完全版! ベネチア国際映画祭2014 受賞結果!

 第71回ベネチア国際映画祭の各賞が発表されました。

画像

 【コンペティション部門】

 ・“Le Dernier Coup de Marteau (The Last Hammer Blow)”(仏) 監督:Alix Delaporte
 マルチェロ・マストロヤンニ賞(Romain Paul)、Lanterna Magica Award CGS


 ・“Loin des Hommes(Far From Men)”(仏) 監督:David Oelhoffen
 SIGNIS賞、ArcaCinemaGiovani Award 最優秀作品賞、Interfilm Award for Promoting Interreligious Dialogue


 ・“3 Coeurs(3 Hearts)”(仏・独・ベルギー) 監督:ブノワ・ジャコー

 ・“La Rançon de la Gloire (The Price of Fame)”(仏・ベルギー・スイス) 監督:グザヴィエ・ボーヴォワ

 ・“Pasolini”(仏・ベルギー・伊) 監督:アベル・フェラーラ

 ・“Anime Nere(Black Souls)”(伊・仏) 監督:Francesco Munzi
 Akai International Film Fest Prize 最優秀作品賞、Francesco Pasinetti Award 最優秀作品賞、Fondazione Mimmo Rotella Award(ルイジ・ムジーニ(Luigi Musini:プロデューサー))、Schermi di qualità Award–Carlo Mazzacurati


 ・“Hungry Hearts”(伊) 監督:サヴェリオ・コスタンツォ(Saverio Costanzo)
 男優賞(アダム・ドライバー)、女優賞(アルバ・ロルヴァケル)、Francesco Pasinetti Award 女優賞(アルバ・ロルヴァケル)、Francesco Pasinetti Award スペシャル・メンション(サヴェリオ・コスタンツォ)、ユニセフ賞(Leoncino d'Oro Agiscuola per il Cinema Award Cinema for Unicef Award)



 ・“Il Giovane Favoloso”(伊) 監督:マリオ・マルトーネ
 Akai International Film Fest Prizes 女優賞(イアイア・フォルテ(Iaia Forte))、Francesco Pasinetti Award 男優賞(エリオ・ジェルマーノ)、Piero Piccioni Award(サウンドトラックに対して)、Young Jury Members of the Vittorio Veneto Film Festival 俳優賞(エリオ・ジェルマーノ)


 ・“The Cut”(独・仏・伊・ロシア・カナダ・ポーランド・トルコ) 監督:ファティ・アキン
 Young Jury Members of the Vittorio Veneto Film Festival スペシャル・メンション


 ・“The Look of Silence”(デンマーク・フィンランド・インド・ノルウェー・英) 監督:ジョシュア・オッペンハイマー
 審査員グランプリ、国際批評家連盟賞、Human Rights Nights Award、オンライン批評家賞 Mouse d'Oro、FEDEORA Award 最優秀ユーロ-地中海映画賞


 ・“A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence”(スウェーデン・独・ノルウェー・仏) 監督:ロイ・アンダーソン
 金獅子賞


 ・“The Postman’s White Nights”(ロシア) 監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
 監督賞(銀獅子賞)、Green Drop Award


 ・“Sivas”(トルコ) 監督:Kaan Müjdeci
 審査員特別賞


 ・“Tales”(イラン) 監督:ラクシャン・バニ=エテマド(Rakhshān Bani-E’temād)
 脚本賞(オゼッラ賞)


 ・“Red Amnesia (Chuangru Zhe/闖入者)”(中) 監督:ワン・シャオシュアイ
 Akai International Film Fest Prizes 新人賞(Film Revelation)


 ・『野火』“Fires on the Plain”(日) 監督:塚本晋也

 ・“99 Homes”(米) 監督:ラミン・バーラニ(Ramin Bahrani)
 SIGNIS賞スペシャル・メンション、Young Jury Members of the Vittorio Veneto Film Festival 最優秀作品賞


 ・“Manglehorn”(米) 監督:デイヴィッド・ゴードン・グリーン

 ・“Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance”(米) 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
 Future Film Festival Digital Award、Leoncino d'Oro Agiscuola Award、Padre Nazareno Taddei Award、Soundtrack Stars Award


 ・“Good Kill”(米) 監督:アンドリュー・ニコル(Andrew Niccol)

 【アウト・オブ・コンペティション部門】

 ◆Future Film Festival Digital Award スペシャル・メンション
 ◎“Italy in a Day(Un Giorno Da Italiani)”(伊・英) 監督:ガブリエレ・サルヴァトレス

画像

 ◆FEDIC Award スペシャル・メンション
 ◎“Italy in a Day(Un Giorno Da Italiani)”(伊・英) 監督:ガブリエレ・サルヴァトレス

 ◆オンライン批評家賞 Mouse d'Argento
 ◎“Olive Kitteridge”(米) 監督:リサ・チョロデンコ

画像

 ◆Best Innovative Budget Award
 ◎“Italy in a Day(Un Giorno Da Italiani)”(伊・英) 監督:ガブリエレ・サルヴァトレス

 ◆AssoMusica “Ho visto una Canzone” Award
 ◎楽曲‘Just One Day’に対して “Italy in a Day(Un Giorno Da Italiani)”(伊・英)(監督:ガブリエレ・サルヴァトレス)

 【ベネチア・クラシックス部門】

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞
 ◎“Animata Resistenza (Animated Resistance)”(2014/伊) 監督:Francesco Montagner、 Alberto Girotto


 ◆最優秀修復作品賞
 ◎『特別な一日』(1977/伊・仏) 監督:エットーレ・スコラ

 【Orizzonti部門】

 ◆最優秀作品賞
 ◎“Court”(インド) 監督:Chairanya Tamhane


 ◆審査員特別賞
 ◎“Belluscone, una storia siciliana”(伊) 監督:Franco Maresco


 ◆監督賞
 ◎Naji Abu Nowar “Theeb”(ヨルダン・UAE・カタール・英)


 ◆特別賞
 ◎Emir Hadžihafizbegović “These Are the Rules(Takva Su Pravila)”(クロアチア・仏・セルビア・マケドニア)(監督:Ognjen Svilicic)


 ◆最優秀短編賞
 ◎“Maryam”(インドネシア) 監督:Sidi Saleh


 ◆ヨーロッパ映画賞2014 短編映画賞 ベネチア代表
 ◎“Daily Bread”(イスラエル) 監督:Idan Hubel

 ◆ルイジ・ディ・ラウエンティス賞(新人監督賞)
 ◎“Court”(インド) 監督:Chairanya Tamhane


 ◆CICAE Award
 ◎“Heaven Knows What”(米・仏) 監督:Josh Safdie、Ben Safdie

画像

 ◆Akai International Film Fest Prize 女優賞
 ◎イアイア・フォルテ(Iaia Forte) “La vita oscena”(伊)(監督:レナート・デ・マリア(Renato de Maria))


 ◆ArcaCinemaGiovani Award 最優秀イタリア映画賞(Best Italian Film)
 ◎“Belluscone, una storia siciliana”(伊) 監督:Franco Maresco

 ◆FEDIC Award
 ◎“Io sto con la sposa(On the Bride's side)”(伊・パレスチナ) 監督:Antonio Augugliaro、Gabriele del Grande、Khaled Soliman al Nassiry


 ◆Francesco Pasinetti Award スペシャル・メンション
 ◎ピエロフランチェスコ・ファヴィーノ(出演・プロデューサー) “Senza nessuna pieta”(伊)(監督:ミケーレ・アルハイク(Michele Alhaique))


 ◆Human Rights Nights Award
 ◎“Io sto con la sposa(On the Bride's side)”(伊・パレスチナ) 監督:Antonio Augugliaro、Gabriele del Grande、Khaled Soliman al Nassiry

 ◆“Sorriso diverso Venezia 2014” Award
 ◎“Io sto con la sposa(On the Bride's side)”(伊・パレスチナ) 監督:Antonio Augugliaro、Gabriele del Grande、Khaled Soliman al Nassiry

 【第11回ベネチア・デイズ】

 ◆ベネチア・デイズ賞(Venice Days Award)
 ◎“Return to Ithaca(Retour a Ithaque)”(仏) 監督:ローラン・カンテ


 ◆Europa Cinemas Label
 ◎“The Dinner (I Nostri Ragazzi)”(伊) 監督:イヴァノ・デ・マッテオ(Ivano De Matteo)


 ◆イノベーション賞(The SIAE Award Innovation Award)
 ◎“The Show Mas Go On”(伊) 監督:Rä Di Martino


 ◆特別賞(The SIAE Award Special Prize)
 ◎Stefano Sollima(監督)、リカルド・トッツィ(Riccardo Tozzi)(プロデューサー) これまでの仕事全般、特にTVシリーズ“Gomorrah”(伊)に対して

 ◆観客賞(People's Choice Awards)
 ◎“The Farewell Party (Mita Tova)”(イスラエル・独) 監督:Sharon Maymon、Tal Granit


 ◆Akai International Film Fest Prize 男優賞
 ◎ヤコポ・オルモ・アンティノーリ(Jacopo Olmo Antinori) “The Dinner (I Nostri Ragazzi)”(伊)(監督:イヴァノ・デ・マッテオ(Ivano De Matteo))


 ◆Akai International Film Fest Prize 女優賞
 ◎イアイア・フォルテ(Iaia Forte) “The Show Mas Go On”(伊)(監督:Rä Di Martino)

 ◆Francesco Pasinetti Award スペシャル・メンション
 ◎イヴァノ・デ・マッテオ(Ivano De Matteo) “The Dinner (I Nostri Ragazzi)”(伊)

 ◆Brian Award-UAAR
 ◎“The Farewell Party (Mita Tova)”(イスラエル・独) 監督:Sharon Maymon、Tal Granit

 ◆Cinecibo Award
 ◎“The Dinner (I Nostri Ragazzi)”(伊) 監督:イヴァノ・デ・マッテオ(Ivano De Matteo)

 ◆Gillo Pontecorvo Arcobaleno Latino Award
 ◎“The Show Mas Go On”(伊)(監督:Rä Di Martino)

 ◆Open Award
 ◎Rä Di Martino “The Show Mas Go On”(伊)

 ◆クィア獅子賞(Queer Lion)
 ◎“Les Nuits D’Ete(Summer Nights)”(仏) 監督:Mario Fanfani


 ◆FEDEORA Award(Federation of Film Critics of Europe and the Mediterranean) 最優秀作品賞
 ◎“One On One”(韓) 監督:キム・ギドク


 ◆FEDEORA Award 新人監督賞
 ◎Adityavikram Sengupta “Labour Of Love (Asha Jaoar Majhe)”(インド)


 【第29回国際批評家週間】

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“No One’s Child(Ničije dete)”(セルビア・クロアチア) 監督:Vuk Rsumovic


 ◆観客賞(Raro Video Audience Award)
 ◎“No One’s Child(Ničije dete)”(セルビア・クロアチア) 監督:Vuk Rsumovic

 ◆FEDEORA Award(Federation of Film Critics of Europe and the Mediterranean) 最優秀作品賞
 ◎“Flapping in The Middle of Nowhere(Đập cánh giữa không trung)”(ベトナム・仏・ノルウェー・独) 監督:Nguyen Hoang Diep


 ◆FEDEORA Award 脚本賞
 ◎Vuk Rsumovic “No One’s Child(Ničije dete)”(セルビア・クロアチア)(監督:Vuk Rsumovic)

 ◆Civitas Vitae Award
 ◎Ivan Gergolet “Dancing With Maria”(伊・アルゼンチン・スロヴェニア)(監督:Ivan Gergolet)


 【その他の賞】

 ◆Soundtrack Stars Award Critic’s Choice Award
 ◎アレクサンドル・デプラ

 ◆Akai International Film Fest Prizes 批評家賞(Best Film Critic)
 ◎Beatrice Fiorentino(Il Piccolo of Triesteのジャーナリスト).

 ◆Final Cut Awards (ポスト・プロダクション・サポート)
 ◎“The Council”(ヨルダン・UAE) 監督:Yahya Alabdallah
 ◎“A Maid for Each”(レバノン・仏・ノルウェー) 監督:Maher Abi Samra
 ◎“Possessed , Djinn”(ヨルダン・独) 監督:Dalia Al Kury
 ◎“Rollaball”(南ア・ガーナ) 監督:Eddie Edwards

 【特別賞・名誉賞】

 ◆生涯金獅子賞(Golden Lion for Lifetime Achievement)
 ◎フレデリック・ワイズマン

画像

 ◎テルマ・スクーンメイカー

画像

 ◆グローリー・トゥ・ザ・フィルムメーカー賞(Jaeger-Le Coultre Glory to the Filmmaker Award)
 ◎ジェームズ・フランコ

画像

 ◆L'Oreal Paris per il Cinema Award
 ◎ヴァレンティーナ・コルティ(Valentina Corti)(イタリアの女優)

画像

 ◆Persol Visionary Award
 ◎フランシス・マクドーマンド

画像

--------------------------------

 コンペティション部門のオフィシャルの賞(審査員が決める賞)は、わずかに8つしかありませんが、外部の団体から贈られる賞がやたら多いので、上記のように、よくわからない賞でいっぱいになってしまいます。

 星取表の結果と見比べると、外部団体からは非常に評価の高い“Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance”と“Anime Nere(Black Souls)”の無冠に終わったのが意外なくらいで、あとは、まあ納得のできる受賞結果というところでしょうか。

 今回、審査員は、ベテランよりも若手、英語圏よりも非英語圏、の作品や監督をピックアップしようとしているのは明らかで、「映画祭で賞を与える意味」を十分に考えた上での授与なのだろうと思われます。
 とすると、コンチャロフスキーに賞を与えているのはおかしいですが、ひょっとするとこれは、ある種のバランス感覚か、あるいは、功労賞的な意味合いがあるのかもしれません。

 イニャリトゥは、もう既に十分に評価されていて、ヒットも約束されているので、今回は賞を贈るのが見送られたというところなのでしょうが、“Anime Nere(Black Souls)”に関してはどうして外されたのか、ちょっとわかりません。好みの問題でしょうか。

 コンペティション部門以外では、複数の賞を受賞している
 ・“Italy in a Day(Un Giorno Da Italiani)”
 ・“Io sto con la sposa(On the Bride's side)”
 ・“The Dinner (I Nostri Ragazzi)”
 ・“The Show Mas Go On”
 ・“The Farewell Party (Mita Tova)”
 ・“No One’s Child(Ničije dete)”
 といった作品の今後の展開が注目されます。

 [データ]

 ・スウェーデンからの金獅子賞受賞はこれが初めて。

 ・トルコ映画は、カンヌに続いて、上位入賞。

 ・ロシアからの監督賞受賞は、6年ぶり2回目。ソ連時代も含めると4回目。

 ・イラン映画の脚本賞受賞は初めて。

 ・同一作品から男優賞と女優賞が出るのは、2001年の『ぼくの瞳の光』以来、13年ぶり2回目。

 

 ↑ クリックしてね!


 *当ブログ記事

 ・ベネチア国際映画祭2014 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_21.html
 ・ベネチア国際映画祭2014アウト・オブ・コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201408/article_6.html
 ・ベネチア国際映画祭2014 Orizzonti部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201408/article_7.html
 ・ベネチア国際映画祭2014 ベネチア・クラシック部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201408/article_8.html
 ・ベネチア国際映画祭2014 ベネチア・デイズ、批評家週間 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201408/article_9.html

 ・ベネチア国際映画祭2014 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201408/article_19.html

 ・『野火』 in ベネチア国際映画祭2014:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201409/article_4.html

 ・“Words of Gods” in ベネチア国際映画祭2014:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201409/article_6.html

 ・『自由が丘で』 in ベネチア国際映画祭2014:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201409/article_7.html

 ・ジェームズ・フランコ in ベネチア国際映画祭2014:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201409/article_8.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月~11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック