ルイ・デリュック賞2014 発表!

 第72回ルイ・デリュック賞が発表になりました。(12月15日)

画像

 【ルイ・デリュック賞】

 ◎“Sils Maria (Clouds of Sils Maria)”(仏・米) 監督:オリヴィエ・アサイヤス
 出演:ジュリエット・ビノシュ、クロエ・グレース・モレッツ、クリステン・スチュワート、ブラディー・コルベット(Brady Corbet)、Johnny Flynn、ラース・アイディンガー(Lars Eidinger)
 物語:マリアは、輝かしいキャリアと有能なアシスタントを持つ女優。ある時、20年前に彼女を有名したシグリッド役を、再演しないかという提案を受ける。シグリッドは、若く魅力的で、彼女のボス、エレナを無力にし、自殺に追い込む。マリアは、今ならエレナ役の方がいいのではないかと返事をし、スイスのシルスマリアで、アシスタントとともにリハーサルに取り組む。シグリッド役に抜擢されたのは、スキャンダルを好みすらするハリウッドの若手女優で、マリアは彼女を見ていると、鏡の向こう側の自分を見ているようにも感じる。彼女は、まだ完全には開花していなかったが、それこそまさに当時のマリアそのものだった。
 カンヌ国際映画祭2014 コンペティション部門出品。
 パリ映画祭2014 プレミア部門出品。
 ロカルノ国際映画祭2014 ピアッツァ・グランデ部門出品。
 トロント国際映画祭2014 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 釜山国際映画祭2014 ワールド・シネマ部門出品。

画像


 ・『さらば、愛の言葉よ』“Adieu au langage(Goodbye To Language)”(仏) 監督:ジャン=リュック・ゴダール
 ・“Au bord du monde(On The Edge of The World)”(仏) 監督:Claus Drexel
 ・“Bird People”(仏) 監督:パスカル・フェラン(Pascale Ferran)
 ・『イースタン・ボーイズ』“Eastern Boys”(仏) 監督:ロバン・カンピヨ
 ・“Saint Laurent”(仏) 監督:ベルトラン・ボネロ

 ・“Timbuktu”(仏・モーリタニア) 監督:アブデラマン・シサコ(Abderrahmane Sissako)
 ・“Trois Coeurs(Three Hearts)”(仏・独・ベルギー) 監督:ブノワ・ジャコー

 【初監督作品賞】(Prix Louis-Delluc du premier film):

 ◎“Les combattants(Love At First Fight)”(仏) 監督:Thomas Cailley
 出演:アデル・エネル、Kevin Azaïs
 物語:アルノーは、17歳で、非常に現実的だ。兄や母親、彼らの物置会社、父親の葬式すら、彼は、自分のやり方で対処した。波風が起こることはない。ところが、そんな彼の行く手に、19歳のマドレーヌが登場する。彼女は、硬い筋肉を持ち、言葉巧みで、暗い目をしている。彼女は、戦闘体勢にあり、アルノーはそれをわかっていなかった。彼女はアルノーに何も聞こうとしなかったし、どこに向かっているのかも、彼女しか知らなかった。
 カンヌ国際映画祭2014 監督週間出品。Prix SACD、Art Cinema Award、Label Europa Cinemas、国際批評家連盟賞受賞。
 パリ映画祭2014 コンペティション部門出品。

画像

 ・“Mercuriales”(仏) 監督:Virgil Vernier
 ・“Mille soleils (A Thousand Suns)”(仏/45分) 監督:マティ・ディオプ(Mati Diop)
 ・“Mouton(Sheep)”(仏) 監督:Gilles Deroo、Marianne Pistone
 ・“Party Girl”(仏) 監督:Marie Amachoukeli、Claire Burger、Samuel Theis
 ・『やさしい人』“Tonnerre”(仏) 監督:ギョーム・ブラック(Guillaume Brac)

--------------------------------

 今年のルイ・デリュック賞は、何が受賞してもおかしくはない感じだったのですが、“Sils Maria (Clouds of Sils Maria)”が受賞したことで、本年度のフランス映画の国内映画賞は“Sils Maria (Clouds of Sils Maria)”が一歩リードした形になりました。
 セザール賞も、“Sils Maria (Clouds of Sils Maria)”が、作品、監督賞を含む、最多受賞になるかもしれませんね。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ルイ・デリュック賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_29.html
 ・ルイ・デリュック賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_38.html
 ・ルイ・デリュック賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_51.html
 ・ルイ・デリュック賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_34.html
 ・ルイ・デリュック賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_29.html
 ・ルイ・デリュック賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_22.html
 ・ルイ・デリュック賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_36.html
 ・ルイ・デリュック賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_31.html
 ・ルイ・デリュック賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_36.html
 ・ルイ・デリュック賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_39.html
 ・ルイ・デリュック賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_18.html
 ・ルイ・デリュック賞2008 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200811/article_5.html
 ・ルイ・デリュック賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_22.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年10月~2015年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック