最優秀司会者賞 ニュース、トーク、リアリティー、バラエティー番組部門(Outstanding Host in a News,Talk,Reality,or Variety (Series or Special)-Individual or Ensemble)
 ・“Family Feud”-スティーヴ・ハーヴェイ(Steve Harvey) (Syndicated)
 ・“Melissa Harris-Perry”-メリッサ・ハリス・ペリー(Melissa Harris-Perry)(MSNBC)
 ・“Real Sports with Bryant Gumbel ”-ブライアント・ガンベル(Bryant Gumbel)(HBO)
 ・“The Daily Show with Trevor Noah”-テレバー・ノア(Trevor Noah)(Comedy Central)
 ・“The Nightly Show with Larry Wilmore”-ラリー・ウィルモア(Larry Wilmore)(Comedy Central)

 ◆ドキュメンタリー賞(Outstanding Documentary-(Television))
 ・“August Wilson: The Ground on Which I Stand” (PBS)
 ・“Belief” (OWN)
 ・“Kareem: Minority of One” (HBO)
 ・“Light Girls” (OWN)
 ・“Muhammad Ali: The Peoples Champ” (BET)

 【音楽部門】(Recording)

 ◆ニュー・アーティスト賞(Outstanding New Artist)
 ・アンドラ・デイ(Andra Day)(Warner Bros. Records)
 ・ジュディス・ヒル(Judith Hill)(NPG Records)
 ・Jussie Smollett (Columbia Records)
 ・ザ・ウィークエンド(The Weeknd)(Republic Records)
 ・ヤズ(Yazz)(Columbia Records)

 ◆男性アーティスト賞(Outstanding Male Artist)
 ・チャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)(RCA Records)
 ・ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)(Top Dawg Entertainment/Aftermath/Interscope)
 ・ファレル・ウィリアムス(Columbia Records/iamOTHER)
 ・ザ・ウィークエンド(Republic Records)
 ・タイリース・ギブソン(Tyrese Gibson)(Voltron Recordz)

 ◆女性アーティスト賞(Outstanding Female Artist)
 ・ジャネット・ジャクソン(Rhythm Nation/BMG)
 ・ジャズミン・サリヴァン(Jazmine Sullivan)(RCA Records)
 ・ジル・スコット(Jill Scott)(Atlantic Records)
 ・レイラ・ハサウェイ(Lalah Hathaway)(Hathaway Entertainment/Entertainment One)
 ・ローリン・ヒル(RCA Records)

 ◆デュオ、グループ、コラボレーション賞(Outstanding Duo,Group or Collaboration)
 ・“Conqueror” – 『Empire 成功の代償』のキャスト feat. エステル(Estelle)& Jussie Smollett (Columbia Records)
 ・“Hamilton: An American Musical” –オリジナル・ブロードウェイ・キャスト(Atlantic Records)
 ・“No Sleeep” – ジャネット・ジャクソンfeat. J・コール(J. Cole)(Rhythm Nation/BMG)
 ・“One Man Can Change The World” – ビッグ・ショーン(Big Sean)feat. カニエ・ウェスト&ジョン・レジェンド(G.O.O.D. Music/Def Jam Recordings)
 ・“Sound & Color” – アラバマ・シェイクス(Alabama Shakes)(ATO Records)

 ◆ジャズ・アルバム賞(Outstanding Jazz Album)
 ・“BrotherLEE Love: Celebrating Lee Morgan” – Terell Stafford Quintet (Capri Records)
 ・“Dee Dee’s Feathers” – ディー・ディー・ブリッジウォーター(Dee Dee Bridgewater)、アーヴィン・メイフィールド(Irvin Mayfield)、ニューオリンズ・ジャズ・オーケストラ(Okeh)
 ・“Miles Davis at Newport 1955-1975: The Bootleg Series Vol. 4” –マイルス・デイヴィス(Columbia/Legacy Recordings)
 ・“The Complete Concert By The Sea” –エロル・ガーナー(Erroll Garner)(Legacy Recordings/Octave Music Publishing Corporation)
 ・The Epic” –カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)(Brainfeeder)

 ◆ゴスペル・アルバム賞(Outstanding Gospel Album – (Traditional or Contemporary))
 ・“A Different Place” – キム・バレル(Kim Burrell)(Shanachie Entertainment)
 ・“It’s Personal” – Tina Campbell (Gee Tree Creative)
 ・“Losing My Religion” – カーク・フランクリン(Kirk Franklin)(RCA Inspiration)
 ・“The Gospel According To Jazz – Chapter IV” – カーク・ウェイラム(Kirk Whalum)(Mack Avenue Records、Rendezvous、Top Drawer Records)
 ・“You Shall Live” – マーヴィン・サップ(Marvin Sapp)(RCA Inspiration)

 ◆ミュージック・ビデオ賞(Outstanding Music Video)
 ・“Can’t Feel My Face” – ザ・ウィークエンド(Republic Records)
 ・“Freedom” – ファレル・ウィリアムス(Columbia Records/iamOTHER)
 ・“No Sleeep” – ジャネット・ジャクソンfeat. J・コール(Rhythm Nation/BMG)
 ・“Shame” –タイリース・ギブソン(Voltron Recordz)
 ・“Sound & Color” – アラバマ・シェイクス(ATO Records)

 ◆歌曲賞 トラディショナル部門(Outstanding Song – Traditional)
 ・“Back Together” – ジル・スコット(Atlantic Records)
 ・“Everytime I’m With You” –シール(Seal)(Reprise Records)
 ・“Feeling Good” –ローリン・ヒル(RCA Records)
 ・“Goodnight Kisses” – チャーリー・ウィルソン(RCA Records)
 ・“Let It Burn” –ジャズミン・サリヴァン(RCA Records)

 ◆アルバム賞(Outstanding Album)
 ・“Beauty Behind the Madness” –ザ・ウィークエンド(Republic Records)
 ・“Empire (Original Soundtrack from Season One)” – 『Empire 成功の代償』のキャスト(Columbia Records)
 ・“Forever Charlie” – チャーリー・ウィルソン(RCA Records)
 ・“Unbreakable” –ジャネット・ジャクソン(Rhythm Nation/BMG)
 ・“Woman” –ジル・スコット(Atlantic Records)

 ◆歌曲賞 コンテンポラリー部門(Outstanding Song – Contemporary)
 ・“Conqueror” – 『Empire 成功の代償』のキャストfeat.エステル& Jussie Smollett (Columbia)
 ・“Freedom” – ファレル・ウィリアムス(Columbia Records/iamOTHER)
 ・“No Sleeep” – ジャネット・ジャクソンfeat. J・コール(Rhythm Nation/BMG)
 ・“Unbreakable” – ジャネット・ジャクソン(Rhythm Nation/BMG)
 ・“You’re So Beautiful” –『Empire 成功の代償』のキャストfeat. Jussie Smollett & ヤズ(Columbia Records)

 【文学部門】(Literature)

 ◆フィクション部門(Outstanding Literary Work – Fiction)
 ・“Driving the King” – Ravi Howard (HarperCollins/Harper)
 ・“Ghost Summer: Stories” – タナナリヴ・デュー(Tananarive Due)(Prime Books)
 ・“Mama’s Boy” – ReShonda Tate Billingsley (Gallery Books、a division of Simon & Schuster)
 ・“Stand Your Ground” – Victoria Christopher Murrary (Touchstone)
 ・“Under the Udala Trees” – Chinelo Okparanta (Houghton Mifflin Harcourt)

 ◆ノン・フィクション部門(Outstanding Literary Work – Non-Fiction)
 ・“50 Billion Dollar Boss: African American Women Sharing Stories of Success in Entrepreneurship and Leadership” – Kathey Porter(著者)、Andrea Hoffman(著者)、(Palgrave Macmillan)
 ・“Ghettoside: A True Story of Murder in America” – Jill Leovy (Spiegel & Grau)
 ・“SHOWDOWN: Thurgood Marshall and the Supreme Court Nomination That Changed America” – ウィル・ヘイグッド(Wil Haygood)(Alfred A. Knopf)
 ・“Spectacle: The Astonishing Life of Ota Benga”–Pamela Newkirk(HarperCollins/Amistad)
 ・“The Light of the World” –エリザベス・アレクサンダー(Elizabeth Alexander)(Grand Central Publishing)

 ◆新人作家部門(Outstanding Literary Work – Debut Author)
 ・“Between The World and Me” – Ta-Nehisi Coates (Spiegel & Grau)
 ・“The Fishermen” – Chigozie Obioma (Little、Brown & Company)
 ・“The Star Side of Bird Hill” – Naomi Jackson (Penguin Press)
 ・“The Turner House” – Angela Flournoy (Houghton Mifflin Harcourt)
 ・“The Wind In The Reeds: A Storm、A Play And The City That Could Not Be Broken” – Wendell Pierce(著者)、Rod Dreher(著者)(Riverhead Books)

 ◆伝記/自伝部門(Outstanding Literary Work – Biography/ Auto-Biography)
 ・“After the Dance: My Life with Marvin Gaye” – ジャン・ゲイ(Jan Gaye)(著者)、David Ritz (With)、(HarperCollins/Amistad)
 ・“Between The World and Me” – Ta-Nehisi Coates (Spiegel & Grau)
 ・“One Righteous Man: Samuel Battle and the Shattering of the Color Line in New York” – Arthur Browne (Beacon Press)
 ・“Power Forward: My Presidential Education” –レジー・ラブ(Reggie Love)(Simon & Schuster)
 ・“Year of Yes: How to Dance It Out、Stand In the Sun and Be Your Own Person” – ションダ・ライムズ(Simon & Schuster)

 ◆教養書部門(Outstanding Literary Work – Instructional)
 ・“Big Words to Little Me: Tips and Advice for the Younger Self” – Sakina Ibrahim(著者)、Jessie Lee (With)、(Createspace (Self published))
 ・“Free Your Mind: An African American Guide to Meditation and Freedom” – Cortez R. Rainey (CreateSpace)
 ・“Grandbaby Cakes: Modern Recipes、Vintage Charm、Soulful Memories” – Jocelyn Delk Adams (Agate Surrey)
 ・“Keep Calm… It’s Just Real Estate: Your No-Stress Guide To Buying A Home” – Egypt Sherrod (Perseus/Running Press)
 ・“Soul Food Love: Healthy Recipes Inspired by One Hundred Years of Cooking in a Black Family” – アリス・ランドール(Alice Randall)(著者)、Caroline Randall Williams(著者)、(Clarkson Potter)

 ◆詩集部門(Outstanding Literary Work – Poetry)
 ・“Catalog of Unabashed Gratitude” – ロス・ゲイ(Ross Gay)(University of Pittsburgh Press)
 ・“How to Be Drawn” – ターランス・ヘイズ(Terrance Hayes)(Penguin Books / Penguin Random House)
 ・“Reconnaissance” – Carl Phillips (Farrar、Straus and Giroux)
 ・“Redbone” – Mahogany L. Browne (Willow Books)
 ・“Wild Hundreds” – Nate Marshall (University of Pittsburgh Press)

 ◆児童書部門(Outstanding Literary Work – Children)
 ・“Chasing Freedom: The Life Journeys of Harriet Tubman and Susan B. Anthony、Inspired by Historical Facts” – Nikki Grimes(著者)、Michele Wood(イラスト)(Orchard Books / Scholastic)
 ・“Gordon Parks How the Photographer Captured Black and White America” –キャロル・ボストン・ウェザフォード(Carole Boston Weatherford)(著者)、Jamey Christoph(イラスト)(Albert Whitman & Company)
 ・“Granddaddy’s Turn: A Journey to the Ballot Box” – Michael S. Bandy(著者)、Eric Stein(著者)、James E. Ransome(イラスト)(Candlewick Press)
 ・“If You Plant a Seed” – Kadir Nelson (Balzer + Bray,an imprint of HarperCollins Publishers)
 ・“New Shoes” – Susan Lynn Meyer(著者)、Eric Velasquez(イラスト)、(Holiday House)

 ◆ヤング/ティーン向け部門(Outstanding Literary Work – Youth/Teens)
 ・“Rhythm Ride: A Road Trip Through the Motown Sound” – Andrea Davis Pinkney (Roaring Brook Press)
 ・“Stella By Starlight” – シャロン・ドレイパー(Sharon Draper)(Simon & Schuster)
 ・“Untwine” –エドウィージ・ダンティカ(Edwidge Danticat)(Scholastic Press)
 ・“X: A Novel” – イルヤサ・シャバズ(Ilyasah Shabazz)(著者)、Kekla Magoon (With)、(Candlewick Press)
 ・“You Are Wonderfully Made: 12 Life-Changing Principles for Teen Girls to Embrace” – Gwen Richardson(著者)、Sylvia Daye Richardson(著者)、(Cushcity Communications)

 ※公式サイトでは、映画カテゴリー、テレビ・カテゴリーのほかに、別個に、脚本(Writing)カテゴリーと監督(Directing)カテゴリー、ドキュメンタリー・カテゴリー、アニメーション/CGIカテゴリーがありますが、ここでは映画部門とテレビ部門に振り分けてあります。

--------------------------------

 受賞結果の発表は、2016年2月5日です。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・NAACPイメージ・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_55.html
 ・NAACPイメージ・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_4.html
 ・NAACPイメージ・アワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_36.html
 ・NAACPイメージ・アワード2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_12.html
 ・NAACPイメージ・アワード2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_6.html

 ・ブラック映画批評家協会賞2015:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_69.html

 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2015:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_20.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年3月~9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201503/article_1.html

 追記:
 ・NAACPイメージ・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_7.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック