お金ならあります! アブダビ国際映画祭2013 受賞結果!

 アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開催されていた、第7回アブダビ国際映画祭(10月24日-11月2日)の各賞が発表されました。

画像

--------------------------------

 【ナラティヴ長編コンペティション部門】 (Narrative Feature Competition)

 ※審査員:ジャッキー・ウィーバー(オーストラリア/審査員長)、Adrian Wootton(英)、 ヒアム・アッバス(パレスチナ)、Dora Bouchoucha(チュニジア)、Sandra den Hamer (オランダ)

 ◆最優秀作品賞/Black Pearl Award - Best Narrative Film ($100,000)
 ◎『罪の手ざわり』“A Touch Of Sin”(中・日) 監督:ジャ・ジャンクー
 出演:チアン・ウー(姜武)、ワン・バオチャン(王宝強)、チャオ・タオ、罗藍山、張嘉譯、李梦
 物語:鉱夫が村の指導者が不正を働いていたことを知り、復讐をしようと目論む。新年に家に帰った出稼ぎ労働者が銃さえあれば簡単にお金が稼げるのではないかと考える。客に暴行を振舞われたサウナの受付嬢が、怒って、刃物を振り回す。よりよい生活を求める若者が長時間労働と心理的な虐待に耐える。
 中国絵画の四联画のスタイルにならって、4つの町を舞台にした4人の主人公の物語。
 英題の“A Touch of Sin”は、キン・フーの『俠女』の英題“A Touch of Zen”のもじりで、武俠映画へのオマージュ。
 カンヌ国際映画祭2013 コンペティション部門出品。脚本賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 ホライズンズ部門出品。
 サラエボ映画祭2013 キノスコープ部門出品。
 トロント国際映画祭2013 MASTERS部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 パールズ部門出品。
 レイキャビク国際映画祭2013 Open Sea部門出品。
 釜山国際映画祭2013 アジア映画の窓部門出品。
 BFIロンドン映画祭2013 DARE部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2013 特別招待作品。
 台湾・金馬奨2013 作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞・編集賞・作曲賞ノミネート。
 東京フィルメックス2013 特別招待作品。


 ◆審査員特別賞/Special Jury Award ($50,000)
 ◎“My Sweet PepperLand”(イラク・仏・独・UAE) 監督:ヒネル・サレーム(Hiner Saleem)
 出演:ゴルシフテ・ファラハニ、Korkmaz Arslan、Suat Usta
 物語:舞台は、トルコやイランに近い国境地帯で、ここでは、アルコールやドラッグや機械の密輸が横行する無法地帯と化していた。クルディスタン独立戦争の英雄バランは、求められて、村の警察署長になるが、腐敗した村の長老Aziz Agaのやり方に従わず、彼から睨まれることになる。やがて、村にGovendという美しい女性が教師として赴任してくる。バランと彼女がつきあうことは、Aziz Agaも村の住人もGovendの兄弟たちも反対するが、のちにこの2人が村の古いしきたりを変えていくことになる。
 ヒネル・サレームは、イラクからフランスに亡命した作家で、日本で上映された監督作品はありませんが、『父さんの銃』という自伝的小説が翻訳されています。
 カンヌ国際映画祭2013 ある視点部門出品。
 釜山国際映画祭2013 ワールド・シネマ部門出品。
 シカゴ国際映画祭2013 インターナショナル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞(ゴールデン・ヒューゴー賞)受賞。


 ◆最優秀アラブ作品賞/Best Film from the Arab World ($50,000)
 ◎“In the Sands of Babylon”(イラク・ニュージーランド・英) 監督:Mohamed Jabarah Al-Daradji
 物語:1990年にイラク軍はクウェートを侵攻し、安保理は無条件撤退を要求するが、イラク軍は受け入れず、1991年1月に多国籍軍による攻撃を受け、撤退を余儀なくされる。撤退中のイラク軍から兵士の1人イブラヒムが逃亡する。彼は、イラクの統治地域からアメリカの干渉地帯へと北に向かって逃げるが、そこは何もない不毛地帯で、たちまちのうちにつかまり、反逆者として悪名高い刑務所に投獄される。一方、イラクで暴動が起こり、刑務所の外にまで広がって、バビロンの殺戮の原野でとらえらた人々の間に希望の灯がともる……。
 サンセバスチャン国際映画祭2009 Cinema in Motion Awards受賞。

画像

 ◆最優秀アラブ監督賞/Best Director from the Arab World ($50,000)
 ◎メルザック・アルアッシュ(Merzak Allouache) “The Rooftops”(アルジェリア・仏・カタール)

 “The Rooftops(Es-Stouh/Les Terrasses)”(アルジェリア・仏・カタール) 監督:メルザック・アルアッシュ(Merzak Allouache) [ワールド・プレミア]
 出演:Adila Bendimerad、Nassima Belmihoub、Ahcene Benzerari、Aïssa Chouat、Mourad Khen、Myriam Ait El Hadj
 物語:夕方から夜明けまで、アルジェを舞台にした複数の物語が語られる。アルジェでは、海に向かって立つ丘に、白い家が立ち並ぶ。しかし、住むところのない人々も多く、彼らは、歴史的な建物の屋上に不法に泊り込んで、暮らしている。本作で語られる物語は、そうした屋上で展開する。ある屋上では、2人のチンピラが1人の男に何かの書類にサインさせようと、水を使って、拷問をしている。しかし、男は頑なに拒む。しばらくして、女性監督と撮影クルーがアルジェの眺望を撮影するために、やってくる。彼女は、クルーにキリスト教やユダヤ教の墓地は写さないようにと指示を出す。別の屋上では、挑発的な女性シンガー、アイサが、バンドと一緒にリハーサルをしている。それを、隣の建物から、あまり自由を持たない女の子が賞賛の目で見ている。また、別の屋上では、ラービおじさんと呼ばれる半狂人の男性が檻に入れられている。小さな女の子が彼に語りかけ、家族が食事を与える。週に一度、檻にベールがかけられ、そこに20人のひげを生やした男たちが集まり、ジハードについてお伺いを立て、ちょっとした仕事をする。1人のホームレスは、悪魔払いを演じて、無知な人々をだましている。また、ある不幸な家族は大家から追いたてを食らい、路頭に迷う……。
 ベネチア国際映画祭2013 コンペティション部門出品。

画像

 ◆男優賞
 ◎Diego Peretti “The Reconstruction”(アルゼンチン)(監督:Juan Esteban Taratuto)

 “The Reconstruction(La Reconstrucción)”(アルゼンチン) 監督:Juan Esteban Taratuto
 物語:エドゥアルドは、秘密主義で、徹底した個人主義で、リオグランデにある家の外には自分のプライベートを漏らすことがない。しかし、友人とその家族に頼られることになり、自分の中にあるヒューマニティーに気づく。
 ベネチア国際映画祭2013 ベネチア・デイズ出品。
 レインダンス映画祭2013 インターナショナル長編コンペティション部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭2013 オフィシャル・セレクション出品。国際批評家連盟賞受賞。


 ◆女優賞
 ◎ジュディー・デンチ 『あなたを抱きしめる日まで』(英・米)(監督:スティーヴン・フリアーズ)

 『あなたを抱きしめる日まで』“Philomena”(英) 監督:スティーヴン・フリアーズ [SPECIAL PRESENTATIONS部門]
 出演:ジュディー・デンチ、スティーヴ・クーガン
 物語:Philomena Leeは、結婚に破綻して、アイリッシュ・カトリックのコミュニティーに入り、残された息子をアメリカに養子に出す。教会のきまりで、養子に出した息子の行方は捜さないという契約書にサインする。数年後、彼女は、イングランドで家族をもうける。しばらくして、彼女はBBCの特派員Martin Sixsmithと出会い、一度は手放した息子の行方を2人で捜すことになる。
 BBCの特派員Martin Sixsmithが2009年に発表した“The Lost Child of Philomena Lee”に基づいて映画化した作品。
 ベネチア国際映画祭2013 コンペティション部門出品。脚本賞/オゼッラ賞(スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ)、SIGNIS賞、オンライン批評家賞 最優秀作品賞(Mouse d'Oro)、ユニセフ賞(Cinema for Unicef Award)、クィア獅子賞、ヤング審査員賞(Vittorio Veneto Film Festival Youth Jury Award)、Brian Award 、ユニセフ賞(Cinema for Unicef Award)、INTERFILM 賞、Padre Nazareno Taddei Award 受賞。
 トロント国際映画祭2013 ピープルズ・チョイス賞次点。

画像

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“The Rooftops”(アルジェリア・仏・カタール) 監督:Merzak Allouache

 [その他のエントリー作品] 2作品以外はすべて中東プレミア
 ・“Jealousy(La Jalousie)”(仏) 監督:フィリップ・ガレル
 ・『イーダ』“Ida”(ポーランド・デンマーク) 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ(Pawel Pawlikowski)
 ・『鉄くず拾いの物語』“An Episode in the Life of an Iron Picker”(ボスニア ヘルツェゴビナ・仏・スロヴェニア・伊) 監督:ダニス・タノヴィッチ [UAEプレミア]
 ・“For Those Who Can Tell No Tales( Za one koji ne mogu da govore)”(ボスニア ヘルツェゴビナ・カタール) 監督:ヤスミラ・ジュバニッチ
 ・“Siddharth”(インド・カナダ) 監督:Richie Mehta
 ・『ある理髪師の物語』“Barber's Tales(Mga kuwentong barbero)”(フィリピン) 監督:ジュン・ロブレス・ラナ(Jun Robles Lana)
 ・“Enemy”(カナダ・西) 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
 ・“Night Moves”(米) 監督:ケリー・ライヒャルト
 ・“Rags and Tatters(Farsh wa ghata)”(エジプト) 監督:Ahmad Abdallah

 【ニュー・ホライズンズ・コンペティション部門】 (New Horizons Competition)

 ※第1回または第2回監督作品が対象。

 ※審査員:イェスィム・ウスタオウル(トルコ/審査員長)、Irene Bignardi(フィルムイタリア社長/映画批評家)、Nour-Eddine Lakhmari(モロッコの監督)、ヴァレリー・トドロフスキー(ウクライナ)、Michel Kammoun(レバノンの監督)

 ◆最優秀作品賞/Black Pearl Award – New Horizons ($100,000)
 ◎“Still Life”(伊・英) 監督:ウベルト・パゾリーニ [Gulfプレミア]
 出演:エディー・マーサン、ジョアンヌ・フロガット
 物語:ロンドン南部のギリシャ正教のお葬式。ふさわしい音楽が流れ、感動的なスピーチがなされる。ここに、埋葬所に雇われた男ジョン・メイが列席している。彼の仕事は、孤独のうちに亡くなった人の近親者を探すことだ。なかなかうまく行くことはないが、完璧主義者の彼は、この仕事を愛し、「クライアント」に最良のお別れをさせてあげようという努力を欠かさない。しかし、業務の再編で、彼がやっていた仕事が廃止されることが決まる。彼は、最後のケースに自分のプロフェッショナルとしてのスキルを注ぐことにする。その「相手」は、アル中のビリー・ストークで、ジョンは、ビリーの友人を捜して、彼の軌跡をたどり、イギリス中を旅する。その過程で、ジョンは、自らの人生を取り戻していくことになる。
 ベネチア国際映画祭2013 Orizzonti部門出品。
 チューリヒ映画祭2013 インターナショナル長編コンペティション部門出品。
 レイキャビク国際映画祭2013 コンペティション部門出品。最優秀作品賞(The Golden Puffin Discovery Award)受賞。
 ワルシャワ国際映画祭2013 オープニング作品。

画像

 ◆審査員特別賞/Special Jury Award ($50,000)
 ◎『ブラインド・デート』“Blind Dates”(グルジア) 監督:レヴァン・コグアシュビリ(Levan Koguashvili]
 物語:サンドロは、40代の歴史教師で、教え子の母親に恋してしまう。彼は、彼女の夫が刑務所から出所すると聞き、刑務所まで彼女を車で送ると約束する。彼女を刑務所まで連れて行ったその日、彼は、そのまま帰らずに、彼女と夫が出てくるのを待って、彼らを彼らの家まで送り届けてあげる。
 カルヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 Work in Progress賞受賞。
 トロント国際映画祭2013 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 東京国際映画祭2013 コンペティション部門出品。

画像

 ◆最優秀アラブ作品賞/Best Film from the Arab World ($50,000)
 ◎“Before Snowfall(Før snøen faller)”(イラク・ノルウェー・独) 監督:Hisham Zaman
 物語:Siyarは、プラスチックで体を覆って、タンクローリーのタンクの中に隠れ、イラクからトルコへの国境を越える。彼は、クルディスタンでの結婚式を目前に逃げ出した妹を捜していた。イスタンブールに着いた彼は、Evinという名の男の格好をした娘と出会う。彼女は、ストリートで暮らしていて、父親とともにドイツに住むことを夢見ていた。Siyarには、秘密のミッションがあり、少しずつ調査を開始する。
 ヨーテボリ国際映画祭2013 最優秀ノルディック映画賞受賞。
 トライベッカ映画祭2013 ワールド・ナラティヴ・コンペティション部門出品。撮影賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 フォーカス・オン・クルド映画部門出品。
 エジンバラ国際映画祭2013 インターナショナル長編コンペティション部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2013 ワールド・トゥデイ部門出品。

画像

 ◆審査員特別賞/Special Jury Award for a Film from the Arab World ($25,000)
 ◎“Villa 69”(エジプト・UAE) 監督:Ayten Amin [インターナショナル・プレミア]
 物語:フセインは、62歳の建築家で、重い病気がかかっているが、ひとり暮らしを楽しんでいる。彼の世話をしている家政婦が、父親の面倒を見るために、数日間、不在にしただけで、彼はてんやわんやになる。そこへ、家を改築することになった妹ナドラが、メイドと息子セイフを連れて押しかけてくる。気難しい彼は、怒り、口論するが、やがて甥のセイフとは強い絆で結ばれていく……。

画像

 ◆男優賞
 ◎ジェシー・アイゼンバーグ 『ザ・ダブル/分身』“The Double 監督:リチャード・アヨエイド

 『ザ・ダブル/分身』“The Double”(英) 監督:リチャード・アヨエイド(Richard Ayoade)
 出演::ジェシー・アイゼンバーグ、ミア・ワシコウスカ、ウォーレス・ショーン(Wallace Shawn)、ノア・テイラー(Noah Taylor)
 物語:サイモンは、引っ込み思案で、世界から孤立していた。職場でも無視され、母親からは軽蔑され、女たちからも相手にされていなかった。職場に新しい同僚ジェームズが加わる。彼は、まさにサイモンと正反対で、自信に満ち、カリスマ性があり、女にももてた。サイモンは、自分の居場所がどんどんジェームズに奪われていくことに恐怖を感じる。
 『サブマリン』のリチャード・アヨエイド監督の第2監督長編。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 BFIロンドン映画祭2013 オフィシャル・コンペティション部門出品。
 東京国際映画祭2013 コンペティション部門出品。

画像

 ◆女優賞
 ◎Tillotama Shome “Qissa”(インド・独・オランダ・仏)(監督:Anup Singh)

 “Qissa”(独・インド・オランダ・仏) 監督:Anup Singh
 出演:イルファーン・カーン(Irrfan Khan)、Tillotama Shome、Rasika Dugal、Tisca Chopra.
 物語:ポスト殖民地時代のインド。シーク教徒のUmber Singhは、1947年の分離独立で、村を追われる。彼は、運命と闘い、家族のために家を建てる。末っ子のKanwarが、低カーストの娘Neeliと結婚することになった時、一家は、それぞれに野心がありながらも、いつも運命に邪魔されるという、彼らの背負った宿命に気づかされる。
 トロント国際映画祭2013 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。NETPAC賞受賞。


 ◎Julia Wildschutt “Love Me(Elsk meg)”(ノルウェー) 監督:Hanne Myren

 “Love Me(Elsk meg)”(ノルウェー) 監督:Hanne Myren [ワールド・プレミア]
 物語:20歳のマリアは、愛されたいと願う一方で、拒絶されることを恐れ、嫉妬心と不安と臆病さに苛まれる。
 監督が、街中でキャスティングしていて出会ったJulia Wildschutが体験した物語に基づく。一度も演技経験のないJulia Wildschutと、彼女の父親、実生活におけるボーイフレンドをキャスティングして製作された。

画像

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Canopy”(オーストラリア) 監督:Aaron Wilson
 物語:戦時中の1942年。オーストラリアの戦闘機が撃ち落とされて、パイロットが、シンガポールのジャングルの木にひっかかる。彼は、危険なジャングルを抜けて、避難できる場所を探す。
 トロント国際映画祭2013 DISCOVERY部門出品。


 ◆Child Protection Award スペシャル・メンション
 ◎“Short Term 12”(米) 監督:Destin Daniel Cretton
 物語:グレースは、20代で、保護の必要なティーンエージャーをケアする保護施設の職員をしている。彼女は、情熱的でタフであり、同僚で、長い間つきあっているボーイフレンドのメイソンとともに子供たちの面倒を見ている。しかし、才能があるが、問題を抱えている少女が新しい入居者としてやってきたことで、彼女は、自分の過去と将来に向き合わざるを得なくなり、混乱に陥る。
 出演:ブリー・ラーソン(Brie Larson)、ジョン・ギャラガー・ジュニア(John Gallagher Jr.)、ケイトリン・デヴァー(Kaitlyn Dever)、ラミ・マレック(Rami Malek)、Keith Stanfield、Kevin Hernandez、メローラ・ウォルターズ(Melora Walters)、ステファニー・ベアトリス(Stephanie Beatriz)、Lydia Du Veaux、Alex Calloway
 SXSW映画祭2013 長編ナラティヴ・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 ロサンゼルス映画祭2013 観客賞ナラティヴ部門受賞。
 ナンタケット映画祭2013 長編部門 最優秀脚本賞受賞。
 ロカルノ国際映画祭2013 インターナショナル・コンペティション部門出品。女優賞受賞(ブリー・ラーソン)。
 サラエボ映画祭2013 キノスコープ部門出品。
 ドーヴィル・アメリカン映画祭2013 コンペティション部門出品。
 釜山国際映画祭2013 ワールド・シネマ部門出品。
 BFIロンドン映画祭2013 JOURNEY部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭2013 オフィシャル・セレクション出品。観客賞受賞。
 ゴッサム・アワード2013 女優賞ノミネート(ブリー・ラーソン)。


 ◎『私の名前は…』“My Name Is Hmmm... (Je m'appelle Hmmm...)”(仏) 監督:アニエス・トゥルブレ(Agnès Troublé/アニエス・ベー)
 出演:Lou Demerliac Lelia、ジャック・ボナフェ、シルヴィー・テスチュー、ダグラス・ゴードン
 物語:11歳のセリーヌが60歳のピーターと出会う。セリーヌは近親相姦的な父親から逃れてきていて、ピーターは故郷の英国と妻子を失った悲しい記憶を忘れたいと感じている。彼らは、美しい赤いトラックで数日間の旅をする。言葉はほとんど交わさない。セリーヌは、この旅を通して、相手を信頼することを知り、本当に楽しいウキウキした気分を味わって、真の意味での子供らしい体験をする。ピーターは、人生最後の日々に、この傷ついた娘のために、崇高な天使のような役割を演じる。
 2008年から進められていたアニエス・ベー.の初監督作品。
 ベネチア国際映画祭2013 Orizzonti部門出品。
 東京フィルメックス2013 特別招待作品。

画像

 [その他のエントリー作品] “Belle”と“Potosí”、および、特記作品以外は、中東プレミア
 ・“Belle”(英) 監督:Amma Asante
 ・“Salvo”(伊) 監督:Fabio Grassadonia、Antonio Piazza
 ・“My Sweet PepperLand”(イラク・仏・独・UAE) 監督:ヒネル・サレーム(Hiner Saleem)
 ・“Potosí”(メキシコ) 監督:Alfredo Castruita
 ・“Bastardo”(チュニジア・仏) 監督:Nejib Belkadhi

 【ドキュメンタリー・コンペティション部門】 (Documentary Feature Competition)

 ※審査員:Cameron Bailey(カナダ/審査員長)、レナード・レーテル・ヘルムリッヒ(Leonard Retel Helmrich:オランダのドキュメンタリー監督/撮影監督)、マハディ・フレフェル(Mahdi Fleifel:パレスチナの監督)、Peter Machen(南ア)、Nabil Hadji(アルジェリア)

 ◆最優秀作品賞/Black Pearl Award in memory of Jake Ebert for Best Documentary Film ($80,000)
 ◎“These Birds Walk”(パキスタン・米) 監督:Omar Mullick、Bassem Tariq
 パキスタンのカラチにある、The Edhi Homeと救急センターは、貧困や虐待、家庭における無視などから家を飛び出した子供たちを保護し、食べ物や寝床を与え、教育を施す施設である。ある者は、まもなく親たちが迎えにくるが、そうではない者たちもいる。3年以上にわたって、The Edhi Homeと救急センターを追ったドキュメンタリー。
 Hot Docs カナディアン・ドキュメンタリー映画祭2013 フィルムマーカー賞受賞。
 チューリヒ映画祭2013 インターナショナル・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。

画像

 ◆審査員特別賞/Special Jury Award ($40,000)
 ◎『ダヤニ・クリスタルの謎』“Who Is Dayani Cristal?”(英・メキシコ) 監督:Marc Silver [インターナショナル・プレミア](?)
 「2010年、米国アリゾナ州とメキシコの国境に位置するソノラ砂漠で、ある出稼ぎ労働者の遺体が見つかった。この場所は国境警備隊が「死の回廊」と呼ぶ危険区域である。遺体は身分証明書を所持しておらず、手掛かりは彼の刺青「ダヤニ・クリスタル」の文字のみ。映画では、この謎の遺体の人物像と、刺青に残されたダヤニ・クリスタルの意味を探っていく。
 中南米諸国から不法に国境を越えねばならない出稼ぎ労働者の実態に鋭く迫った骨太のドキュメンタリー。
 ナビゲーターを務めるメキシコのスター俳優、ガエル・ガルシア・ベルナルは、この映画のプロデューサーも兼ねている。」
 サンダンス映画祭2013 撮影賞受賞。
 ラテンビート映画祭2013にて上映。
 サンセバスチャン国際映画祭2013 ホライズンズ・ラティーノ部門出品。
 チューリヒ映画祭2013 Border Lines部門出品。


 ◆最優秀アラブ作品賞/Best Film from the Arab World ($50,000)
 ◎“Cairo Drive”(エジプト) 監督:Sherief Elkatsha [ワールド・プレミア]
 カイロでは、日々、2000万人の人々と1400万台の車が行きかうメトロポリスである。本作では、ドライバーや車に乗っている人々の目を通して、歴史的な変化を迎えている今日のエジプトの諸相を描いている。タクシー・ドライバーから、若者たちのナイトクルーズ、そして交通事故……。撮影は、2009年から始められ、途中で、革命を経験する。革命が起こった時、監督はブルックリンにいたが、急いでカイロへと戻る。革命のおかげで、街は変わってしまったが、革命を撮りたいのでもなかったし、政治的な映画にもしたくなかったので、そうした変化も現代エジプトの一部としてとらえられている。

画像

 ◆最優秀アラブ監督賞/Best Director from the Arab World ($25,000)
 ◎Hamza Aouni “El Gort”(チュニジア・UAE)

 “El Gort(Jamal al-barrouta)”(チュニジア・UAE) 監督:Hamza Aouni [ワールド・プレミア]
 干し草の売買をしている若者たちグループのドキュメンタリー。撮影期間中に革命が起こり、彼らの生活にも変化が押し寄せる。

画像

 ◆オナラブル・メンション(Honourable Mention)
 ◎“InRealLife”(英) 監督:ビーバン・キドロン
 われわれの生活を変えた携帯電話やインターネット・テクノロジーに関するドキュメンタリー。WikipediaやMicrosoft、MITメディア・ラボなどの専門家へのインタビューを交え、こうしたテクノロジーがどのように生み出され、どのように受け入れられていったのかを検証する。
 トロント国際映画祭2013 MAVERICKS部門出品。


 ◎“My Stolen Revolution (Moja skradziona rewolucja)”(スウェーデン) 監督:Nahid Persson Sarvestani
 監督のNahid Persson Sarvestaniは、活動家だったが、1979年にイラン革命が起こった時、投獄された友人や兄を捨てて、国外に亡命する。ずっとそのことに罪の意識を感じていた彼女は、30年後、故郷に戻り、友人たちの消息を尋ね、兄の最期の日々について調べる。
 ロッテルダム国際映画祭2013出品。
 ロサンゼルス国際映画祭2013 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2013 ワールド・トゥデイDOX部門出品。

画像

 ◆Child Protection Award 最優秀作品賞
 ◎“These Birds Walk”(パキスタン・米) 監督:Omar Mullick、Bassem Tariq

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“El Gort (Jamal al-barrouta)”(チュニジア・UAE) 監督:Hamza Ouni

 [その他のエントリー作品] 特記なしはすべて中東プレミア
 ・“School of Babel”(仏) 監督:ジュリー・ベルトゥチェリ
 ・“Doctor Fabre Will Cure You”(ベルギー・仏) 監督:Pierre Coulibeuf [インターナショナル・プレミア]
 ・“Sacro GRA”(伊) 監督:Gianfranco Rosi
 ・“Walls”(伊) 監督:Francesco Conversano、Nene Grignaffini
 ・“Whispers of the Cities”(イラク・UAE) 監督:Kasim Abid [ワールド・プレミア]
 ・“Hanging Dates Under Aleppo’s Citadel”(レバノン・UAE) 監督:Mohammad Soueid [ワールド・プレミア]
 ・“Blackfish”(米) 監督:Gabriela Cowperthwaite
 ・“The Kill Team”(米) 監督:Dan Krauss

--------------------------------

 この記事は、次に続きます。↓

 ・アブダビ国際映画祭2013 受賞結果(続き):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_5.html

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック