カナダ・スクリーン・アワード(カナダ・アカデミー賞)2014 受賞結果!

 第2回カナダ・スクリーン・アワードの結果が発表されました。(3月9日。ノミネーション発表は1月13日。)

 カナダ・スクリーン・アワードは、カナダのアカデミー賞と呼ばれたジニー賞と、カナダのテレビ番組に対する賞ジェミニ賞が2013年に統合されて誕生した賞で、部門数が非常に多くて、授賞式は3日間にわたって行なわれ、映画部門の発表は、最終日に行なわれることになっています。

 本年度の映画部門のノミネーション&受賞結果は以下の通りです。

--------------------------------

 ◆作品賞(Motion Picture)
 ・“Le Démantèlement (The Dismantling)”(カナダ) 監督:Sébastien Pilote
 ・“Empire of Dirt”(カナダ) 監督:ピーター・ステッビングス(Peter Stebbings)
 ・“Enemy”(カナダ・西) 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
 ・“The F Word”(アイルランド・カナダ) 監督:マイケル・ドース(Michael Dowse)
 ◎“Gabrielle”(カナダ) 監督:Louise Archambault
 ・“The Grand Seduction”(カナダ) 監督:ドン・マッケラー(Don McKellar)
 ・“Maïna”(カナダ) 監督:Michel Poulette
 ・『トム・アット・ザ・ファーム』“Tom à la ferme (Tom at the Farm)”(カナダ・仏) 監督:グザヴィエ・ドラン

 グザヴィエ・ドランは、2年連続ノミネート。


 ◆監督賞
 ・グザヴィエ・ドラン 『トム・アット・ザ・ファーム』“Tom à la ferme”
 ・マイケル・ドース “The F Word”
 ・Sébastien Pilote “Le Démantèlement”
 ・Pedro Pires、ロベール・ルパージュ(Robert Lepage) “Triptyque”(カナダ)
 ◎ドゥニ・ヴィルヌーヴ “Enemy”

 グザヴィエ・ドランとマイケル・ドースは、2年連続ノミネート。


 ◆主演男優賞
 ◎ガブリエル・アルカン “Le Démantèlement”
 ・ブレンダン・グリーソン “The Grand Seduction”
 ・ジェイク・ギレンホール “Enemy”
 ・ダニエル・ラドクリフ “The F Word”
 ・Rajesh Tailang “Siddharth”(カナダ・インド)(監督:Richie Mehta)


 ◆主演女優賞
 ・Cara Gee “Empire of Dirt”
 ・Isabelle Guérard “Rouge sang”(カナダ)(監督:Martin Doepner)
 ・Kawennahere Devery Jacobs “Rhymes for Young Ghouls”(カナダ)(監督:Jeff Barnaby)
 ◎Gabrielle Marion-Rivard “Gabrielle
 ・Tatiana Maslany “Cas & Dylan”(カナダ)(監督:Jason Priestley)


 ◆助演男優賞
 ・Jay Baruchel “The Art of the Steal”(カナダ・米)(監督:Jonathan Sobol)
 ・Pierre-Yves Cardinal 『トム・アット・ザ・ファーム』“Tom à la ferme”
 ・Marc Labrèche “Whitewash”(カナダ)(監督:Emanuel Hoss-Desmarais)
 ・Alexandre Landry “Gabrielle”
 ◎ゴードン・ピンセント(Gordon Pinsent) “The Grand Seduction”

 ◆助演女優賞
 ・Florence Blain Mbaye “L'autre maison”(カナダ)(監督:マチュー・ロワ(Mathieu Roy))
 ・エヴリーヌ・ブロシュ(Évelyne Brochu) 『トム・アット・ザ・ファーム』“Tom à la ferme”
 ・Mackenzie Davis “The F Word”
 ◎サラ・ガドン(Sarah Gadon) “Enemy”
 ・ジェニファー・ポデムスキー(Jennifer Podemski) “Empire of Dirt”

 エヴリーヌ・ブロシュは、前回は主演女優賞にノミネート。

 ◆オリジナル脚本賞
 ・“Whitewash” Emanuel Hoss-Desmarais、Marc Tulin
 ◎“Empire of Dirt” Shannon Masters
 ・“Siddharth” Richie Mehta
 ・“Le Démantèlement” Sébastien Pilote
 ・“The Art of the Steal” Jonathan Sobol


 ◆脚色賞
 ・『トム・アット・ザ・ファーム』“Tom à la ferme” ミシェル・マルク・ブシャール(Michel Marc Bouchard)、グザヴィエ・ドラン
 ・“Enemy” ハビエル・グヨン(Javier Gullón)
 ・“Triptyque” ロベール・ルパージュ(Robert Lepage)
 ◎“The F Word” エラン・マスタイ(Elan Mastai)
 ・“The Grand Seduction” ケン・スコット(Ken Scott)、マイケル・ドース

 グザヴィエ・ドランは、前回はオリジナル脚本賞にノミネート。


 ◆撮影賞
 ◎“Enemy” ニコラ・ボルデュク(Nicolas Bolduc)
 ・“Le Météore”(カナダ)(監督:François Delisle) François Delisle
 ・『アップサイドダウン 重力の恋人』“Upside Down”(カナダ・仏)(監督:ファン・ソラナス(Juan Solanas)) ピエール・ギル(Pierre Gill)
 ・“Mama”(カナダ・西)(監督:アンドレス・ムシェッティ(Andrés Muschietti))  アントニオ・リエストラ(Antonio Riestra)
 ・“Maïna” Allen Smith

 ニコラ・ボルデュクは、2年連続受賞。前回は『魔女と呼ばれた少女』で受賞。

 ◆編集賞
 ・“Amsterdam”(カナダ)(監督:Stefan Miljevic) Carina Baccanale
 ・“Gabrielle” リシャール・コミュー(Richard Comeau)
 ◎“Enemy” マシュー・ハンナム(Matthew Hannam)
 ・“The Dirties”(カナダ)(監督:Matt Johnson) Evan Morgan、Matt Johnson
 ・“Empire of Dirt” Jorge Weisz

 リシャール・コミューは、前回は『魔女と呼ばれた少女』で受賞。

 ◆美術賞(Art Direction/Production Design)
 ・“Maïna” ジャン・ベコット(Jean Bécotte)
 ・“Le Démantèlement” マリオ・エルヴュー(Mario Hervieux)
 ・『シャドウハンター』(米・独・カナダ)(監督:ハラルド・ズワルト) トニー・イアーニ(Anthony Ianni)、フランソワ・セグワン(François Séguin)
 ◎“Louis Cyr, l'homme le plus fort du monde”(カナダ)(監督:Daniel Roby) ミシェル・プルール(Michel Proulx)
 ・“Enemy” パトリス・ヴァーメット(Patrice Vermette)

 ◆衣裳デザイン賞
 ◎“Louis Cyr, l'homme le plus fort du monde” Carmen Alie
 ・“The Colony”(カナダ)(監督:Carmen Alie) Lea Carlson
 ・“Maïna” Véronique Marchessault
 ・“Molly Maxwell”(カナダ)(監督:Sara St. Onge) Sarah Millman
 ・『シャドウハンター』 ゲーシャ・フィリップス(Gersha Phillips)


 ◆メイキャップ賞
 ・“Maïna” Brigitte Bilodeau
 ・“Cottage Country”(カナダ)(監督:Peter Wellington)  フランソワ・ダジュネ(François Dagenais)、Traci Loader
 ・“The Colony” Louise Mackintosh、Peggy Kyriakidou、Shauna Llewellyn
 ◎『シャドウハンター』 Jo-Ann Macneil、Karola Dirnberger、Paul Jones
 ・“Mama” ダビド・マルティ(David Marti)、Linda Dowds、モンセ・リベ(Montse Ribe)

 ◆録音賞(Overall Sound)
 ・“Amsterdam” Arnaud Derimay、Benoît Leduc、ステファン・ベルゲロン(Stéphane Bergeron)
 ・“Gabrielle” Bernard Gariépy Strobl、Pierre Bertrand
 ◎『シャドウハンター』 Andrew Tay、David Drage、David Giammarco、Greg Chapman、Matt McKenzie、Peter Persaud
 ・“Siddharth” Joe Morrow、Lalit Malik、ルー・ソラコフスキ(Lou Solakofski)
 ・『トム・アット・ザ・ファーム』“Tom à la ferme” フランソワ・グルノン(François Grenon)、オリヴィエ・ゴワナール(Olivier Goinard)、Sevan Koryan、シルヴァン・ブラサール(Sylvain Brassard)

 Bernard Gariépy Stroblは、前回は『魔女と呼ばれた少女』で受賞。3年連続ノミネート。
 ルー・ソラコフスキは、前回は『アンチヴァイラル』でノミネート。3年連続ノミネート。
 シルヴァン・ブラサールは、前回は『わたしはロランス』で音響編集賞ノミネート。


 ◆音響編集賞(Sound Editing)
 ◎『シャドウハンター』 Alex Bullick、Christian Schaaning、J.R. Fountain、Jill Purdy、Kevin Banks、Nathan Robitaille、Nelson Ferreira、Stephen Barden、Steve Baine
 ・“Gabrielle” シルヴァン・ベルマール(Sylvain Bellemare)
 ・『トム・アット・ザ・ファーム』“Tom à la ferme” Guy Francoeur、Isabelle Favreau、Sylvain Brassard
 ・“Louis Cyr, l'homme le plus fort du monde” Antoine Morin、Christian Rivest、Guy Pelletier、Martin Pinsonnault、Mireille Morin、Paul Col

 Jill Purdy とKevin Banks とStephen Barden とSteve Baineは、前回は『バイオハザードV:リトリビューション』でノミネート。
 Isabelle Favreauは、前回は『わたしはロランス』でノミネート。

 ◆視覚効果賞
 ・“Enemy” Laetitia Séguin、Marie-Cecile Dahan、Mathieu Veillette、Matthew Rouleau、Mikael Damant-Sirois、Patrick David、Vincent Poitras
 ・“Louis Cyr, l'homme le plus fort du monde” Aélis Héraud、Antoine Wibaut、Catherine Hébert、Cyntha Carrier、David Raymond、Jonathan Legris、Josée Chapdelaine、Louis-Alexandre Lord、Pierre-Simon Lebrun-Chaput、Sarah Neveu
 ・“Mama” アーロン・ウァイントローブ(Aaron Weintraub)、Ayo Burgess、デニス・ベラルディ(Dennis Berardi)、Edward J. Taylor IV、Jason Gougeon、カイル・ヨネダ(Kyle Yoneda)、Michael Borrett、Michael Rice、サラ・マクマード(Sarah McMurdo)、Tamara Stone
 ◎『シャドウハンター』 Andy Robinson、デニス・ベラルディ(Dennis Berardi)、Edward J. Taylor IV、James Cooper、ジェイソン・エドワーズ(Jason Edwardh)、Jo Hughes、Leann Harvey、ショーン・ミルズ(Sean Mills)、Stephen Wagner、Trey Harrell
 ・『アップサイドダウン 重力の恋人』 Annie Normandin、Dominic Daigle、François Dumoulin、Marc Morisette、Marc Morisette

 デニス・ベラルディとEdward J. Taylor IVは、2作品でノミネート。
 カイル・ヨネダと、デニス・ベラルディ、ジェイソン・エドワーズ、Jo Hughes、Leann Harveyは、前回は『バイオハザードV:リトリビューション』で受賞。
 デニス・ベラルディとジェイソン・エドワーズは、3年連続ノミネート。
 Dominic Daigleは、前回は“Mars et Avril”でノミネート。
 Marc Morisetteは、前回は『魔女と呼ばれた少女』でノミネート。


 ◆オリジナル作曲賞
 ◎“Enemy” ダニー・ベンジー(Danny Bensi)、ソーンダー・ジュリアーンズ(Saunder Jurriaans)
 ・“Roche papier ciseaux”(カナダ)(監督:Yan Lanouette Turgeon)  ラマチャンドラ・ボルカル(Ramachandra Borcar)
 ・“Rouge sang” ミシェル・クッソン(Michel Cusson)
 ・“Maïna” キム・ゲーブリー(Kim Gaboury)、ミシェル・クッソン(Michel Cusson)
 ・『トム・アット・ザ・ファーム』“Tom à la ferme” ガブリエル・ヤレド

 ダニー・ベンジーとソーンダー・ジュリアーンズは、『マーサ、あるいはマーシー・メイ』などを手がける音楽家。
 ミシェル・クッソンは、2作品&2部門でノミネート。


 ◆オリジナル歌曲賞
 ・“Rouge sang”-‘À la claire fontaine’ ミシェル・クッソン(Michel Cusson)
 ◎“The Right Kind of Wrong”(カナダ)(監督:ジェレマイア・S・チェチック)- ‘It's No Mistake’ Jimmy Harry、Serena Ryder
 ・“Stay”(カナダ・アイルランド)(監督:ヴィープケ・フォン・カロルスフェルト(Wiebke von Carolsfeld))-‘Iva/Moses’ Maerin Hunting
 ・“The Legend of Sarila”(カナダ)(監督:Nancy Florence Savard)-‘Far Away’ Elisapie Isaac
 ・“Down River”(カナダ)(監督:ベンジャミン・ラトナー(Benjamin Ratner))-‘Molly’ コリーン・レニソン(Colleen Rennison)

 ミシェル・クッソンは、2作品&2部門でノミネート。

 ◆短編映画賞(Best Live Action Short Drama)
 ・“Mémorable moi”(カナダ) 監督:Jean-François Asselin
 ・“Ina Litovski”(カナダ) 監督:Anaïs Barbeau-Lavalette、André Turpin
 ◎“Noah”(カナダ) Patric Cederberg、Walter Woodman
 ・“A Grand Canal”(カナダ・中) 監督:Johnny Ma
 ・“Nous avions”(カナダ) 監督:Stéphane Moukarzel

 “Noah”は、トロント国際映画祭2013 最優秀カナダ短編賞、クレモンフェラン国際短編映画祭2014 グランプリ&観客賞受賞。
 “A Grand Canal”は、コロンビア大学映画祭2013 映画祭賞&NBR賞受賞。

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Best Feature Length Documentary)
 ・“Hi-Ho Mistahey!”(カナダ) 監督:Alanis Obomsawin
 ・“My Prairie Home”(カナダ) 監督:Chelsea McMullan
 ・“People of a Feather”(カナダ) 監督:Joel Heath
 ・“Vanishing Point”(カナダ・グリーンランド) Stephen A. Smith、Julia Szucs
 ◎“Watermark”(カナダ) 監督:ジェニファー・バイチウォル(Jennifer Baichwal)、エドワード・バーティンスキー(Edward Burtynsky)

 “Hi-Ho Mistahey!”は、トロント国際映画祭2013 ピープルズ・チョイス賞第2席。
 “My Prairie Home”は、バンクーバー国際映画祭2013 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 “People of a Feather”は、バンクーバー国際映画祭2011 観客賞 環境映画賞部門受賞。ベンクーバー映画批評家協会賞2012 最優秀ブリティッシュ・コロンビア映画賞受賞。レオ賞2012 作品賞・最優秀長編ドキュメンタリー賞・ドキュメンタリー部門脚本賞受賞。ニューヨーク映画祭2012 監督賞ブロンズ賞&撮影賞シルバー賞受賞。
 “Vanishing Point”は、カナダ監督組合賞2013ノミネート。
 “Watermark”は、バンクーバー映画批評家協会賞2014 作品賞・ドキュメンタリー賞ノミネート。


 ◆短編ドキュメンタリー賞(Best Short Documentary)
 ◎“Chi”(カナダ) 監督:Anne Wheeler
 ・“Just As I Remember”(カナダ) 監督:Andrew Moir
 ・“Mary & Myself”(カナダ) Sam Decoste、Annette Clarke

 “Just As I Remember”は、トロント映画批評家協会賞2013 最優秀学生作品賞受賞。


 ◆短編アニメーション賞(Best Animated Short)
 ・“Impromptu”(カナダ) 監督:Bruce Alcock
 ・“The End of Pinky”(カナダ) 監督:Claire Blanchet
 ・“Hollow Land”(デンマーク・カナダ・仏) 監督:Michelle Kranot、Uri Kranot
 ◎“Subconscious Password”(カナダ) 監督:クリス・ランドレス
 ・“Gloria Victoria”(カナダ) 監督:セオドア・ウシェフ


 【特別賞・名誉賞】

 ◆クロード・ジュトラ賞/第1回作品賞(Claude Jutra Award)
 ◎Emanuel Hoss-Desmarais “Whitewash”

 ◆ゴールデン・リール賞/ボックス・オフィス賞(Golden Reel Award)
 ◎『シャドウハンター』

 ◆アカデミー監督委員会トリビュート(Academy Board of Directors’ Tribute)
 ◎テッド・コッチェフ
 カナダの映画&TVへの優れて永続的な貢献に対して(For Outstanding and Enduring Contributions to Canadian Film & Television)。
 テッド・コッチェフは、『ランボー』や『スイッチング・チャンネル』、『あぶない!?ウィークエンド』、TVシリーズ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』などで知られる監督。

 ◆アカデミー監督委員会トリビュート(Academy Board of Directors’ Tribute (Posthumously))
 ◎Marge Anthony(故人)
 カナダの映画&TVへの優れて永続的な貢献に対して(For Outstanding and Enduring Contributions to Canadian Film & Television)

 ◎Alan Sawyer(故人)
 カナダのデジタル・メディアにおける優れた貢献に対して(For an Outstanding Achievement in Canadian Digital Media sponsored by the Ontario Media Development Corporation (OMDC))。

 ◆Gordon Sinclair Award for Broadcast Journalism
 ◎W5(北米で最も長く続いているCTVのニュースマガジン)

 ◆ヒューマニタリアン賞(Humanitarian Award)
 ◎Alanis Obomsawin(ファースト・ネーション文化に関するドキュメンタリーを監督・製作しているケベックの映画作家)
 コミュニティーや公共事業に対する類まれな貢献に対して(For Exceptional Contributions to Community & Public Service)。

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎デイヴィッド・クローネンバーグ
 カナダ映画&TV産業に対する類まれな貢献に対して(For Exceptional Contribution to the Canadian Film & Television Industry)。


 ◆Earle Grey Award(俳優に贈られる生涯貢献賞)
 ◎コルム・フィオール(Colm Feore)


 ◆Margaret Collier Award(カナダのTVで活躍する脚本家に贈られる生涯貢献賞)
 ◎セミ・チェラス(Semi Chellas)
 カナダのTVに対する脚本家としての類まれな貢献に対して(For a Writer’s Exceptional Contribution to Canadian Television sponsored by Halfire-CORE Entertainment)

 ◆技術貢献賞(Outstanding Technical Achievement Award)
 ◎CTV News’ iGATEWAY
 カナダの映画&TV産業への最近の技術的貢献に対して(For Recent Canadian Technical Achievements in Canadian Film & Television)。

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・“Enemy”(5/10):作品・監督・主演男優・助演女優・脚色・撮影・編集・美術・視覚効果・作曲
 ・『トム・アット・ザ・ファーム』(0/8):作品・監督・助演男優・助演女優・脚色・録音・音響編集・作曲
 ・『シャドウハンター』(4/6):美術・衣裳・メイク・録音・音響編集・視覚効果
 ・“Gabrielle”(2/6):作品・主演女優・助演男優・編集・録音・音響編集
 ・“Maïna”(0/6):作品・撮影・美術・衣裳・メイク・作曲
 ・“Le Démantèlement(The Dismantling)”(1/5):作品・監督・主演男優・脚本・美術
 ・“Empire of Dirt”(1/5):作品・主演女優・助演女優・脚本・編集
 ・“The F Word”(1/5):作品・監督・主演男優・助演女優・脚色
 ・“Louis Cyr, l'homme le plus fort du monde”(2/4):美術・衣裳・音響編集・視覚効果
 ・“The Grand Seduction”(1/4):作品・主演男優・助演男優・脚色
 ・“Siddharth”(0/3):主演男優・脚本・録音
 ・“Rouge sang”(0/3):主演女優・作曲・録音
 ・“Mama”(0/3):撮影・メイク・視覚効果
 ・“Triptyque”(0/2):監督・脚色
 ・“The Art of the Steal”(0/2):助演男優・脚本
 ・“Whitewash”(0/2):助演男優・脚本
 ・『アップサイドダウン 重力の恋人』(0/2):撮影・視覚効果
 ・“Amsterdam”(0/2):編集・録音
 ・“The Colony”(0/2):衣裳・メイク

 一見、かなり多くの作品に目配せしてノミネーションを行なっているように見えますが、ジニー賞時代から高い評価を得てきたドゥニ・ヴィルヌーヴ(ノミネートされた4回の監督賞と2回の脚本賞をすべて受賞、作品賞も3作品で受賞)の“Enemy”が最多受賞となったのに対して、グザヴィエ・ドランの『トム・アット・ザ・ファーム』は8部門でノミネートされながら無冠に終わる、などジニー賞時代から続くこの映画賞の好みが今回の受賞結果にもはっきりと現われています。

 バンクーバー映画批評家協会賞で、作品賞を含む3部門で受賞した“The Dirties”は、編集賞にノミネートされただけで無冠に終わり、バンクーバー国際映画祭2013 最優秀カナダ映画賞を受賞した“Rhymes for Young Ghouls”も主演女優賞にノミネートされただけで無冠となり、国際的に高い評価を受けている“Sarah Prefers To Run (Sarah préfère la course)”は1部門もノミネートされませんでした。

 「保守的」という言葉で片づけていいのかどうかはわかりませんが、ノミネーションにも受賞結果にも好みや偏りがあるのは間違いなく、少なくともグザヴィエ・ドランがカナダ・スクリーン・アワードのメンバーにはまだ受け入れられていないことは確かなようです。

 ま、よくも悪くもこれがカナダ・スクリーン・アワードのチョイスであるとも言え、今回の結果も、そういう傾向性を踏まえた上で見る必要があるかもしれません。

--------------------------------

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Enemy”(カナダ・西) 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
 出演:ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ
 物語:アダムは、トロントで暮らす陰気な歴史教師で、何事にも無欲で、それは美しいガールフレンドとのセックスにおいてもそうであった。彼は、友人が勧めてくれた映画を観ていて、その中に自分そっくりな人物が大きな役を演じているのをみつける。彼は、人の助けを借りて、その人物アンソニー・クレアに会うが、あらゆる点で2人は似ていることがわかる。以後、2人の生活は奇妙に絡み合っていく……。
 ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの『複製された男』の映画化。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2013オフィシャル・セレクション出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2013 ファンタスティック・スペシャル部門出品。銀のメリエス賞受賞。
 アブダビ国際映画祭2013 ナラティヴ長編コンペティション部門出品。


 ・“The F Word”(カナダ・アイルランド) 監督:マイケル・ドース(Michael Dowse)
 物語:ウォレスは、医学校中退で、ロマンスには縁遠い生活をしている。両親の離婚がトラウマになり、恋人に裏切られて、手ひどいダメージを受けた。そんな彼が、シャンテーは、初めて会って、恋に落ちる。だが、シャンティーには、長らくつき合っているボーイフレンドがいた。ウォレスは、彼女に、できる限りの誠意を見せるが、彼女からは、恋愛において最悪の言葉「お友だち」をつきつけられてしまう。
 出演:ダニエル・ラドクリフ、ゾーイ・カザン、Adam Driver、Megan Park
 T・J・Daweの戯曲“Toothpaste and Cigars”の映画化。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。


 ・“Gabrielle”(カナダ) 監督:Louise Archambault
 物語:ガブリエルは、ウィリアムス症候群を抱えているが、音楽の才能に優れ、生きる喜びに満ち溢れていた。彼女は、レクリエーションセンターの合唱団のメンバーであるマーティンのことが好きだが、あまりにも違いすぎていることから、その親密な関係が愛に変わることはなかった。重要な音楽祭が近づき、合唱団も準備を進める。ガブリエルは、自分の自律性と独立性を示そうと懸命になる。しかし、偏見にぶつかったり、マーティンとの関係を見つめ直したりしなければならなくなる。
 ロカルノ国際映画祭2013 ピアッツァ・グランデ部門出品。観客賞受賞。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ヒホン国際映画祭2013 オフィシャル・セレクション出品。男優賞受賞(Alexandre Landry)。
 米国アカデミー賞2014 外国語映画賞 カナダ代表。
 バンクーバー映画批評家協会賞2014 助演男優賞受賞(Alexandre Landry)。


 ・“Louis Cyr, l'homme le plus fort du monde”(カナダ) 監督:Daniel Roby
 物語:史上最強の男と呼ばれ、3本指で500ポンド(227kg)を持ち上げ、4337ポンド(1967 kg)を担いだ記録を持つ、フランス系カナダ人Louis Cyr(1863-1912)の半生を描いた作品。


 “Whitewash”(カナダ) 監督:Emanuel Hoss-Desmarais
 出演:トーマス・ヘイデン・チャーチ、アニエ・パスカル(Anie Pascale)、Marc Labrèche
 物語:ブルースは、除雪車の運転手だが、飲酒運転で、除雪車の運転を禁じられる。彼は、妻が死んで以来、酒びたりの日々で、いままた仕事までも失いそうになっている。ある日、彼は、雪の中、自分の除雪車を走らせていて、歩道を歩いていた人をはねて、死なせてしまう。彼は、遺体をかき集めて、森まで運んで、地中に埋める。凶器となった除雪車も放置する。殺した相手は、ギャンブルで金に困っていたポールで、かつて自殺しようとしたポールをブルースが助けたことが観客に示される。ブルースは、徒歩で帰ろうとするが、自分がどこにいるのか、わからない。他人の家に侵入して、隠れて一夜を明かすが、翌朝、住人に見つかってしまう。ブルースは、スノーシューズを盗んで逃亡する……。
 トライベッカ映画祭2013 新人監督賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2013 ワールド・ファンタスティック・シネマ部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭2013 ミーティング・ポイント部門出品。
 バンクーバー映画批評家協会賞2014 2部門ノミネート。


 ・“Watermark”(カナダ) 監督:ジェニファー・バイチウォル(Jennifer Baichwal)、エドワード・バーティンスキー(Edward Burtynsky)
 われわれはどのようにして水を得、どのように使い、そこから何を学び、結果としてどうなっているのか。コロラド川の人工運河から、インドのアラハバートの聖水や中国の溪洛渡ダムをめぐり、水と人間の関係をグローバルに考察する。
 『いまここにある風景』の監督であるジェニファー・バイチウォルと出演者で写真家の、エドワード・バーティンスキーが再び組んだ1作。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 トロント映画批評家協会賞2013 ロジャース・カナダ映画賞受賞。


--------------------------------

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・カナダ・スクリーン・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201303/article_4.html
 ・ジニー賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_15.html
 ・ジニー賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_10.html
 ・ジニー賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200904/article_3.html

 ・バンクーバー映画批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_19.html

 ・トロント国際映画祭が選ぶ、カナダ映画2013 トップ10:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_14.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2014年3月~11月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック