『そして父になる』が作品賞&監督賞受賞! アジア太平洋映画祭2013!

 第56回アジア太平洋映画祭(Asia-Pacific Film Festival/亞太影展)(12月13日-15日)の各賞が発表されました。

 この映画祭は、毎年開催地を変えて行なわれる映画祭で、今回はマカオで開催されました。

 ◆作品賞
 ・『グランド・マスター』(香港) 監督:ウォン・カーウァイ
 ◎『そして父になる』(日) 監督:是枝裕和
 ・“The Lunchbox”(インド・仏・独) 監督:Ritesh Batra
 ・『ピクニック』(台湾・仏) 監督:ツァイ・ミンリャン
 ・“Ilo Ilo”(シンガポール) 監督:アンソニー・チェン
 ・『花咲くころ』(グルジア・独・仏) 監督:ナナ・エクチミシヴィリ、ジーモン・グロス

画像

 ◆監督賞
 ・ツァイ・ミンリャン 『ピクニック』(台湾・仏)
 ・ポン・ジュノ 『スノーピアサー』(韓)
 ・Ritesh Batra “The Lunchbox”(インド・仏・独)
 ・ジャファール・パナヒ、カンボジヤ・パルトヴィ 『閉ざされたカーテン』(イラン)
 ・ウォン・カーウァイ 『グランド・マスター』(香港)
 ◎是枝裕和 『そして父になる』(日)

 ◆主演男優賞
 ・イルファン・カーン “The Lunchbox”(インド・仏・独)
 ・ニック・チョン 『激戦』(香港)(監督:ダンテ・ラム)
 ・トニー・レオン 『グランド・マスター』(香港)
 ・ソ・ヨンジュ 『未熟な犯罪者』(韓)(監督:カン・イグァン)
 ◎リー・カンション 『ピクニック』(台湾・仏)
 ・福山雅治 『そして父になる』(日)

 リー・カンションは、金馬奨主演男優賞受賞。

画像

 ◆主演女優賞
 ◎チャン・ツィイー 『グランド・マスター』(香港)
 ・イ・ジョンヒョン 『未熟な犯罪者』(韓)
 ・ヤン・ズーシャン 『So Young』(中)(監督:ヴィッキー・チャオ)
 ・Lika Babluani 『花咲くころ』(グルジア・独・仏)
 ・アンジャエリ・バヤニ(Angeli Bayani) “Ilo Ilo”(シンガポール)

 チャン・ツィイーは、金馬奨主演女優賞受賞。

画像

 ◆助演男優賞
 ◎Nawazuddin Siddiqui “The Lunchbox”(インド・仏・独)
 ・ソン・ガンホ 『スノーピアサー』(韓)
 ・リリー・フランキー 『そして父になる』(日)
 ・トン・ダーウェイ(佟大為) 『アメリカン・ドリーム・イン・チャイナ』“海闊天空”(中)(監督:ピーター・チャン)
 ・オダギリジョー 『舟を編む』(日)(監督:石井裕也)

 ◆助演女優賞
 ・クリスタル・リー(李馨巧) 『激戦』(香港)
 ・ティルダ・スウィントン 『スノーピアサー』(韓)
 ◎ヤオ・ヤンヤン “Ilo Ilo”(シンガポール)
 ・林美秀(Lin Mei-Hsiu)  『おばあちゃんの秘密』“To My Dear Granny(親愛的奶奶)”(台湾)(監督:チュウ・ヨウニン(瞿友寧/Chu Yu-ning))
 ・ジャン・シューイン(Maggie Jiang Shuying) 『So Young』(中)

 ヤオ・ヤンヤンは、金馬奨助演女優賞受賞。

画像

 ◆脚本賞
 ・アンソニー・チェン “Ilo Ilo”(シンガポール)
 ◎Ritesh Batra “The Lunchbox”(インド・仏・独)
 ・ジャファール・パナヒ 『閉ざされたカーテン』(イラン)
 ・Yuri Bykov “The Major”(ロシア)(監督:Yuri Bykov)
 ・リー・チアン(李檣) 『So Young』(中)

 ◆撮影賞
 ◎フィリップ・ル・スール 『グランド・マスター』(香港)
 ・ホン・ギョンピョ(Hong Kyung-pyo) 『スノーピアサー』(韓)
 ・リャオ・ペンロン(廖本榕)、ソン・ウンゾン(宋文忠) 『ピクニック』(台湾・仏)
 ・笠松則通 『許されざる者』(日)(監督:李相日)
 ・Rajeev Ravi “Monsoon Shootout”(インド・英・オランダ)(監督:Amit Kumar)

 フィリップ・ル・スールは、金馬奨撮影賞受賞。

 ◆編集賞
 ・ウィリアム・チャン(張叔平)、Benjamin Courtines、プーン・ハンコウ(潘雄耀) 『グランド・マスター』(香港)
 ・シン・ミンギョン(Shin Min-kyung) “Cold Eyes(監視者たち)”(監督:チョ・ウィソク、キム・ビョンソ)
 ・スティーヴ・M・チェ(Steve M. Choe)、キム・チャンジュ(Chang Ju Kim) 『スノーピアサー』(韓)
 ・是枝裕和 『そして父になる』(日)
 ◎Simon Price、Sally Blenheim、Luca Cappelli “Ruin”(オーストラリア)(監督:Michael Cody、Amiel Courtin-Wilson)

 ◆美術賞(Best Art Direction)
 ・ウィリアム・チャン(張叔平)、アルフレッド・ヤウ(邱偉明) 『グランド・マスター』(香港)
 ◎オンドレイ・ネクヴァシール(Ondrej Nekvasil) 『スノーピアサー』(韓)
 ・原田満生、杉本亮 『許されざる者』(日)(監督:李相日)
 ・稲垣尚夫 『地獄でなぜ悪い』(日)(監督:園子温)
 ・Arkkadech Keawkotr “Pee Mak”(タイ)(監督:Banjong Pisanthanakun)

 オンドレイ・ネクヴァシールは、大鐘賞と青龍映画賞でも美術賞受賞。

 ◆音響デザイン賞(Best Sound Design)
 ・チョ・テヨン(Tae Young Choi) 『スノーピアサー』(韓)
 ・Robert Mackenzie、Traithep Wongpaiboon 『グランド・マスター』(香港)
 ・鄭穎園(Phyllis Cheng) 『激戦』(香港)
 ◎ドゥ・ドゥチー(杜篤之)、クオ・リーチー(郭禮杞) 『ピクニック』(台湾・仏)
 ・園子温、井内啓二、坂本秀一 『地獄でなぜ悪い』(日)

 ドゥ・ドゥチー(杜篤之)とクオ・リーチー(郭禮杞)は、金馬奨では『ピクニック』で音響効果賞を受賞しています。

 ◆音楽賞(Best Music)
 ・梅林茂、ナサニエル・メカリー 『グランド・マスター』(香港)
 ・Shane McLean “Mt. Zion”(ニュージーランド)(監督:Te Arepa Kahi)
 ◎ゼケ・ハセリ(Zeke Khaseli)、ユディ・アルファニ(Yudhi Arfani) 『愛について語るときに、語らないこと』(インドネシア)(監督:モーリー・スルヤ)
 ・ジェイ・チョウ、Jason Huang “The Rooftop(天台)”(台湾・中・香港)(監督:ジェイ・チョウ)
 ・岩代太郎 『利休にたずねよ』(日)(監督:田中光敏)

 ◆特別貢献賞(Outstanding Achievement Award)
 ◎イルファン・カーン “The Lunchbox”(インド・仏・独)

 ※審査員:ナンサン・シー(審査員長/香港のプロデューサー)、Zhang Zhao(張昭:中国のプロデューサー)、アフドリン・シャウキ(Afdlin Shauki:マレーシアの俳優)、シルヴィア・チャン、ホ・ジノ

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・『グランド・マスター』(2/9):作品・監督・主演男優・主演女優・撮影・編集・美術・音響・音楽
 ・『スノーピアサー』(1/7):監督・助演男優・助演女優・撮影・編集・美術・音響
 ・『そして父になる』(2/5):作品・監督・主演男優・助演男優・編集
 ・“The Lunchbox”(2/5):作品・監督・主演男優・助演男優・脚本
 ・『ピクニック』(2/5):作品・監督・主演男優・撮影・音響
 ・“Ilo Ilo”(1/4):作品・主演女優・助演女優・脚本
 ・『激戦』(0/3):主演男優・助演女優・音響
 ・『So Young』(0/3):主演女優・助演女優・脚本
 ・『花咲くころ』(0/2):作品・主演女優
 ・『閉ざされたカーテン』(0/2):監督・脚本
 ・『未熟な犯罪者』(0/2):主演男優・主演女優
 ・『許されざる者』(0/2):撮影・美術
 ・『地獄でなぜ悪い』(0/2):美術・音響

 台湾・金馬奨と似通った受賞結果になりました。
 この評価が、2013年度のアジア映画に対するスタンダード、ということになるのでしょうか。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アジア太平洋映画賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_72.html

 ・台湾・金馬奨 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_35.html

 ・大鐘賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_3.html
 ・青龍映画賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_34.html

 ・アジア太平洋スクリーン・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_36.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月~2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック