サンセバスチャン国際映画祭2013 ラインナップ その2 大島渚&アニメーション特集

 【ホライズンズ・ラティーノ部門】 (Horizontes Latinos)

 ・『ダヤニ・クリスタルの謎』“Who is Dayani Cristal?”(英・メキシコ) 監督:マーク・シルバー(Marc Silver)
 「2010年、米国アリゾナ州とメキシコの国境に位置するソノラ砂漠で、ある出稼ぎ労働者の遺体が見つかった。この場所は国境警備隊が「死の回廊」と呼ぶ危険区域である。遺体は身分証明書を所持しておらず、手掛かりは彼の刺青「ダヤニ・クリスタル」の文字のみ。映画では、この謎の遺体の人物像と、刺青に残されたダヤニ・クリスタルの意味を探っていく。
 中南米諸国から不法に国境を越えねばならない出稼ぎ労働者の実態に鋭く迫った骨太のドキュメンタリー。
 ナビゲーターを務めるメキシコのスター俳優、ガエル・ガルシア・ベルナルは、この映画のプロデューサーも兼ねている。」
 サンダンス映画祭2013 撮影賞受賞。
 ラテンビート映画祭2013にて上映。


 ・“La jaula de oro”(メキシコ・西) 監督:Diego Quemada-Díez
 物語:JuanとChaukは、よりよい人生を求めて、故郷グアテマラを離れ、メキシコのチアパス、そしてさらに北へと向かう。途中、彼らは、何度も困難に出会って友情を深め、詩の持つ魅力を知る。
 初監督作品。
 カンヌ国際映画祭2013 ある視点部門出品。ある才能賞受賞(アンサンブル・キャストに対して)。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 アナザー・ビュー部門出品。


 ・“Workers”(メキシコ・独) 監督:José Luis Valle
 物語:ラファエルは、エルサルバドルからメキシコへとやってきた不法移民で、30年間、ティワナの工場の用務員として働いている。明日で、この工場を退職になることになっていて、彼は記念に新しい靴を一足買いたいと思っているが、彼は、雇用者が彼に退職金を払うつもりがなく、また不法移民ゆえ年金ももらえないということをわかっていない。一方、リディアは、長年夫とは離れ、裕福な未亡人のメイドをして暮らしている。未亡人には、愛犬がいて、金の器からエサを食べ、シルクの枕で眠る。未亡人が死んだ時、彼女の遺産はこの犬に贈られる。彼女は、これからこの犬を主人として仕えなければならないのかと考える。
 ベルリン国際映画祭2013 パノラマ部門出品。
 ロサンゼルス映画祭2013 ナラティヴ・コンペティション部門出品。
 エルサレム映画祭2013 スピリット・オブ・フリーダム部門出品。オナラブル・メンション受賞。
 モントリオール世界映画祭2013 ワールド・グレイト部門出品。


 ・『エリ』“Heli”(メキシコ) 監督:アマ・エスカランテ(Amat Escalante)
 出演:Armando Estrada、Linda González Hernández、Andrea Jazmín Vergara、Reina Julieta Torres、Ramón Álvarez
 物語:メキシコの小さな町。ここでは、ほとんどの住人は、自動車組み立て工場か、麻薬カルテルに関わって暮らしている。警察では汚職が横行し、街では麻薬の売買や、性的な搾取がまかり通っている。そんな中で、謎の失踪を遂げた父を捜すHeliと、彼の愛と罪と復讐の物語が語られる。
 サンダンス・NHK国際映像作家賞2010受賞作品。
 カンヌ国際映画祭2013 コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 ラテンビート映画祭2013にて上映。


 ・“De menor(Underage)”(ブラジル) 監督:Caru Alves de Souza
 物語:Helenaは、新米の弁護士で、ブラジルのサントスにある「フォーラム」で、公共弁護人として子供や青少年のために働いている。彼女は、その中の一人でティーンエージャーのCaioの面倒を見るが、彼が重大な犯罪を犯したことで、彼らの関係性が損なわれてしまう。


 ・“O lobo atrás da porta(A Wolf at the Door)”(ブラジル) 監督:Fernando Coimbra
 出演:Leandra Leal、Milhem Cortaz
 物語:子供が誘拐され、3人の人物が警察に呼ばれる。1人目は母親のシルヴィアで、2人目は父親のベルナルド、そして3人目は第一容疑者でベルナルドの愛人でもあるローサだった。3人の証言は矛盾し合い、取調室は欲望と嘘と欺瞞が渦巻く修羅場と化す。
 トロント国際映画祭2013 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。


 ・“Tanta agua(So Much Water)”(ウルグアイ・メキシコ・オランダ・独) 監督:Ana Guevara、Leticia Jorge
 物語:アルベルトは、離婚して以来、子供たちの面倒を見ていなくて、短い休暇を使って彼らを温泉に連れて行こうとする。ところが、出発の朝は嵐で、ようやくたどりついた温泉は、閉まっているという有様だった。しかも、雨はどんどん激しくなってくる……。
 サンセバスチャン国際映画祭2012 Norteado Award受賞。
 マイアミ国際映画祭2013 イベロ・アメリカン コンペティション部門出品。審査員グランプリ、Jordan Alexander Kressler Screenwriting Award受賞。
 ベルリン国際映画祭2013 パノラマ部門出品。
 ズリーン国際映画祭2013青少年向け長編映画 インターナショナル・コンペティション部門出品。金のスリッパ賞/国際審査員賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2013 コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。


 ・“AninA”(ウルグアイ・コロンビア) 監督:Alfredo Soderguit
 物語:Anina Yatay Salasは小学生だが、名前のことで、いつもみんなからからかわれる。というのも、姓も名もミドルネームもみんな回文になっているからだ。彼女には親友がいたが、彼女とは全くつき合おうとしない者もいた。そんなYiselと、ケンカをし、ケンカ両成敗で、2人とも停学処分になってしまう。その期間を、彼女は家の中で過ごしつつ、モノローグで、両親のこと、食事のこと、隣人たちの好奇の目のこと、家での勉強のこと、そして、楽しいことや恐ろしいことなどについて語る。
 ベルリン国際映画祭2013 ジェネレーション Kplus部門出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2013 インターナショナル・オフィシャル・セレクション出品。観客賞賞。


 ・“El médico alemán - Wakolda”(アルゼンチン・西・仏・ノルウェー) 監督:ルシア・プエンソ(Lucía Puenzo)
 物語:アウシュヴィッツで囚人を使って人体実験を行なった、医師で、ナチス将校のヨーゼフ・メンゲレ。本作では、彼が逃亡したアルゼンチンで、彼の正体を知らずに彼と暮らしたアルゼンチン人家族と、彼に恋した少女の物語が描かれる。
 『XXY』のルシア・プエンソ監督最新作。
 カンヌ国際映画祭2013 ある視点部門出品。
 モントリオール世界映画祭2013 ワールド・グレイト部門出品。
 サラエボ映画祭2013 キノスコープ部門出品。


 ・“Pensé que iba a haber fiesta(I Thought It Was a Party)”(アルゼンチン・西) 監督: Victoria Galardi
 出演:エレナ・アナヤ(Elena Anaya)、バレリア・ベルトゥチェッリ(Valeria Bertuccelli)、 エステバン・ラモチェ(Esteban Lamothe)、Esteban Bigliardi、Abigail Cohen
 物語:ルシアとブルーノは、結婚し、アビという娘をもうけたが、今は別れて、ルシアがアビを引き取って育てている。ルシアには、エドゥアルドという新しいボーイフレンドができて、一緒にウルグアイに旅行にでかけることになる。彼女は、旅行中、友人のアナに家とアビの世話を頼む。アナは、ルシアの家に行くが、そこでアビを預かろうとしてやってきたブルーノと出くわす。2人の間にロマンスが芽生え、2人はそのままアナの家で数日を過ごすが、そこにルシアが帰ってきてしまう……。
 “Cerro Bayo (Mount Bayo)”でサンセバスチャン国際映画祭2010 Another Look Award賞のVictoria Galardi監督の最新作。


 ・“Raíz(Root)”(チリ) 監督:Matías Rojas Valencia
 物語:26歳のアマリアが、9歳のクリストバルを連れて、チリ南部に向かう。それは、彼の父親を捜すのが目的だったが、旅はそれぞれの人生を振り返るものに変わる。


 【国際批評家連盟賞グランプリ】

 ・“La vie d'Adèle(Blue is the Warmest Colour)”(仏・ベルギー・西) 監督:アブデラティフ・ケシシュ

 【パールズ部門】(Pearls)

 ・“About Time”(英) 監督:リチャード・カーティス(Richard Curtis)

 ・“The Zero Theorem”(英・米・ルーマニア) 監督:テリー・ギリアム

 ・“9 mois ferme(9 month stretch)”(仏) 監督:アルベール・デュポンテル

 ・“Jeune et jolie(Young and Beautiful)”(仏) 監督:フランソワ・オゾン

 ・“L'amour est un crime parfait(Love is the Perfect Crime)”(仏) 監督:アルノー&ジャン=マリー・ラリユー

 ・“L'image manquante(The Missing Picture)”(仏・カンボジア) 監督:リティー・パニュ

 ・“Pozitia copilului(Child's Pose)”(ルーマニア) 監督:Calin Peter Netzer

 ・“Tian zhu ding(A Touch of Sin/天注定)”(中・日) 監督:ジャ・ジャンクー

 ・『そして父になる』“Like Father, Like Son”(日) 監督:是枝裕和

 ・『風立ちぬ』“The Wind Rises”(日) 監督:宮崎駿

 ・“Narco Cultura”(米) 監督:Shaul Schwarz

 ・“The Face of Love”(米) 監督:Arie Posin

 ・『ゼロ・グラビティ』(米) 監督:アルフォンソ・キュアロン

 ・“Fruitvale Station”(米) 監督:Ryan Coogler

 ・“Dallas Buyers Club”(米) 監督:ジャン=マルク・ヴァレ

 ・『グロリア』“Gloria”(チリ・西) 監督:セバスチャン・レリオ(Sebastián Lelio)

 【Zabaltegi部門】

 多様な作品を集めた「オープン・ゾーン」。

 ・“Family Tour”(西) 監督:Liliana Torres

 ・“Serrat y Sabina: El símbolo y el cuate(Serrat & Sabina: Two for the Road)”(西) 監督:Francesc Relea

 ・“Hotzanak, For Your Own Safety”(西) 監督:Izibene Oñederra

 ・“Zela Trovke(Cutting Grass)”(西) 監督:Asier Altuna

 ・“El rey de Canfranc(The King of Canfranc)”(西・仏) 監督:Manuel Priede、José Antonio Blanco

 ・“Violet”(米・西) 監督:Luiso Berdejo

 ・“Minuscule - La Vallée des Fourmis Perdues(Minuscule - Valley of the Lost Ants)”(仏) 監督:Thomas Szabo、Hélène Giraud,

 ・“Drogówka(Traffic Department)”(ポーランド) 監督:Wojtek Smarzowski

 ・“Uroki garmonii(Harmony Lessons)”(カザフスタン・独・仏) 監督:Emir Baigazin

 ・“Norte, hangganan ng kasaysayan(Norte, The End of History)”(フィリピン) 監督:ラヴ・ディアス(Lav Diaz)

 ・“Prologo sa ang dakilang Desaparecido(Prologue to The Great Desaparecido)”(フィリピン・仏) 監督:ラヴ・ディアス(Lav Diaz)

 ・“Sin-se-gae(New World)”(韓) 監督:Park Hoon-jung

 ・“Alexander: The Ultimate Cut”(米) 監督:オリバー・ストーン

 ・“The Untold History of the United States”(米) 監督:オリバー・ストーン

 ・『キューティー&ボクサー』“Cutie and the Boxer”(米) 監督:Zachary Heinzerling

 ・“Twenty Feet from Stardom”(米) 監督:Morgan Neville

 ・“Sigo siendo (Kachkaniraqmi)(I´m Still (Kachkaniraqmi))”(ペルー・西) 監督: Javier Corcuera

 ・“Mujer conejo(Rabbit Woman)”(アルゼンチン・西) 監督:Verónica Chen

 【食の映画と美食学入門】(Culinary Zinema: Film and gastronomy)

 ・“Jadoo”(英) 監督:Amit Gupta

 ・“A la Bizkaina”(西) 監督:Aritz Galarza

 ・“Euskadi, cocina en la cumber”(西) 監督:Javier Gutiérrez Pereda、Jon Arregui

 ・“El Somni”(西) 監督:Franc Aleu

 ・“Sormenaren bide ezkutuak”(西) 監督:Lara Izagirre Garizurieta

 ・“Små Citroner Gula(Love and Lemons)”(スウェーデン) 監督:Teresa Fabik

 ・“Final Recipe”(韓) 監督:Gina Kim

 ・『天のしずく 辰巳芳子 "いのちのスープ"』“Drops of Heaven”(日) 監督:河邑厚徳

 ・『武士の献立』“ A Tale of Samurai Cooking - A True Love Story”(日) 監督:朝原雄三

 ・“Make Hummus Not War”(オーストラリア) 監督:Trevor Graham

 ・“Como agua para chocolate(Like Water for Chocolate)”(メキシコ) 監督:アルフォンソ・アラウ

 【Savage Cinema部門】 [新設]

 冒険映画とアクション・スポーツ映画の部門。

 ・“Bella Vita”(伊・米) 監督:Jason Baffa

 ・“Cerro Torre - A Snowball's Chance in Hell”(オーストリア) 監督:Thomas Dirnhofer

 ・“McConkey”(オーストラリア) 監督:Rob Bruce、Scott Gaffney、Murray Wais、Steve Winter、David Zieff

 ・“Morning of the Earth”(オーストラリア) 監督:Albert Falzon

 ・“Into the Mind”(カナダ) 監督:Eric Crosland、Dave Mossop

 ・“Spirit of Akasha”(オーストラリア) 監督:Andrew Kidman

 ・“The Crash Reel”(米) 監督:ルーシー・ウォーカー

 【DraManagement: Cinema & Company部門】

 先鋭的な短編を上映する部門。

 ・“Centinelas del ganglio””(西/30分) 監督:Kike Barberá [Trailer]
 ・“Sueños”(西/14分) 監督:Pelayo Muñiz
 ・“Metropolità”(西/5分) 監督:Albert Solé [Trailer]
 ・“El boxeador”(西/14分) 監督:Pelayo Muñiz
 ・“Aqualogy People”(西/2分) 監督:Joan Constanso [Transmedia]
 ・“Aqualogy People - Capítulo 0. El origin”(西/6分) 監督:Adrià Zamora
 ・“Aqualogy People - Virales de YouTube”(西) 監督:Manfre、Iker Iturria

 【メイド・イン・スペイン部門】(Made in Spain)

 ・“15 años y un día(15 Years + 1 Day)”(西) 監督:Gracia Querejeta

 ・“Otel•lo(Othello)”(西) 監督:Hammudi Al-Rahmoun Font

 ・“Ayer no termina nunca(Yesterday Never Ends)”(西) 監督:イザベル・コイシェ

 ・“La plaga(The Plague)”(西) 監督:Neus Ballús

 ・“Los amantes pasajeros(I´m So Excited)”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル

 ・“Con la pata quebrada(Barefoot and in the Kitchen)”(西) 監督:Diego Galán

 ・“Los ilusos(The Wishful Thinkers)”(西) 監督:Jonás Trueba

 ・“Mapa(Map)”(西) 監督:León Siminiani

 ・“Gente en sitios(People in Places)”(西) 監督:Juan Cavestany

 ・“Invasor”(西・仏) 監督:Daniel Calparsoro

 ・“Una pistola en cada mano(A Gun in Each Hand)”(西) 監督:Cesc Gay

 【Zinemira部門】

 バスク出身の監督やプロデューサーの作品を上映するプログラム。

 ・“Oírse(The Sound Inside)”(西/54分) 監督:David Arratibel
 ・“El método Arrieta(The Arrieta Method)”(西) 監督:Jorge Gil Munarriz
 ・“Izenik gabe, 200x133(Untitled, 200x133)”(西) 監督:Enara Goikoetxea、Monika Zumeta
 ・“Asier et a biok(Asier y yo/Asier and I))(西・エクアドル) 監督:Amaia Merino、Aitor Merino
 ・“Alardearen seme-alabak(Sons and Daughters of the Alarde)”(西) 監督:Eneko Olasagasti、Jone Karres
 ・“Amaren eskuak(Las manos de mi madre/My Mother's Hands)”(西) 監督:Mireia Gabilondo
 ・“Encierro, Bull Running in Pamplona”(西) 監督:Olivier van der Zee
 ・“Una esvástica sobre el Bidasoa(Esbastika bat Bidasoan/The Basque Swastika)”(西) 監督:Alfonso Andrés、Javier Barajas

 【Zinemira Kimuak部門】

 バスク出身の監督やプロデューサーの短編作品を上映するプログラム。

 ・“Minerita”(西/27分) 監督:Raúl de la Fuente
 ・“Cólera(Cholera)”(西/7分) 監督:Aritz Moreno
 ・“A Political Story”(西/26分) 監督:Lander Camarero
 ・“Democracia(Democracy)”(西/11分) 監督:Borja Cobeaga
 ・“Una hora, un paso(One Hour, One Step)”(西/14分) 監督:Aitor Iturriza、Bernat Gual
 ・“Zela Trovke(Cutting Grass)”(西/14分) 監督:Asier Altuna
 ・“Hotzanak, For Your Own Safety”(西/6分) 監督:Izibene Oñederra

 【Velodrome部門】

 一度に3000人が鑑賞できる400㎡のビッグ・スクリーンでの上映プログラム。

 ・“Zipi y Zape y el Club de la Canica(Zip & Zap and the Marble Gang)”(西) 監督:Oskar Santos

 ・“Zela Trovke (Cortando hierba/Cutting Grass)”(西) 監督:Asier Altuna

 ・“Hotzanak, for your Own Safety(Hotzanak, For Your Own Safety)”(西) 監督:Izibene Oñederra

 ・“Las Brujas de Zugarramurdi(Bitching and Witching)”(西・仏) 監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア

 ・“Cerro Torre - A Snowball's Chance in Hell”(オーストリア) 監督:Thomas Dirnhofer

 ・“Into the Mind”(カナダ) 監督:Eric Crosland、Dave Mossop

 【国際映画学生ミーティング】(International Film Students Meeting)

 ・“Über uns Elektrizität(Above Us Electricity)”(独/20分) 監督:Christian Johannes Koch
 ・“Mélylevegô(Deep Breath)”(ハンガリー/11分) 監督:Claudia Kovacs
 ・“La mujer perseguida(A Woman Being Followed)”(アルゼンチン/17分) 監督:Jerónimo Quevedo
 ・“Guillaume le désespéré(Guillaume Deyrolles)”(仏/13分) 監督:Berenger Thouin
 ・“Gorila baila(Gorilla Dance)”(西/15分) 監督:Eugenio Canevari
 ・“No Signs”(スイス/6分) 監督:Muriel Kunz
 ・“Perfidia(Gloom)”(メキシコ・米/25分) 監督:David Figueroa García
 ・“Soles de primavera(Springtime Suns)”(セルビア/23分) 監督:Stefan Ivancic
 ・“Escenas previas(Previous Scenes)”(キューバ・ポーランド/29分) 監督:Aleksandra Maciuszek
 ・“Pasakyk, kad Neskaudės(Youngblood)”(リトアニア/16分) 監督:Marija Kavtaradzê
 ・“Exil”(仏/16分) 監督:Vladilen Vierny
 ・“Beshivhey Hayom(In Praise of the Day)”(イスラエル/20分) 監督:Oren Adaf
 ・“Zan va shohar karegar(The Adventure of a Married Couple)”(イラン/11分) 監督:Keywan Karimi
 ・“Shopping”(仏・独/9分) 監督:Vladilen Vierny
 ・“Lebenslänglich(Lifelong)”(独・仏/9分) 監督:Liv Scharbatke

 【ムービーズ・フォー・キッズ】(Movies for kids)

 ・“El pequeño mago(The Little Wizard)”(西) 監督:Roque Cameselle

 ・“El corazón del roble(The Heart of the Oak)”(西) 監督:Ricardo Ramón、Angel Izquierdo

 ・『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』“Doraemon the Movie: Nobita in the Secret Gadgets Museum”(日) 監督:寺本幸代

 ・“Zarafa”(仏・ベルギー) 監督:レミ・ブザンソン、ジャン・クリストフ・リー

 ・“Zipi y Zape y el Club de la Canica(Zip & Zap and the Marble Gang)”(西) 監督:Oskar Santos

 【大島渚特集】


 ・『明日の太陽』“Tomorrow's Sun”(1959/6分)

 ・『愛と希望の街』“Street of Love and Hope”(1959)

 ・『青春残酷物語』“Naked Youth”(1960)

 ・『太陽の墓場』“The Sun's Burial”(1960)

 ・『日本の夜と霧』“Night and Fog in Japan”(1960)

 ・『飼育』“The Catch”(1961)

 ・『天草四郎時貞』“Shiro Amakusa, the Christian Rebel”(1962)

 ・『悦楽』“Pleasures of the Flesh”(1965)

 ・『ユンボギの日記』“Yunbogi's Diary”(1965)

 ・『白昼の通り魔』“Violence at Noon”(1966)

 ・『忍者武芸帳』“Band of Ninja”(1967)

 ・『日本春歌考』“Sing a Song of Sex”(1967)

 ・『無理心中日本の夏』“Japanese Summer: Double Suicide”(1967)

 ・『絞首刑』“Death by Hanging”(1968)

 ・『帰ってきたヨッパライ』“Three Resurrected Drunkards”(1968)

 ・『新宿泥棒日記』“Diary of a Shinjuku Thief”(1969)

 ・『少年』“Boy”(1969)

 ・『東京战争戦後秘話』“The Man Who Left His Will on Film”(1970)

 ・『儀式』“The Ceremony”(1971)

 ・『夏の妹』“Dear Summer Sister”(1972)

 ・『愛のコリーダ』“The Realm of the Senses”(日・仏/1976)

 ・『愛の亡霊』“Empire of Passion”(日・仏/1978)

 ・『戦場のメリークリスマス』“Merry Christmas, Mr. Lawrence”(日・英/1983)

 ・『マックス・モン・アムール』“Max mon amour”(仏・米/1987)

 ・『キョート・マイ・マザーズ・プレイス』“Kyoto, My Mother's Place”(1991/日・英/50分)

 ・『御法度』“Taboo”(日・仏・英/1999)

 ・『日本映画の百年』“One Hundred Years of Japanese Cinema”(1995/日・英/52分)

 【アニメーション映画の新しい道】(New paths of animation cinema)


 ・『ある嘘つきの物語 モンティ・パイソンのグレアム・チャップマン自伝』“A Liar's Autobiography: The Untrue Story of Monty Python's Graham Chapman”(2012/英) 監督:ビル・ジョーンズ(Bill Jones)、ジェフ・シンプソン(Jeff Simpson)、ベン・ティムレット(Ben Timlett)

 ・『ピアノチューナー・オブ・アースクェイク』(2005/独・英・仏) 監督:スティーヴン&ティム・クエイ

 ・“De profundis(From the Sea)”(2007/西・ポルトガル) 監督:Miguelanxo Prado

 ・『チコとリタ』“Chico & Rita”(西・英) 監督:フェルナンド・トルエバ、ハビエル・マリスカル、Tono Errando

 ・『しわ』(2011/西) 監督:イグナシオ・フェレーラス

 ・“Peur(s) du noir(Fear(s) of the Dark)”(2007/仏) 監督:Blutch、Charles Burns、Marie Caillou、Pierre di Sciullo、Lorenzo Mattotti、Richard McGuire

 ・“Le tableau(The Painting)”(2011/仏・ベルギー) 監督:ジャン=フランソワ・ラギオニ

 ・『クルリク』“Crulic - Drumul spre dincolo(Crulic - The Path to Beyond)”(ルーマニア・ポーランド) 監督:アンカ・ダミアン(Anca Damian)

 ・“Alois Nebel”(2011/チェコ・独) 監督:Tomás Lunák

 ・“Nyócker(The District)”(2004/ハンガリー) 監督:Áron Gauder

 ・“Princess”(2006/デンマーク・独) 監督:Anders Morgenthaler

 ・“Metropia”(2009/スウェーデン・デンマーク・ノルウェー) 監督:Tarik Saleh

 ・『戦場でワルツを』(2008/イスラエル・仏・独・米・フィンランド・スイス・ベルギー・オーストラリア) 監督:アリ・フォルマン

 ・“$9.99”(2008/イスラエル・オーストラリア) 監督:Tatia Rosenthal

 ・『TATSUMI』“Tatsumi”(2011/シンガポール) 監督:エリック・クー

 ・『マクダルの話』“My Life as McDull”(2001/香港) 監督:トー・ユエン

 ・『豚の王』“Dwae-ji-ui wang(The King of Pigs)”(2011/韓) 監督:ヨン・サンホ

 ・『MIND GAME マインド・ゲーム』“Mind Game”(2004/日) 監督:湯浅政明

 ・『立喰師列伝』“Tachigui: The Amazing Lives of the Fast Food Grifters”(2006/日) 監督:押井守

 ・『パプリカ』“Papurika”(2006/日) 監督:今敏

 ・『メアリー&マックス』(2008/オーストラリア) 監督:アダム・エリオット

 ・『ウェイキング・ライフ』(2001/米) 監督:リチャード・リンクレイター

 ・“Hair High”(2004/米) 監督:ビル・プリンプトン

 ・『ファンタスティックMr.FOX』(2009/米) 監督:ウェス・アンダーソン

 ・“Gordo, calvo y bajito(Fat, Bald, Short Man)”(2011/コロンビア) 監督:Carlos Osuna

 【Films in Progress部門】

 ・“Nacimiento(Delivery)”(コロンビア) 監督:Martín Mejía Rugeles
 ・“Historia del miedo(History of Fear)”(アルゼンチン・ウルグアイ・独) 監督:Benjamín Naishtat
 ・“La Salada”(アルゼンチン) 監督:Juan Martín Hsu
 ・“Pantanal”(アルゼンチン) 監督:Andrew Sala
 ・“La comodidad en la distancia(The Comfort in the Distance)”(チリ) 監督:Jorge Yacoman Saavedra
 ・“Matar a un hombre(To Kill a Man)”(チリ・仏) 監督:Alejandro Fernández Almendras

 【TVE Galas】

 ・“Vicente Ferrer”(西) 監督:Agustín Crespi
 ・“La pasión del Prado(Prado's Passion)”(西) 監督:Juan Carlos González Asenjo、 José Morillas Cantero

 【ETB Gala】

 ・“DSS 1813-2013”(西) 監督:Joseba Ortega Sáez

--------------------------------

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サンセバスチャン国際映画祭2013 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_30.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

 追記:
 ・サンセバスチャン国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_49.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック