ファジル国際映画祭2014 受賞結果! 今年のイラン映画はこんな感じ!

 第32回ファジル国際映画祭(2月1日-11日)の各賞が発表されました。

 【ファジル国際映画祭】

 ファジル国際映画祭(Fajr International Film Festival)は、1982年にイランのテヘランで始まった国際映画祭で、毎年、イラン革命の記念日に合わせて開催されます。

 コンペティション部門は、イラン映画コンペティションとインターナショナル・コンペティション、そして、イスラム諸国のフィルムメーカーの作品を集めて行なわれるイスラミック・フィルムメーカー・コンペティションの3つがあり、イラン映画コンペティションの中には、ナショナル部門と、新人監督部門であるニュー・ヴィジョン部門と、ドキュメンタリー部門があります。(どういう規定になっているのかわかりませんが、同じ作品が複数の部門にエントリーされることもあります。)

 映画祭としては部門構成も上映作品数もコンパクトで、上映本数は全部で100本に満たないくらいです。

 ファジル国際映画祭は、イラン文化省の管理下にありますが、国内では上映できない外国映画やイラン映画もファジル国際映画祭では上映が認められているので、多くのイラン人映画ファンが毎年ここで映画を観るのを楽しみにしている、と言われています。

画像

--------------------------------

 【ナショナル・コンペティション部門】

 ・“All Things for Sale(Hame Chiz Baraye Foroosh)” 監督:Amir Hossein Saqafi
 ・“Ashi Mashi's Sparrow (Gonjeshkak-e Ashi Mashi)” 監督:Vahid Nikkhah-Azad、Masoud Keramati、ゴラム・レザ・ラメザニ(Gholam Reza Ramezani)
 ・“Azar, Shahdokht, Parviz and Others” 監督:Behruz Afkhami
 ・“Bedridden Persons” 監督:Fereydoon Jeyrani
 ・“Che” 監督:エブラーヒーム・ハータミーキヤー(Ebrahim Hatamikia)
 ・“Dying timely to Shahrivar” 監督:Hatef Alimardani
 ・“Exclusive Lane(Special Lane)” 監督:Mostafa Kiaie
 ・“Fascination” 監督:Ali Zamani Esmati
 ・“The forgetful season of Fariba” 監督:Abbas Rafe-ei
 ・“Ghosts” 監督:ダリウシュ・メールジュイ
 ・“I am not Angry!(Asabani Nistam!)” 監督:Reza Dormishian
 ・“Kalashnikov” 監督:Saeid Soheili
 ・“The Last Fifty Steps(Panjah Ghadam-e Akhar)” 監督:Kiumars Purahmad
 ・“The Life is Elsewhere” 監督:Manouchehr Hadi
 ・“The Problem Story(Tabaghe Hasas/Sensitive Floor))” 監督:カマル・タブリージー(Kamal Tabrizi)
 ・“Red Carpet” 監督:Reza Attaran
 ・“The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)” 監督:アーマド・レザ・ダルヴィシュ(Ahmad Reza Darvish)
 ・“A Meteor from Light(A fireball made of light)” 監督:Mohammadreza Eslamlu
 ・“The Metropolitan(Metropol)” 監督:マスード・キミアイー(Masud Kimiaii)
 ・“Raspberry” 監督:Saman Salour
 ・“Snow” 監督:Mehdi Rahmani
 ・“Some Square Meters of Love(A Few Cube Meters of Love/ Chand Metre Mokaab Eshgh)” 監督:Jamshid Mahmoudi
 ・“Stories(Gheseha)” 監督:ラフシャーン・バニー・エッテマード(Rakhshan Bani-Etemad)
 ・“The Stranger” 監督:Bahram Tavakkoli
 ・“Thick makeup Arayeshe Ghaliz/Heavy make-up) 監督:Hamid Nematollah
 ・“Today” 監督:Seyyed Reza Mirkarimi
 ・“Track143(The corrugation 143)” 監督:Narges Abyar
 ・“Unripe Pomegranates(Anarhaaye Naares/Green Pomegrenates)” 監督:Majid Reza Mostafavi
 ・“We Have Guests(Mihman Daarim)” 監督:Mohammad Mehdi Asgarpour

 ◆作品賞(Crystal Simorgh Prize for Best Film)
 ◎“Azar, Shahdokht, Parviz and Others”
 ◎“The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)”

 ◆監督賞(Crystal Simorgh for Best Director)
 ◎アーマド・レザ・ダルヴィシュ(Ahmad Reza Darvish) “The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)”

画像

 ◆審査員特別賞(Crystal Simorgh of Special Jury Prize)
 ◎“Track143(The corrugation 143)” 監督:Narges Abyar
 ◎“Thick makeup Arayeshe Ghaliz/Heavy make-up) 監督:Hamid Nematollah

 ◆主演男優賞(Crystal Simorgh for Best Actor)
 ◎Reza Attaran “The Problem Story(Tabaghe Hasas/Sensitive Floor))”

画像

 ◆主演女優賞(Crystal Simorgh for Best Actress)
 ◎Zarei Mryla “Track143(The corrugation 143)”

画像

 ◆助演男優賞(Crystal Simorgh for Best Supporting Actor)
 ◎Babak Hamidian “The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)”

 ◆助演女優賞(Crystal Simorgh for Best Actress)
 ◎Shabnam Moghadami “Today”

 ◆助演女優賞 オナラブル・メンション
 ◎Hengameh Hamidzadeh “Ghosts”
 ◎Melika Sharifinia “Ghosts”

 ◆脚本賞(Crystal Simorgh for Best Screenplay)
 ◎“Azar, Shahdokht, Parviz and Others” Behruz Afkhami

 ◆撮影賞(Crystal Simorgh for Best Cinematography)
 ◎“The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)” Hussein Jafarian

 ◆編集賞(Crystal Simorgh Prize for Best Editor)
 ◎“Che” Mehdi Hosseinivand

 ◆衣裳デザイン賞(Crystal Simorgh for Best Costume Design )
 ◎“The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)” Majid Mirfakhrayi
 ◎“All Things for Sale(Hame Chiz Baraye Foroosh)” Sharareh Soroush

 ◆メイキャップ賞(Crystal Simorgh Prize for Best Makeup Artist )
 ◎“The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)” Mohsen Mousavi

 ◆録音/音響ミキシング賞(Crystal Simorgh for Best Sound/ Best Sound Mixing)
 ◎“Che” 録音:Bahman Ardalan ミキサー:Seyed Alireza Alavian

 ◆特別効果賞(Crystal Simorgh for best special effects field )
 ◎“Che”、“The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)” Hamid Reza Soleimani

 ◆視覚効果賞(Crystal Simorgh for best visual effects )
 ◎“Che” Seyed Hadi Eslami

 ◆音楽賞(Crystal Phoenix Best Music Lyrics )
 ◎“The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)” Stephen Varbk

 ◆音楽賞 特別表彰
 ◎“All Things for Sale(Hame Chiz Baraye Foroosh)” Karen Homayounfar

 ◆観客賞
 第1位:“Track143(The corrugation 143)” 監督:Narges Abiar
 第2位:“Exclusive Lane(Special Lane)” 監督:Mostafa Kiaie

 【ニュー・ヴィジョン部門】
 ※新人監督部門。

 ・“Five-Star(پنج ستاره)” 監督:Mahshid Afsharzadeh
 ・“Lady(خانوم)” 監督:Tina Pakravan
 ・“Lamp 100(لامپ ۱۰۰)” 監督:Saeid Aqakhani
 ・“Lovers Die Standing Up(عاشق ها ايستاده مي ميرند)” 監督:Shahram Maslakhi
 ・“Melbourne(ملبورن)” 監督:Nima Javidi
 ・“Military Service Completion Card(پايان خدمت)” 監督:Hamid Zargarnejad
 ・“Once Upon a Time Love and Hatred(روزگاري عشق و خيانت)” 監督:Davud Bidel
 ・“Sending a Message of Condolence(ارسال یک آگهی تسلیت)” 監督:Ebrahim Ebrahimian
 ・“Some Square Meters of Love(A Few Cube Meters of Love/ Chand Metre Mokaab Eshgh)” 監督:Jamshid Mahmoudi
 ・“Thirteen(سیزده)” 監督:Hooman Seyyedi
 ・“Tomorrow(فردا)” 監督:Iman Afsharian、Mehdi Pakdel
 ・“Unwanted(ناخواسته)” 監督:Borzu Niknejad
 ・“With Others(با دیگران)” 監督:Nasser Zamiri
 ・“Agony and the Ecstasy(رنج و سرمستی) 監督:Jahangir Almasi(جهانگیر الماسی)
 ・“House with Clouds (خانه ای کنار ابرها)” 監督:SJ Farmer(سید جلال دهقان)
 ・“Last winter(زمستان آخر)” 監督:Nima Javidi(نیما جاویدی)
 ・“Right to Silence (حق سکوت)” 監督:Mohammad Hadi Nayyjy(محمد هادی نائیجی)
 ・“Tragedy(تراژدی)” 監督:Azita Mvgvyy(آزیتا موگویی)
 ・“Two hours later, the airport(دو ساعت بعد مهرآباد)” 監督:A. Fried(علیرضا فرید)

 ◆作品賞(Crystal Simorgh for Best Film)
 ◎“Some Square Meters of Love(A Few Cube Meters of Love/ Chand Metre Mokaab Eshgh)” 監督:Jamshid Mahmoudi

 ◆監督賞(Crystal Simorgh for Best Director)
 ◎Jamshid Mahmoudi “Some Square Meters of Love(A Few Cube Meters of Love/ Chand Metre Mokaab Eshgh)”

 ◆審査員特別賞
 ◎“Thirteen(سیزده)” 監督:Hooman Seyyedi

 ◆脚本賞(Crystal Simorgh for best screenplay)
 ◎“Right to Silence (حق سکوت)”

 ◆脚本賞オナラブル・メンション
 ◎“House with Clouds (خانه ای کنار ابرها)”

 ◆芸術・技術貢献賞(Special Jury Prize for Best Technical or Artistic Achievement)
 ◎“Military Service Completion Card(پايان خدمت)”

 ◆芸術・技術貢献賞 オナラブル・メンション
 ◎“Lady(خانوم)”

 ◆特別表彰
 ◎“House with Clouds (خانه ای کنار ابرها)”

 【ドキュメンタリー・コンペティション部門】

 ◆作品賞(Crystal Simorgh for Best Film)
 ◎“Memories For All Seasons” 監督:Mostafa Razzaq Karimi

 ◆監督賞(Crystal Simorgh for Best Director)
 ◎Mohsen Ostad Ali “A Place For Living”

 ◆審査員特別賞
 ◎“Six centuries and a half years” 監督:M. Myrthmasb

 ◆芸術貢献賞(Best Technical and Artistic Achievement)
 ◎M. Noor(録音) “Under the Oaks”

 ◆リサーチ&テキスト賞(Crystal Simorgh for Best Research and Text )
 ◎“Heaven goes Gvngadyn” 監督:GR Nmtpvr

 [その他の主なエントリー作品]
 ・“Please Sound The Horn” 監:Reza Farahmand
 ・“The House Of Simin And Jalal” 監督:Parisa Eshqi
 ・“Ebrahim’s Dream” 監督:Mahmoud Karimi
 ・“The Clouds Are On the Way” 監督:Mohammad Ali Farsi
 ・“My Daughter Somayye” 監督:Morteza Paye Shenas

--------------------------------

 【インターナショナル・コンペティション部門】

 ◆最優秀作品賞(The Best Film Award)
 ◎“The New World(De Nieuwe Wereld)”(オランダ) 監督:Jaap van Heusden

 ◆監督賞(The Crystal Simorgh for Best Director)
 ◎レイス・チェリッキ(Reis Celik) 『沈黙の夜』“Night of Silence(Lal gece)”(トルコ)

 ◆審査員特別賞(The Crystal Phoenix of Special Jury prize)
 ◎“The Major”(ロシア) 監督:Yuri Baykvf

 ◆男優賞(The Crystal Simorgh for Best Actor)
 ◎イサカ・サワドゴ(Issaka Sawadogo) “The New World(De Nieuwe Wereld)”

 ◆女優賞 (The Crystal Simorgh for Best Actress)
 ◎Bianca Krijgsman “The New World(De Nieuwe Wereld)”

 ◆脚本賞(The Crystal Phoenix for Best Screenplay)
 ◎Melina Pota Koljevic、Srdjan Koljevic Srdan “Circles”(セルビア・仏・独・スロヴェニア・クロアチア)(監督:Srdan Golubovic)

 ◆技術/芸術貢献賞(The Crystal Simorgh for Best Technical or Artistic Achievement)
 ◎“The Old Man(Shal)”(カザフスタン) 監督:Ermek Tursunov

 ◆最優秀アジア映画賞(The Crystal Phoenix for Best Asian Film)
 ◎“We have Guest(Mihman Daarim)”(イラン) 監督:Mohammad Mehdi Asgarpour

 ◆最優秀インターナショナル映画賞(Crystal Simorgh Prize for International)
 ◎“Che”(イラン) 監督:エブラーヒーム・ハータミーキヤー(Ebrahim Hatamikia)

 ◆生涯貢献賞(Lifetime achievement award)
 ◎ヴィットリオ・ストラーロ
 ヴィットリオ・ストラーロは、マジッド・マジディの新作「預言者マホメッド」の撮影を手がけていて、映画祭期間中にワークショップを開催。

 【イスラミック・フィルムメーカー・コンペティション】(Cinema of Salvation/Competition of Islamic World’s Filmmakers)

 ◆作品賞(Crystal Phoenix for Best Picture)
 ◎“Tangerines(Mandariinid)”(グルジア・エストニア) 監督:Zaza Urushadze

 ◆監督賞(The Crystal Simorgh for best director)
 ◎ハニ・アブ=アサド “Omar”(パレスチナ)

 ◆審査員特別賞
 ◎エミール・バイガジン(Emir Baigazin) 『ハーモニー・レッスン』“Harmony Lessons”(カザフスタン・仏・独)

 ◆審査員特別賞 オナラブル・メンション(Honorary Special Jury)
 ◎“With Others”(イラン) 監督:Naser Zamiri

 ◆脚本賞The Crystal Simorgh for Best Screenplay
 ◎Zaza Urushadze “Tangerines(Mandariinid)”(グルジア・エストニア)

 ◆脚本賞 オナラブル・メンション(The Honorary Award for Best Screenplay)
 ◎Bakhtygvr Krymaf  “Frosted Mirror”(タジキスタン)(監督: )
 ◎Faysal Soysal “Crossroads(Üç Yol/3 Yol)”(トルコ)(監督:Faysal Soysal)

 ◆芸術技術貢献賞(The Diploma of the best artistic and technical achievement)
 ◎Mahmoud Bhraznya “Prince”(独・アフガニスタン)

 ◆音楽賞(Crystal Phoenix)
 ◎Stephen Varbk “The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)”(イラン)

 ◆Golden Flag Award(Moustapha Akkad award)
 ◎アーマド・レザ・ダルヴィシュ(Ahmad Reza Darvish) “The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)”(イラン)

--------------------------------

 ファジル国際映画祭の公式サイトは、英語ページがあるもののほとんど機能していないのと、サイトが一般的な映画祭の公式サイトのようには構造化されていないのでほしい情報になかなかたどりつけず、ペルシャ語相手では、ラインナップと受賞結果を書き出すだけでもかなり大変です。

 ファジル国際映画祭をフォローしているサイトは、英語圏ではただの1つもありませんし、逆に、だからこそこうした記事を書き出すことに価値はあると思いますが、まあ、適当なところで切り上げざるを得ません。

 一通りチェックはしましたが、やはりどうしても手が届かないところもあり、正確な受賞結果が、Wikipediaの英語版でアップされることと、今後、各作品が他の映画祭で上映されて、より多くの情報が伝えられることに期待したいと思います。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ファジル国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_34.html

 ・日本で上映されたイラン映画 1987-2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201204/article_2.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月~2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

--------------------------------

 主な作品について簡単に紹介しておくことにします。

 ・“The Resurrection (He Who Said No/Rastakhiz)” 監督:アーマド・レザ・ダルヴィシュ(Ahmad Reza Darvish)
 物語:シリア総督ムアーウィアは、イスラム帝国の第4代カリフ、アリーを破って、カリフの地位に就く。殺害されたアリーに代わり、その息子ハサンとフサインは、カリフ職を直系の家系に取り戻すべく、戦いを挑むが、まずハサンが死に、そしてムアーウィアが死んで、ムアーウィアの子ヤズィードがカリフを継承する。680年、反乱の鎮圧に向かったヤズィード軍をハサンの軍隊が迎え撃つが、アーシューラーの日、カルバラーの戦いで惨敗を喫し、ハサンも戦死する。その結果、ハサンの家族や支持者は、財産を取り上げられ、奴隷に降格される。
 『エネミー・ゾーン 沈黙の作戦』が紹介されているアーマド・レザ・ダルヴィシュ監督の最新作。

画像

 ・“Che”(イラン) 監督:エブラーヒーム・ハータミーキヤー(Ebrahim Hatamikia)
 物語:モスタファー・チャルラーンは、イスラム革命後、国防相に任じられる。本作では、1979年8月16日から17日にかけて、クルディスタンでの反乱に対するミッションを行なった彼の24時間が描かれる。
 『フライト・パニック 〜ペルシア湾上空強行脱出〜』のエブラーヒーム・ハータミーキヤー監督の最新作。

画像

 ・“Some Square Meters of Love(A Few Cube Meters of Love/ Chand Metre Mokaab Eshgh)”(イラン) 監督:Jamshid Mahmoudi
 物語:アブドゥル・サラムは、娘と2人でやってきたアフガニスタンからの移民である。彼の愛は、耐え忍ぶ愛で、本人もまだはっきりとは意識していなかった……。

画像

 ・“Track143(The corrugation 143)” 監督:Narges Abiar
 物語:ひとり息子が戦場に送られて、母親は息子が無事に帰ってくることを祈る。

画像

 ・“The New World(De Nieuwe Wereld)”(オランダ) 監督:Jaap van Heusden
 物語:39歳のMirteは、アムステルダム空港で、亡命者拘留地区の清掃を担当している。亡命者はまずここに10日間留め置かれ、それから自由になるのだ。Mirteの日常は、カリスマティックな西アフリカ人Lucによってかき乱される。2人は、まず最初は警戒し合い、それから互いに興味を抱き、ついには恋に似た関係になる。だが、2人とも10日経てば、その関係が終わってしまうことを知っていた。
 ロッテルダム国際映画祭2013出品。観客賞第8位。
 ワルシャワ国際映画祭2013 ワールド・トゥデイ部門出品。

画像

 ・“The Old Man(Shal)”(カザフスタン) 監督:Ermek Tursunov
 物語:カザフスタンのステップ地帯。老人と息子の嫁と孫が暮らしている。彼らは、言葉数は少ないが、言い争うこともなく、穏やかに暮らしている。老人は、羊飼いをしていて、生きていくための基本を孫に教え込まなければと考えている。かつて、彼は、羊の放牧に出かけて、ステップで迷子になったことがあった……。
 ステップ版の『老人と海』。Ermek Tursunov監督の第2作で、“Kelin”(2009)に続く3部作の第2部。
 モスクワ国際映画祭2013 The Third Age部門出品。
 米国アカデミー賞2014 外国語映画賞 カザフスタン代表。


 ・“Tangerines(Mandariinid)”(グルジア・エストニア) 監督:Zaza Urushadze
 物語:ロシア革命後、グルジア・ソビエト共和国に属する自治共和国とされたアブハジアは、ソ連の崩壊とそれにともなうグルジアの独立の気運を受け、グルジア支配から脱しようとして、1992年7月に自治政府を発足させる。しかし、国際的な認知は得られず、グルジア政府軍とアブハジア分離主義者との間に激しい紛争が始まる。ある村では、戦争を恐れて、ほとんどの住人が逃げるが、中立のエストニア人マーカスとイヴォは残ることに決める。というのも、タンジェリン(ミカン)の収穫が迫っていたためで、イヴォは戦時中に収穫を行なうことには反対だったが、マーカスは聞こうとしなかった。彼らの目の前で戦闘が始まる。イヴォは、戦場で傷ついた兵士を見つけて家に連れ帰るが、一方、グルジア人の死体を埋めていたマーカスもまた傷ついた兵士を見つけて連れ帰り、敵どうしの兵士2人がひとつ屋根の下で過ごすことになる。
 ワルシャワ国際映画祭2013 インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞受賞。

画像

 ・“Omar”(パレスチナ) 監督:ハニ・アブ= アサド
 物語:オマールは、パレスチナ人のパン屋で、幼なじみのタレクの妹ナディアのことを愛していた。しかし、イスラエルによるヨルダン川西岸占領で、彼らは引き裂かれ、西岸に残されたタレクたちは自由を求めるパレスチナ人の戦士となる。
 『エルサレムの花嫁』『パラダイス・ナウ』のハニ・アブ=アサド監督の最新作。
 カンヌ国際映画祭2013 ある視点部門出品。審査員賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 アナザー・ビュー部門出品。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2013 ワールド・トゥデイ部門出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2013 作品賞受賞。
 ドバイ国際映画祭2013 アラブ長編コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 米国アカデミー賞2014 外国語映画賞ノミネート。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック