スロヴェニア映画祭2013 受賞結果!

 第16回スロヴェニア映画祭(Festivala slovenskega filma)(9月11日-15日)の各賞が発表されました。

 スロヴェニア映画祭は、1998年からスロヴェニアのポルトロージュで開催されている映画祭で、長編フィクション作品、ドキュメンタリー、短編映画、アニメーション、学生作品など、国産映画のコンペティション部門を中心にプログラムを組んでいます。

 今回の受賞結果は、以下の通りです。

画像

--------------------------------

 ◆作品賞(vesna za najboljši celovečerni film)
 ◎“Class Enemy(Razredni sovražnik)”(スロヴェニア) 監督:Rok Biček

 ◆監督賞(vesna za najboljšo režijo)
 ◎Marko Santic “Seduce Me(Zapelji me)”(スロヴェニア)

 ◆主演男優賞(vesna za najboljšo glavno moško vlogo)
 ◎Igor Samobor “Class Enemy(Razredni sovražnik)”

 ◆主演女優賞(vesna za najboljšo glavno žensko vlogo)
 ◎Nina Rakovec “Dual(Dvojina)”(スロヴェニア・クロアチア・デンマーク)(監督:Nejc Gazvoda)

 ◆助演男優賞(vesna za najboljšo stransko moško vlogo)
 ◎Dino Hajderović、Ivan Pasalic、Jernej Kogovšek “Čefurji Raus”(スロヴェニア)(監督:Goran Vojnovic)

 ◆助演女優賞(vesna za najboljšo stransko žensko vlogo)
 ◎Natasa Barbara Gračner “Class Enemy(Razredni sovražnik)”

 ◆脚本賞(vesna za najboljši scenarij)
 ◎Matjaž Ivanišin(脚本)、Pop Nebojsa Tasic(原作) “Karpopotnik”(スロヴェニア)(監督:Matjaž Ivanišin)

 ◆撮影賞(vesna za najboljšo fotografijo)
 ◎Fabio Stoll “Class Enemy(Razredni sovražnik)”

 ◆編集賞(vesna za najboljšo montažo)
 ◎Miloš Kalusek “Priletni parazit ali kdo je Marko Brecelj(The Elderly Parasite or Who is Marko Brecelj?)”(スロヴェニア)(監督:Janez Burger)

 ◆美術賞(vesna za najboljšo scenografijo)
 ◎Vasja Kokelj、Anton Vončina Spazapan “Zoran , My Nephew The Idiot(Zoran, moj nečak idiot)”(伊・スロヴェニア)(監督:Matteo Oleotto)

 ◆衣裳デザイン賞(vesna za najboljšo kostumografijo)
 ◎Clear Borak “Class Enemy(Razredni sovražnik)”

 ◆音楽賞(vesna za najboljšo glasbo)
 ◎Monkey Cup Dress “Dual (Dvojina)”

 ◆ドキュメンタリー賞(vesna za najboljši dokumentarni film)
 ◎“Priletni parazit ali kdo je Marko Brecelj(The Elderly Parasite or Who is Marko Brecelj?)” 監督:Janez Burger

 ◆短編賞(vesna za najboljši kratki film)
 ◎“Boles”(スロヴェニア・独) 監督:Spela Čadež

 ◆アニメーション賞(vesna za najboljši animirani film)
 ◎“Wanted”(スロヴェニア) 監督:Boris Dolenc

 ◆学生作品賞(vesna za najboljši študijski film in Restart nagrada za najboljši študijski film)
 ◎“The Wild West(Divji vzhod)”(スロヴェニア/13分) 監督:Maja Prelog

 ◆マイノリティー共同制作賞(vesna za najboljšo manjšinsko koprodukcijo)
 ◎“Zoran , My Nephew The Idiot(Zoran, moj nečak idiot)”(伊・スロヴェニア) 監督:Matteo Oleotto

 ◆特別貢献賞(vesna za posebne dosežke)
 ◎Luksuz produkcija (Tom Gomizelj)

 ◆スペシャル・メンション(Posebna omemba)
 ◎Barbara Zemljič “Panic(Panika in Pravica ljubiti)”(スロヴェニア)

 ◆観客賞(Teleking nagrada občinstva)
 ◎“Class Enemy(Razredni sovražnik)” 監督:Rok Biček

 ◆アクター・オブ・ザ・イヤー(Nagrada Stopov igralec leta)
 ◎Igor Samobor “Class Enemy(Razredni sovražnik)”

 ◆批評家賞(Nagrada žirije kritikov)
 ◎“Class Enemy(Razredni sovražnik)” 監督:Rok Biček

--------------------------------

 ベネチア国際映画祭2013 国際批評家週間でも高い評価を受けていた“Class Enemy”が、審査員と批評家と観客の支持を受けて、スロヴェニア映画賞の約半数の賞を独占する結果になりました。

 Rok Bičekは、新人監督であり、今後の飛躍が期待できそうです。

 注目の監督や作品は、まだほかにもあって、スロヴェニア映画そのものにも勢いが感じられます。
 スロヴェニアは、これまでこれといった監督も作品もなく、バルカン諸国の中ではちょっと出遅れている感がありましたが、今年のような状況が続けば、一気に注目の国として浮上してくるかもしれません。

 ・“Class Enemy (Razredni Sovražnik)”(スロヴェニア) 監督:Rok Biček
 物語:ドイツ語教師が産休に入って、新しい教師Zupanがやってくる。彼は、学生であるということは間違いを犯すこということであり、学習することで成長する特権を持っているという信念から、授業をラディカルなものに変える。その結果、生徒と教師との間に、緊張感が高まる。ひとりの生徒が自殺したが、それがドイツ語教師が原因だと見なされる。事実はそんなに明確なものではなかったが、何を言ってももう手遅れだった。
 実話に基づく物語。
 初監督作品。
 ベネチア国際映画祭2013 国際批評家週間出品。FEDEORA賞受賞。

画像

 ・“Dual(Dvojina)”(スロヴェニア・クロアチア・デンマーク) 監督:Nejc Gazvoda
 物語:デンマークを飛び立った飛行機が天候のおかげで、スロヴェニアのリュブリャナ空港に着陸する。その結果、飛行機に乗っていた25歳のデンマーク人のIbenは、夏季仕事としてシャトルの運転をしていた25歳のスロヴェニア人のTilenと出会う。2人は、自国の言語と英語で話していたが、相手の言語で話されると、話が全く理解できない。ところが、2つの言語の持つある文法的特殊性のおかげで、2人が分かり合う瞬間が訪れる。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 イースト・オブ・ウェスト コンペティション部門出品。
 プーラ映画祭2013 ナショナル・プログラム マイノリティー共同制作セクション出品。

画像

 ・“Zoran, My Nephew The Idiot (Zoran, Il Mio Nipote Scemo )”(伊・スロヴェニア)  監督:Matteo Oleotto
 出演:ジュゼッペ・バティストン、Teco Celio、Rok Presnikar、Marjuta Slamic、Roberto Citran、Riccardo Maranzana、Jan Cvitokovic、Ariella Reggio
 物語:パオロは、40歳で、イタリア北東部のフリウリにある小さな町に住んでいる。彼は、よいワインには目がなく、毎日、居酒屋に入り浸っては、別れた妻に執拗にからんでいる。ある日、スロヴェニアの山中で育った甥のゾランがやってきて、彼が面倒を見ることになる。ゾランには、ダーツに天才的な才能があることがわかり、パオロは、この才能を使って、世界に復讐しようと企む。
 ベネチア国際映画祭2013 国際批評家週間出品。FEDEORA賞スペシャル・メンション(ジュゼッペ・バティストン)、Raro Video Audience Award、FEDIC賞、Schermi di qualità Award受賞。

画像

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック