ヨーロッパ映画賞2014 ピープルズ・チョイス賞 ノミネーション!

 第27回ヨーロッパ映画賞ピープルズ・チョイス賞の投票が、9月1日より始まりました。

 今年のノミネーションは、以下の通りです。

--------------------------------

 ・『あなたを抱きしめる日まで』(英・米・仏) 監督:スティーヴン・フリアーズ

 ・『美女と野獣』(仏・独) 監督:クリストフ・ガンズ

 ・“Two Days, One Night (Deux jours, une nuit)”(ベルギー・仏) 監督:リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ
 出演:マリオン・コティヤール、ファブリツィオ・ロンギオーヌ(Fabrizio Rongione)、オリヴィエ・グルメ、カトリーヌ・サレ(Catherine Salée)、クリステル・コルニル(Christelle Cornil)
 物語:サンドラは、ソーラーパネルの工場で働いている。彼女の雇用主は、同僚たちにボーナスを諦めるよう説得しろと言い、それができなければ、彼女はレイオフだと宣告される。従業員による最初の投票は、彼女に好ましいものではなかった。従業員たちは、週明けにもう一度投票をすることを約束する。週末。サンドラは、夫の助けを借りて、従業員たちの家を一軒一軒まわり、彼女が職を失わないで済むように、すなわち、彼女のためにボーナスを犠牲にしてくれるように説得してまわる。
 カンヌ国際映画祭2014 コンペティション部門出品。
 シドニー映画祭2014 シドニー映画賞受賞。
 モスクワ国際映画祭2014 81/2部門出品。
 トロント国際映画祭2014 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。


 ・『イーダ』(ポーランド) 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ

 ・『ニンフォマニアック』(デンマーク・独・仏・ベルギー・英) 監督:ラース・フォン・トリアー

 ・『100歳の華麗なる冒険』“Hundraåringen som klev ut genom fönstret och försvann(The Hundred-Year-Old Man Who Climbed Out the Window and Disappeared)”(スウェーデン) 監督:フェリックス・ハーングレン(Felix Herngren)
 出演:ロバート・グスタフソン(Robert Gustafsson)、イヴァル・ヴィクランデル(Iwar Wiklander)、ダヴィド・ヴィバーグ(David Wiberg)、Mia Skäringer、イェンス・フルテン(Jens Hultén)、Bianca Cruzeiro、アラン・フォード(Alan Ford)、Sven Lönn
 物語:アラン・カールソン(Allan Karlsson)が100歳の誕生日を迎える。彼の隠居宅でバースデーパーティーが開かれるが、彼はパーティーには興味はない。100歳ながらまだまだ元気な彼は、窓から飛び出して消え去る。彼は、麻薬資金の入ったスーツケースを手にしていて、それから麻薬ディーラーと警察の3つ巴の追いかけっこが始まる。一方、この騒動と併行して、彼の人生が描かれる。大統領になる前のトルーマンとの夕食、ウィンストン・チャーチルとのヒッチハイク、毛沢東の妻とのボートによる旅行、ヒマラヤを徒歩で横断したこと……。
 ヨナス・ヨナソン(Jonas Jonasson)の同名のベストセラー『窓から逃げた100歳老人』の映画化。
 スウェーデン・アカデミー賞2014 観客賞受賞。

画像

--------------------------------

 事情はわかりませんが、今年は、ノミネーション作品が昨年までの半分以下の本数に絞り込まれています。

 ヨーロッパ映画賞ピープルズ・チョイス賞のノミネーション作品は、元々ポピュラーなタイトルばかりですが、今年のノミネーションも既に日本で公開されている作品か、公開待機中の作品ばかりです。

 投票は、10月31日までで、受賞結果は、12月13日にラトヴィアのリガで行なわれる授賞式で発表されることになっています。

 各国での公開の状況が、作品によって異なっていて、条件から判断すると、『あなたを抱きしめる日まで』が最も有利にも見えますが、そんなこともないのでしょうか。

 *第27回ヨーロッパ映画賞ピープルズ・チョイス賞公式サイト:http://www.europeanfilmawards.eu/en_EN/peopleschoiceaward

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月~11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

 追記:
 ・ヨーロッパ映画賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_20.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック