アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 コンペティション部門ラインナップ!

 第54回アヌシー国際アニメーションフェスティバル(6月9日-14日)のラインナップです。

 【長編コンペティション部門】 全9作品

 ※審査員:Luiz Bolognesi(ブラジルの監督)、Rhonda Richford(THRの記者)、Rich Magallanes(ニコロデオン・アニメーションのシニア・ヴァイス・プレジデント)

 ・『ミニスキュル ~失われた蟻の渓谷』“Minuscule – Valley Of The Lost Ants”(仏) 監督:トーマス・ザボ(Thomas Szabo)、エレーヌ・ジロー(Hélène Giraud)
 物語:平和な森の中。ピクニックの残骸をめぐって、ライバルどうしのアリのコロニー間で戦争が始まる。目指すは、角砂糖の入った箱だ。戦いの最中、若いてんとうむしがクロアリを、凶暴なアカアリから助けたことで、戦争に巻き込まれる。
 NHK Eテレで放送中のCGアニメシリーズ『minuscule ミニスキュル~小さなムシの物語~』の3D劇場版。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 Zabaltegi部門出品。
 東京アニメアワードフェスティバル2014長編コンペティション部門出品。

画像

 ・“The Art Of Happiness”(伊) 監督:Alessandro Rak
 物語:セルジオとアルフレドは、兄弟で、弟のセルジオはピアノを弾き、兄のアルフレドはバイオリンを弾いて、2人で一緒に音楽活動をしていた。しかし、アルフレドは、弟を残し、仏僧になるために、ダライラマの住むダラムサラに向かう。セルジオは、やりきれない思いを無理やり抑えつけ、音楽をやめ、家族と縁を切り、ガールフレンドとも別れて、ナポリでタクシー・ドライバーの仕事に就く。彼は、タクシーの中に閉じこもって、外界の雑音を遮断し、おかしな客たちがする話をただ右から左へと流す。あれから10年。もうアルフレドはこの世にいないが、セルジオは、まだ過去を引きずっている。外では嵐が猛威を振るう。彼の中で、過去の記憶と現在の思い、そして希望と後悔とが交錯する……。
 初監督作品。
 ベネチア国際映画祭2013 国際批評家週間出品。
 レインダンス映画祭2013 第1回作品賞受賞。


 ・“Last Hijack”(独・ベルギー・アイルランド・オランダ) 監督:Femke Wolting、Tommy Pallotta
 物語:ソマリアでも、海賊行為は社会的に受け入れられなくなってきている。それでも、生活のために、漁師から海賊になるものはいなくならない。モハメドもそうして海賊になった1人だが、彼のフィアンセの両親は、そのことをよく思っていない。遠洋は危険が大きいし、海上保安も厳しくなってきているからだ。今では、海賊行為にかつてのようなヒロイックなイメージはない。戦利品も減ったが、多くの家族は、海賊行為による収入に依存している。モハメドは、あと1回海賊をやったら、フィアンセと新しい生活を始めようと決心する。
 ベルリン国際映画祭2014 パノラマ部門出品。


 ・“Lisa Limone And Maroc Orange: A Rapid Love Story”(エストニア・フィンランド) 監督:Mait Laas
 物語:フルーツ版の「ロミオとジュリエット」。マロックは、アフリカからヨーロッパにやってきた難民のオレンジ・ボーイで、勇敢だが、貧しく、社会的地位は低かった。一方、リサは、レモン・ガールで、裕福なケチャップ農園の娘だった。そんな2人が許されない恋をする。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2013出品。


 ・“The Fake”(韓) 監督:ヨン・サンホ
 物語:ある田舎の村が、水の下に沈むことになり、村人たちは引越しするための補償を受ける。チェという名の詐欺師が、貧しい村人をだまして、教会のお布施として補償金を吐き出させる。ミンチョルは、評判のよくない遊び人で、真実に気づいているが、誰も説得できない。特に人々から尊敬されているソン牧師が手ごわかったが、彼こそは、チェが詐欺の片棒を稼がせるためにスカウトした人物だった。ミンチョルは、信心深い彼の娘が、この詐欺にだまされて売春させられるにおよんで、復讐を決意する。
 『豚の王』のヨン・サンホ監督最新作。
 トロント国際映画祭2013 VANGUARD部門出品。
 釜山国際映画祭2013 韓国映画トゥデイ パノラマ部門出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2013 アニメーション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 ヒホン国際映画祭2013 Animafix部門出品。最優秀作品賞受賞。
 香港アジア映画祭2013出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2013 長編アニメーション賞ノミネート。
 米国アカデミー賞2013 長編アニメーション賞出品。
 ファンタスポルト映画祭2014 コンペティション部門出品。
 ワイルド・フラワー映画賞2014 監督賞受賞。


 ・『ジョバンニの島』(日) 監督:西久保瑞穂

 ・“Asphalt Watches”(カナダ) 監督:Shayne Ehman、Seth Scriver
 物語:スケルトン・ハットとバックトゥース・クラウドは、カナダを旅し、カルガリーでサンタクロースに会う計画を立てる。彼らは、トレイン・ホッピング(列車の連結部にタダ乗りする)で旅しようとするが、持ってきた時刻表は、古くて使い物にならず、すっかり計画が狂う。彼らは、列車から降りて、ヒッチハイクすることにする。その結果、さまざまな人々やアクデントに遭遇することになる。
 2人のヴィジュアル・アーティストが、2000年に実際に行なった、西から東へとカナダを横断する8日間のヒッチハイク旅行をアニメーション化した作品。監督の2人がそれぞれバンクーバーとトロントという離れた地で暮らしていたため、完成が遅れた。
 トロント国際映画祭2013 VANGUARD部門出品。第1回カナダ作品賞。


 ・“Cheatin’”(米) 監督:ビル・プリンプトン
 物語:ジェイクとエラは、遊園地の乗り物の衝突がきっかけで知り合い、最高のカップルになる。ところが、謎の女性に嫉妬に遭って、彼らは互いを疑い始め、ついに破局へと向かう。エラは、落ちこぼれの魔術師の力を借り、彼の禁じられた「ソウルマシン」を使って、ジェイクが関係を持つ数々の女たちの体に入り込み、2人の絆を取り戻そうとする。
 ビル・プリンプトンの第5長編。ジェームズ・M・ケインの小説にインスパイアされて制作された作品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2013出品。
 ヒホン国際映画祭2013 Animafix部門出品。最優秀作品賞受賞。
 東京アニメアワードフェスティバル2014 長編コンペティション部門出品。


 ・“The Boy and The World (O Menino e o Mundo)”(ブラジル) 監督:Alê Abreu
 物語:クカ少年は、田舎の静かな生活が好きだ。ところが、父親が都会で出ていってしまい、彼の世界は崩れてしまう。彼は、また家族で暮らせるように、父を捜して、都会に向かうが、彼が、都会で目にしたものはこれまで見たことがないものばかりだった。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2013 長編コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2013プレミア・ブラジル ニュー・トレンド 長編部門出品。審査員オナラブル・メンション受賞。


 【短編コンペティション部門】 全55作品

 ※審査員:Špela Čadež(スロヴェニアの監督)、ピヨートル・ザペギン(Pjotr Sapegin:ノルウェーの監督)、Jung Henin(『はちみつ色のユン』の監督)

 ・“365”(英) 監督:Greg Mcleod、Myles Mcleod、The Brothers Mcleod

 ・“Don't Hug Me I'm Scared 2 - Time”(英) 監督:Becky Sloan、Joe Pelling

 ・“Invocation”(英) 監督:Robert Morgan

 ・“Marilyn Myller”(英) 監督:Mikey Please

 ・“The Obvious Child”(英) 監督:Stephen Irwin

 ・“A Recipe For Gruel”(英) 監督:Sharon Smith

 ・“Through the Hawthorn”(英) 監督:Anna Benner、Pia Borg、Gemma Burditt

 ・“Hotzanak, For Your Own Safety”(西) 監督:Izibene Oñederra

 ・“Sangre De Unicornio”(西) 監督:Alberto Vázquez

 ・“La Chair De Ma Chère”(仏) 監督:Antoine Blandin

 ・“La Faillite”(仏) 監督:Jean-Jean Arnoux

 ・“Gli Immacolati”(仏) 監督:Ronny Trocker

 ・“Invasion”(仏) 監督:Hugo Ramirez、Olivier Patté

 ・“La Maison De Poussière”(仏) 監督:Jean-Claude Rozec

 ・“La Petite Casserole D'anatole”(仏) 監督:Éric Montchaud

 ・“Poils”(ベルギー) 監督:Delphine Hermans

 ・“Beauty”(伊) 監督:Rino Stefano Tagliafierro

 ・“La Testa Tra Le Nuvole”(伊) 監督:Roberto Catani

 ・“Portrait”(伊) 監督:Donato Sansone

 ・“Le Sens Du Toucher”(仏・スイス) 監督:Jean-Charles Mbotti Malolo

 ・『サンチアゴ巡礼』“Hasta Santiago”(スイス) 監督:Mauro Carraro

 ・“Timber”(スイス) 監督:Nils Hedinger

 ・“Patch”(独・スイス) 監督:Gerd Gockell

 ・“Picture Particles”(独) 監督:Thorsten Fleisch

 ・“Virtuoso Virtual”(独) 監督:Thomas Stellmach、Maja Oschmann

 ・“Theresia”(オーストリア) 監督:Thomas Steiner

 ・“Ex Animo”(ポーランド) 監督:Wojciech Wojtkowski

 ・“Hipopotamy”(ポーランド) 監督:Piotr Dumala

 ・“Sneh”(スロヴァキア・仏) 監督:Ivana Šebestová

 ・“Simhall”(スウェーデン) 監督:Niki Lindroth Von Bahr

 ・“Pilots On The Way Home”(エストニア・カナダ) 監督:オルガ・パルン、プリート・パルン

 ・“Rainy Days”(ラトヴィア・カナダ) 監督:Vladimir Leschiov

 ・“Brutus(Brut)”(ロシア) 監督:Svetlana Filippova

 ・“Vaghti Bacheh Boudam”(イラン) 監督:Maryam Kashkoolinia

 ・“Horse”(中) 監督:Jie Shen

 ・“Moshushi Dang Yu Si Wuya”(中) 監督:Sun Xun

 ・“Man On The Chair”(仏・韓) 監督:Dahee Jeong

 ・“Marchant Grenu”(仏) 監督:François Vogel

 ・『Anomalies』“Anomalies”(日・英) 監督:和田淳

 ・『É In Motion No.2』“É In Motion No.2”(日) 監督:榊原澄人

 ・『WONDER』“Wonder”(仏・日) 監督:水江未来

 ・“Grace Under Water”(オーストラリア) 監督:Anthony Lawrence

 ・“Phantom Limb”(オーストラリア・英) 監督:Alex Grigg

 ・“3e Page Après Le Soleil”(カナダ) 監督:セオドア・ウシェフ

 ・“1000 Plateaus (2004-2014)”(カナダ) 監督:Steven Woloshen

 ・“Corps Étrangers”(カナダ) 監督:Nicolas Brault

 ・“Histoires De Bus”(カナダ) 監督:Tali

 ・“Moulton Og Meg”(カナダ・ノルウェー) 監督:トーリル・コーヴェ(Torill Kove)

 ・“Nul Poisson Où Aller”(カナダ) 監督:Nicola Lemay、Janice Nadeau

 ・“Alfred Jarry & "Pataphysics"”(米) 監督:Skizz Cyzyk

 ・“Box”(米) 監督:Tarik Abdel-Dawad

 ・“Eager”(米) 監督:Allison Schulnik

 ・“Pickman's Model”(メキシコ) 監督:Pablo Ángeles

 ・“Padre (Father)”(仏・アルゼンチン) 監督:Santiago 'Bou' Grasso

 ・“Heir To The Evangelical Revival”(ベルギー・南ア) 監督:Wendy Morris

 【卒業制作コンペティション部門】 全56作品

 ※審査員(Off-Limits部門の審査員も兼任):Andrea Martignoni(イタリアの作曲家)、Michelle Kranot(デンマークの監督)、Annette Schindler(ファントーシュ映画祭のディレクター)

 ・『DEAD/デッド…』“Dead...”(英) 監督:ジョー・ビチャード(Joe Bichard)

 ・“Espero?”(英) 監督:Simone Giampaolo, Yifan Hu, Henrik Linnes

 ・“I Love You So Hard”(英) 監督:Ross Butter

 ・“Mend And Make Do”(英) 監督:Bexie Bush

 ・“My Stuffed Granny”(英) 監督:Effie Pappa

 ・“On Loop”(英) 監督:Christine Hooper

 ・“Somewhere”(英) 監督:Nicolas Ménard

 ・“Spectators”(英) 監督:Ross Hogg

 ・“Pineapple Calamari”(英) 監督:Katarzyna Nalewajka

 ・“The Age Of Curious”(英) 監督:Luca Toth

 ・“The Bigger Picture”(英) 監督:Daisy Jacobs

 ・“The Shirley Temple”(英) 監督:Daniela Sherer

 ・“Ptolmus”(ポルトガル) 監督:Josemaria Rra

 ・“Ascension”(仏) 監督:Thomas Bourdis、Caroline Domergue、Martin De Coudenhove、Colin Laubry、Florian Vecchione

 ・“Fellows In The Woods”(仏) 監督:Laura Carton

 ・“Fol'amor”(仏) 監督:Augustin Clermont、Gilles Cortella、Marthe Delaporte、Clément De Ruyter、Maïlys Garcia、Gaspard Sumeire、Pierre Rutz

 ・“Golden Boy”(仏) 監督:Ludovic Versace

 ・“Insolation”(仏) 監督:Morgane Le Péchon

 ・『グリーンフィールズ』“Greenfields”(仏) 監督:ルイ・ベタンコート(Luis Betancourt)、ベンジャミン・ヴェドレヌ(Benjamin Vedrenne)、ジョセフ・クーリー(Joseph Coury)、マイケル・デュリン(Michel Durin)、チャーリー・ネク(Charly Nzekwu)

 ・“Je Repasserai Dans La Semaine”(仏) 監督:Alizée Cholat、Sophie Devautour、Loic Espuche

 ・“Louis”(仏) 監督:Mathilde Parquet

 ・“Myosis”(仏) 監督:Emmanuel Asquier-Brassart、Ricky Cometa、Guillaume Dousse、Adrien Gromelle、Thibaud Petitpas

 ・“Rêves De Brume”(ベルギー) 監督:Sophie Racine

 ・“Gracht”(オランダ) 監督:Joost De Jong、Michael Koning、Jeroen Hoolmans、Nick Groeneveld

 ・“Imperium Vacui”(伊) 監督:Linda Kelvink, Massimo Ottoni

 ・“The Age Of Rust”(伊) 監督:Francesco Aber、Alessandro Mattei

 ・“Éphémère”(スイス) 監督:Sophie Haller

 ・“Grandpère(Grandfather)”(スイス) 監督:Kathrin Hürlimann

 ・“Ioa”(スイス) 監督:Gabriel Möhring

 ・“An Adventurous Afternoon”(独) 監督:Ines Christine Geisser、Kirsten Carina Geisser

 ・“Nebenan”(独) 監督:Andreas Marterer

 ・“Örökség”(ハンガリー) 監督:Bukta Zsolt

 ・“Symphony No 42”(ハンガリー) 監督:Réka Bucsi

 ・“Gruby I Chudy”(ポーランド) 監督:Aleksandra Brozyna

 ・“Nieprawdopodobnie Elastyczny Czlowiek”(ポーランド) 監督:Karolina Specht

 ・“Nový Druh”(チェコ) 監督:Katerina Karhánková

 ・“Rodina - Základ Života”(スロヴァキア) 監督:Marta Prokopová

 ・“Slom”(クロアチア) 監督:David Lovric

 ・“Interview”(デンマーク) 監督:Mikkel Okholm

 ・“Sukkavartaankatu 8”(フィンランド・日) 監督:エッリ・ヴオリネン(Elli Vuorinen)

 ・“Matzofim(Floats)”(イスラエル) 監督:Idan Barzilay、Mor Israeli

 ・“Clouds”(仏・インド) 監督:Stéphanie Birat、Nikita Deshpande

 ・“After School”(中) 監督:Junyi Xiao

 ・“Crack”(韓) 監督:Yong-Hae Ahn

 ・『00:08』“00:08”(日) 監督:久保雄太郎

 ・『石けり』“Kicking Rocks”(日) 監督:久保雄太郎

 ・『サイクロイド』“Cycloid”(日) 監督:黒木智輝

 ・『WAITER』“Waiter”(日) 監督:山田遼志

 ・“The Elephant's Garden”(オーストラリア) 監督:Felix Colgrave

 ・“Eyes”(米) 監督:Tom Law

 ・“Organic Instruments”(米) 監督:Chaoqi Zhang

 ・“Passer Passer”(米) 監督:Louis Morton

 ・“Strange Wonderful”(米) 監督:Stephanie Swart

 ・“Why Do I Study Physics?”(米) 監督:Xiangjun (Shixie) Shi

 ・“Fuga Animada”(ブラジル) 監督:Augusto Bicalho Roque

 ・“Lagarto”(米・ニカラグア) 監督:Miguel Jiron

 【TV作品コンペティション部門】 全29作品

 ※審査員(受託制作部門の審査員も兼任):Richard Van Den Boom(フランスのプロデューサー)、Anthony Silverston(南アの作家・脚本家・監督)、Anthony Roux(フランスの監督)

 ・“Octonauts”(英)-‘The Octonauts And The Mariana Trench Adventure’ 監督:Nicky Phelan

 ・“Wildernuts”(アイルランド)-‘A Purse For Scrunch’ 監督:Andrew Kavanagh、 Aidan Mcateer

 ・“C'est Quoi L'idée ?”(仏)-‘Les Humains’ 監督:Tanguy De Kermel

 ・“Copy Cut”(仏)-‘L'école Des Sourciers’ 監督:Pierre Volto

 ・“En Sortant De L'école”(仏)-‘Tant De Forêts’ 監督:Burcu Sankur、Geoffrey Godet

 ・“Hubert & Takako”(仏)-‘Beau Comme Un Vélo’ 監督:Hugo Gittard

 ・“Le Bien Chasser”(仏)-‘Derrick Et La Grosse Pêche’ 監督:Boris Belghiti、Maxime Paccalet

 ・“Le Donjon De Naheulbeuk”(仏)-‘Ascenseur Pour Un Fiasco’ 監督:Antoine Colomb、Guillaume Rio

 ・“Les As De La Jungle À La Rescousse”(仏)-‘Les Rubis Sont Éternels’ 監督:David Alaux

 ・“Les Crumpets”(仏)-‘Cui-Cui La Praline’ 監督:Éric Magrangeas (Dit Raoul)

 ・“Les Kassos”(仏)-Épisodes 4, 6, 9 監督:Yves Bigerel、Alexis Beaumont、Rémi Godin

 ・“La Bûche De Noël”(ベルギー・仏) 監督:Vincent Patar、Stéphane Aubier

 ・“Dimitri”(仏・ベルギー・スイス)-‘La Collection De Cacahuètes’ 監督:Agnès Lecreux、Ben Tesseur、Steven De Beul

 ・“Le Parfum De La Carotte”(仏・ベルギー・スイス) 監督:Rémi Durin、Arnaud Demuynck

 ・“Calimero(カリメロ)”(仏・伊・日)-‘Rendez-Vous Au Théâtre’ 監督:William Renaud

 ・“Il Sogno Di Brent”(伊) 監督:Alessandro Belli

 ・“Meine Schmusedecke”(独)-‘Das Huhn Auf Meiner Schmusedecke’ 監督:Angela Steffen、Andrea Deppert

 ・“Chornozem”(ウクライナ) 監督:Stepan Koval

 ・“Burka Avenger”(パキスタン)-‘Épisode N°01’ 監督:Aaron Haroon Rashid

 ・“China, Il”(米)-‘China-Man Begins’ 監督:Griffith Kimmins

 ・“Doctor Lollipop”(米) 監督:Aliki Grafft

 ・“Peg + Cat”(米)-‘The Beethoven Problem’ 監督:Jennifer Oxley、Cory Bobiak、Robert Powers、Brett Hall

 ・『レギュラーSHOW』“Regular Show”(米)-‘The Last Laserdisc Player’ 監督:Jg Quintel

 ・『サンジェイ・アンド・クレイグ』“Sanjay & Craig”(米)-‘Maximum Dennis’ 監督:Jay Howell、Ryan Crego、Matt Layzell、Tom Parkinson

 ・“Superjail!”(米)-‘The Superjail Inquisitor’ 監督:Christy Karacas

 ・“Tallica Parking Lot”(米) 監督:Juno Lee

 ・“Tumble Leaf”(米)-‘Kite’ 監督:Drew Hodges

 ・“Cuentos De Viejos”(コロンビア・西)-‘Episodio 1 : Ysabel. El Miedo Baja Del Cielo’ 監督:Marcelo Dematei、Carlos Eduardo Smith Róvira

 ・“Boa Noite Martha”(ブラジル)-‘Tente De Novo’、‘Ações Em Alta’ 監督:Vivian Altman Eberhard

 【受託制作作品コンペティション部門】(Commissioned films) 全36作品

 [広告作品部門]

 ・“A Life In Print”(英) 監督:Dan Richards

 ・John Lewis “The Bear & The Hare”(英) 監督:Elliot Dear、Yves Geleyn

 ・“Campagne Prince De Lu”(仏) 監督:Rémi Chapotot、Tristan Michel

 ・France 3 “Idents Été 2013”(仏) 監督:Nicolas Deveaux

 ・France 5 “Le Doc Sauvage”(仏) 監督:Célia Riviere

 ・“Supermoine Holypop”(仏) 監督:Bakers

 ・“The Crew”(仏) 監督:Léon Bérelle、Dominique Boidin、Maxime Luère、Rémi Kozyra

 ・20e Festival National Du Film D'animation De Bruz “Fight!”(ベルギー・仏) 監督:エマ・ドゥ・スワーフ(Emma De Swaef)、マーク・ジェイムス・ロエルズ(Marc James Roels)

 ・“Fondazione Hospice Seragnoli”(伊) 監督:Magda Guidi、Mara Cerri

 ・“Doc Meets Dorf”(独)-‘Title Sequence’ 監督:Stefan Schomerus、Egmont Mayer

 ・Fmx 2014 “Rugbybugs”(独) 監督:Matthias Baeuerle、Emanuel Fuchs、Fabian Fricke、Martin Lapp、Carl Schroeter

 ・“Cvak! Fenomen Televize”(チェコ) 監督:Michal Zabka

 ・ネピア “Tissue Animals”(日) 監督:新井風愉

 ・サントリー “Sound Of The Woods”(米・日) 監督:ウェンディ・ティルビー、アマンダ・フォービス

 ・“The Science Of Stage Fright”(オーストラリア) 監督:Robertino Zambrano

 ・Iga “Aide-Gourmet”(カナダ) 監督:Benoit Therriault、Pierre-Hugues Dallaire、Guillaume Ferron、Christopher Jones

 ・“Le Sapin D'éloïse”(カナダ) 監督:Dominic Étienne Simard

 ・Oreo Canada “Wonderfilled Skier”(カナダ) 監督:Julia Pott

 ・Tim Hortons “The Art Of Coffee”(カナダ) 監督:Eric Makila、Robin Nishio、Alan Poon

 ・“Alber Elbaz Puts On A Show For Lancôme!”(米) 監督:Allison Craig

 ・“Black Gold”(米) 監督:PES

 ・“Hatch”(米) 監督:Corrie Francis Parks

 [教育・科学・産業作品部門]

 ・“Biomasse”(仏) 監督:Julien Nantiec

 ・“La Guillotine”(仏) 監督:Cédric Villain

 [ミュージック・ビデオ部門]

 ・Savages “Marshal Dear”(英) 監督:Gergely Wootsch

 ・Aldebert “Les Amoureux”(仏) 監督:Jeffig Benjamin Le Bars、François Dufour

 ・“Disco Toccata”(仏) 監督:Grégoire Pont

 ・Kaly Live Dub “Allaxis”(仏) 監督:Thomas Fourniret

 ・Peau “Instant T”(仏) 監督:Perrine Faillet

 ・Poom “Big Bang”(仏) 監督:Axel Courtière

 ・The Lanskies “48 Hours”(仏) 監督:Thomas Pons

 ・Myung Dan Young “Veiled”(韓) 監督:Yunjung Jang

 ・SOUR “Life Is Music”(日) 監督:川村真司、井口皓太

 ・The Paper Kites “Young”(オーストラリア) 監督:Darcy Prendergast

 ・Arc Iris “Singing So Sweetly”(米) 監督:Anne Beal

 ・“China, Il”-‘Get Your Ass Back To School!’ (米) 監督:Griffith Kimmins、Angelo Hatgistavrou

 今回、広告作品部門と教育・科学・産業作品部門とミュージック・ビデオ部門は、公式サイトでは、受託制作作品コンペティション部門として1つの部門にまとめられています。審査の際、改めて3つの部門に分けて、それぞれから別個に賞を選出するのかどうかはわかりませんが、ざっと作品をチェックして、上記では3つの部門に分けてあります。

 ※ラインナップは、まだまだ続きます。

--------------------------------

 長編コンペティション部門は、モチーフとテクニックが評価されるとしたら、社会的な題材を扱った作品が強いと思われ、だとすれば、まず、“The Art Of Happiness”と“Last Hijack”と“The Fake”の3本に絞り込まれます。
 さらに絞り込むと、“The Art Of Happiness”か“The Fake”か。受賞歴からすると、“The Fake”がグランプリ最有力でしょうか。

 日本の『ジョバンニの島』は、ちょっとアヌシーのグランプリという感じでもないかもしれません。

 受託制作部門にエントリーされている作品は、ほとんどがネット上で観ることができます。
 アイデアの面白さで、魅せる作品がたくさんありましたが、ざっと観たところでは、昨年のクリスマス・シーズンに世界中で話題になったというJohn Lewisの“The Bear & The Hare”がやはり素晴らしく、何らかの受賞が期待できそうです。

 日本からのエントリーは、長編部門が1本、短編部門が3本、卒業制作部門が4本、受託制作部門が(サントリー作品を含めて)3本あります。

 新井風愉さんの“Tissue Animals”は、ユニークさやチャーミングさで傑出していますが、受賞するかどうかは、他の作品との兼ね合いと審査員の好み次第、かもしれません。

 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014のラインナップは、まだまだ続きます。

 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_32.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 ラインナップ その3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_34.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201406/article_17.html

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2013 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_42.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2013 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_1.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2013 ラインナップ その3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_2.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_16.html

 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2012 ラインナップその1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_1.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2012 ラインナップその2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_2.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2012 ラインナップその3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_3.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_12.html

 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2011 オフィシャル・セレクション ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_5.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2011 オフィシャル・セレクション以外のラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_6.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2011 オフィシャル・セレクション以外のラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_7.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_13.html

 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 オフィシャル・セレクションのラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_24.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 オフィシャル・セレクション以外のラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_26.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 オフィシャル・セレクション以外のラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_27.html
 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_13.html

 ・アヌシー国際アニメーションフェスティバル グランプリ リスト(~2007年):http://umikarahajimaru.at.webry.info/200703/article_22.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月~11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック