MCNによる、オスカー2015予想! 最新版 【2014年11月20日】

 MCN(Movie City News)による、オスカー2015の最新予想が発表になりました。(11月20日発表)

 今回は、作品賞と主演男優賞と主演女優賞のランキングが更新されています。

 MCN:http://moviecitynews.com/2014/11/gurus-o-gold-a-week-from-thanksgiving-aka-screener-time/

画像

 【作品賞】

 1位(前回1位):『6才のボクが、大人になるまで。』“Boyhood”(IFC) 監督:リチャード・リンクレイター 136ポイント(14票)

 2位(前回2位):“The Imitation Game”(TWC) 監督:モルテン・ティルドゥム 115ポイント(14票)

 3位(前回3位):『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(フォックス・サーチライト) 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 107ポイント(14票)

 4位(前回4位):“The Theory of Everything”(Focus Features) 監督:ジェームズ・マーシュ 95ポイント(14票)

 5位(前回6位):“Selma”(パラマウント) 監督:エヴァ・デュヴルネ(Ava DuVernay) 73ポイント(13票)

 6位(前回8位):“Unbroken”(ユニバーサル) 監督:アンジェリーナ・ジョリー 49ポイント(10票)

 7位(前回5位):“Foxcatcher”(SPC) 監督:ベネット・ミラー 47ポイント(12票)

 8位(前回7位):『ゴーン・ガール』(20世紀フォックス) 監督:デイヴィッド・フィンチャー 46ポイント(11票)

 9位(前回10位):『インターステラー』(WB) 監督:クリストファー・ノーラン 26ポイント(9票)

 10位(前回11位):『グランド・ブダペスト・ホテル』(フォックス・サーチライト) 監督:ウェス・アンダーソン 22ポイント(7票)

 11位(前回9位):“Whiplash”(SPC) 監督:デイミアン・チャゼル 21ポイント(8票)

 12位(前回12位):『アメリカン・スナイパー』“American Sniper”(WB) 監督:クリント・イーストウッド 14ポイント(4票)

 13位(前回13位):“Mr. Turner”(SPC) 監督:マイク・リー 12ポイント(6票)

 【主演男優賞】

 1位(前回2位):エディー・レッドメイン “The Theory of Everything” 75ポイント(14票)

 2位(前回1位):マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 68ポイント(14票)

 3位(前回2位):ベネディクト・カンバーバッチ “The Imitation Game” 58ポイント(14票)

 4位(前回7位):デヴィッド・オイェロウォ “Selma” 39ポイント(11票)

 5位(前回4位):スティーヴ・カレル “Foxcatcher” 29ポイント(13票)

 6位(前回8位):ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・スナイパー』 8ポイント(6票)

 7位(前回6位):ジェイク・ギレンホール “Nightcrawler”(監督:ダン・ギルロイ) 5ポイント(3票)

 8位(前回5位):ティモシー・スポール “Mr. Turner” 3ポイント(2票)

 【主演女優賞】

 1位(前回1位):ジュリアン・ムーア “Still Alice”(監督:リチャード・グラツァー、ウォッシュ・ウエストモアランド) 82ポイント(14票)

 2位(前回2位):リース・ウィザースプーン “Wild”(監督:ジャン=マルク・ヴァレ) 61ポイント(14票)

 3位(前回4位):フェリシティー・ジョーンズ “The Theory of Everything” 50ポイント(13票)

 4位(前回3位):ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』 44ポイント(14票)

 5位(前回5位):エイミー・アダムス 『ビッグ・アイズ』“Big Eyes”(監督:ティム・バートン) 19ポイント(8票)

 5位(前回6位):ヒラリー・スワンク “The Homesman”(監督:トミー・リー・ジョーンズ) 19ポイント(8票)

 7位(前回7位):シェイリーン・ウッドリー 『きっと、星のせいじゃない』“Fault in Our Stars”(監督:ジョシュ・ブーン) 9ポイント(7票)

 8位(前回圏外):ジェニファー・アニストン “Cake”(監督:ダニエル・バーンズ) 5ポイント(3票)

--------------------------------

 当ブログでは、前回11月12日分の予想を掲載していますが、今回の11月20日分までの間に、作品賞部門だけ、(変則的に)11月16日に更新されています。

 11月16日分では、11月11日にAFIフェストで“Selma”がプレミア上映されたことを受けて、“Selma”が11位から6位に浮上しています。

 今回の11月20日分では、改めて主演男優賞と主演女優賞も発表されていますが、“Selma”への支持は主演男優賞部門にも及んでいて、デヴィッド・オイェロウォは7位から4位に浮上しています。

 “Selma”の11位から6位、デヴィッド・オイェロウォの7位から4位というのは、実は大きな違いであって、“Selma”は作品賞ノミネート圏内、デヴィッド・オイェロウォは主演男優賞ノミネート圏内に入ったことになります。

 一方、その結果として、作品賞では“Whiplash”、主演男優賞ではティモシー・スポールらが押し出されてしまいました。

 作品賞では“Unbroken”もランクアップしていますが、これも作品がプレミア上映されたことと関係があると思われます。

 有力作品でお披露目を済ませていないのは、後は、ロブ・マーシャルの『イントゥ・ザ・ウッズ』くらいでしょうか。

 ポール・トーマス・アンダーソンの“Inherent Vice”は、ニューヨーク映画祭を経て、AFIフェストでも上映されましたが、現時点でランクインしていないところを見ると、本年度のノミネートは望み薄となったようです。

 また、イーストウッドの『アメリカン・スナイパー』も“Selma”と同じくAFIフェストでお披露目されていますが、ベストテン圏外のままで、(少なくとも)作品賞ノミネートは厳しいと考えられそうです。

--------------------------------

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・MCNによるオスカー2015予想 2014年11月14日:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_10.html

 ・MCNによるオスカー2015予想 2014年10月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201410/article_14.html

 ・MCNによるオスカー2015予想 第1弾(2014年9月):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201409/article_22.html

 ・早くも2015年米国アカデミー賞を予想してみました!(2014年3月):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック