北京大学生電影節2014 受賞結果!

 第21回北京大学生電影節(北京大学生映画祭)(4月8日-5月10日)の各賞が発表されました。

 北京大学生電影節は、1993年から北京師範大学で行なわれている映画祭で、北京師範大学 北京市広播電影電視局(北京市ラジオ映画テレビ局)と北京師範大学 芸術与傳媒学院(芸術メディア学院)の主催で、中華人民共和国 国家広播電影電視総局(国家ラジオ映画テレビ総局)の支援を受けて、毎年、春に開催されています。

 大学生映画祭といっても、大学生が始めた映画祭でもなく、大学生が監督した映画を上映するわけでもなくて、ざっくり言うと、大学を会場として、大学生を対象として開催している映画祭というくらいの意味合いらしく、「“青春激情、学術品位、文化意識”為宗旨」(若者の情熱に訴え、大学の質的向上と、文化的覚醒を目的)とし、「大学生做、大学生看、大学生評」(大学生が行ない、大学生が観て、大学生が評価する)と言ってはいますが、大学生が観て、大学生が審査員を務めてはいるものの、国や大人の組織ががっつりからんできていて、実際的な映画祭の運営に大学生がどれだけ関わっているかははっきりとはわかりません。(準備や進行は学生が主体となって行ないつつも、市や国が強力にバックアップしている、というのが本当のところかもしれません。)

 上映作品は、最新の中国映画で、これを20以上の大学の学生からなる審査員で審査し、各賞を決定しています。(学生作品も上映されているのかどうかはわかりませんが、若いフィルムメーカーの作品は比較的多く上映されているようです。)

 期間が長いこともありますが、動員力はかなりあるようで、会期中は、のべ20万人もの観客が訪れる、と発表されています。

 なお、2011年に北京国際映画祭がスタートしてからは、その関連行事という位置づけを与えられています。

 *参考:百度百科:http://baike.baidu.com/view/557870.htm

 本年度の受賞結果は、以下の通りです。

--------------------------------

 ◆作品賞(最佳影片)
 ◎“狗十三(Einstein and Einstein)”(中) 監督:ツァオ・バオミン(曹保平)
 ・“白日焰火(Black Coal, Thin Ice)”(中・香港) 監督:刁亦男(Diao Yinan)
 ・『北京ロマンinシアトル』“北京遇上西雅図(Finding Mr. Right)”(中) 監督:シュエ・シャオルー
 ・“説説美麗世界(Tell me a beautiful world)”(中) 監督:劉一君(Yijun Liu)
 ・“青春派(Young Style)”(中) 監督:劉傑(Liu Jie)

 ◆監督賞(最佳導演)
 ◎刁亦男(Diao Yinan) “白日焰火(Black Coal, Thin Ice)”
 ・ニン・ハオ 无人区 “無人区(No Man’s Land)”(中)
 ・ツァオ・バオミン(曹保平) “狗十三(Einstein and Einstein)”
 ・ニン・イン 『オルドス警察日記』(中)
 ・劉一君(Yijun Liu) “説説美麗世界(Tell me a beautiful world)”

 ◆男優賞(最佳男演員)
 ◎ニック・チョン 『激戦』(香港)(監督:ダンテ・ラム)
 ・リャオ・ファン(廖凡) “白日焰火(Black Coal, Thin Ice)”
 ・ワン・ジンチュン(王景春) 『オルドス警察日記』
 ・チェン・タイシェン “説説美麗世界(Tell me a beautiful world)”
 ・ウー・ショウポー(呉秀波) 『北京ロマンinシアトル』

画像

 ◆女優賞(最佳女演員)
 ◎タン・ウェイ 『北京ロマンinシアトル』
 ・サンドリーナ・ピンナ “女蛹(The Chrysalis)”(中)(監督:邱処机(Chuji Qiu))
 ・チャン・ジンチュー “我的影子在奔跑(My Running Shadow)”(中)(監督:方剛亮(Gangliang Fang))
 ・ヤン・ズーシャン 『So Young』“致我們終将逝去的青春”(中)(監督:ヴィッキー・チャオ)
 ・グイ・ルンメイ “白日焰火(Black Coal, Thin Ice)”

画像

 ◆脚本賞(最佳編劇)
 ◎ニン・イン 『オルドス警察日記』
 ・焦華静(Huajing Jiao) “狗十三(Einstein and Einstein)”
 ・シュエ・シャオルー 『北京ロマンinシアトル』
 ・邱処机(Chuji Qiu)、玄武的魚 “女蛹(The Chrysalis)”
 ・劉一君(Yijun Liu) “説説美麗世界(Tell me a beautiful world)”

 ◆芸術貢献賞(芸術探索奨)
 ・“厨子戯痞子(The Chef, the Actor, the Scoundrel)”(中)(監督:クワン・フー)
 ◎『記憶が私を見る』“記憶望着我(Memories Look At Me)”(中)(監督:ソン・ファン(宋方)
 ・“白日焰火(Black Coal, Thin Ice)”
 ・“説説美麗世界(Tell me a beautiful world)”
 ・“我的影子在奔跑(My Running Shadow)”

 ◆視覚効果賞(最佳観賞効果)
 ・『激戦』
 ◎“狄仁傑之神都龍王(Young Detective Dee: Rise of the Sea Dragon)”(中)(監督:ツイ・ハーク)
 ・『ドラッグ・ウォー 毒戦』(中・香港)(監督:ジョニー・トー)
 ・“逃出生天(Out of Inferno)”(中・香港)(監督:オキサイド・パン、ダニー・パン)
 ・“無人区(No Man’s Land)”

 ◆新人賞(最佳新人)
 ◎董子健(Zijian Dong) “青春派(Young Style)”
 ・龍品旭(Pinxu Long) “我的影子在奔跑(My Running Shadow)”
 ・劉昊然(Haoran Liu) “北京愛情故事(Beijing Love Story)”(中)(監督:チェン・スーチョン(陳思成))
 ・李岷城(Mincheng Li) “百鳥朝鳳(Song of the Phoenix)”(中)(監督:ウー・ティエンミン)

 ◆第1回作品賞(最佳処女作)
 ・ヴィッキー・チャオ 『So Young』“致我們終将逝去的青春”
 ◎チェン・スーチョン(陳思成) “北京愛情故事(Beijing Love Story)”
 ・邱処机(Chuji Qiu) “女蛹(The Chrysalis)”

画像

 ◆作品賞 低予算作品部門(最佳低成本電影)
 ◎“孔二皮進城記”(中)(監督:張挺(Ting Zhang))
 ・“卒跡(ErZu)”(中)(監督:魯堅(Jian Lu))
 ・“無槍(Injustice Undone)”(中)(監督:張欣(Xin Zhang))

 ◆監督賞 低予算作品部門(最佳低成本電影導演)
 ◎魯堅(Jian Lu) “卒跡(ErZu)”
 ・王加宾(Jiabin Wang) “孔二皮進城記”
 ・張馨(Xin Zhang) “無槍(Injustice Undone)”

 ◆男優賞 低予算作品部門(最佳低成本電影男演員)
 ◎陳創(Chuang Chen) “孔二皮進城記”
 ・周波(Bo Zhou) “無槍(Injustice Undone)”
 ・蔡鴻翔(Hongxiang Cai) “父親的旅程(My Father's Journey)”(中)(監督:曹丹)

画像

 ◆女優賞 低予算作品部門(最佳低成本電影女演員)
 ◎沈傲君(Aojun Shen) “胡巧英告状”(中)(監督:宋国鋒(Guofeng Song))
 ・徳姫 “甘南情歌”(中)(監督:高力強(Liqiang Gao))
 ・張立昕(Lixin Zhang) “逆襲(A Young Girl's Destiny)”(中)(監督:安戦軍(Zhanjun An))

画像

 ◆民族題材特別奨
 ◎“諾日吉瑪”(中)(監督:巴音(Bayin))

 ◆組織委員会大賞(組委会大奨)
 ◎“百鳥朝鳳(Song of the Phoenix)”
 ◎“同桌的妳(My Old Classmate)”(中)(監督:郭帆(Frant Gwo))

 ◆審査員賞(評委会大奨)
 ◎“説説美麗世界(Tell me a beautiful world)”
 ・『北京ロマンinシアトル』
 ・“青春派(Young Style)”

 ◆大学生人気監督賞(最受大学生歓迎導演)
 ◎クワン・フー(管虎)

画像

 ◆大学生人気男優賞(最受大学生歓迎男演員)
 ◎ウィリアム・フォン(馮紹峰)

画像

 ◆最受大学生歓迎女演員
 ◎アンジェラベイビー

画像

 ◎グイ・ルンメイ

画像

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・“説説美麗世界(Tell me a beautiful world)”(1/6):作品・監督・男優・脚本・芸術・審査員
 ・“狗十三(Einstein and Einstein)”(1/3):作品・監督・脚本
 ・“白日焰火(Black Coal, Thin Ice)”(1/5):作品・監督・男優・女優・芸術
 ・『北京ロマンinシアトル』“北京遇上西雅図(Finding Mr. Right)”(1/5):作品・男優・女優・脚本・審査員
 ・“青春派(Young Style)”(1/3):作品・新人・審査員
 ・『オルドス警察日記』(1/3):監督・男優・脚本
 ・“女蛹(The Chrysalis)”(0/3):女優・脚本・第1回
 ・“我的影子在奔跑(My Running Shadow)”(0/3):女優・芸術・新人
 ・『激戦』(1/2):男優・視覚効果
 ・“北京愛情故事(Beijing Love Story)”(1/2):新人・第1回
 ・“無人区(No Man’s Land)”(0/2):監督・視覚効果
 ・『So Young』(0/2):女優・第1回
 ・“百鳥朝鳳(Song of the Phoenix)”(0/1):新人 +組織委
 ・“孔二皮進城記”(2/3):低予算作品・低予算監督・低予算男優
 ・“無槍(Injustice Undone)”(0/3):低予算作品・低予算監督・低予算男優
 ・“卒跡(ErZu)”(1/2):低予算作品・低予算監督

 審査対象となった作品は、低予算部門を除いて、全部で34作品あり、そのうち何らかの部門でノミネートされている作品は、18作品あります。

 1部門もノミネートされなかった作品の中には、『ポリス・ストーリー/レジェンド』や『初恋未満』、Kenneth Biの“Control(控制)”などがあります。

 エントリー作品には、2012年から2014年までの作品があり、ジャンルとしてはフィクションの実写作品のみで、国籍では、純粋な香港映画は除かれ、中国との共同作品であれば可ということになっているようです。

 内容的には、若者が好むようなエンタテインメント系作品中心で、中国映画週間で上映されるような作品が多く、体制批判的な内容を含む作品や、当局が好ましからざると考えるようなモチーフを含む作品は、エントリーから外されているようです。

 受賞結果は、“孔二皮進城記”を除き、1つの作品に1つの賞が与えられています。
 過去のデータを見てみると、1つの作品が複数の部門で受賞していることもごく普通にあるので、こういう結果になったのは、たまたまであるようです。

 若者らしい大胆さや尖がったところ、観念的な傾向があってもいいように思いますが、特にそういう部分もなく、かといって、ミーハーでもシネフィル的でもなく、ごくまじめな審査結果になっている、と言っていいでしょうか。

--------------------------------

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・中国電影導演協会年度表彰大会2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_14.html

 ・上海国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_23.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月~11月: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

--------------------------------

 ・“狗十三(Einstein and Einstein)”(中) 監督:ツァオ・バオミン(曹保平)
 物語:リー・ワンは、天体物理学が好きで、生活のすべてをそれに捧げている。他人は、彼女のことをちょっとおかしいと考えているようだったが、それ以外は、彼女に変わったところはなかった。父と継母は、彼女を祖父母のところに行かせる。それは、表向きは、両親が忙しいからということだったが、実は2人の間に子供が生まれるからで、リーには内緒にされていた。彼女は、自分が大事にされているのかどうかと悩む。リーは、いとこに英語を教える代わりに、ローラースケートを教えてもらう。父は、リーのご機嫌を取るために、子犬をプレゼントする。最初、リーはあまり気乗りしなかったが、アインシュタインと名づけたその犬が大好きになる。アインシュタインがいなくなった時、両親は彼女を慰めるが、リーはもう親の欺瞞やウソにはだまされるのはまっぴらだと思うのだった。
 “愛因斯坦和愛因斯坦”より改題。
 釜山国際映画祭2013 アジア映画の窓部門出品。
 ベルリン国際映画祭2014 ジェネレーション14plus部門出品。インターナショナル審査員賞スペシャル・メンション受賞。

画像

 “白日焰火(Black Coal, Thin Ice)”(中) 監督:刁亦男(Yinan Diao)
 出演:リャオ・ファン(廖凡/Fan Liao)、グイ・ルンメイ、ワン・シュエビン(Xuebing Wang/王学兵)
 物語:1999年、中国北部の村で残忍な事件が起こる。殺人犯を追った2人の警官も殺され、他にも負傷者が出る。生き残った警官チャンは、任を解かれ、工場のガードマンになる。5年後、再び謎の事件が起こる。チャンは、かつての同僚を助けるために、自分で調査を始める。彼は、すべてがクリーニング屋で働く若い女性ウーに関係していると考え、客になりすまして、彼女を観察する。ところが、そのうち、彼は寡黙なウーに惹かれていく。ある冬の日、彼は、自分が有罪か無罪かの判断がつかなくなり、非常に危険な状態にいることに気づく。
 ベルリン国際映画祭2014 コンペティション部門出品。金熊賞、男優賞(リャオ・ファン)受賞。


 ・『北京ロマンinシアトル』“北京遇上西雅図(Finding Mr. Right)” 監督:シュエ・シャオルー
 出演:タン・ウェイ、ウー・ショウポー(呉秀波)、ハイ・チン(海清)
 物語:「文佳佳は映画「めぐり逢えたら」のようなロマンティックな恋愛を夢見ている女性。しかし現実は厳しく、彼女はお腹の中の子供にアメリカの居住権を与えるために単身シアトルに渡る。海外からの妊婦を引き受ける個人経営の出産センターでは、彼女のわがままで傍若無人な言動によって大家さんや他の妊婦から孤立してしまう。そんな彼女が唯一頼りにしているのが運転手のフランクであった。素朴で生真面目そうに見えるフランクだが彼にも複雑な事情があった。実はかつては中国で一流の心臓疾患の外科医として働いていたのである。フランクの静かな優しさはやがて、文佳佳の冷たい心を溶かしていく。金づるであった愛人が失踪し一夜にして一文無しとなってしまった彼女を助けたのもフランクであった。フランクとその娘・ジュリーと穏やかな日々を過ごし、暖かい家庭の愛を知った文佳佳。無事に出産を終えシアトルでの生活も残り少なくなってきた頃、文佳佳とフランクは互いに惹かれあっていることに気づく。湯唯、呉秀波2大スター共演の大ヒット作品。」
 『海洋天堂』のシュエ・シャオルー監督最新作。
 上海影評人奨2013 女優賞受賞(タン・ウェイ)。
 2013東京/沖縄・中国映画週間出品。
 香港電影金像奨2014 主演女優賞・脚本賞ノミネート。

画像

 ・“説説美麗世界(Tell me a beautiful world)”(中) 監督:劉一君(Yijun Liu)
 物語:羅光明は、20歳の時に、遺伝的な病気で、医者から失明すると診断される。父が亡くなり、脚の不自由な兄ともども、頼れるのは母だけだ。まだまだ生きたいし、言葉も知りたい。そして何より美しいものを理解したい。なのに、ゆっくりと失明に向かっている。ある日、泣いている赤ん坊を見つける。彼は、その子を家に連れ帰り、父親がわりになる。その子は口蓋裂だったが、とてもよく話す。彼は、お金を貯めて、この子を医者に診せてやりたいと考えるようになる。

画像

 ・“青春派(Young Style)”(中) 監督:劉傑(Liu Jie)
 物語:2011年の北京。大学入試統一試験が5日後に迫っている。Ju Ran(居然)は、16歳だが、飛び級で進級しているので、早くも受験を迎える。目指すは、名門の復旦大学だ。ところが、彼は、グループ写真撮影時に、3年間思い続けた18歳の同級生のHuang Jingjing(黄晶晶)に、タゴールの詩を捧げて、みんなの前で恋の告白をする。その恋は、うまく行きかけたが、母にみつかって、外出禁止を言い渡されてしまう。なにしろ、母は、息子が受験に成功するために、夫を郊外の家に残して、息子と2人暮らしをするほど、居然の受験に力を入れている。そんな母に隠れて、居然は窓から抜け出して彼女に会いに行こうとし、落ちて、尾骨を折ってしまう。その結果、試験にも失敗し、黄晶晶も去る。彼は、1年間の留年を決意し、再度、復旦大学を目指す。同じ指導教官に、新しい同級生。クラスには、Ju Ran のことが好きなSun Xiaofanや、Sun Xiaofanを好きな、ギャングのリーダーのJia Di、メガネのQi Mingzhi、女の子っぽいLi Feiらがいる。Ju Ranは、彼らの間で、恋愛マスターとなる。学校にHuang Jingjingが、名誉卒業生としてやってくる。彼女は、Ju Ranに、ほかの女の子とデートするのはかまわない。でも復旦大学に合格したら、またつきあってあげると言う。試験が近づいてくるが、彼が乗り越えなければならない障害はあまりも多い。
 上海国際映画祭2013第10回メディア大奨(電影頻道伝媒大奨) 男優賞受賞(董子健)。
 台湾・金馬奨2013 新人賞ノミネート(董子健)。

画像

 ・“百鳥朝鳳(Song of the Phoenix)”(中) 監督:ウー・ティエンミン
 物語:風光明媚な田舎の村。ユー・ティエンミンは、そこで中国の伝統音楽(suona music)を教わる。彼は、長じて自分の楽団を組むまでになるが、やがてその音楽はもう時代遅れであり、現代中国のライフスタイルには合わないという厳しい現実をつきつけられる。仲間は、都会での仕事を探して去っていく。しかし、彼は、これを天職と信じ、師の教えに忠誠を誓う。師が亡くなった時、彼は墓の前で“Song of the Phoenix”を演奏する。その演奏は、参列した村人の心に響き渡る。
 2014年3月14日に亡くなったウー・ティエンミン監督の遺作。
 金鶏奨2013 作品賞・主演男優賞・助演女優賞・録音賞ノミネート。

画像

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック