大鐘賞2013 結果発表!

 第50回大鐘賞の授賞式が行われました。(11月1日)

 【大鐘賞】

 1962年~ 中断あり
 韓国映画人協会・KBS・中央日報社主催。
 韓国のアカデミー賞と呼ばれる。元々は政府主導。
 2008年までは6~7月開催。2009年からは11月に開催されるようになった。

 <審査方法>
 [2009年以前]
 50人の一般審査員団と10人の専門家によって、大鐘賞映画祭エントリー作品の中から選考を行なう。

 [2010年~]
 50人の一般審査員団によって、大鐘賞映画祭エントリー作品の中から本選出品作10作品を選び、その中から、専門の審査員が各部門賞を決める。
 ただし、新人男優賞、新人女優賞、新人監督賞の3部門に関しては、大鐘賞映画祭出品作の中から一般審査員団が候補を決めるところまで行なう。

 [2013年~]
 2012年に『王になった男』が15部門を独占するという結果になるにおよび、審査の公正さに対する疑問の声が上がり、一般審査員を増やすという方向で変更が加えられた。
 具体的には、専門の記者団50人前後と、映画制作の各分野で活躍する映画人30人以下と、一般審査員20人以下、あわせて、約100人で、大鐘賞映画祭エントリー作品(2013年は51作品)の中から、ノミネーションの選考(予備審査)を行なう。
 本審査は、映画の専門家5人と、各界の著名人10人以下、計15人以下で、行なう。

 元々、大鐘賞は、韓国の映画賞の中でも、一般の観客の意向が最も反映しにくい映画賞であり、2013年における審査方法の変更でも、まだまだ不透明な部分が多いと言われています。

 これまでの受賞歴を見てみると、例えば、各映画賞の作品賞は―
 2007年 大鐘賞:『家族の誕生』、青龍映画賞:『優雅な世界』、大韓民国映画大賞:『シークレット・サンシャイン』
 2005年 大鐘賞:『マラソン』、青龍映画賞:『親切なクムジャさん』、大韓民国映画大賞:『トンマッコルへようこそ』
 2004年 大鐘賞:『春夏秋冬そして春』、青龍映画賞:『シルミド』、大韓民国映画大賞:『オールド・ボーイ』
 2002年 大鐘賞:『おばあちゃんの家』、青龍映画賞:『酔画仙』、大韓民国映画大賞:『オアシス』
 というような結果になっています。

 前回は、技術部門のノミネーションの発表はなしで、受賞者のみの発表となっていましたが、今回は、現時点で、作品賞と審査員特別賞と企画賞を除く、16部門のノミネーションが発表されています。

 本年度の受賞結果は、以下の通り。

画像

--------------------------------

 ◆最優秀作品賞
 ◎“The Face Reader(관상/観相)” 監督:ハン•ジェリム

 ◆監督賞(감독상)
 ・イ・ファンギョン(이환경) 『7番房の奇跡』“Miracle in Cell No.7(7번방의 선물/7号室の贈り物)”
 ・ソン•ヘソン 『ブーメラン・ファミリー』“Boomerang Family(고령화 가족/高齢化家族)”
 ◎ハン•ジェリム “The Face Reader(관상/観相)”
 ・ポン•ジュノ 『スノーピアサー』
 ・パク・フンジョン(박훈정) “New World(신세계/新世界)”

 イ・ファンギョン、ポン・ジュノ、パク・フンジョンは脚本賞にもノミネートされています。
 ハン・ジェリムは、2006年に『恋愛の目的』で新人監督賞を受賞しています。

 ◆主演男優賞(남우주연상)
 ◎リュ•スンニョン 『7番房の奇跡』
 ◎ソン•ガンホ “The Face Reader(관상/観相)”
 ・イ•ジョンジェ “The Face Reader(관상/観相)”
 ・ファン•ジョンミン “New World(신세계/新世界)”
 ・ファン•ジョンミン 『フィスト・オブ・レジェンド』(監督:カン・ウソク)

 リュ•スンニョンとファン•ジョンミンは、百想芸術大賞でも主演男優賞にノミネート。
 リュ・スンニョンは、前回、『王になった男』で助演男優賞受賞。
 ファン•ジョンミンは、2年連続ノミネートで、今回はダブル・ノミネートです。

 ソン・ガンホは、1997年に新人男優賞を受賞し、2001年に『JSA』で、2003年に『殺人の追憶』で主演男優賞を受賞し、今回が、10年ぶり3度目の受賞になります。

画像

 ◆主演女優賞(여우주연상)
 ・カル・ソウォン(갈소원) 『7番房の奇跡』
 ・ユン•ヨジョン 『ブーメラン・ファミリー』“Boomerang Family(고령화 가족/高齢化家族)”
 ・チャン•ヨンナム “Azooma(공정사회/公正な社会)”(監督:イ・ジスン(이지승))
 ◎オム•ジョンファ “Montage(몽타주/モンタージュ)”(監督:チョン・グンソプ(정근섭))
 ・ムン•ジョンヒ “Hide and Seek(숨바꼭질/かくれんぼ)”(監督:ホ・ジョン(허정))

 カン・ソルウォンは、新人女優賞にもノミネート。
 オム・ジョンファは、2年連続ノミネート。
 ムン・ジュンヒは、前回、助演女優賞でノミネート。

画像

 ◆助演男優賞(남우조연상)
 ・オ•ダルス 『7番房の奇跡』
 ・ペク•ユンシク “The Face Reader(관상/観相)”
 ◎チョ・ジョンソク “The Face Reader(관상/観相)”
 ・パク•ソンウン “New World(신세계/新世界)”
 ・ユ•ジュンサン 『フィスト・オブ・レジェンド』

 オ•ダルスとパク•ソンウンは、百想芸術大賞でも助演男優賞にノミネート。
 チョ・ジョンソクとユ•ジュンサンは、2年連続ノミネート。

画像

 ◆助演女優賞(여우조연상)
 ・パク・ミンハ(박민하) “The Flu(감기/風邪)”(監督:キム・ソンス)
 ・チン•ジヒ(진지희) 『ブーメラン・ファミリー』“Boomerang Family(고령화 가족/高齢化家族)”
 ◎チャン•ヨンナム 『私のオオカミ少年』(監督:チョ・ソンヒ)
 ・オム•ジウォン 『結界の男』(監督:チョ・ジンギュ)
 ・コ•アソン 『スノーピアサー』

画像

 ◆脚本賞(시나리오상)
 ◎『7番房の奇跡』 イ・ファンギョン(이환경)
 ・“The Face Reader(관상/観相)” キム・ドンヒョク(김동혁)
 ・“Montage(몽타주/モンタージュ)” チョン・グンソプ(정근섭)
 ・『スノーピアサー』 ポン•ジュノ、ケリー・マスターソン
 ・“New World(신세계/新世界)” パク・フンジョン(박훈정)

 イ・ファンギョン、ポン・ジュノ、パク・フンジョンは監督賞にもノミネートされています。
 チョン・グンソプは、新人監督賞にもノミネートされています。
 イ・ファンギョンとパク・フンジョンは、百想芸術大賞でも脚本賞にノミネート。受賞したのは、ここではノミネートされていない『殺人の告白』のチョン・ビョンギル。

 ◆撮影賞(촬영상)
 ・『7番房の奇跡』 カン・スンギ
 ・“The Face Reader(관상/観相)” Go Rak-Sun(고락선)
 ・『殺人の告白』(監督:チョン・ビョンギル) キム•ギテ
 ◎『ベルリンファイル』(監督:リュ・スンワン) チェ・ヨンファン
 ・『スノーピアサー』 ホン•ギョンピョ(홍경표)

 ◆編集賞(편집상)
 ・『7番房の奇跡』 チェ・ジェグン(최재근)
 ・“The Face Reader(관상/観相)” キム・チャンジュ(김창주)
 ・『殺人の告白』 ナム・ナヨン
 ・『ベルリンファイル』 キム・サンボム(김상범)
 ◎『スノーピアサー』 キム・チャンジュ(김창주)、チェ・ミンヨン(최민영)

 ナム・ナヨンは、前回、『王になった男』で受賞。

 ◆美術賞(미술상)
 ・『7番房の奇跡』 イ・フギョン(이후경)
 ・“The Face Reader(관상/観相)” イ・ハジュン(이하준)
 ・『ベルリンファイル』 チョン・スア(전수아)
 ◎『スノーピアサー』 オンドレイ・ネクヴァシール
 ・“New World(신세계/新世界)” Cho hwa-sung(조화성)

 ◆衣裳賞(의상상)
 ・『7番房の奇跡』 キム・ナヨン(김나연)
 ・“Cold Eyes(감시자들/監視者たち)”(監督:チョ・ウィソク、キム・ビョンソ) チョ・サンギョン(조상경)
 ◎“The Face Reader(관상/観相)” シム・ヒョンソプ(심현섭)
 ・『ベルリンファイル』 シン・ジヨン(신지영)
 ・『スノーピアサー』 キャサリン・ジョージ

 ◆照明賞(조명상)
 ・『7番房の奇跡』 カン•ソンフン(강성훈)
 ・“The Face Reader(관상/観相)” シン・ギョンマン(신경만)、イ・チョロ(이철오)
 ◎『ベルリンファイル』 キム・ソングァン(김성관)
 ・“New World(신세계/新世界)” ペ・イリョク(배일혁)
 ・『フィスト・オブ・レジェンド』 カン・テヒ(강대희)

 ◆技術賞(기술상)
 ・“The Face Reader(관상/観相)” クァク・テヨン(特殊メイク)
 ・“The Face Reader(관상/観相)” イム・デジ(임대지)(同時録音)
 ・“The Face Reader(관상/観相)” チェ•テヨン(최태영)(音響)
 ・『スノーピアサー』 ScanlineVFX、BarrandovFX(VFX)
 ◎『ザ・タワー 超高層ビル大火災』(監督:キム・ジフン) DEGITAL idea(視覚効果)

 前回まで、映像技術賞と音響技術賞に分かれていたのが、1部門にまとめられたようです。

 ◆音楽賞(음악상)
 ・『7番房の奇跡』 イ・ドンジュン(이동준)
 ・“The Face Reader(관상/観相)” イ・ビョンウ(이병우)
 ・『スノーピアサー』 マルコ・ベルトラミ
 ・“Hide and Seek(숨바꼭질/かくれんぼ)” チョ•ヨンウク
 ◎“New World(신세계/新世界)” チョ•ヨンウク

 チョ・ヨンウクは、ダブル・ノミネートです。

 ◆新人男優賞(신인남우상)
 ・パク•シフ(박시후) 『殺人の告白』
 ◎キム•スヒョン(김수현) “Secretly Greatly(밀하게 위대하게/隠密に偉大に)”(監督:チャン・チョルス)
 ・パク・ドゥシク(박두식) 『フィスト・オブ・レジェンド』
 ・パク・ジョンミン(박정민) 『フィスト・オブ・レジェンド』
 ・ホン・ワンピョ(홍완표) “Cheer Up Mr.Lee(힘내세요, 병헌씨/頑張って、ビョンホンさん)”(監督:イ•ビョンホン(이병헌))

画像

 ◆新人女優賞(신인여우상)
 ・カル・ソウォン(갈소원) 『7番房の奇跡』
 ・シン・ソユル 『マイPSパートナー』(監督:ビョン・ソンヒョン)
 ・ミン・ジヒョン(민지현) “노리개(装身具)”(監督:チェ・スンホ(최승호))
 ・チョン・ミニ 『結界の男』
 ◎ソ・ウナ(서은아) “짓”(監督:ハン・ジョンフン(한종훈))

 カル・ソウォンは、主演女優賞にもノミネート。百想芸術大賞でも新人女優賞にノミネート。
 シン・ソユルは、百想芸術大賞では助演女優賞にノミネートされています。

画像

 ◆新人監督賞(신인감독상)
 ◎チョン・ビョンギル 『殺人の告白』
 ・チョ・ソンヒ 『私のオオカミ少年』
 ・チョン・グンソプ(정근섭) “Montage(몽타주/モンタージュ)”
 ・ホ・ジョン(허정) “Hide and Seek(숨바꼭질/かくれんぼ)”
 ・イ•ビョンホン(이병헌) “Cheer Up Mr.Lee(힘내세요, 병헌씨/頑張って、ビョンホンさん)”

 チョ・ソンヒは、百想芸術大賞で新人監督賞受賞。

 ◆企画賞
 ◎『7番房の奇跡』

 ◆審査員特別賞
 ◎カル・ソウォン(갈소원) 『7番房の奇跡』

画像

 ◆人気賞(하나금융그룹 인기상)
 ◎イ•ジョンジェ “The Face Reader(관상/観相)”

画像

 ◆映画発展功労賞(영화발전공로상)
 ◎ファン・ジョンスン
 1940年代から活躍している大女優で、1960年の『朴さん』、1961年の『荷馬車』、イム・グォンテク監督の『望夫石』(1963)、キム・スヨン監督の『浜辺の村』、ユ・ヒョンモク監督の『金薬局の娘たち』(1963)や『長雨』(1979)などが日本にも紹介されています。
 韓国映画評論家賞2012 特別功労賞受賞。

画像

 ◎チョン・イルソン(撮影監督)
 チョン・イルソンは、イム・グォンテク監督の諸作品を手がける撮影監督。

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・“The Face Reader(관상/観相)”(4/15):監督・主演男優・主演男優・助演男優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・照明・技術・技術・技術・音楽 +作品賞
 ・『7番房の奇跡』(2/12):監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・照明・音楽・新人女優 +企画賞、審査員特別賞
 ・『スノーピアサー』(2/9):監督・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・技術・音楽
 ・“New World(신세계/新世界)”(1/7):監督・主演男優・助演男優・脚本・美術・照明・音楽
 ・『フィスト・オブ・レジェンド』(0/5):主演男優・助演男優・新人男優・新人男優・照明
 ・『ベルリンファイル』(2/5):撮影・編集・美術・衣裳・照明
 ・『殺人の告白』(1/4):撮影・編集・新人男優・新人監督
 ・『ブーメラン・ファミリー』(0/3):監督・主演女優・助演女優
 ・“Montage(몽타주/モンタージュ)”(1/3):主演女優・脚本・新人監督
 ・“Hide and Seek(숨바꼭질/かくれんぼ)”(0/3):主演女優・音楽・新人監督
 ・『私のオオカミ少年』(1/2):助演女優・新人監督
 ・『結界の男』(0/2):助演女優・新人監督
 ・“Cheer Up Mr.Lee(힘내세요, 병헌씨/頑張って、ビョンホンさん)”(0/2):新人男優・新人監督

 最多ノミネートだった“The Face Reader(관상/観相)”が、4部門受賞で最多受賞となりましたが、全体的には多くの作品で賞を分け合ったと形になっています。

 主演男優賞をダブル受賞にしたり、部門賞でケアできない部分を特別賞でフォローしたり、“The Face Reader(관상/観相)”に作品賞を与えて、『7番房の奇跡』には企画賞を贈ったりと、いろいろと気を遣っているように感じられます。
 これも、審査が問題視された前回の反省を踏まえて、慎重になった結果、ということでしょうか。

 作品賞は、ノミネーションの発表がないまま、受賞作のみの発表となりました。

 2006年生まれのカル・ソウォンと、1947年生まれのユン・ヨジョンとの対決が注目された主演女優賞は、結局、どちらも受賞せず、カル・ソウォンには審査員特別賞が与えられました。

 多くの外国人スタッフを揃えて完成された『スノーピアサー』の受賞結果にも注目されましたが、編集賞と美術賞の2部門の受賞にとどまり、外国人スタッフの受賞は美術賞のオンドレイ・ネクヴァシールのみでした。

 ハン・ジェリム、ソン・ガンホ、リュ・スンニョン以外は、初受賞です。

 全体的には、公開中の“The Face Reader(관상/観相)”と『スノーピアサー』、そして本年度ナンバーワンヒットの『7番房の奇跡』で、約半数の賞をさらっていったことになります。

 “The Face Reader(관상/観相)”(韓) 監督:ハン・ジェリム
 物語:15世紀の李氏朝鮮。ネギョンは、没落した名家の出身で、役人になりたいという気持ちを持っていたが、そうした家柄ゆえにかなえられなかった。彼は、人相学に長け、人の顔を見て、人格や精神状態、習慣、ひいてはその人物の人生を言い当てることができた。そんな彼のもとに、漢城で飲食店をやっている妓生のヨンホンが訪ねてくる。彼女に、漢城に出てくれば、成功するだろうと言われた彼は、義弟のペンホンとともに、漢城に向かう。彼の人相見はたちまち人気となり、殺人事件を解決に導いたりもして、その評判は宮廷にまで伝わる。彼の能力を知った、宮廷の実力者キム・ジョンソは彼を宮廷に呼び寄せる。折りしも、宮廷では、文宗が他界し、幼い息子が即位するが、文宗の弟である首陽大君が王位を狙っていた……。
 出演:ソン・ガンホ、イ・ジョンジェ、ペク・ユンシク、チョ・ジョンソク、イ・ジョンソク、キム・ヘス

画像

--------------------------------

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
  
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 今回は、野球の韓国シリーズが第7戦まで進んだために、大鐘賞のTV中継が生放送できず、映画祭サイドはオンラインでの中継を模索したものの、それはTV局側が認めず、結局、韓国シリーズの生中継に続いての録画放送になるなど、あまり映画や映画祭そのものとは関係のないことばかりが話題になる大鐘賞でした。

 *当ブログ記事

 ・大鐘賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_26.html
 ・大鐘賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_26.html
 ・大鐘賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_38.html
 ・大鐘賞2011発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_60.html
 ・大鐘賞2010 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_3.html 
 ・大鐘賞2009 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_10.html

 ・百想芸術大賞2013 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_15.html
 ・百想芸術大賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_15.html

 ・各国アカデミー賞 一覧:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_28.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック