ルーマニア・アカデミー賞、GOPO賞2014 ノミネーション発表!

 第8回ルーマニア・アカデミー賞、GOPO賞(Premiile Gopo)のノミネーションが発表されました。(2月24日)

 ◆作品賞(Cel Mai Bun Film (Lungmetraj))
 ・“Câinele Japonez(The Japanese Dog)”(ルーマニア) 監督:Tudor Cristian Jurgiu
 ・“Când Se Lasă Seara Peste Bucureşti Sau Metabolism(When Evening Falls on Bucharest or Metabolism)”(ルーマニア・仏) 監督:Corneliu Porumboiu
 ・“La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”(ルーマニア・モルドヴァ) 監督:Igor Cobileanski
 ・『私の、息子』“Poziţia Copilului”(ルーマニア) 監督:カリン・ペーター・ネッツァー(Călin Peter Netzer)
 ・“Rocker”(ルーマニア・仏・独) 監督:Marian Crişan

 ◆監督賞(Cel Mai Bun Regizor (Lungmetraj))
 ・Tudor Cristian Jurgiu “Câinele Japonez(The Japanese Dog)”
 ・Corneliu Porumboiu “Când Se Lasă Seara Peste Bucureşti Sau Metabolism(When Evening Falls on Bucharest or Metabolism)”
 ・Igor Cobileanski  “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・カリン・ペーター・ネッツァー(Călin Peter Netzer) 『私の、息子』“Poziţia Copilului”
 ・Marian Crişan “Rocker”

 ◆主演男優賞(Cel Mai Bun Actor Într-Un Rol Principal Într Un Film De Lung Metraj Ficţiune)
 ・ヴィクトール・レベンギュウク(Victor Rebengiuc) “Câinele Japonez(The Japanese Dog)”
 ・Adrian Titieni “Domestic”(ルーマニア・独)(監督:Adrian Sitaru)
 ・ゲオルゲ・イフリム(Gheorghe Ifrim) “Domestic”
 ・Igor Babiac “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・Dan Chiorean “Rocker”

 Adrian Titieniは、連続ノミネート。

 ◆主演女優賞(Cea Mai Bună Actriţă Într-Un Rol Principal (Într-Un Film De Lungmetraj Ficţiune))
 ・Diana Avrămuţ “Când Se Lasă Seara Peste Bucureşti Sau Metabolism(When Evening Falls on Bucharest or Metabolism)”
 ・Ioana Flora “Déjà vu”(ルーマニア)(監督:Dan Chisu)
 ・Ioana Anastasia Anton “Domnişoara Christina(Miss Christina)”(ルーマニア)(監督:Alexandru Maftei)
 ・Ana Ularu “O Vară Foarte Instabilă(A Very Unsettled Summer)”(スウェーデン・英・ルーマニア・チェコ)(監督:アンカ・ダミアン(Anca Damian))
 ・ルミニツァ・ゲオルギウ 『私の、息子』“Poziţia Copilului”

 ◆助演男優賞(Cel Mai Bun Actor Într-Un Rol Secundar (Într-Un Film De Lungmetraj Ficţiune))
 ・Şerban Pavlu “Câinele Japonez(The Japanese Dog)”
 ・Igor Caraş-Romanov “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・ヴラド・イヴァノフ(Vlad Ivanov) 『私の、息子』“Poziţia Copilului”
 ・Sergiu Voloc “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・Alin State “Rocker”

 Şerban Pavluは、前回、主演男優賞を受賞。

 ◆助演女優賞(Cea Mai Bună Actriţă Într-Un Rol Secundar (Într-Un Film De Lungmetraj Ficţiune))
 ・Mihaela Sîrbu “Când Se Lasă Seara Peste Bucureşti Sau Metabolism(When Evening Falls on Bucharest or Metabolism)”
 ・Clara Vodă “Domestic”
 ・Ela Ionescu “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・イリンカ・ゴヤ(Ilinca Goia) 『私の、息子』“Poziţia Copilului”
 ・Valeria Seciu “Roxanne”(ルーマニア)(監督:Valentin Hotea)

 ◆脚本賞(Cel Mai Bun Scenariu (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Corneliu Porumboiu “Când Se Lasă Seara Peste Bucureşti Sau Metabolism(When Evening Falls on Bucharest or Metabolism)”
 ・Adrian Sitaru “Domestic”
 ・Corneliu Porumboiu、Igor Cobileanski “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・Răzvan Rădulescu、カリン・ペーター・ネッツァー 『私の、息子』“Poziţia Copilului”
 ・Marian Crişan “Rocker”

 ◆撮影賞(Cea Mai Bună Imagine (Lungmetraj))
 ・Andrei Butică “Câinele Japonez(The Japanese Dog)”
 ・Adrian Silişteanu “Domestic”
 ・オレグ・ムトゥ(R.S.C) “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・Tudor Mircea (R.S.C) “Rocker”
 ・ヴィヴィ・ドラガン・ヴァシル(Vivi Drăgan Vasile)(R.S.C) “Sunt O Babă Comunistă”(ルーマニア)(監督:Stere Gulea)

 Adrian Silişteanuは、前回受賞。

 ◆編集賞(Cel Mai Bun Montaj (Lungmetraj))
 ・Andrei Gorgan、Adrian Sitaru “Domestic”
 ・Eugen Kelemen、Cristina Ionescu “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・Ion Ioachim Stroe “O Vară Foarte Instabilă(A Very Unsettled Summer)”
 ・ダナ・ブネスク(Dana Bunescu) 『私の、息子』“Poziţia Copilului”
 ・Tudor Pojoni “Rocker”

 ◆美術賞(Cele Mai Bune Decoruri (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Cezara Armaşu “Câinele Japonez(The Japanese Dog)”
 ・Mihaela Poenaru “Când Se Lasă Seara Peste Bucureşti Sau Metabolism(When Evening Falls on Bucharest or Metabolism)”
 ・Cristian Niculescu “Domestic”
 ・Adrian Suruceanu “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・Alexandra Alma Ungureanu “Rocker”

 ◆衣裳賞(Cele Mai Bune Costume (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Mălina Ionescu “Domestic”
 ・Maria Miu “Domnişoara Christina(Miss Christina)”
 ・Lilia Ixari “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・Irina Marinescu 『私の、息子』“Poziţia Copilului”
 ・Alexandra Alma Ungureanu “Rocker”

 ◆メイキャップ&ヘアドレッサー賞(Cel Mai Bun Machiaj Şi Cea Mai Bună Coafură (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Dana Roşeanu “Domestic”
 ・Cristina Temelie、Nastasia Mateiu “Domnişoara Christina(Miss Christina)”
 ・Ina Lucichina、Micola Ponomorenco “La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”
 ・Dana Roşeanu、Domnica Sava 『私の、息子』“Poziţia Copilului”
 ・Dana Roşeanu、Nina Ioniţă “Sunt O Babă Comunistă”

 Dana Roşeanuは、3作品でノミネート。3連覇中。

 ◆録音賞(Cel Mai Bun Sunet (Lungmetraj))
 ・Vlad Voinescu、Filip Mureşan  “Câinele Japonez(The Japanese Dog)”
 ・Alexandru Dragomir、Sebastian Zsemlye、Thierry Delor “Când Se Lasă Seara Peste Bucureşti Sau Metabolism(When Evening Falls on Bucharest or Metabolism)”
 ・Gabor Balazs、Tamas Zanyi “Domestic”
 ・Cristian Tarnovetchi、ダナ・ブネスク(Dana Bunescu)、Cristinel Şirli 『私の、息子』“Poziţia Copilului”
 ・Mihai Bogos、Kai Tebbel、Olaf Mehl “Rocker”

 Cristian TarnovetchiとCristinel Şirliは前回受賞。

 ◆オリジナル音楽賞(Cea Mai Bună Muzică Originală (Lungmetraj))
 ・Sorin Romanescu “Afacerea Tănase”(ルーマニア) 監督:Ionuț Teianu
 ・Sebastian Zsemlye、Adrian Sitaru “Domestic”
 ・Jon Wygens “Domnişoara Christina(Miss Christina)”
 ・ネイサン・ラーソン(Nathan Larson) “O Vară Foarte Instabilă(A Very Unsettled Summer)”
 ・Vasile Şirli “Sunt O Babă Comunistă”

 Vasile Şirliは、前回受賞。

 ◆有望新人賞(Tânără Speranţă)
 ・Tudor Panduru(撮影) “Brigada Neagră”(ルーマニア)(監督:Andrei Teodorescu)
 ・Andrei Nicolae Teodorescu(監督) “City Tour”(ルーマニア) 監督:Andrei Nicolae Teodorescu
 ・Ionuţ Nicolae(撮影) “Rocker”
 ・Ioan Filip(音響デザイン) “Treizeci(Thirty)”(ルーマニア)(監督:Victor Dragomir)
 ・Gabriela Suciu(プロデューサー) “Treizeci(Thirty)”

 ◆第1回作品賞(Cel Mai Bun Film De Debut (Lungmetraj Ficţiune))
 ・“Câinele Japonez(The Japanese Dog)” 監督:Tudor Cristian Jurgiu
 ・“La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)” 監督:Igor Cobileanski
 ・“Love Building”(ルーマニア) 監督:Iulia Rugină
 ・“Lupu”(独・ルーマニア) 監督:Bogdan Mustaţă
 ・“Roxanne” 監督:Vali Hotea

 ◆短編映画賞(Cel Mai Bun Film De Scurtmetraj Ficţiune)
 ・“Brigada Neagră”(ルーマニア) 監督:Andrei Nicolae Teodorescu
 ・“Idle”(ルーマニア) 監督:Raia Al Souliman
 ・“Mâine, Bach... ”(ルーマニア) 監督:Mihnea Ciorică
 ・“O Umbră De Nor”(ルーマニア) 監督:Radu Jude
 ・“Treizeci(Thirty)”(ルーマニア) 監督:Victor Dragomir

 ◆ドキュメンタリー賞(Cel Mai Bun Film Documentar)
 ・“Afacerea Tănase”(ルーマニア) 監督:Ionuț Teianu
 ・“Anul Dragonului”(ルーマニア) 監督:Iulian Manuel Ghervas、Adina Popescu
 ・“City Tour”(ルーマニア) 監督:Andrei Nicolae Teodorescu
 ・“Experimentul Bucureşti”(ルーマニア) 監督:Tom Wilson
 ・“Exploratorul(The Explorer)”(ルーマニア) 監督:Titus Muntean、Gabor Xantus

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Cel Mai Bun Film De Scurtmetraj Documentar)
 ・“Brick In The Wall”(ルーマニア) 監督:Grzegorz Brzozowski
 ・“Kurgan Oblast”(ルーマニア) 監督:Stela Pelin
 ・“Mohamed Tomescu”(ルーマニア) 監督:Olesya Bortnyak
 ・“Sorin Chifiriuc: Compromis”(ルーマニア) 監督:Alexandru Badea
 ・“Vibraţia”(ルーマニア) 監督:Germain Kanda

 ◆ヨーロッパ映画賞(Cel Mai Bun Film European (Dintre Cele Distribuite În România În 2013))
 ・『愛、アムール』(仏・オーストリア・独) 監督:ミヒャエル・ハネケ
 ・『ハンナ・アーレント』(独・ルクセンブルク・仏) 監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
 ・『シージャック』(デンマーク) 監督:トビアス・リンホルム
 ・『アデル、ブルーは熱い色』(仏・ベルギー・西) 監督:アブデラティフ・ケシシュ
 ・『偽りなき者』(デンマーク) 監督:トマス・ヴィンターベア

--------------------------------

 前回は、5つの候補が揃わない部門も多く、主演女優賞は部門ごと取りやめになっていたのですが、2013年は作品が揃ったようで、全部門に5つのノミニーが選ばれています。

 主な作品のノミネート状況は以下の通りです。

 ・“La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”(13):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・第1回
 ・“Rocker”(11):作品・監督・主演男優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・録音・新人
 ・“Domestic”(11):主演男優・主演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音・音楽
 ・『私の、息子』(10):作品・監督・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・編集・衣裳・メイク・録音
 ・“Câinele Japonez(The Japanese Dog)”(8):作品・監督・主演男優・助演男優・撮影・美術・録音・第1回
 ・“Când Se Lasă Seara Peste Bucureşti Sau Metabolism”(7):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・美術・録音
 ・“Domnişoara Christina(Miss Christina)”(4):主演女優・衣裳・メイク・音楽
 ・“O Vară Foarte Instabilă(A Very Unsettled Summer)”(3):主演女優・編集・音楽
 ・“Sunt O Babă Comunistă”(3):撮影・メイク・音楽
 ・“Roxanne”(2):助演女優・第1回
 ・“Afacerea Tănase”(2):音楽・ドキュメンタリー
 ・“City Tour”(2):新人・ドキュメンタリー
 ・“Treizeci(Thirty)”(2):新人・新人

 ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞し、米国アカデミー賞外国語映画賞 ルーマニア代表にも選ばれた『私の、息子』の圧勝かとも思いましたが、少なくともノミネーションでは、『私の、息子』よりも多くのノミネーションを獲得している作品が、3本もあります。

 国際映画祭での人気作品は、『私の、息子』と“Câinele Japonez(The Japanese Dog)”でしたが、GOPO賞ではどうなるでしょうか。

--------------------------------

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“La Limita De Jos A Cerului(The Unsaved)”(ルーマニア・モルドヴァ) 監督:Igor Cobileanski
 物語:Viorelは、19歳で、母とともに、モルドヴァの田舎町で暮らしている。彼には、大きな野心もなければ、生活に対する幻想もなく、友人のGoosと、麻薬取引を、ちょっとした小遣い稼ぎをしていた。やがて、彼は、まともな仕事に就いて、自分の愛する女性を悪い男から救い出そうするが、正しいことをしようとしたのに、事態は思わぬ方向に進んでしまうのだった。
 初監督長編。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 イースト・オブ・ウェスト コンペティション部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2013 ワールド・トゥデイ部門出品。

画像

 ・“Rocker”(ルーマニア・仏・独) 監督:Marian Crişan
 物語:ヴィクトルは、46歳の元ロッカーである。彼は、働いたり、盗みをしたり、取引したり、騙したりして、金を稼いでいるが、それは、26歳で麻薬中毒の息子ディンテに麻薬を買うためだった。これは、彼にとって、息子を救うための奇妙な自己犠牲なのだった。
 ヨーテボリ国際映画祭2012出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2012出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2013 ルーマニア・デイズ部門出品。

画像

 ・“Domestic”(ルーマニア・独) 監督:Adrian Sitaru
 物語:主人公は、同じアパートに暮らす3組の家族。その中の1人、ラザール氏は、教師だが、アパートの管理人もし、アパートで起こるさまざまのトラブルを処理している。1組の夫婦がアパートで犬を飼い始める。しかし、彼らは、その犬を部屋の中ではなく、外のマットの上で飼う。その犬は住人たちを脅かし、住人たちでミーティングが開かれることになる。
 マル・デル・プラタ国際映画祭2012出品。
 スラムダンス映画祭2013出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2013 ルーマニア・デイズ部門出品。
 オデッサ国際映画祭2013 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 シカゴ国際映画祭2013 Comedy Focus部門出品。

画像

 ・『私の、息子』“Poziţia Copilului(Child's Pose)”(ルーマニア) 監督:カリン・ペーター・ネッツァー(Călin Peter Netzer)
 物語:3月の寒い夕べ。バルブは、時速50キロで車を走らせていた。彼は、子供をはね、その子はまもなく死んでしまう。彼には、3年から15年の刑が予想された。ここで、彼の母親コルネリアが介入してくる。ベテランの建築家で、ルーマニアの上流階級の一員である彼女は、読んでもいない本が詰まった美しい本棚が自慢で、財布にはクレジットカードがぎっしり詰まっている。思いつめ、生きる気力を失った息子を救うための、コルネリアのキャンペーンが始まる。彼女は、賄賂を使って、目撃者にウソの証言をさせることもできたし、死んだ子供の両親にお金をつかませて、懐柔することすらできそうだった。
 ベルリン国際映画祭2013 コンペティション部門出品。金熊賞、国際批評家連盟賞受賞
 シドニー映画祭2013 オフィシャル・コンペティション部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 ホライズンズ部門出品。
 トロント国際映画祭2013 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 パールズ部門出品。
 BFIロンドン映画祭2013 LOVE部門出品。
 ストックホルム国際映画祭2013 Telia Film Award受賞。
 ヨーロッパ映画賞2013 オフィシャル・セレクション。女優賞ノミネート(ルミニツァ・ゲオルギウ)。
 米国アカデミー賞2014 外国語映画賞 ルーマニア代表。

画像

 ・“Câinele Japonez(The Japanese Dog)”(ルーマニア) 監督:Tudor Cristian Jurgiu
 物語:Costache Molduは、洪水で、妻と家と蓄えを失う。このままここにとどまるか、離れるかという決断を迫られたちょうどその頃、20年ぶりに息子が日本から帰ってくる。2人は、離れていた間にできてしまった距離感を短期間で埋めようとする。
 タイトルの「日本の犬」とは、息子が日本のおみやげとして持ってきたAIBOのこと。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 ニュー・ディレクターズ部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2013 1-2コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。

画像

 ・“Când Se Lasă Seara Peste Bucureşti Sau Metabolism(When Evening Falls on Bucharest or Metabolism)”(ルーマニア・仏) 監督:Corneliu Porumboiu
 物語:撮影の中盤、監督のポールは、助演女優のアリーナと情事にふけっていた。次の日は、アリーナの撮了の日で、彼は、アリーナのヌード・シーンを撮ろうと考える。しかし、朝になって、彼は、疑念にとりつかれ、ヌード・シーンを撮る予定を変更して、プロデューサーに、胃潰瘍にかかっていると告げる。撮影は、次第に、フィクションと現実が交錯し、予想もしていなかった事態に陥る。
 ロカルノ国際映画祭2013 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 サラエボ映画祭2013 長編コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2013 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 レイキャビク国際映画祭2013 Open Seas部門出品。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2013 オフィシャル・コンペティション部門出品。

画像

 ・“Domnişoara Christina(Miss Christina)”(ルーマニア) 監督:Alexandru Maftei
 物語:若い画家のイゴールは、恋人のサンドラとともに、彼女の家族の持つ邸宅に向かう。そこは広い地所の真ん中にあり、彼は、自然の中でインスピレーションを得ることを期待していた。しかし、彼は、1907年に起きた農民蜂起の最中に殺された、サンドラの伯母クリスティナの亡霊に悩まされる。そして、イゴールは、そこで特別な愛の物語へと導かれていく。
 トランシルヴァニア国際映画祭2013 ルーマニア・デイズ部門出品。

画像

--------------------------------

 受賞結果の発表は、3月24日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・GOPO賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_20.html
 ・GOPO賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_45.html
 ・GOPO賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_30.html
 ・GOPO賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_47.html
 ・GOPO賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_46.html
 ・GOPO賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_6.html

 ・各国アカデミー賞 一覧:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_28.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月~2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

 追記:
 ・GOPO賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_20.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック