ヨーロッパ映画賞2015 ディスカバリー賞ノミネーション

 第28回ヨーロッパ映画賞の、新人監督賞部門に当たるディスカバリー賞ノミネーションです。(9月20日発表)

 ・“Slow West”(英・ニュージーランド) 監督:John Maclean
 出演:コディ・スミット=マクフィー、マイケル・ファスベンダー、ベン・メンデルソーン
 物語:17歳のジェイが、スコットランドからコロラドを旅する。目的は、自分の愛した女性と再会するためだ。彼は、たちまちフロンティアの危険に遭遇する。サイラスという謎の旅人と出会い、彼がジェイを手助けしてくれる。ジェイの旅は、危険と暴力に満ち、彼は何が正しくて何が間違っているかを学んでいく。
 セルジオ・レオーネとサム・ペキンパーとアメリカの風景画、そしてゴダールの『気狂いピエロ』へのオマージュ。
 監督のJohn Macleanは、これが初監督長編。これまで2本の短編の監督をしているほか、『ハイ・フィデリティ』や『17歳の処方箋』などの楽曲を手がけている。
 サンダンス映画祭2015出品。ワールド・シネマ ドラマ部門グランプリ受賞。
 北京国際映画祭2015出品。
 トライベッカ映画祭2015出品。
 ナッシュヴィル映画祭2015出品。
 シドニー映画祭2015出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2015出品。
 ミュンヘン国際映画祭2015出品。
 台北電影節2015 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2015 ホライズンズ部門出品。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2015出品。
 レイキャビク国際映画祭2015出品。

画像

 ・“Mustang”(仏・独・トルコ) 監督:Deniz Gamze Ergüven
 物語:初夏。トルコ北部の村。
 Laleと4人の姉妹が学校から家路につこうとして、無邪気に男の子たちとふざけあう。ところがこれが不道徳であるとして、スキャンダルが巻き起こる。その結果、家は、まるで刑務所のようになり、家庭科の実践が学校代わりになって、結婚の準備が早められる。5人姉妹は、自由に憧れ、自分たちを押さえつける制約からの解放を切望する……。
 アンカラ出身で、Femisで学んだDeniz Gamze Ergüvenの初監督長編。アリス・ウィノカーが共同脚本を手がける。
 Deniz Gamze Ergüvenは、これまで2本の短編を発表しているほか、アリス・ウィノカーが監督を務めた『オーギュスティーヌ』“Augustine”などで女優としても活躍している。
 カンヌ国際映画祭2015 監督週間出品。Label Europa Cinema Prize受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2015 アナザー・ビュー部門出品。
 オデッサ国際映画祭2015 コンペティション部門出品。観客賞、監督賞受賞。
 ラックス賞2015 ノミネート。
 サラエボ映画祭2015 長編コンペティション部門出品。最優秀作品賞、女優賞受賞。
 ヨーロッパ映画賞2015 オフィシャル・セレクション。
 シカゴ国際映画祭2015 ワールド・シネマ部門出品。
 米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 フランス代表。


 ・“Summers Downstairs(Im Sommer Wohnt Er Unten)”(独・仏) 監督:Tom Sommerlatte
 物語:ダヴィドとマティアスは兄弟で、兄のダヴィドは、父の後を継いで成功へ道をたどっていた。マティアスは、野心もなくキャリアもなく、そうしたものから逃れて生きていた。マティアスは、休日に、フランスの大西洋海岸の別荘で、恋人のカミーユとその息子で6歳のエティエンヌと過ごしていた。そこにダヴィドが休日を過ごすためにやってくる。一瞬で雰囲気が変わる。ダヴィドは、マティアスとカミーユが使っていた寝室から彼らを出ていかせ、エティエンヌには父親の元へ行けと言う。ダヴィドは、幼い頃から、自分がやりたいことをやるという方針を貫き通してきていた。カミーユは、ダヴィドのボス面にむかついたが、しぶしぶ受け入れるしかなかった。
 俳優としてドイツの映画やテレビで10年以上のキャリアを持つTom Sommerlatteの初監督長編。
 ベルリン国際映画祭2015 レトロスペクティヴ・ドイツ映画部門出品。DIALOGUE en Perspectiveスペシャル・メンション受賞。

画像

 ・“Limbo”(独・デンマーク) 監督:Anna Sofie Hartmann
 物語:デンマークの港町ナクスコウ。砂糖工場の煙突からは、休みなく煙が立ち上り、郊外にある大きな風車はすっかり忘れ去られている。サラたちは、この町の高校生で、ここを出て、大都市に行きたいと考えている。そこに、若いフェロー人の教師カレンが新しく赴任してくる。彼女は、生徒たちに問いかける。女らしさとは? 男らしさとは? 誰がそう決めるのか? そして芸術とは何か? サラは、カレンに魅力を感じるが、他の生徒たちはこの教師はちょっとおかしいんじゃないかと考える。たぶんカレンはちょっと“フェミニスト”なのだ。
 初監督長編。
 サンセバスチャン国際映画祭2014 ニュー・ディレクターズ部門出品。
 ロッテルダム国際映画祭2015出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2015イングマール・ベルイマン賞/新人監督賞 コンペティション出品。
 CPH:PIX2015 New Talent Grand PIX/新人監督賞部門出品。

画像

 ・“Goodnight Mommy(Ich Seh Ich She)”(オーストリア) 監督:ヴェロニカ・フランツ(Veronika Franz)、Severin Fiala
 物語:夏。森ととうもろこし畑の広がる田舎にある一軒家。10歳の双子の兄弟が母親の帰りを待っている。母親は頭部に手術を受け、頭を包帯でぐるぐる巻きにされた姿で帰ってくる。これまでとは様子がおかしい。母親は、家族を外界から遠ざけるようになる。息子たちは、母親が本物なのか疑い出し、真実を探ろうとする。
 ヴェロニカ・フランツは、「パラダイス」3部作などウルリヒ・ザイドル作品で知られる脚本家。ウルリヒ・ザイドルが本作のプロデューサーを務める。
 2人の監督は、これまでコンビで1本ドキュメンタリーを撮っていて、本作が長編フィクション作品としては初となる。
 ベネチア国際映画祭2014 Orizzonti部門出品。
 トロント国際映画祭2014 VANGUARD部門出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2014 ファンタスティック・パノラマ・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2014出品。国際批評家連盟賞受賞。
 ストックホルム国際映画祭2014出品。
 リュブリャナ国際映画祭2014出品。Kingfisher Award受賞。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2014出品。
 パーム・スプリングス国際映画祭2015出品。
 ロッテルダム国際映画祭2015出品。
 ジェラールメ映画祭2015出品。審査員賞、ヤング審査員賞受賞。
 香港国際映画祭2015出品。
 CPH:PIX2015出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2015出品。ADF Cinematography Award受賞。
 サンフランシスコ国際映画祭2015出品。
 インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭2015出品。
 シアトル国際映画祭2015出品。
 シドニー映画祭2015出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2015出品。「ヴァラエティー」誌批評家によるヨーロッパ映画セレクション2015。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2015出品。
 メルボルン国際映画祭2015出品。
 サラエボ映画祭2015出品。
 ヨーロッパ映画賞2015 オフィシャル・セレクション。
 米国アカデミー賞2016 外国語映画賞 オーストリア代表。


--------------------------------

 授賞式は、12月12日にベルリンで行われます。

 おそらく、本命は“Mustang”、対抗は“Goodnight Mommy(Ich Seh Ich She)”で、ここまでの受賞歴で、他を圧倒しています。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ヨーロッパ映画賞2015 ドキュメンタリー賞 オフィシャル・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_21.html

 ・ヨーロッパ映画賞2015 オフィシャル・セレクション その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_17.html
 ・ヨーロッパ映画賞2015 オフィシャル・セレクション その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_18.html
 ・ヨーロッパ映画賞2015 オフィシャル・セレクション その3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_19.html

 ・ヨーロッパ映画賞2015 ピープルズ・チョイス賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_11.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年3月~9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201503/article_1.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2015年9月~2016年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201509/article_2.html

 追記:
 ・ヨーロッパ映画賞2015 受賞結果::http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_27.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック