米・撮影監督協会賞(ASC)2015 受賞結果!

 第29回米・撮影監督協会賞(ASC)の結果が発表になりました。(2月15日)

 【映画部門】

 ◎『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 エマニュエル・ルベツキ
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ロバート・イェーマン
 ・『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 オスカル・ファウラ
 ・『ターナー、光に愛を求めて』 ディック・ポープ
 ・“Unbroken” ロジャー・ディーキンス

画像

 【テレビ部門】

 ◆シリーズ作品部門(Episode of a Regular Series) プレゼンター:サラ・ポールソン
 ・“Viking”:‘Blood Eagle’ P.J. Dillon
 ◎『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』:‘Golden Days for Boys and Girls’ ジョナサン・フリーマン
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』:‘The Children’ アネット・ハエルミック
 ・“Gotham”:‘Spirit of the Goat’ クリストファー・ノアー
 ・“Manhattan”:‘Perestroika’ リチャード・ルトコウスキー
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』:‘Mockingbird’ Fabian Wagner

画像

 ◆テレビ映画/ミニシリーズ/パイロット版部門(Television Movie, Miniseries or Pilot)
 ・“The Trip to Bountiful” デイヴィッド・グリーン
 ◎“Manhattan” ジョン・リンドリー
 ・“Gotham” David Stockton
 ・“Deliverance Creek” テオ・ヴァン・デ・サンデ

画像

 ※テレビ・シリーズ部門は、前回までは、30分ドラマ・シリーズ部門と1時間シリーズ部門に分かれていたのですが、今年は(今年から?)まとめられてしまったようです。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆スポットライト賞(Spotlight Award)
 ◎『コンクリートナイト』“Concrete Night” ペーテル・フリッケンバリ(Peter Flickenberg)

画像

 ◆Bud Stone Award of Distinction
 ◎Denny Clairmont(Clairmont Cameraのプレジデント/共同創立者)
 ◎Otto Nemenz(Otto Nemenz Internationalの創立者/CEO)

 ◆インターナショナル貢献賞(International Award)
 フィル・メフュー(Phil Méheux)
 フィル・メフューは、『マックス・ヘッドルーム』『007 ゴールデン・アイ』『マスク・オブ・ゾロ』『すべては愛のために』『007 カジノ・ロワイヤル』『スマーフ』などを手がける撮影監督。2002年から2006年まで英国撮影監督協会(B.S.C.)の会長。

画像

 ◆会長賞(Presidents Award)
 ◎マシュー・F・レオネッティ(Matthew F. Leonetti)
 マシュー・F・レオネッティは、『ポルターガイスト』『白と黒のナイフ』『コマンドー』『レッド・ブル』『ジョニー・ハンサム』『スタートレック ファーストコンタクト』『スパイダー』『ラッシュアワー2』『ワイルド・スピードX2』『ドーン・オブ・ザ・デッド』『2番目のキス』などを手がける撮影監督。

画像

 ◆理事会賞(Board of Governors Award) プレゼンター:アンジェイ・バートコウィアク
 ◎バーブラ・ストライサンド

画像

 ◆キャリア貢献賞 テレビ部門(Career Achievement in Television Award)
 ◎ビル・ロー(Bill Roe)
 ビル・ローは、『エレクトラ』『X-ファイル:真実を求めて』『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』などを手がける撮影監督。

画像

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award) プレゼンター:ローレンス・カスダン
 ◎ジョン・ベイリー

画像

--------------------------------

 米・撮影監督協会賞(ASC)の映画部門は、エマニュエル・ルベツキの2連覇となりました。

 アカデミー会員が2連覇に対して妬みややっかみに走ったりしなければ、アカデミー賞も、エマニュエル・ルベツキが獲ることになるのではないでしょうか。

 ◆米国アカデミー賞2015撮影賞 ノミネーション
 ・『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 エマニュエル・ルベツキ
 ・『グランド・ブダペスト・ホテル』 ロバート・イェーマン
 ・『イーダ』 ウカシュ・ジャル、リシャルト・レンチェフスキ
 ・『ターナー、光に愛を求めて』 ディック・ポープ
 ・“Unbroken” ロジャー・ディーキンス

 ちなみに、『イーダ』のウカシュ・ジャル、リシャルト・レンチェフスキは、昨年の米・撮影監督協会賞(ASC)でスポットライト賞を受賞しています。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_32.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_25.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_6.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_26.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_22.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_22.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_25.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_23.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_24.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_18.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_1.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_7.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_20.html

 ・全米映画賞レース2014の結果をまとめてみました(前半戦):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_1.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月~2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック