モントリオール世界映画祭2013 ラインナップ その2

 【ファースト・フィルム・ワールド・コンペティション部門】 20本

 ・“Somos Gente Honrada(Here's The Deal)”(西) 監督:Alejandro Marzoa
 物語:Susoは、新聞の売り子をしているが、生活は厳しい。彼を支えているのは、忍耐強い妻のカルメンと、彼女の父からの融資であった。ある日の夕方、彼は、不動産屋をしている友人のマヌエルと釣りに出かける。彼らは、波に見え隠れするように大量のコカインが隠されているのを発見する。マヌエルは、それを悪徳刑事に渡して、大金を得る……。

画像

 ・“82 Dagen in April(82 Jours En Avril /82 Days in April)”(ベルギー) 監督:Bart Van Den Bempt
 物語:ベルギー人夫婦がイスタンブールにやってくる。彼らの目的は、旅行中に死んだ息子の荷物を引き取ることで、彼らはその中に、現像されていないフィルムと、細かく書き込まれたノートを見つける。彼らは、それらを元に、息子の人生最後の旅をたどり直すことにし、息子が見たものを見て、彼の人生の最後の部分を再構成し、より彼に近づこうとする。

画像

 ・“Yam Dam”(ベルギー) 監督:Vivian Goffette
 物語:クリスチャンは、これといって特徴のない田舎町の獣医である。彼ら夫婦は、アフリカを支援する会を始め、彼が会長に就くが、それでもまだ彼らの生活は平々凡々としていた。彼は、インターネットで暇をつぶし、ネット上で、よりよい人生を求める26歳のアフリカ女性ファウスティンと親しくなる。ある日、ファウスティンが、彼を訪ねてやってきて、いきなり結婚を要求する。彼女は、身分証の類を全く持っておらず、彼と結婚することでそれを手に入れようとわざわざやってきたのだ。

画像

 ・“L'amore È Imperfetto(L'amour Est Imparfait /Love is Not Perfect)”(伊) 監督:Francesca Muci
 出演:アンナ・フォリエッタ(Anna Foglietta)、ジュリオ・ベルーチ(Giulio Berruti)、ブルーノ・ウォルコウッチ(Bruno Wolkowitch)、カミッラ・フィリッピ(Camilla Filippi)、Lorena Cacciatore
 物語:エレーナは、35歳で、読書家であり、パートタイムの編集者をして、独力で生活している。7年前、彼女は、さわやかでハンサムな若いカメラマン、マルコと男女の仲になったが、彼女は、この関係をこれ以上どうにかしたいとは考えなかった。彼女は、彼に対し欲望はないし、赤ん坊がほしいとも思わなかった。しかし、彼はちがった。彼女は、赤ん坊を作るならもう二度と会わないと宣言した。しかし、それは、彼女の心の傷となった。そして、時が流れ、彼女は、予想のつかない行動をする情熱的な18歳のアドリアンヌと、音楽会社に勤める60歳の魅力的な男性エットーレと出会う。

画像

 ・“In Zehn Tagen Bin Ich Tot(Dans Dix Jours Je Serai Mort / In Ten Days I'll Be Dead)”(スイス) 監督:Aurelio Galfetti
 物語:ラウルに死刑が求刑される。減刑の請願は、退けられ、死刑が確定する。死刑執行の日が迫る。残り10日。彼は、威厳を持って、過ごそうと決める。トラブルがなければ、死刑は予定通り行なわれそうだ。やるべきことはいくつか残っている。最期の食事のメニューと遺言書だ。

画像

 ・“Left Foot Right Foot”(スイス・仏) 監督:Germinal Roaux
 物語:マリーは、19歳で、悪意のある旧友に誘われて、ナイトクラブに行き、誘われるままホステスになり、さらに、安直にお金を稼ごうとして、娼婦へと身を落としてしまう。彼女には、ヴァンサンというボーイフレンドがいるが、これは彼には秘密だった。ヴァンサンは、21歳の気楽なスケートボーダーで、他人に無心ばかりして、いつまで経っても大人になりきれていなかった。ヴァンサンには、彼が面倒を見ている自閉症で無口のミカという弟がいるが、彼は2人の秘密を知り、次第に彼らのトラブルに巻き込まれいく……。

画像

 ・“Antons Fest (La Fête D'anton / Party of Eight)”(独) 監督:John Kolya Reichart
 物語:農場に8人の人々が集まってくる。彼らは、血縁や友情や愛情でアントンと結ばれた人々で、数年前に姿をくらまし、そして戻ってきたアントンの、30歳の誕生日を祝うために招かれて集まってきたのだ。アントンへの再会を期待して、最初は、昔の不満や傷は表には出てこない。しかし、しばらくしてもアントンが姿を見せないので、フラストレーションや怒りが噴出し、昔の遺恨も持ち出されて、楽しみに待たれていたはずのパーティーはひどい惨状になる。

画像

 ・“Finsterworld”(独) 監督:Frauke Finsterwalder
 物語:相互につながりがあり、それぞれになんらかの問題を抱えている12人の物語。クラウデ・ペテルスドルフ医師は、足の専門医で、特に女性の足を偏愛していて、それを老人ホームで暮らすミズ・サントベルクに打ち明ける。学校の旅行で、強制収容所のメモリアル施設を訪れた際、人気者のマクシミリアンは、のけ者のドミニクとナタリーをへこませ、教師のニッケルに残酷な罠をかける……。

画像

 ・“Vir(Tourbillon / The Whirlpool)”(セルビア) 監督:Bojan Vuk Kosovcevic
 物語:旧ユーゴスラビアは解体し、セルビアは社会的に不安定になった。戦争、インフレ、物理的孤立、制裁などのおかげで、社会としても閉鎖的になった。ここに3人の登場人物がいる。スキンヘッド・グループのリーダーBogdan。有名なギャング一家の生き残りのKale。グラフィティ・アーティストだが、美術学校をやめて軍隊に入り、トラウマを抱えることになったCount。3つの物語は、やがて1つに結びついていく。

画像

 ・“Göl Zamani(Le Temps Du Lac / Time of The Lake)”(トルコ) 監督:Cafer Özgül
 物語:1930年代のトルコ。国内は、トルコ革命によって変革が進んでいた。アフメットとレリクは、医学校を出たばかりで、19世紀ロマン派にならって、アナトリアを旅する。彼らは、小さな町を訪れて、統一進歩党(Party of Union and Progress)の古いメンバーであるハシム氏の家に泊まる。ハシム氏には、シャイで、メランコリックなエリフという娘がいて、ある夜、彼女は、湖畔で、レリクと会い、ロマンスを花開かせる。一方、アフメットの方も彼女に恋していた。アフメットは、そのまま町にとどまり、彼女の近くに住んだ。数年が過ぎ、彼女はまだレリクのことを待ち続けていた……。

 ・“Eve Dönüs Sarikamis 1915(Le Long Chemin Vers La Maison /The Long Way Home)”(トルコ) 監督:Alphan Eseli
 物語:Sarikamisの戦いは、第一次世界大戦中に、ロシアとオスマントルコの間で行なわれた戦いで、1914年12月22日から1915年1月22日まで、コーカサス地方で行なわれた。結果は、ロシアの勝利で、トルコは、領土と9万人もの兵士を失った。本作の主人公は、戦場から故郷に帰ろうとするトルコ人7人で、彼らはアルメニアの廃村にとどりつく。やがて厳しい冬が彼らを襲い、食糧もなくなり、状況はどんどん悪くなる。そして集団内で口論も始まる……。

画像

 ・“Shablulim Ba'geshem(Le Jardin Des Arbres Morts /Snails in The Rain)”(イスラエル) 監督:Yariv Mozer
 物語:ボアズは、25歳で、言語学を学んでいる。彼は、ほとんど毎日のように郵便局に通っては、奨学金が届いていないか確かめるが、届いているのは、同性愛者からの匿名のラブレターだ。誰が送ってくるのかわからず、彼は不安になるし、ひょっとすると……と考え出すとキリがない。彼自身、自分のホモセクシュアリティーに関して疑問を感じ、自分の過去の記憶を探ってみる。秘密の差出人は、次の手紙で彼に最後通牒を送ってくる。

 ・“Taj Mahal”(イラン) 監督:Danesh Eghba Shavi
 物語:ホセインは、アバダン出身の造船会社の社員で、現在60歳。彼は、自分たちの仲間の中から誰か1人のクビにする役目を負う。公平を期するために、彼は、ダウジングでそれを決めようとするが、ひとりの社員が反対し、ケンカになる。

 ・“Yerku Ashkharhic I Hishatak(From Two Worlds As A Keepsake)”(アルメニア) 監督:Nika Shek
 物語:1988年、他民族の人々がアゼルバイジャンの暮らす町。8歳のアシャンの両親が離婚する。彼らはともにアルメニア人で、町の別の地域に住み、アシャンの取り合いをする。アシェンの父親は、再婚し、ロシア人の妻がアシェンの新しい母親になる。とはいうものの、みんなアシェンに優しいことに変わりはない。ところが、アルメニアとアゼルバイジャンの間で紛争が起こり、アシェンの暮らしている地域が深刻な状況に追い込まれる。アシェンの母親は、娘の安全のために、彼女を父親に譲り渡さなくてはならない。

画像

 ・“The Falling Feather(La Plume Qui Tombe/飄落的羽毛)”(中) 監督:Wang Yi(王藝)
 物語:国際的に有名な画家が、受賞作「飄落的羽毛」を、ユナンという小さな町に寄贈すると発表する。業界の人々は、彼がなぜそんなことをするのか、不思議に思い、興味を抱く。時は20年前に遡る。彼は、若く、無名で、ユナンを訪れて、その美しさに魅了され、刺激を受け、そして、ひとりの女性と出会う。髪に羽根飾りのついた女性と。

画像

 ・“La Fille Du Martin(The Martin Girl)”(カナダ) 監督:Samuel Thivierge
 物語:サラは、母親のペット用品店で働いている。彼女は、父親と釣りにでかける計画を立てるが、父親の容態が急変し、癌で亡くなってしまう。サラは、父を偲んで、釣り旅行にでかけることにし、小学校時代のクラスメイトで、兄弟で釣り宿をやっているダンを訪ねる。サラとダンは、密漁に手を出したりして、2人の間に、ちょっとしたアドベンチャーとロマンスが始まる。

画像

 ・“Ressac(Riptide)”(カナダ) 監督:Pascale Ferland
 物語:エドゥアールは、妻と姑と娘とともに、生まれ故郷の海沿いの町で暮らしている。彼は、仕事を見つけられずに、家族の元を離れて、大きな都市に向かう。ところが、彼女たちの元に、思いもしなかった彼の訃報が届く。彼女たちは、愛と希望と理想が失われてしまったことを知って、怒り、混乱し、罪の意識を感じるが、エドゥアールが残してくれたものから、幸福への手がかりをつかむ。

画像

 ・“At Middleton”(米) 監督:Adam Rodgers
 出演:ヴェラ・ファーミガ、タイッサ・ファーミガ、アンディー・ガルシア、トム・スケリット、Spencer Lofranco
 物語:幻滅を味わっているイーディスと、旧弊的なジョージが会ったのは、彼らがそれぞれ自分たちの子供を連れて、名門ミドルトン大学を見てまわっている時だった。イーディスの娘オードリーは、母のジョークにうんざりし、ジョージの息子のコンラッドは、どこか上の空だった。困った子供たちの様子を見て、イーディスとジョージは、公式のツアーを切り上げて、自分たちでキャンパスを見てまわることにする。その日、彼らは、互いのことを知り合い、日の光と、日常生活からの自由を満喫した。
 21歳年齢が違うファーミガ姉妹が母娘を演じる。

画像

 ・“Puerto Padre(Port Father)”(コスタリカ・メキシコ) 監督:Gustavo Fallas
 物語:ダニエルは、16歳で、両親がなく、コスタリカのチラ島で祖母とともに暮らしていた。彼は、貧しく、孤立したこの島には未来はないと考え、自分の名づけ親であるミゲルを捜して、プンタナレスへ向かう。手がかりを求めて、彼は、母がよく利用していたホテルに行くが、そこで、オーナーのチコからミゲルはしばらく前に死んだと冷たく言い放たれる。しかし、チコは、厳しくも、ダニエルのことを気にかけてくれて、彼にホテルでの仕事をくれる。ダニエルは、ホテルで調理場を任されているシングルマザー、ソールダッドと出会い、親しくなっていく。

画像

 ・“La Distancia Mas Larga(Le Chemin Le Plus Long / The Longest Distance)”(ベネズエラ・西) 監督:Claudia Pinto Emperador
 物語:60代のマルティナが、スペインから、ベネスエラの南西部にあるラ・グラン・サバナにやってくる。彼女は、ロマイラ山に死に場所を求めて、ここにやってきたのだった。しかし、12歳の孫ルーカスがやってきて、彼女の計画は狂ってしまう。

画像

 【ワールド・グレイト部門】 13本

 ・“3x3D”(ポルトガル) 監督:ピーター・グリーナウェイ、ジャン=リュック・ゴダール、Edgar Pêra

 ・“Camille Claudel 1915”(仏) 監督:ブリュノ・デュモン

 ・“La Religieuse(The Nun)”(仏・独・ベルギー) 監督:ギョーム・ニクルー(Guillaume Nicloux)

 ・“Adore”(仏・オーストラリア) 監督:アンヌ・フォンテーヌ
 クロージング作品。

 ・“Marina”(ベルギー) 監督:ステイン・コニンクス(Stijn Coninx)

 ・“Dark Blood”(オランダ) 監督:ジョルジュ・シュルイツァー(George Sluizer)

 ・“Ludwig II”(独) 監督:ピーター・ゼアー(Peter Sehr) & Marie Noelle

 ・“Donšajni(Don Juan / The Don Juans)”(チェコ) 監督:イジー・メンツェル

 ・“Uroki Garmonii(Leçons D'harmonie /Harmony Lessons)”(カザフスタン・独) 監督:Emir Baigazin

 ・“Fall of Ming(La Chute De Ladynastie Ming/大明劫)”(中) 監督:Wang Jing(王競)

 ・“Avalokitesvara(不肯去観音)”(中) 監督:Zhang Xin(張鑫)

 ・“Ci Ye(La Balle Fatale/ The Deadly Bullet / 刺夜)”(中) 監督:Ren Pengyuan(任鵬遠)

 ・『清須会議』“Kiyosu Kaigi(La Conférence De Kiyosu/ The Kiyosu Conference)”(日) 監督:三谷幸喜

 【韓国映画トゥデイ 長編部門】 (Korean Cinema of Today – Feature Films) 10本

 ・“Mai Ratima”(韓) 監督:ユ・ジテ

 ・“Bun-No-Ui Yul-Li-Hak(Une Leçon D'éthique / An Ethics Lesson)”(韓) 監督:Myung-Rang Park

 ・“Jiseul”(韓) 監督:O Muel

 ・“Nuna(A Boy's Sister)”(韓) 監督:Won-Sik Lee

 ・“Namyeong-Dong 1985(Sécurité Nationale / National Security)”(韓) 監督:チョン・ジヨン

 ・“Kashi-Ggot(Fatal)”(韓) 監督:Don-Ku Lee

 ・“Don Kuerai Mami(Ne Pleure Pas - Maman / Don't Cry - Mommy)”(韓) 監督:Yong-Han Kim

 ・“Sum-Ba-Ggok-Jil(Cache-Cache / Hide N Seek)”(韓) 監督:Han-Uk Lee

 ・“My Paparotti”(韓) 監督:Jong-Chan Yoon

 ・『Jury』“Jury”(韓) 監督:キム・ドンホ

 【韓国映画トウデイ 短編部門】 (Korean Cinema of Today – Short Films) 8本

 ・“Suddenly Last Summer”(韓) 監督:Hee-Il Leesong

 ・“Sa-Rang-Eui Myo-Yak(Love Potion)”(韓) 監督:Hyun-Kyu Kim

 ・“It's Okay! Kyi”(韓) 監督:Il Hwang

 ・“Oneul-Ui-Jeon-Yeok(Dinner)”(韓) 監督:Hyun-Seok Shim

 ・“Creative Masturbation)”(韓) 監督:Jung-Soo Kang

 ・“Choongshim(Soso)”(韓) 監督:Jung-In Kim

 ・“Big Daddy”(韓) 監督:Sang-Hyun Moon

 ・“Toh-Ki Ga-Bang(A Rabbit Bag)”(韓) 監督:Jae-Ick So

 【フォーカス・オン・ワールド・シネマ 長編部門】 105本

 ・“Le Weekend(Dirty Weekend)”(英・仏) 監督:クリストファー・グラニエ=ドフェール(Christopher Granier-Deferre)

 ・“Quarta Divisao(Fourth Precinct)”(ポルトガル) 監督:Joaquim Leitão

 ・“Run & Jump”(アイルランド・独) 監督:Steph Green

 ・“El Efecto K. El Montador De Stalin(L'effet K. Le Monteur De Staline / The K Effect. Stalin's Editor)”(西) 監督:Valenti Figueres

 ・“15 Años Y Un Dia(15 Ans + 1 Jour / 15 Years + 1 Day)”(西) 監督:グラシア・ケレヘタ(Gracia Querejeta)

 ・“Stockholm”(西) 監督:Rodrigo Sorogoyen

 ・“Fill De Cain(Fils De Caïn / Son of Cain)”(西) 監督:Jesus Monllao Plana

 ・“Fénix 11.23”(西) 監督:Joel Joan、Sergi Lara

 ・“Todas La Mujeres(Toutes Les Femmes / All The Women)”(西) 監督:Mariano Barroso

 ・“Diamantes Negros(Diamants Noirs / Black Diamonds)”(西・ポルトガル・マリ) 監督:Miguel Alcantud

 ・“12 Ans D'âge(60 Going On 12)”(仏) 監督:Frédéric Proust

 ・“L'étoile Du Jour(Morning Star)”(仏) 監督:Sophie Blondy

 ・“La Braconne”(仏) 監督:Samuel Rondiere

 ・“La Vie Domestique(Domestic Life)”(仏) 監督:イザベル・チャズカ(Isabelle Czajka)

 ・“Le Bonheur(Happiness)”(仏) 監督:Fabrice Grange

 ・“En Retard Pour L'enterrement De Ma Mère(Late For My Mother's Funeral)”(仏・アルジェリア) 監督:ペニー・アレン(Penny Allen)

 ・“Jeunesse(Youth)”(仏) 監督:Justine Malle

 ・“Le Sens De L'humour(Sense of Humour)”(仏) 監督:マリリン・カント(Marilyne Canto)

 ・“Brasserie Romantiek(Brasserie Romantique)”(ベルギー) 監督:Joël Vanhoebrouck

 ・“Ela Chiamano Estate (And They Call It Summer)”(伊) 監督:パオロ・フランキ(Paolo Franchi)

 ・“Amoreodio(Lovehate)”(伊) 監督:Cristian Scardigno

 ・“Angelo Bianco-Il Ragioniere Della Mafia(Les Messieurs /The Mafia Accountant)”(伊) 監督:フェデリコ・リゾ(Federico Rizzo)

 ・“Bianca Come Il Latte - Rossa Come Il Sangue / Blanche Comme Le Lait - Rouge Comme Le Sang / As White As Milk - As Red As Blood)”(伊) 監督:ジャコモ・カンピオッティ(Giacomo Campiotti)

 ・“Ci Vediamo Domani(On Se Voit Demain / See You Tomorrow)”(伊) 監督:Andrea Zaccariello

 ・“Lost in Laos”(伊) 監督:Alessandro Zunino

 ・“Viaggio Sola(A Five Star Life)”(伊) 監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ(Maria Sole Tognazzi)

 ・“Un Giorno Devi Andare(Un Jour Viendra / There Will Come A Day)”(伊) 監督:ジョルジョ・ディリッツィ

 ・“45 Minutes To Ramallah(45 Minutes Pour Ramallah)”(独) 監督:Ali Samadi Ahadi

 ・“Love Steaks”(独) 監督:Jakob Lass

 ・“Meine Schwestern(Mes Soeurs / My Sisters)”(独) 監督:Lars Kraume

 ・“Nora”(独) 監督:Curtis Burz

 ・“Nordstrand”(独) 監督:Florian Eichinger

 ・“Silvi-Maybe Love”(独) 監督:Nico Sommer

 ・“Ummah-Unter Freunden(Ummah-Entre Amis / Among Friends)(独) 監督:Cüneyt Kaya

 ・“Staudamm(Le Barrage / The Dam)”(独) 監督:Thomas Sieben

 ・“Woyzeck(The Tragedy of A Simple Man)”(独) 監督:Nuran David Calis

 ・“Adieu Paris”(独・ルクセンブルク・仏) 監督:フランツィスカ・ブッフ(Franziska Buch)

 ・“Fräulein Else(Else)”(独・オーストリア・インド) 監督:Anna Martinetz

 ・“Hannas Reise(Le Voyage D'hanna / Hanna's Journey)”(独・イスラエル) 監督:Julia Von Heinz

 ・“Gabriel”(ポーランド) 監督:Mikolaj Haremski

 ・“O Ehthros Mou(L'ennemi Intérieur / The Enemy Within)”(ギリシャ) 監督:Yorgos Tsemberopoulos

 ・“To Dentro Kai I Kounia(L'arbre et La Balançoire / The Tree And The Swing)”(ギリシャ・セルビア) 監督:Maria Douza

 ・“Sommarstället (La Maison D'été/ The Summer House)”(スウェーデン・英) 監督:Marcus Werner Hed

 ・“Den Som Söker(Crestfallen)”(スウェーデン) 監督:Johan Lundh

 ・“Lärjungen(Le Disciple / The Disciple)”(フィンランド) 監督:Ulrika Bengts

 ・“Eventyrland(It's Only Make Believe)”(ノルウェー) 監督:Arild Østin Ommundsen

 ・“Soguk(Froid / Cold)”(トルコ) 監督:ウグル・ユーセル(Ugur Yücel)

 ・“Acliga Doymak(Full of Hunger)”(トルコ) 監督:ズベイル・シャシュマズ(Zubeyr Sasmaz)

 ・“Tanta Agua(Tant D'eau / So Much Water)”(ウルグアイ・メキシコ・独・オランダ) 監督:Ana Guevara、Leticia Jorge

 ・“Plastalina(Fragile)”(イスラエル) 監督:Vidi Bilu

 ・“Panter Lavan(Panthère Blanche / White Panther)”(イスラエル) 監督:Danni Reisfeld

 ・“Asfouri”(レバノン・UAE) 監督:Fouad Alaywan

 ・“Inja Hame Chiz Khoob Ast (Ici Tout Est Bon / Everything is Fine Here)”(イラン) 監督:Pourya Azarbayjan

 ・“Barg Rizan(Falling Leaves)”(イラン・英) 監督:Ali Jaberansari

 ・“Az Tehran Ta Behesht(De Téhéran Au Ciel / From Tehran To Heaven)”(イラン・独) 監督:Abolfazl Saffary

 ・“Luby Mene(Sev Beni / Aime-Moi / Love Me)”(ウクライナ・トルコ) 監督:Maryna Er Gorbach、Mehmet Bahadir Er

 ・“Coma(Bespredel / Désordre / Disorder)”(グルジア) 監督:Archil Kavtaradze

 ・“Wajma(An Afghan Love Story)”(アフガニスタン・仏) 監督:Barmak Akram

 ・“Filmistan”(インド) 監督:Nitin Kakkar

 ・“Chittagong”(インド) 監督:Bedabrata Pain

 ・“Monsoon Shootout”(インド) 監督:Amit Kumar

 ・“Papilio Buddha(Bouddha Papilio)”(インド・米) 監督:Jayan Cherian

 ・“Something in The Way”(インドネシア) 監督:Teddy Soeriaatmadja

 ・“Nuwebe(Termitaria)”(フィリピン) 監督:Joseph Israel Laban

 ・“Dead Sign (La Maudite De Mort /古鎮凶靈之巫咒纏身)”(中) 監督:Hui Liu(劉輝)

 ・“Hushed Roar(咆哮無聲)”(中) 監督:Xiao Feng(蕭鋒)

 ・“The Blinding Sunlight(L'éblouissement Du Soleil)”(中) 監督:Yu Lui

 ・“A Life Full of Love(Une Vie D'amour)”(中) 監督:Zhanjun An

 ・“Philomirrophobia II(翡羅彌諾浮彼亞Ⅱ)”(中) 監督:Yuke Qin(鈺柯)

 ・“Fallen City(傾城)”(中) 監督:Huang Hong(黄宏)

 ・『ぼっちゃん』“Botchan(Bozo)”(日) 監督:大森立嗣

 ・『箱入り息子の恋』“Hako Iri Musuko No Koi(L'amour Aveugle / Blindly in Love)”(日) 監督:市井昌秀

 ・『ユダ』“Judas”(日) 監督:大富いずみ

 ・『今日子と修一の場合』“Case of Kyoko Case of Shuichi(Kyoko Shuichi: Deux Histoires)”(日) 監督:奥田瑛二

 ・『シャニダールの花』“Shanidar No Hana (La Fleur De Shanidar/ The Flower of Shanidar)”(日) 監督:石井岳龍

 ・『凶悪』“Kyoaku /La Voie Du Diable/ The Devil's Path)”(日) 監督:白石和彌

 ・『四十九日のレシピ』“Shijukunichi No Recipe(Recette De Deuil / Mourning Recipe)”(日) 監督:タナダユキ

 ・“La Voix De L'ombre(The Voice of The Shadow)”(カナダ) 監督:Annie Molin

 ・“A Fish Story(Entre Deux Eaux)”(カナダ) 監督:マット・バーマン(Matt Birman)

 ・“Twice(Deux Fois)”(カナダ) 監督:Simon Winterson

 ・“A Gun & A Ring(Un Pistolet et Une Bague)”(カナダ・スリランカ) 監督:Lenin M. Sivam

 ・“Long Gone Day”(カナダ) 監督:ジョン・ディーチャー(Jon Dietcher)

 ・“Rédemption”(カナダ) 監督:Joel Gauthier

 ・“Algonquin”(カナダ) 監督:ジョナサン・ヘイズ(Jonathan Hayes)

 ・“Solo”(カナダ) 監督:Isaac Cravit

 ・“L'effet”(カナダ) 監督:Jocelyn Langlois

 ・“Looking is The Original Sin”(カナダ) 監督:Gail Harvey

 ・“Standstill(Impasse)”(カナダ) 監督:Majdi El-Omari

 ・“Stand Clear of The Closing Doors”(米) 監督:Sam Fleischner

 ・“Lily”(米) 監督:Matt Creed

 ・“Apasionado Pancho Villa(Passionné Pancho Villa /Amorous Pancho Villa)”(メキシコ) 監督:Juan Andres Bueno、Lourdes Deschamps

 ・“Workers”(メキシコ・独) 監督:José Luis Valle

 ・“Inercia(Inertie)”(メキシコ) 監督:Isabel Muñoz Cota Callejas

 ・“Levantamuertos(Debout Les Morts / Death Strokes)”(メキシコ) 監督:Miguel Nuñez

 ・“Nosotros Los Nobles(Nous Les Nobles / The Noble Family)”(メキシコ) 監督:Gaz Alazraki

 ・“Roa”(コロンビア・アルゼンチン) 監督:アンドレス・バイス(Andrés Baiz)

 ・“Azul Y No Tan Rosa(Blue And Not So Pink)”(ベネズエラ・西) 監督:Miguel Ferrari

 ・“Mundo Invisível(Le Monde Invisible / Invisible World)”(ブラジル) 監督:テオ・アンゲロプロス、ガイ・マディン、マルコ・ベキス、マノエル・デ・オリヴェイラ、Laís Bodanzky、Gian Vittorio Baldi、マリア・デ・メデイロス、Beto Brant、Cisco Vásquez、 イェジー・スツール(Jerzy Stuhr)、ヴィム・ヴェンダース、アトム・エゴヤン

 ・“A Memoria Que Me Contam(A Memoria Que Me Contam / Memories They Told Me)”(ブラジル・チリ・アルゼンチン) 監督:Lucia Murat

 ・“Wakolda”(アルゼンチン) 監督:ルシア・プエンソ(Lucía Puenzo)

 ・“Los Dueños(Les Propriétaires /The Owners)”(アルゼンチン) 監督:Agustin Toscano、Ezequiel Radusky

 ・“La Bomba(La Bombe / The Bomb)”(アルゼンチン) 監督:Sergio Bizzio

 ・“Sola Contigo(Seule Avec Toi / Alone With You)”(アルゼンチン・西) 監督:アルベルト・レッキ(Alberto Lecchi)

 ・“La Pasión De Michelangelo (The Passion of Michelangelo)”(チリ) 監督:Esteban Larrain

 ・“Shéhérazade”(チュニジア) 監督:Nacer Khemir

--------------------------------

 モントリオール世界映画祭2013のラインナップはまだまだ続きます。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・モントリオール世界映画祭2013 ワールド・コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201308/article_7.html
 ・モントリオール世界映画祭2013 ラインナップ その3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201308/article_9.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

 追記:

 ・モントリオール世界映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_7.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック