BAFTAウェールズ アワード2013 受賞結果!

 BAFTAウェールズ(British Academy Cymru Awards)2013の各賞が発表になりました。(9月29日)

 【BAFTAウェールズ 映画賞】

 BAFTA英国アカデミー賞には、ウェールズとスコットランドにも支部があり、「本家」同様、毎年それぞれ賞の授与を行なっています。BAFTAウェールズは1991年、BAFTAスコットランドは1989年設立で、BAFTAウェールズには約30もの部門/賞があります。

 ただし、アイルランド・アカデミー賞と同じく、映画だけでは賞が成立しないので、TV作品との混成によるノミネーションになっています。

 ウェールズ映画といってもほとんどなじみがありません。日本で劇場公開されたウェールズ語によるウェールズ映画は、おそらく『ワン・フル・ムーン』(1991)1本のみで、映画祭でも2000年にケルティック・フィルム・フェストで上映された『カメレオン』(1997)がウェールズ語によるウェールズ映画の唯一のものではないかと思われます。
 実際に、「ウェールズ語によるウェールズ映画」は、そんなに多くは制作されてはいなくて、IMDbでもウェールズ語映画はわずかに22本しか記載されていません。
 しかしながら、ウェールズ出身の監督がウェールズで撮った英語の映画は、けっこうあって、ケヴィン・アレンの『ツイン・タウン』(1998)やジャスティン・ケリガンの『ヒューマン・トラフィック』(1999)などはこれに当たります。
 ウェールズ出身の監督が、ウェールズで撮った英語のイギリス映画だと、『ウェールズの山』(1995)などがあり、ウェールズを舞台もしくはロケ地とする映画となるとさらにもっとふえて、最近だと『アメリア 永遠の翼』(2009)などがあります。
 米国アカデミー賞外国語映画賞には、これまでイギリスから11本の作品がエントリーされていますが、そのうちの7本がウェールズ語映画で、うち2本がノミネーションまで進んでいます。(確率的にはかなり高く、概してクオリティーは高いということなのでしょう。)

 「ウェールズ作品」であっても、一般には「イギリス作品」として紹介されるし、ウェールス資本が入っているかどうかなど、基本的な情報だけではよくわからなかったりしますが、よくよく調べたらウェールズ作品だったということもあるかもしれません。2011年の東京国際映画祭で上映された『サブマリン』も英語の作品ですが、ウェールズ映画とみなしてよいようです。

 さて、そんなこともありますが、BAFTAウェールズに話を戻すと――

 BAFTAウェールズ2013ノミネーション対象作品は、2012年4月1日から2013年3月31日までにウェールズで公開・放映された映画作品とTV作品で、ノミネーションは8月2日に発表され、授賞式は9月29日に行なわれる予定になっています。

 なお、各賞/部門に関して、公式サイトの並びはもう少し違ったものになっていますが、以下では、映画・TVドラマ部門を中心に並べ直してあります。

--------------------------------

 ◆TVドラマ部門(Television Drama)
 ・『SHERLOCK シャーロック』 シリーズ2 スー・ヴァーチュー(Sue Vertue)
 ◎“Stella”シリーズ1 David Peet
 ・“The Indian Doctor” Eryl Huw Phillips

 ◆監督賞 フィクション部門(Director: Fiction)
 ◎“The Indian Doctor” Lee Haven Jones
 ・“Stella”シリーズ1 Sue Tully
 ・“Being Human” Phil John

 ◆男優賞(Actor)
 ◎マイケル・シーン “The Gospel of Us”(英)(監督:Dave McKean)
 ・マーク・ルイス・ジョーンズ(Mark Lewis Jones) “Stella”シリーズ1
 ・Rhodri Meilir “Gwlad yr Astra Gwyn”

画像

 ◆女優賞(Actress)
 ・Mali Harries “The Indian Doctor”
 ・ルース・ジョーンズ(Ruth Jones) “Stella”シリーズ1
 ◎サラ・ロイド=グレゴリー(Sara Lloyd-Gregory) “Alys”

 ◆脚本賞(Writer)
 ◎“Stella”シリーズ1 ルース・ジョーンズ(Ruth Jones)
 ・“Alys” Siwan Jones
 ・“The Indian Doctor” Sian Naomi

画像

 ◆編集賞(Editing)
 ◎『ドクター・フー』-‘The Snowman’ William Oswald
 ・“Stella”シリーズ Sara Parry Jones
 ・“The Story of Wales” John Gillanders

 ◆撮影&照明賞(Photography & Lighting)
 ◎“Alys” Richard Wyn
 ・“Stella”シリーズ1 Production Team
 ・“Gwaith Cartref” Rory Taylor

 ◆美術賞(Production Design)
 ◎『SHERLOCK シャーロック』シリーズ2 Arwel Wyn Jones
 ・“Wizards vs Aliens” Arwel Wyn Jones
 ・“Indian Doctor” Venita Gribble

 ◆衣裳デザイン賞(Costume Design)
 ・“Stella”シリーズ1 Claire Finlay
 ・“Wizards Vs Aliens” Ray Holman
 ◎“The Machine”(英)(監督:Caradog W. James) Chrissie Pegg

 ◆メイキャップ&ヘア部門(Make Up & Hair)
 ・“The Machine” Jenna Wrage
 ◎『SHERLOCK ショーロック』シリーズ2 Meinir Jones-Lewis
 ・“Stella”シリーズ1 Claire Pritchard Jones

 ◆録音賞(Sound)
 ・『SHERLOCK シャーロック』シリーズ2 Bang Post Production
 ・『ドクター・フー』 The Doctor Who Sound Team
 ◎“The Gospel of Us” Sound Team

 ◆視覚&グラフィック効果賞(Visual And Graphic Effects)
 ◎“Bla Bla Blewog” Production Team
 ・“Calon Cenedl” Roughcollie
 ・“Wild Things” Roughcolie

 ◆オリジナル音楽賞(Original Music)
 ・“Gerallt” Strange Village
 ・“Story of Wales” Karl Jenkins
 ◎“The Machine” Tom Raybould

 ◆短編部門(Short Form)
 ・“The Ref”(英) 監督:Tom Green
 ◎“Can I Emrys”(英) 監督:Osian Williams [短編ドキュメンタリー]
 ・“No Playground For Little Cowboys”(英) 監督:Carl Rock

 ◆子供番組賞(アニメーションを含む)(Children's Programme (Including Animation)
 ・“Wizards vs Aliens” Brian Minchin
 ・“Stwnsh Sadwrn” Ian Cottrell
 ◎“Dwylo'r Enfys” Nia Ceidiog

 ◆ドキュメンタリー・シリーズ賞(Factual Series)
 ・“The Story Of Wales” John Geraint
 ◎“Great Welsh Writers” Ian Michael Jones
 ・“Llefydd Sanctaidd” Ifor ap Glyn

 ◆単発ドキュメンタリー賞(Single Documentary)
 ◎“Gerallt” Angharad Elen
 ・“Catherine and Kirstie: Beyond Words” Mei Williams
 ・“Barry John: The King” Dylan Richards

 ◆監督賞 ドキュメンタリー部門(Director: Factual)
 ・“Gerallt” Guto Williams
 ・“Swansea: Living on the Streets” Chris Rushton
 ◎“Fy Chwaer a Fi” Mei Williams

 ◆撮影賞 ドキュメンタリー部門(Photography Factual)
 ・“Britain's Lost Routes with Griff Rhys Jones” Tudor Evans
 ・“Gerallt” Huw Talfryn Walters
 ◎“Catherine and Kirstie Beyond Words” Mei Williams

 ◆ニュース報道賞(News Coverage)
 ◎“Newyddion” Y Gemau Olympaidd
 ・“Wales Tonight” April Jones
 ・“Wales Today” The Torch Relay Snowdonia

 ◆時事番組賞(Current Affairs)
 ◎“Y Byd ar Bedwar”-‘Marwolaethau Cyffuriau Mon’ Tim y Byd a'r Bedwar
 ・“Is Wales Working” Judith Davies
 ・“Y Byd ar Bedwar” April Jones、Geraint Evans

 ◆音楽&エンタテインメント賞(Music & Entertainment)
 ◎“Cor Cymru”-‘Corau Plant’ Production Team
 ・“Young Musician 2012”-‘The Final’ Paul Bullock
 ・“Glen Campbell: The Rhinestone Cowboy” Steve Freer

 ◆スポーツ番組&野外ライブ放送部門(Sport Programme & Live Outside Broadcast)
 ◎“Y Sioe 12” The Production Team
 ・“Sgorio: Grimsby Town v Wrecsam” Team Sgorio
 ・“Y Clwb Rygbi Rhyngwladol” Sion Thomas

 ◆司会者賞(Presenter)
 ◎Huw Edwards “The Story of Wales”
 ・Griff Rhys Jones “Britain's Lost Routes with Griff Rhys Jones”
 ・Aled Sam “Sam ar y Sgrin”

画像

 ◆ブレイクスルー賞(Breakthrough Award)
 ・Justin Davies “Stella”シリーズ1
 ◎Gwion Lewis “Cymdeithas yr Iaith yn 50”
 ・Meinir Gwilym “O'r Galon: Karen”

 ◆映画部門 特別貢献賞(Special Achievement Award For Film)
 ◎“The Machine” プロデューサー:John Giwa-Amu

 ◆テレビ部門 特別貢献賞(BAFTA Special Award For Outstanding Contribution to Television)
 ◎Dewi Llwyd

 ◆TLWS Sian Phillips Award
 ◎Julie Gardner

 ◆Gwyn Alf Williams Award
 ◎“The Story of Wales”

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・“Stella”シリーズ1(2/10):ドラマ・監督・男優・女優・脚本・編集・撮影・衣裳・メイク・ブレイクスルー
 ・“The Indian Doctor”(1/5):ドラマ・監督・女優・脚本・美術
 ・『SHERLOCK シャーロック』 シリーズ2(2/4):ドラマ・美術・メイク・録音
 ・“The Story of Wales”(1/4):編集・音楽・ドキュメンタリー シリーズ・司会者
 ・“Gerallt”(1/4):音楽・単発ドキュメンタリー・監督・撮影
 ・“Alys”(2/3):女優・脚本・撮影
 ・“Wizards vs Aliens”(0/3):美術<・衣裳・子供番組
 ・“The Machine”(2/3):衣裳・メイク・音楽
 ・“The Gospel of Us”(2/2):男優・録音
 ・『ドクター・フー』(1/2):編集・録音
 ・“Catherine and Kirstie: Beyond Words”(1/2):単発ドキュメンタリー・撮影
 ・“Britain's Lost Routes with Griff Rhys Jones”(0/2):撮影・司会者

 元々そんなにエントリー作品が多かったわけではありませんが、複数のノミニーで賞を分け合うような受賞結果になりました。

 “The Machine”(英) 監督:Caradog W. James
 物語:2人のコンピューター・プログラマーが自己認識型人工知能を世界で初めて完成させ、彼ら2人も恋を成就させる。彼らは、それを人間を助けるために開発したが、盗まれ、ロボット兵器になるよう教え込まれる。
 トライベッカ映画祭2013出品。

画像

--------------------------------

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・BAFTAウェールズ2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_37.html
 ・BAFTAウェールズ2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_8.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック