米国アカデミー賞2016 長編ドキュメンタリー賞 エントリー作品124作品 リスト!

 第88回米国アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞のエントリー作品124作品が発表になりました。(10月23日)

画像

 ・“Above and Below”(スイス・独) 監督:Nicolas Steiner
 ミュンヘン国際ドキュメンタリー映画祭2015 DOKスペシャル部門出品。音楽賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2015 「ヴァラエティー」誌批評家による、ヨーロッパ映画セレクション2015。
 ヨーロッパ映画賞2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“All Things Must Pass : The Rise and Fall of Tower Records”(米・日) 監督:コリン・ハンクス

 ・“Amy”(英) 監督:アシフ・カパディア(Asif Kapadia)
 ヨーロッパ映画賞2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 ハリウッド映画賞2015 ドキュメンタリー賞受賞。
 アシフ・カパディアは、『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』でBAFTA英国アカデミー賞2014ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“The Armor of Light”(米)監督:Abigail Disney、Kathleen Hughes
 ゴールウェイ映画祭2015 ドキュメンタリー賞受賞。
 トラヴァース・シティ映画祭2015 Founders Prize特別賞受賞。

 ・“Ballet 422”(米) 監督:Jody Lee Lipes
 トライベッカ映画祭2014 ワールド・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。

 ・“Batkid Begins”(米) 監督:Dana Nachman
 ダラス国際映画祭2015 観客賞受賞。
 アシュランド・インディペンデント映画祭2015 観客賞受賞。
 ハートランド映画祭2015 Truly Moving Picture Award受賞。

 ・“Becoming Bulletproof”(米) 監督:Michael Barnett
 クリーヴランド国際映画祭2015 グランプリ、観客賞、学生チョイス賞受賞。
 ハートランド映画祭2015 観客賞受賞。
 ニューハンプシャー映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“Being Evel”(米) 監督:ダニエル・ユンゲ(Daniel Junge)
 サンダンス映画祭2015出品。
 ボールダー国際映画祭2015 グランプリ受賞。
 dead CENTER映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 ダニエル・ユンゲは、『セイビング・フェイス 魂の救済』で米国アカデミー賞2012 短編ドキュメンタリー賞受賞。“The Last Campaign of Governor Booth Gardner”で米国アカデミー賞2010 短編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“Beltracchi – The Art of Forgery”(独) 監督:アルネ・ビルケンストック(Arne Birkenstock)
 ドイツ映画賞2014 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“Best of Enemies”(米) 監督:モーガン・ネヴィル、Robert Gordon
 サンダンス映画祭2015出品。
 dead CENTER映画祭2015 審査員特別賞受賞。
 カムデン国際映画祭2015 観客賞受賞。
 モーガン・ネヴィルは、『バックコーラスの歌姫たち』で米国アカデミー賞2014長編ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“The Black Panthers: Vanguard of the Revolution”(米) 監督:スタンリー・ネルソン・ジュニア(Stanley Nelson)
 サンダンス映画祭2015 Docプレミア部門出品。
 リバーラン国際映画祭2015 観客賞受賞。

 ・『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』“Bolshoi Babylon”(英) 監督:ニック・リード(Nick Read)
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。

 ・“Brand: A Second Coming”(英・米) 監督:オンディ・ティモナー(Ondi Timoner)
 アシュランド・インディペンデント映画祭2015 No Limits Award受賞。

 ・“A Brave Heart: The Lizzie Velasquez Story”(米) 監督:Sara Hirsh Bordo
 SXSW映画祭2015 観客賞受賞。
 ニューポート・ビーチ映画祭2015 観客賞受賞。
 ローワー・イースト・サイド映画祭2015 観客賞受賞。
 トラヴァース・シティ映画祭2015 観客賞受賞。

 ・“Call Me Lucky”(米) 監督:ボブキャット・ゴールドスウェイト(Bobcat Goldthwait)
 サンダンス映画祭2015出品。
 ボールダー国際映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 ガスパリラ国際映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 ボストン・インディペンデント映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞受賞。

 ・“Cartel Land”(米) 監督:Matthew Heineman
 サンダンス映画祭2015出品。監督賞、撮影賞受賞。
 アシュランド・インディペンデント映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞オナラブル・メンション受賞。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2015 Tim Hetherington Award受賞。
 モスクワ国際映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 レイキャビク国際映画祭2015 観客賞受賞。
 ニューハンプシャー映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 ゴッサム・アワード2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“Censored Voices”(イスラエル・独) 監督:Mor Loushy
 サンダンス映画祭2015出品。
 ベルリン国際映画祭2015 パノラマ部門出品。
 Docアビブ映画祭2015 Yafo Award for Best Debut Film、Research Award受賞。
 イスラエル・アカデミー賞2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“Champs”(米) 監督:Bert Marcus

 ・“CodeGirl”(米) 監督:レスリー・チルコット(Lesley Chilcott)
 レスリー・チルコットは、デイヴィス・グッゲンハイム作品のプロデューサーで、これが監督第3作。

 ・“Coming Home”(アイルランド・米) 監督:Viko Nikci

 ・“Dark Horse”(英) 監督:ルイーズ・オズモンド(Louise Osmond)
 サンダンス映画祭2015出品。観客賞受賞。
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。

 ・“Deli Man”(米) 監督:エリック・アンジョウ(Erik Anjou)

 ・『ディオールと私』(仏) 監督:フレデリック・チェン
 トライベッカ映画祭2014 ワールド・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 シアトル国際映画祭2014 審査員特別賞受賞。

 ・“The Diplomat”(米・アフガニスタン・ベルギー・ボスニア ヘルツェゴビナ・クロアチア・独・セルビア・スイス・ベトナム) 監督:David Holbrooke

 ・“(Dis)Honesty – The Truth about Lies”(米) 監督:ヤエル・メラメーデ(Yael Melamede)
 ヤエル・メラメーデは、『マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して』の共同プロデューサー、『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』のポスト・プロダクション・スーパーヴァイザーで、これが初監督作品。

 ・“Don’t Think I’ve Forgotten: Cambodia’s Lost Rock and Roll”(米・カンボジア・仏) 監督:ジョン・ピロッツィ(John Pirozzi)
 ジョン・ピロッツィは、『TOO TOUGH TO DIE』や『ブロークン・イングリッシュ』などで知られる撮影監督で、これが監督第2作。

 ・『ドリームキャッチャー』“Dreamcatcher”(英・米) 監督:キム・ロンジノット
 サンダンス映画祭2015出品。監督賞受賞。
 山形国際ドキュメンタリー映画祭2015 インターナショナル・コンペティション部門出品。

 ・“dream/killer”(米) 監督:Andrew Jenks

 ・“Drunk, Stoned, Brilliant, Dead: The Story of the National Lampoon”(米・英) 監督:Douglas Tirola
 サンダンス映画祭2015 Docプレミア部門出品。

 ・“Eating Happiness”(米) 監督:Genlin

 ・“Every Last Child”(UAE・パキスタン) 監督:Tom Roberts

 ・“Evidence of Harm”(米) 監督:Randall Moore

 ・“Farewell to Hollywood”(米) 監督:Henry Corra、Regina Nicholson

 ・“Finders Keepers”(米) 監督:Bryan Carberry、J・クレイ・トゥイール(Clay Tweel)
 サンダンス映画祭2015出品。
 トラヴァース・シティ映画祭2015 Founders Prize受賞。

 ・“The Forecaster”(独・米) 監督:マルクス・フェッター(Marcus Vetter)、Karin Steinberger

 ・“Frame By Frame”(米) 監督:Mo Scarpelli、Alexandria Bombach
 クリーヴランド国際映画祭2015 ReelWomenDirect Award for Excellence in Directing by a Woman受賞。
 アシュランド・インディペンデント映画祭2015 観客賞受賞。
 ダラス国際映画祭2015 Silver Heart Award受賞。
 ナッシュヴィル映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2015 観客賞10位。
 シアトル国際映画祭2015 Women in Cinema Lena Sharpe Award受賞。
 ブルックリン映画祭2015 スピリット賞、観客賞受賞。
 サイド・ウォーク映画祭2015 審査員特別賞受賞。
 カムデン国際映画祭2015 Harrell Award受賞。
 ニューハンプシャー映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“Gardeners of Eden”(ケニヤ・米) 監督:Austin Peck, Anneliese Vandenberg

 ・“A Gay Girl in Damascus: The Amina Profile”(カナダ) 監督:Sophie Deraspe
 サンダンス映画祭2015出品。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2015 カナダ・ドキュメンタリー部門 審査員特別賞受賞。

 ・“Godspeed: The Story of Page Jones”(米) 監督:Luann Barry

 ・“Going Clear: Scientology and the Prison of Belief”(米) 監督:アレックス・ギブニー
 サンダンス映画祭2015 Docプレミア部門出品。
 プライムタイム・エミー賞2015 ドキュメンタリー/ノンフィクション・スペシャル賞、ノンフィクション番組部門監督賞、ノンフィクション番組部門脚本賞受賞。
 アレックス・ギブニーは、2006年に『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』で米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート、2008年に『「闇」へ』で同賞受賞。本年度は2作品をエントリー。

 ・『わたしはマララ』“He Named Me Malala”(米) 監督:デイヴィス・グッゲンハイム
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。
 サンディエゴ映画祭2015 観客賞受賞。
 デイヴィス・グッゲンハイムは、2007年に『不都合な真実』で米国アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。

 ・“Heart of a Dog”(米) 監督:ローリー・アンダーソン
 ベネチア国際映画祭2015 コンペティション部門出品。Lina Mangiacapre Award受賞。
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。
 ゴッサム・アワード2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“Hitchcock/Truffaut”(米・仏) 監督:ケント・ジーンズ(Kent Jones)
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。

 ・“How To Change The World”(英・カナダ) 監督:Jerry Rothwell
 サンダンス映画祭2015出品。編集賞受賞。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2015 観客賞6位。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2015 グリーン賞受賞。
 レイキャビク国際映画祭2015 環境賞受賞。

 ・“Human”(仏) 監督:ヤン・アルテュ=ベルトラン(Yann Arthus-Bertrand)

 ・“The Hunting Ground”(米) 監督:カービー・ディック(Kirby Dick)
 サンダンス映画祭2015 Docプレミア部門出品。
 トラヴァース・シティ映画祭2015 観客賞第2位。
 ベルゲン国際映画祭2015 人権賞Check Points受賞。
 カービー・ディックは、2005年に“Twist of Faith”で、2013年に“The Invisible War”で米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“I Am Chris Farley”(カナダ) 監督:Brent Hodge、デリク・マーリー(Derik Murray)

 ・『ジャクソン・ハイツ』“In Jackson Heights”(米) 監督:フレデリック・ワイズマン
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。

 ・“In My Father’s House”(米) 監督:リッキー・スターン(Ricki Stern)、アン・サンドバーグ(Annie Sundberg)
 トライベッカ映画祭2015 ワールド・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 ナッシュヴィル映画祭2015 観客賞受賞。

 ・“India’s Daughter”(英・インド) 監督:レスリー・ウドウィン(Leslee Udwin)
 バイオグラフィルム・フェスティバル2015 観客賞受賞。
 サンディエゴ映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ・『イングリッド・バーグマン』“Ingrid Bergman – In Her Own Words”(スウェーデン) 監督:スティーグ・ビョークマン(Stig Björkman)
 カンヌ国際映画祭2015 カンヌ・クラシック部門出品。L’Oeil d’Or スペシャル・メンション受賞。
 バンクーバー国際映画祭2015 Most Popular International Documentary Film受賞。

 ・“Iraqi Odyssey”(イラク・スイス・独・UAE) 監督:Samir
 トロント国際映画祭2014 TIFF DOCS部門出品。
 アブダビ国際映画祭2014 NETPAC賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2015 パノラマ部門出品。観客賞第3位。

 ・“Iris”(米) 監督:アルバート・メイスルズ(Albert Maysles)
 ハンプトンズ国際映画祭2015 観客賞受賞。
 “In Transit”とともにアルバート・メイスルズの遺作となった作品。単独で監督を務めた作品は本作が最後。
 アルバート・メイスルズは、“Christo's Valley Curtain”で米国アカデミー賞1974短編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“Janis: Little Girl Blue”(米) 監督:エイミー・バーグ(Amy Berg)
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。
 エイミー・バーグは、『フロム・イーブル ~バチカンを震撼させた悪魔の神父~』“Deliver Us from Evil”で米国アカデミー賞2007 長編ドキュメンタリー賞ノミネート。本年度は2作品をエントリー。

 ・“Karski & the Lords of Humanity”(米・ポーランド) 監督:Slawomir Grunberg

 ・“Killing Them Safely(Tom Swift And His Electric Rifle)”(米・カナダ) 監督:Nick Berardini
 トライベッカ映画祭2015 ワールド・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。

 ・『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』“Kurt Cobain: Montage of Heck”(米) 監督:ブレット・モーガン(Brett Morgen)
 サンダンス映画祭2015 Docプレミア部門出品。
 ベルリン国際映画祭2015 パノラマ部門出品。
 アシュランド・インディペンデント映画祭2015 編集賞受賞。

 ・“Lambert & Stamp”(米) 監督:James D. Cooper

 ・“A Lego Brickumentary”(デンマーク・米) 監督:キーフ・デイヴィッドソン(Kief Davidson)、ダニエル・ユンゲ(Daniel Junge)
 キーフ・デイヴィッドソンは、“Open Heart”で米国アカデミー賞2013 短編ドキュメンタリー賞ノミネート。 ダニエル・ユンゲは、『セイビング・フェイス 魂の救済』で米国アカデミー賞2012 短編ドキュメンタリー賞受賞。“The Last Campaign of Governor Booth Gardner”で米国アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・『マーロン・ブランドの肉声』“Listen to Me Marlon”(英) 監督:スティーヴン・ライリー(Stevan Riley)
 サンダンス映画祭2015出品。
 トラヴァース・シティ映画祭2015 Founders Prize受賞。
 ゴッサム・アワード2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“Live from New York!”(米) 監督:Bao Nguyen

 ・『ルック・オブ・サイレンス』(インドネシア・英・デンマーク・フィンランド・ノルウェー) 監督:ジョシュア・オッペンハイマー
 ベネチア国際映画祭2014 コンペティション部門出品。審査員グランプリ、国際批評家連盟賞、Human Rights Nights Award、オンライン批評家賞 Mouse d'Oro、FEDEORA Award 最優秀ユーロ-地中海映画賞受賞。
 チューリヒ映画祭2014 インターナショナル・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 釜山国際映画祭2014ドキュメンタリー・ショーケース部門出品。Busan Cinephile Award受賞。
 CPH:DOX2014出品。CPH:DOX賞受賞。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2014 観客賞第2位。
 アンジェ・ユーロピーアン・ファースト映画祭2015 最優秀作品賞スペシャル・メンション、観客賞受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2015出品。最優秀ノルディック・ドキュメンタリー賞受賞。
 デンマーク・アカデミー賞2015 最優秀長編ドキュメンタリー賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2015 ベルリナーレ・スペシャル部門出品。平和映画賞受賞。
 デンマーク映画批評家協会賞(Bodil賞)2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 ソフィア国際映画祭2015出品。ユネスコ賞受賞。
 SXSW映画祭2015 フェスティバル・フェイバリッツ部門出品。観客賞受賞。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2015 オープニング・ナイト作品。観客賞受賞。
 モスクワ国際映画祭2015出品。ドキュメンタリー部門観客賞第3位。
 メルボルン国際映画祭2015出品。ドキュメンタリー部門観客賞第2位。
 ニュルンベルク国際人権映画祭2015出品。ニュルンベルク国際人権映画賞、観客賞受賞。
 ヨーロッパ映画賞2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2015ドキュメンタリー賞ノミネート。
 ゴッサム・アワード2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 ジョシュア・オッペンハイマーは、2014年に『アクト・オブ・キリング』で米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“Meet the Patels”(米・インド) 監督:Geeta V. Patel、Ravi V. Patel
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2014 観客賞第2位。
 ロサンゼルス映画祭2014 観客賞受賞。
 トラヴァース・シティ映画祭2015 Founders Prize、観客賞受賞。

 ・“Meru”(米) 監督:ジミー・チン(Jimmy Chin)、E Chai Vasarhelyi
 サンダンス映画祭2015出品。観客賞受賞。
 ジミー・チンはクライマー、E Chai Vasarhelyiはドキュメンタリー作家で、ジミー・チンの妻。

 ・“The Life and Mind of Mark DeFriest”(カナダ・米) 監督:Gabriel London
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2014 観客賞第10位。
 ロサンゼルス映画祭2014 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。

 ・“Misery Loves Comedy”(米) 監督:ケヴィン・ポラック
 喜劇俳優ケヴィン・ポラックの初監督作品。「悲惨」であることが、「おかしさ」を生むことへの考察。

 ・『ディズニーネイチャー サルの王国とその掟』“Monkey Kingdom”(米) 監督:マーク・リンフィールド(Mark Linfield)、アラステア・フォザーギル(Alastair Fothergill)

 ・“A Murder in the Park”(米) 監督:Christopher S. Rech、Brandon Kimber

 ・“My Italian Secret”(伊・仏・イスラエル・米) 監督:Oren Jacoby
 Oren Jacobyは、“Sister Rose's Passion”で米国アカデミー賞2005短編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“My Voice, My Life (爭氣)”(香港) 監督:楊紫燁(Ruby Yang)
 香港映画監督組合賞2015 新人監督賞受賞。
 香港電影金像奨2015 新人監督賞ノミネート。
 ナッシュヴィル映画祭2015 Human Spirit Award受賞。

 ・“1971”(米) 監督:Johanna Hamilton
 トライベッカ映画祭2014 ワールド・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 IDAアワード2014 ビデオ・ソース部門受賞。
 シネマ・アイ・オナーズ2015 スポットライト賞受賞。

 ・“Of Men and War (Des Hommes et de la guerre)”(仏・スイス・米) 監督:Laurent Bécue-Renard
 カンヌ国際映画祭2014 特別上映作品。
 ヨーロッパ映画賞2014 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2014 VPRO IDA賞受賞。
 サンフランシスコ国際映画祭2015 審査員特別賞受賞。

 ・“One Cut, One Life”(米) 監督:Ed Pincus、Lucia Small
 Ed Pincusの遺作。

 ・“Only the Dead See the End of War”(オーストラリア・イラク) 監督:ビル・グッテンタグ(Bill Guttentag)、Michael Ware
 ビル・グッテンタグ(Bill Guttentag)は、これまで米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞に2回、短編ドキュメンタリー賞に3回ノミネートされていて、うち“You Don't Have to Die”で米国アカデミー賞1989短編ドキュメンタリー賞受賞、“Twin Towers”(2003)で米国アカデミー賞2003短編ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“The Outrageous Sophie Tucker”(米) 監督:William Gazecki
 William Gazeckiは、“Waco: The Rules of Engagement”で、米国アカデミー賞1998長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“Peace Officer”(米) 監督:Brad Barber、Scott Christopherson
 SXSW映画祭2015 グランプリ、観客賞受賞。
 フル・フレーム・ドキュメンタリー映画祭2015 Kathleen Bryan Edwards Award for Human Rights受賞。
 モントクレア映画祭2015 David Carr Award for Truth in Non-Fiction Filmmaking、観客賞受賞。

 ・『真珠のボタン』“The Pearl Button(El botón de nácar)”(チリ・仏・西) 監督:パトリシオ・グスマン(Patricio Guzmán)
 ベルリン国際映画祭2015 コンペティション部門出品。脚本賞(銀熊賞)、エキュメニカル審査員賞受賞。
 バイオグラフィルム・フェスティバル2015 最優秀作品賞、観客賞受賞。
 エルサレム映画祭2015 In Spirit for Freedom Award受賞。
 ベルゲン国際映画祭2015 人権賞オナラブル・メンション受賞。
 山形国際ドキュメンタリー映画祭2015 インターナショナル・コンペティション部門出品。山形市長賞受賞。

 ・“Pink & Blue: Colors of Hereditary Cancer”(米) 監督:Alan M. Blassberg

 ・“Poached”(英・米) 監督:Timothy Wheeler
 ミズーラ国際ワイルドライフ映画祭2015出品。最優秀作品賞受賞。

 ・“Polyfaces”(米) 監督:Lisa Heenan

 ・“The Prime Ministers: Soldiers and Peacemakers”(米) 監督:リチャード・トランク(Richard Trank)
 リチャード・トランクは、1998年に『ロング ウェイ ホーム 遥かなる故郷 イスラエル建国の道』で米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“Prophet’s Prey”(米) 監督:エイミー・バーグ(Amy Berg)
 サンダンス映画祭2015 Docプレミア部門出品。

 ・“Racing Extinction”(米) 監督:ルイ・シホヨス(Louie Psihoyos)
 サンダンス映画祭2015出品。
 モスクワ国際映画祭2015 ドキュメンタリー部門観客賞第2席。
 2010年に『ザ・コーヴ』で米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したルイ・シホヨスの6年ぶりの新作。

 ・“The Resurrection of Jake the Snake”(米) 監督:Steve Yu

 ・“Ride the Thunder – A Vietnam War Story of Victory & Betrayal”(米) 監督:Fred Koster

 ・“Rosenwald”(米) 監督:Aviva Kempner

 ・“The Russian Woodpecker”(英) 監督:Chad Gracia
 サンダンス映画祭2015出品。グランプリ受賞。

 ・“Searching for Home: Coming Back from War”(米) 監督:Eric Christiansen

 ・“Seeds of Time”(米・デンマーク・伊・ノルウェー・ペルー・ロシア) 監督:サンディー・マクリード(Sandy McLeod)
 サンディー・マクリードは、2004年に“Asylum”で米国アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“SEMBENE!”(米・セネガル) 監督:Samba Gadjigo、Jason Silverman
 サンダンス映画祭2015出品。
 カンヌ国際映画祭2015 カンヌ・クラシック部門出品。

 ・“The Seven Five”(米) 監督:ティラー・ラッセル(Tiller Russell)

 ・“Seymour: An Introduction”(米) 監督:イーサン・ホーク
 トロント国際映画祭2014 TIFF DOCS部門出品。ドキュメンタリー部門ピープルズ・チョイス第3位。
 ハートランド映画祭2015 Truly Moving Picture Award受賞。
 イーサン・ホークは、米国アカデミー賞で、助演男優賞2回、脚色賞2回ノミネートされている。

 ・“Sherpa”(オーストラリア・英) 監督:ジェニファー・ピーダム(Jennifer Peedom)
 トロント国際映画祭2015 TIFF DOCS部門出品。
 BFIロンドン映画祭2015 グリアソン賞受賞。
 オーストラリア・アカデミー賞(AACTA)2015 長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“A Sinner in Mecca”(米) 監督:バーヴェズ・シャルマ(Parvez Sharma)

 ・“Something Better to Come”(デンマーク・ポーランド) 監督:Hanna Polak
 ミュンヘン国際ドキュメンタリー映画祭2015 Viktor Award受賞。
 ニュルンベルク国際人権映画祭2015 Open Eyes Jury Award受賞。

 ・“Song from the Forest”(独・米・中央アフリカ) 監督:Michael Obert
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2013 最優秀長編ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“Song of Lahore”(米・パキスタン) 監督:Andy Schocken、Sharmeen Obaid-Chinoy
 トライベッカ映画祭2015 ワールド・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。

 ・“Steve Jobs: The Man in the Machine”(米) 監督:アレックス・ギブニー

 ・“Steve McQueen: The Man & Le Mans”(米・英) 監督:Gabriel Clarke、John McKenna
 カンヌ国際映画祭2015 カンヌ・クラシック部門出品。

 ・“Stray Dog”(米) 監督:デブラ・グラニック(Debra Granik)
 ロサンゼルス映画祭2014 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 メンフィス・インディー映画祭2014 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 インディペンデント・スピリット・アワード2015 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 クリーヴランド国際映画祭2015最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 アトランタ国際映画祭2015最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 デブラ・グラニックは、2011年に『ウィンターズ・ボーン』で米国アカデミー賞脚色賞にノミネート。

 ・“Sunshine Superman”(米・ノルウェー・英) 監督:Marah Strauch
 トロント国際映画祭2014 TIFF DOCS部門出品。
 ポートランド国際映画祭2015 観客賞受賞。
 モンクトレア映画祭2015 最優秀ニュージャージー映画賞受賞。

 ・“Sweet Micky for President”(米・ハイチ・カナダ) 監督:Ben Patterson
 スラムダンス映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“Tab Hunter Confidential”(米) 監督:ジェフリー・シュワルツ(Jeffrey Schwarz)
 マイアミ・ゲイ&レズビアン映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞第2席、観客賞受賞。
 フィルムアウト・サンディエゴ2015 最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞受賞。
 カリフォルニア・インディペンデント映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 ルイスヴィルLGBT映画祭2015 観客賞受賞。

 ・“The Tainted Veil”(UAE・デンマーク・エジプト・仏・モロッコ・シリア・トルコ・英) 監督:Nahla Al Fahad、Mazen al Khayrat、Ovidio Salazar

 ・“Tap World”(米) 監督:ディーン・ハーグローヴ(Dean Hargrove)

 ・“(T)error”(米) 監督:Lyric R Cabral、David Felix Sutcliffe
 サンダンス映画祭2015出品。ブレイク・アウト第1回作品賞受賞。
 フル・フレーム・ドキュメンタリー映画祭2015 Reva and David Logan Grand Jury Award受賞。

 ・“Thao’s Library”(ベトナム) 監督:Elizabeth Van Meter

 ・“Those Who Feel the Fire Burning”(オランダ・ギリシャ・伊) 監督:Morgan Knibbe
 パルヌ国際ドキュメンタリー&人類学映画祭2015 グランプリ受賞。
 グアナファト国際映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 ミラノ映画祭2015 学生審査員賞スペシャル・メンション受賞。
 カムデン国際映画祭2015 Emerging Cinematic Vision Awardスペシャル・メンション受賞。
 オランダ映画祭2015 最優秀長編ドキュメンタリー賞、音響デザイン賞受賞。
 フロム・ザ・サウス映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ・“3 1/2 Minutes, Ten Bullets”(米) 監督:Marc Silver
 サンダンス映画祭2015出品。ソーシャル・インパクト賞受賞。
 リバーラン国際映画祭2015 観客賞受賞。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2015 ユース審査員賞受賞。

 ・“The Touch of an Angel(Dotkniecie aniola)”(独・ポーランド) 監督:Marek Tomasz Pawlowski

 ・“Transfatty Lives”(米) 監督:Patrick O’Brien
 トライベッカ映画祭2015 観客賞受賞。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2015 観客賞15位。

 ・『ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償』“The True Cost”(バングラデシュ・カンボジア・中・デンマーク・仏・ハイチ・インド・伊・ウガンダ・英) 監督:アンドリュー・モーガン(Andrew Morgan)

 ・“Twinsters”(英・仏・韓・米) 監督:Samantha Futerman、Ryan Miyamoto
 SXSW映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞 審査員特別賞編集賞受賞。
 ロサンゼルス・アジア太平洋映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 釜山国際映画祭2015 ドキュメンタリー・ショーケース部門出品。

 ・“Very Semi-Serious: A Partially Thorough Portrait of New Yorker Cartoonists”(米) 監督:Leah Wolchok
 トライベッカ映画祭2015 ワールド・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。

 ・“The Wanted 18”(カナダ・パレスチナ・仏) 監督:Amer Shomali、Paul Cowan
 トロント国際映画祭2014 TIFF DOCS部門出品。
 アブダビ国際映画祭2015 最優秀アラブ・ドキュメンタリー賞受賞。
 トラヴァース・シティ映画祭2015 Founders Prize受賞。

 ・“We Are Many”(英) 監督:Amir Amirani

 ・“We Come as Friends”(仏・オーストリア) 監督:フーベルト・ザウパー
 サンダンス映画祭2014出品。勇気ある映画賞受賞。
 ベルリン国際映画祭 2014 ベルリナーレ・スペシャル部門出品。平和映画賞受賞。
 イフラバ国際ドキュメンタリー映画祭2014 最優秀中央/東ヨーロッパ・ドキュメンタリー賞受賞。
 ヨーロッパ映画賞2014 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 オーストリア映画賞2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 フーベルト・ザウパーは、2006年に『ダーウィンの悪夢』で米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・“We Were Not Just…Bicycle Thieves. Neorealism(Non eravamo solo... Ladri di biciclette - Il neorealismo)”(伊) 監督:Gianni Bozzacchi、カルロ・リッツァーニ(Carlo Lizzani)
 ベネチア国際映画祭2013 ベネチア・クラシックス部門出品。
 ナストロ・ダルジェント賞2014映画にまつわるドキュメンタリー映画賞ノミネート。

 ・“Welcome to Leith”(米) 監督:Michael Beach Nichols、Christopher K. Walker
 サンダンス映画祭2015出品。
 アシュランド・インディペンデント映画祭2015 編集賞オナラブル・メンション受賞。
 フロリダ映画祭2015 審査員特別賞受賞。
 リバーラン国際映画祭2015 審査員特別賞受賞。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2015 フィルムメーカーが選ぶフィルムメーカー賞受賞。
 ボストン・インディペンデント映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞、Karen Schmeer Award for Excellence in Documentary Editing受賞。
 イースト・エンド映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ・『ニーナ・シモン 魂の歌』“What Happened, Miss Simone?”(米) 監督:リズ・ガーバス(Liz Garbus)
 サンダンス映画祭2015 Doc プレミア部門出品。
 ベルリン国際映画祭2015 パノラマ部門出品。
 HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2015 観客賞9位。

 ・“What Our Fathers Did: A Nazi Legacy”(英) 監督:David Evans
 エルサレム映画祭2015 The Avner Shalev Yad Vashem Chairman's Award受賞。

 ・“Where to Invade Next”(米) 監督:マイケル・ムーア
 トロント国際映画祭2015 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2015 観客賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2015 観客賞受賞。
 マイケル・ムーアは、2003年に『ボウリング・フォー・コロンバイン』で米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞、2008年に『シッコ』で同賞ノミネート。

 ・“Winter on Fire: Ukraine's Fight for Freedom”(英・ウクライナ・米) 監督:エフゲニー・アフィネフスキー(Evgeny Afineevsky)
 トロント国際映画祭2015 ドキュメンタリー部門 ピープルズ・チョイス賞受賞。

 ・『The Wolfpack』“The Wolfpack”(米) 監督:クリスタル・モーゼル(Crystal Moselle)
 サンダンス映画祭2015出品。グランプリ受賞。
 エジンバラ国際映画祭2015 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 ナンタケット映画祭2015 Adrienne Shelley Excellence in Filmmaking Award受賞。
 トラヴァース・シティ映画祭2015 Founders Prize特別賞受賞。

--------------------------------

 このリストに関するコメントは、次の記事に書くことにします。↓↓↓↓

 ・米国アカデミー賞2016 長編ドキュメンタリー賞 124作品に関する考察:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_12.html

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2015 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品134作品リスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_14.html
 ・米国アカデミー賞2015 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品解説:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_15.html

 ・米国アカデミー賞2014 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品151作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_1.html

 ・ヨーロッパ映画賞2015 ドキュメンタリー賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_21.html

 ・HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2015 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_4.html

 ・米国アカデミー賞2016 短編アニメーション賞 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_10.html

 ・米国アカデミー賞2016 長編アニメーション賞 エントリー作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_7.html

 ・米国アカデミー賞2016 短編ドキュメンタリー賞ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_28.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月~2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック