ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)2014 ノミネーション発表!

 第28回ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)のノミネーションが発表されました。(1月7日)

 ◆作品賞(Mejor Película)
 ・“15 años y un día”(西) 監督:グラシア・ケヘレタ(Gracia Querejeta)
 ・“Caníbal”(西・ルーマニア・ロシア・仏) 監督:Manuel Martín Cuenca
 ・“La herida”(西) 監督:Fernando Franco
 ・“Vivir es fácil con los ojos cerrados”(西) 監督:ダヴィッド・トルエバ
 ・“La gran familia española”(西) 監督:ダニエル・サンチェス・アレバロ(Daniel Sánchez Arévalo)

 ◆監督賞(Mejor Director)
 ・グラシア・ケヘレタ(Gracia Querejeta) “15 años y un día”
 ・Manuel Martín Cuenca “Caníbal”
 ・ダヴィッド・トルエバ “Vivir es fácil con los ojos cerrados”
 ・ダニエル・サンチェス・アレバロ(Daniel Sánchez Arévalo) “La gran familia española”

 ◆主演男優賞(Mejor Actor Protagonista)
 ・Tito Valverde “15 años y un día”
 ・アントニオ・デ・ラ・トレ(Antonio de la Torre) “Caníbal”
 ・エドゥアルド・フェルナンデス(Eduard Fernández) “Todas las mujeres”(西)(監督:Mariano Barroso)
 ・ハビエル・カマラ(Javier Cámara) “Vivir es fácil con los ojos cerrados”

 アントニオ・デ・ラ・トレは、2年連続ノミネート。前回に続き、今回も、2部門でノミネート。
 エドゥアルド・フェルナンデスは、2011年に『Biutiful ビューティフル』で助演男優賞ノミネート。

 ◆主演女優賞(Mejor Actriz Protagonista)
 ・インマ・クエスタ(Inma Cuesta) “3 bodas de más”(西)(監督:Javier Ruiz Caldera)
 ・Marian Álvarez “La herida”
 ・ノラ・ナバス(Nora Navas) “Todos queremos lo Mejor para ella”(西)(監督:Mar Coll)
 ・アウラ・ガリード(Aura Garrido) “Stockholm”(西)(監督:Rodrigo Sorogoyen)

 ノラ・ナバスは、2011年に『ブラック・ブレッド』で主演女優賞受賞。

 ◆助演男優賞(Mejor Actor De Reparto)
 ・カルロス・バルデム(Carlos Bardem) “Alacrán enamorado”(西)(監督:Santiago Zannou)
 ・アントニオ・デ・ラ・トレ(Antonio de la Torre) “La gran familia española”
 ・ファン・ディエゴ・ボト(Juan Diego Botto) “Ismael”(西)(監督:マルセロ・ピニェイロ(Marcelo Piñeyro))
 ・ロベルト・アラモ(Roberto Álamo) “La gran familia española”

 アントニオ・デ・ラ・トレは、2年連続ノミネート。前回に続き、今回も、2部門でノミネート。

 ◆助演女優賞(Mejor Actriz De Reparto)
 ・スシ・サンチェス(Susi Sánchez) “10.000 noches en ninguna parte”(西・仏・独)(監督:ラモン・サラサール(Ramón Salazar))
 ・マリベル・ベルドゥ “15 años y un día”
 ・ナタリー・ポーサ(Nathalie Poza) “Todas las mujeres”
 ・テレール・パベス(Terele Pávez) “Las brujas de Zugarramurdi”(西・仏)(監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア)

 マリベル・ベルドゥは、3年連続ノミネート。前回、『ブランカニエベス』で主演女優賞受賞。

 ◆オリジナル脚本賞(Mejor Guión Original)
 ・“3 bodas de más” Pablo Alén、Breixo Corral
 ・“La gran familia española” ダニエル・サンチェス・アレバロ(Daniel Sánchez Arévalo)
 ・“La herida” Fernando Franco、Enric Rufas
 ・“Vivir es fácil con los ojos cerrados” ダヴィッド・トルエバ

 ◆脚色賞(Mejor Guión Adaptado)
 ・“Alacrán enamorado” S. A. Zannou、カルロス・バルデム
 ・“Caníbal” Alejandro Hernández、Manuel Martín Cuenca
 ・“Todas las mujeres” Alejandro Hernández、Mariano Barroso
 ・“Zipi y Zape y el club de la canica”(西)(監督:オスカール・サントス(Oskar Santos)) Jorge Lara、Francisco Roncal

 ◆撮影監督賞(Mejor dirección de fotografía)
 ・“15 años y un día” フアン・カルロス・ゴメス(Juan Carlos Gómez)
 ・“Caníbal” Pau Esteve Birba
 ・“Las brujas de Zugarramurdi” キコ・デ・ラ・リカ(Kiko de la Rica)
 ・“New York Shadows”(西)(監督:Juan Pinzás) Cristina Trenas

 フアン・カルロス・ゴメスは、『マルティナの住む街』などを手がける撮影監督。
 Pau Esteve Birbaは、“Caníbal”でサンセバスチャン国際映画祭2013撮影賞受賞。
 キコ・デ・ラ・リカは、『みんなのしあわせ』『気狂いピエロの決闘』『ブランカニエベス』などを手がける撮影監督。前回、『ブランカニエベス』で受賞。

 ◆編集賞(Mejor Montaje)
 ・“3 bodas de más” Alberto de Toro
 ・“La gran familia española” ナチョ・ルイス・キャピリア(Nacho Ruiz Capillas)
 ・“La herida” ダヴィッド・ピニヨス(David Pinillos)
 ・“Las brujas de Zugarramurdi” パブロ・ブランコ(Pablo Blanco)

 ナチョ・ルイス・キャピリアは、『イフ・オンリー』『蝶の舌』『アザーズ』『10億分の1の男』『アレクサンドリア』などを手がける編集技師。
 パブロ・ブランコは、『悪人に平穏なし』で受賞して以来、2年ぶりのノミネート。

 ◆美術賞(Mejor Dirección Artística)
 ・“Alacrán enamorado” Llorenç Miquel
 ・“Caníbal” イザベル・ビニュアレス(Isabel Viñuales)
 ・“Las brujas de Zugarramurdi” A. García、J.L. Arrizabalaga
 ・“Zipi y Zape y el club de la canica” フアン・ペドロ・デ・ガスパル(Juan Pedro de Gaspar)

 フアン・ペドロ・デ・ガスパルは、2012年に『ブッチ・キャシディ-最後のガンマン-』で受賞。 

 ◆衣裳デザイン賞(Mejor Diseño De Vestuario)
 ・“3 bodas de más” Cristina Rodríguez
 ・“Vivir es fácil con los ojos cerrados” ララ・ウエルテ(Lala Huete)
 ・“Las brujas de Zugarramurdi” Francisco Delgado
 ・『アイム・ソー・エキサイテッド!』“Los amantes pasajeros”(西)(監督:ペドロアルモドバル) タチアナ・ヘルナンデス(Tatiana Hernández)

 ララ・ウエルテは、『パンズ・ラビリンス』や『ふたりのアトリエ ~ある彫刻家とモデル』などを手がける衣裳デザイナー。前回、『ふたりのアトリエ ~ある彫刻家とモデル』でノミネート。
 タチアナ・ヘルナンデスは、『あなたになら言える秘密のこと』や『星の旅人たち』などを手がける衣裳デザイナー。2011年に受賞。

 ◆メイク&ヘアメイク賞(Mejor Maquillaje Y/O Peluquería)
 ・“3 bodas de más” Eli Adánez、Sergio Pérez
 ・『グランドピアノ 狙われた黒鍵』“Grand Piano”(西・米)(監督:エウヘニオ・ミラ) Ana & Belén López-Puigcerver
 ・“La gran familia española” Lola López、Itziar Arrieta
 ・“Las brujas de Zugarramurdi” M. D. Gómez、J. Hernández、P. Rodríguez、F. J. Rodríguez

 Sergio Pérezは、『チェ 39歳 別れの手紙』などを手がけるヘア・スタイリストで、前々回、『悪人に平穏なし』でノミネート。
 Ana & Belén López-Puigcerverは、前々回、『ブッチ・キャシディ-最後のガンマン-』でノミネート。
 Lola LópezとItziar Arrietaは、『永遠のこどもたち』などを手がけるメイキャップ・アーティスト。

 ◆特殊効果賞(Mejores Efectos Especiales)
 ・“La gran familia española” フアン・ラモン・マリーナ(Juan Ramón Molina)、Juan Ventura Pecellín
 ・“Las brujas de Zugarramurdi” フアン・ラモン・マリーナ(Juan Ramón Molina)、Ferrán Piquer
 ・“Los últimos días”(西)(監督:David Pastor、Àlex Pastor) Lluís Rivera Jove、Juanma Nogales
 ・“Zipi y Zape y el club de la canica” Endre Korda、フェリックス・ベルジュ(Félix Bergés)

 フアン・ラモン・マリーナは、『マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾』などを手がける特殊効果技師で、今回、ダブル・ノミネートです。
 Juan Ventura Pecellínは、2年連続ノミネート。
 Ferrán Piquerは、前回、『ブランカニエベス』でノミネート。2011年に『気狂いピエロの決闘』で受賞。
 フェリックス・ベルジュは、前回、『インポッシブル』で受賞。

 ◆録音賞(Mejor Sonido)
 ・“Caníbal” E.Valiño、Nacho Royo-Villanova、Pelayo Gutiérrez
 ・“La gran familia española” C. Faruolo、J. Fernández
 ・“La herida” A. Berenguer、J. Fernández、N. Arenas
 ・“Las brujas de Zugarramurdi” C. Schmukler、N. de Poulpiquet

 Pelayo Gutiérrezは、『私が、生きる肌』『ザ・ウォーター・ウォー』『チコとリタ』『泥棒と踊り子』などを手がける録音技師で、5年連続ノミネート。2013年は、“Caníbal”のほか、“3 bodas de más”や“A Night in Old Mexico”も手がけている。
 Nacho Royo-Villanovaは、『ふたりのアトリエ ~ある彫刻家とモデル』『悪人に平穏なし』『ザ・ウォーター・ウォー』『泥棒と踊り子』などを手がける録音技師で、5年連続ノミネート。
 Jaime Fernándezは、ダブル・ノミネート。

 ◆オリジナル作曲賞(Mejor música original)
 ・“A Night in Old Mexico”(西)(監督:エミリオ・アラゴン(Emilio Aragón))  エミリオ・アラゴン(Emilio Aragón)
 ・“La mula”(西・英)(監督:マイケル・ラドフォード) Óscar Navarro
 ・“Las brujas de Zugarramurdi” ホアン・バレント(Joan Valent)
 ・“Vivir es fácil con los ojos cerrados” パット・メセニー(Pat Metheny)

 ◆オリジナル歌曲賞(Mejor canción original)
 ・“15 años y un día”-‘Rap 15 años y un día’
 ・“A Night in Old Mexico”-‘Aquí sigo’
 ・“Alegrías de Cádiz”(西)(監督:Gonzalo García Pelayo)-‘De cerca del mar’
 ・“La gran familia española”-‘Do You Really Want To Be In Love?’

 ◆新人男優賞(Mejor Actor Revelación)
 ・Berto Romero “3 bodas de más”
 ・Javier Pereira “Stockholm”
 ・Hovik Keuchkerian “Alacrán enamorado”
 ・Patrick Criado “La gran familia española”

 ◆新人女優賞(Mejor Actriz Revelación)
 ・Belén López “15 años y un día”
 ・Olimpia Melinte “Caníbal”
 ・María Morales “Todas las mujeres”
 ・Natalia de Molina “Vivir es fácil con los ojos cerrados”

 ◆新人監督賞(Mejor Director Novel)
 ・Fernando Franco “La herida”
 ・Neus Ballus “La plaga”
 ・Jorge Dorado “Mindscape”
 ・Rodrigo Sorogoyen “Stockholm”

 ◆プロダクション賞(Mejor dirección de producción)
 ・“3 bodas de más” Marta Sánchez de Miguel
 ・“Las brujas de Zugarramurdi” Carlos Bernases
 ・“Zipi y Zape y el club de la canica” Josep Amorós
 ・“Los últimos días” Koldo Zuazua

 Josep Amorósは、前回、『ブランカニエベス』でノミネート。

 ◆短編映画賞(Mejor cortometraje de ficción español)
 ・“De noche y de pronto”(西) 監督:Arantxa Echevarria
 ・“El paraguas de colores”(西) 監督:Eduardo Cardoso
 ・“Pipas”(西) 監督:Manuela Moreno
 ・“Lucas”(西) 監督:Álex Montoya
 ・“Abstenerse agencias”(西) 監督:Gaizka Urresti

 “Lucas”は、Alcalá de Henares Short Film Festival2012 男優賞受賞。Cinema Jove バレンシア国際映画祭2013 Silver Moon of Valencia受賞。マラガ・スパニッシュ映画祭2013 短編部門 監督賞・男優賞受賞。Turia Awards 2013 最優秀短編賞受賞。

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Mejor película documental)
 ・“Con la pata quebrada”(西) 監督:Diego Galán
 ・“Guadalquivir”(西) 監督:Joaquín Gutiérrez Acha
 ・“Las Maestras de la República”(西) 監督:Pilar Pérez Solano
 ・“Món petit(Mundo pequeño)”(西) 監督:Marcel Barrena

 “Món petit(Mundo pequeño)”は、アムステルダム国際映画祭2013 DOC U! Award受賞。観客賞第3位。

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Mejor cortometraje documental español)
 ・“El hombre que estaba allí”(西) 監督:Luis Felipe Torrente、Daniel Suberviola
 ・“La alfombra roja”(西・インド) 監督:Manuel Fernandez、Iosu Lopez
 ・“La gran desilusión”(西) 監督:Pedro González Kuhn
 ・“Minerita”(西・ボリビア) 監督:Raúl de la Fuente

 Raúl de la Fuenteは、2012年にもノミネート。

 ◆長編アニメーション賞(Mejor Película De Animación)
 ・“El extraordinario viaje de Lucius Dumb”(西) 監督:Maite Ruiz de Austri
 ・“Futbolín(Metegol)”アルゼンチン・西) 監督:フアン・ホセ・カンパネラ
 ・“Justin y la espada del valor”(西) 監督:Manuel Sicilia
 ・“Hiroku: Defensores de Gaia”(西) 監督:Saúl Barreto Ramos、Manuel González Mauricio

 “Futbolín(Metegol)”は、アルゼンチン・アカデミー賞2013 脚色賞・撮影賞・録音賞・オリジナル作曲賞受賞。

 ◆短編アニメーション賞(Mejor cortometraje de animación español)
 ・“Blue & Malone detectives imaginarios”(西) 監督:Abraham López Guerrero、 Abraham López
 ・“Cuerdas”(西) 監督:Pedro Solís García
 ・“O xigante”(西・ポルトガル) 監督:Luís da Matta Almeida、Julio Valenzer
 ・“Vía tango”(西) 監督:Adriana Navarro Álvarez

 ◆ヨーロッパ映画賞(Mejor Película Europea)
 ・『愛、アムール』(仏・独・オーストリア) 監督:ミヒャエル・ヘネケ
 ・『偽りなき者』(デンマーク・スウェーデン) 監督:トマス・ヴィンターベア
 ・“La gran belleza”(伊・仏) 監督:パオロ・ソレンティーノ
 ・『アデル、ブルーは熱い色』(仏・ベルギー・西) 監督:アブデラティフ・ケシシュ

 ◆イベロアメリカ映画賞(Mejor película iberoamericana)
 ・“Azul y no tan rosa”(ベネズエラ・西) 監督:Miguel Ferrari
 ・『ワコルダ』“El médico alemán”(アルゼンチン・仏・西・ノルウェー) 監督:ルシア・プエンソ
 ・『グロリアの青春』(チリ・西) 監督:セバスティアン・レリオ
 ・“La jaula de oro”(グアテマラ・西・メキシコ) 監督:Diego Quemada-Díez

 ◆名誉ゴヤ賞(Goya de Honor)
 ◎ハイメ・デ・アルミニャン
 ハイメ・デ・アルミニャンは、『エル・ニド』などで知られる監督。

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は、以下の通りです。

 ・“La gran familia española”(11):作品・監督・助演男優・助演男優・脚本・編集・メイク・特殊効果・録音・歌曲・新人男優
 ・“Las brujas de Zugarramurdi”(10):助演女優・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・特殊効果・録音・作曲・プロダクション
 ・“15 años y un día”(8):作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・歌曲・新人男優・新人女優
 ・“Caníbal”(8):作品・監督・主演男優・脚色・撮影・美術・録音・新人女優
 ・“La herida”(5):作品・主演女優・編集・録音・新人監督
 ・“Vivir es fácil con los ojos cerrados”(7):作品・監督・主演男優・脚本・衣裳・作曲・新人女優
 ・“3 bodas de más”(6):主演女優・脚本・編集・衣裳・メイク・プロダクション
 ・“Todas las mujeres”(4):主演男優・助演女優・脚色・新人女優
 ・“Alacrán enamorado”(4):助演男優・脚色・美術・新人男優
 ・“Zipi y Zape y el club de la canica”(4):脚色・特殊効果
 ・“Stockholm”(3):主演女優・新人男優・新人監督
 ・“Los últimos días”(2):特殊効果・プロダクション
 ・“A Night in Old Mexico”(2):作曲・歌曲

 全体的には、『インポッシブル』や『ブランカニエベス』、『ふたりのアトリエ ~ある彫刻家とモデル』などがあった昨年や、『私が、生きる肌』や『悪人に平穏なし』、『マルティナのすむ街』、『しわ』、『スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜』、『ミッドナイト・イン・パリ』などがあった2012年、『Biutiful ビューティフル』や『[リミット]』、『気狂いピエロの決闘』、『ペーパーバード 幸せは翼にのって』、『ブラック・ブレッド』、『ザ・ウォーター・ウォー』などがあった2011年などと比較すると、やや弱い感じでしょうか。

 アルモドバルの新作もわずか1部門のノミネートにとどまっていますし、早々に日本での公開が決まった『グランドピアノ 狙われた黒鍵』も1部門のノミネートです。

 日本でもよく知られている監督としては、アレックス・デ・ラ・イグレシアがいて、10部門でノミネートという、大健闘を見せていますが、技術部門中心のノミネートになっています。

 個人的には、アレックス・デ・ラ・イグレシア作品と“Vivir es fácil con los ojos cerrados”が観たい気はしていますが。

 ちょっと気になるのは、ここ数年、スペイン映画は、国外の映画人との交流を盛んに行なっていたのが、今回のゴヤ賞ノミネーションを見る限りでは、そうした流れは、いったんは止まったように見えることです。たまたまなんでしょうか……。

--------------------------------

 主なノミネート作品を簡単に紹介しておきます。

 “La gran familia española(Family United)”(西) 監督:ダニエル・サンチェス・アレバロ(Daniel Sánchez Arévalo)
 出演:アントニオ・デ・ラ・トレ(Antonio de la Torre)、Quim Gutiérrez、ベロニカ・エチェーギ(Verónica Echegui)、ミケル・フェルナンデス(Miquel Fernández)、Patrick Criado、 ロベルト・アラモ(Roberto Álamo)、サンドラ・アルタン(Sandra Martín)、Arancha Martí
 物語:マドリッドに近い山中の村。エフライムは、5人兄弟の末っ子で、彼の結婚式のために、家族が集まってくる。しかし、みんな何らかのトラブルや悩みを抱えている。父親は、まだ8年前の離婚を引きずっているし、長男のアダンは欝気味で、次男のベンハミンは、「子供の心」を持った大人だ。三男のカレブは、四男のダニエルにガールフレンドを寝取られて以来、ケニヤに旅立って、2年ぶりに帰国する。そして、末っ子のエフライムは、結婚式当日になっても、カルラではなく、別の幼なじみであるモニカの方がいいのではないかと悩んでいる。当日は、南アフリカでのスペインはサッカー・ワールド・カップの決勝戦の日で、招待客はみんなサッカーに夢中で、スペイン国内は完全に麻痺してしまっている……。

画像

 “Las brujas de Zugarramurdi(Bitching and Witching)”(西・仏) 監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア
 出演:Hugo Silva、Mario Casas、ペポン・ニエト(Pepón Nieto)、カルメン・マウラ、カロリーナ・バング(Carolina Bang)、テレール・パベス(Terele Pávez)、Jaime Ordóñez、サンティアゴ・セグーラ(Santiago Segura)、カルロス・アレセス(Carlos Areces)
 物語:ホセは、妻に棄てられ、運にも見放された男で、仲間とともに、シルバーのボディーペイントを施したイエス・キリストの扮装で、換金ショップを襲い、25000もの結婚指輪を強奪する。しかも、その強盗には、親権的なスケジュールの都合上、8歳の息子も同伴していた。強盗に成功した彼らは、警察から逃げて、バスクの森の中に入り込むが、そこで、魔女の集会に出くわしてしまう。魔女たちによってカエルのスープに入れられることもなく、警察や、激怒している妻からも逃げ延びるためには、ホセたちはない知恵を絞らなければならなかった。  トロント国際映画祭2013 MIDNIGHT MADNESS部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 アウト・オブ・コンペティション部門出品。

画像

 “15 años y un día (15 Years + 1 Day)”(西) 監督:グラシア・ケヘレタ(Gracia Querejeta)
 物語:Jonは、学校を退学になり、彼の将来を心配した母親Margaは、息子がこのまま人生の軌道を踏み外してしまわないように、退役軍人である父Maxに預けることに決める。
 サラエボ映画祭2013 ティーンエリア部門出品。
 モントリオール世界映画祭2013 フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 メイド・イン・スペイン部門出品。
 米国アカデミー賞2014 外国語映画賞 スペイン代表。

画像

 “Caníbal(Cannibal)”(西・ルーマニア・ロシア・仏) 監督:Manuel Martín Cuenca
 出演:アントニオ・デ・ラ・トレ(Antonio de la Torre)、マリア・アルフォンサ・ロッソ(María Alfonsa Rosso)、オリンピア・メリンテ(Olimpia Melinte)
 物語:カルロスは、グラナダに住む一流の仕立て屋だが、殺人鬼という裏の顔を持っていた。彼は、人を殺すのに、自責の念も罪の意識も感じない。ところが、無垢なニナと出会って、それが変わる。それこそ、彼にとっての初恋であった。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 オフィシャル・セレクション出品。

画像

 “Vivir es fácil con los ojos cerrados(Living Is Easy With Eyes Closed)”(西) 監督:ダヴィッド・トルエバ(David Trueba)
 出演:ハビエル・カマラ(Javier Cámara)、Natalia de Molina、フランセス・クルメ(Francesc Colomer)
 物語:1966年のスペイン。パコは、英語の教師で、ビートルズの歌を使って、英語を教えている。アルメリアで、ジョン・レノンが映画を撮影していると聞いた彼は、会いに行く決心をする。向かう途中で、家から逃げ出してきた16歳の少年ベレンと、自分の何かから逃げている21歳のファンホと出会う。彼らはぶつかり合い、そして、かけがえのない友情を築く。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 オフィシャル・セレクション出品。

画像

 “3 bodas de más”(西) 監督:Javier Ruiz Caldera
 出演:インマ・クエスタ(Inma Cuesta)、Martiño Rivas、マリア・ボット(María Botto)、ロッシ・デ・パルマ
 物語:元カレの結婚式に招待されることほどみじめなことはない。しかも、欠席しますとも言えず、同伴する相手もいなければ、みじめさは増す。本作の主人公に、そういうことが1ヶ月に三度も続く。1つの結婚式が終わって、次までの間に、彼女は、絶望的な思いで、パートナーを探そうとする。
 ベネチア国際映画祭2013 ベネチア・デイズ部門出品。

画像

 “La herida(Wounded)”(西) 監督:Fernando Franco
 物語:アナは、30歳で、救急車のドライバーをしている。仕事はうまくいっていたが、私生活に問題を抱えていた。というのも、彼女自身は知らなかったが、精神科医によると境界性人格障害という心の病にかかっているらしかったのだ。アナは、次第に自己破滅的になり、アルコールに溺れ、自らを傷つけた。幸せになりたかったが、なかなか叶えられそうになかった。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 オフィシャル・セレクション出品。

画像

--------------------------------

 第28回ゴヤ賞の結果発表は、2月9日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 ・ゴヤ賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_18.html
 ・ゴヤ賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_33.html
 ・ゴヤ賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_37.html
 ・ゴヤ賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_28.html
 ・ゴヤ賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_25.html
 ・ゴヤ賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_14.html
 ・ゴヤ賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_26.html
 ・ゴヤ賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_32.html
 ・ゴヤ賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_3.html

 ・各国アカデミー賞 一覧:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_28.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月~2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

 追記:
 ・ゴヤ賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_24.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック