映画版『悪童日記』がグランプリ! カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013!

 第48回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(6月28日-7月6日)の受賞結果です。

 【コンペティション部門】

 ※審査員:アニエスカ・ホランド(審査員長)、Ivo Andrle(チェコの映画配給)、Frédéric Boyer(フランスの美術監督)、Alon Garbuz(イスラエルの男優)、クラウディア・リョサ(ペルーの監督)、Meenakshi Shedde(インドの映画批評家)、Sigurjon "Joni" Sighvatsson(アイスランドのプロデューサー)

 ◆グランプリ/Crystal Globe
 ◎“The Notebook(Le grand cahier)”(ハンガリー・独・オーストリア・仏) 監督:János Szász

画像

画像

 ◆審査員特別賞
 ◎“A Field in England”(英) 監督:ベン・ウィートリー(Ben Wheatley)

画像

 ◆監督賞
 ◎ヤン・フジェベイク “Líbánky(Honeymoon)”(チェコ・スロヴァキア)

画像

 ◆男優賞
 ◎オラフル・ダッリ・オラフソン(Ólafur Darri Ólafsson) “XL”(アイスランド)(監督:Marteinn Thorsson)

画像

 ◆女優賞
 ◎エイミー・モートン(Amy Morton)、ルイーザ・クラウゼ(Louisa Krause)、エミリー・ミード(Emily Meade)、マーゴ・マーティンデイル(Margo Martindale) “Bluebird”(米・スウェーデン)(監督:Lance Edmands)

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Papusza”(ポーランド) 監督:ヨアンナ・コス=クラウゼ(Joanna Kos-Krauze)、クシシュトフ・クラウゼ

画像

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Styd(Shame)”(ロシア) 監督:Yusup Razykov

 ◆エキュメニカル審査員賞
 ◎“Bluebird”(米・スウェーデン) 監督:Lance Edmands

画像

 ◆Europa Cinemas Label Award
 ◎“The Notebook(Le grand cahier)”(ハンガリー・独・オーストリア・仏) 監督:János Szász

画像

 【イースト・オブ・ウェスト コンペティション】

 ※審査員:Éva Vezér(審査員長)( ハンガリーのTVのプログラミング・ディレクター/EFPの元会長/EFAメンバー)、Peter Paul Huth(ドイツの映画批評家)、マヤ・ミロス(Maja Miloš)(セルビアの女優・監督)、ピヨトル・ムラルク(Piotr Mularuk)(ポーランドの監督・プロデューサー)、Sergej Stanojkovski(ドイツの監督)

 ◆イースト・オブ・ウェスト賞
 ◎“Płynące wieżowce(Floating Skyscrapers)”(ポーランド) 監督:Tomasz Wasilewski

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Zázrak(Miracle)”(スロヴァキア・チェコ) 監督:Juraj Lehotský

画像

 ◆FEDEORA(Federation of Film Critics of Europe and the Mediterranean)賞
 ◎“Zamatoví teroristi(Velvet Terrorists)”(スロヴァキア・チェコ・クロアチア) 監督:Peter Kerekes、Pavol Pekarčík、Ivan Ostrochovský

画像

 【ドキュメンタリー・コンペティション】

 ※審査員:Krzysztof Gierat(審査員長)(ポーランドのプロデューサー/映画祭ディレクター)、Maria Bonsanti(イタリアの美術監督)、マルティン・マレチェク(Martin Mareček)(チェコのドキュメンタリー監督)、Sergio Oksman(スペインのドキュメンタリー監督)、Andrea Reuter(スウェーデン映画インスティチュート代表)

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞 30分以上の作品部門
 ◎“Pipeline(Truba)”(ロシア・独・チェコ/116分) 監督:Vitaly Manskiy

画像

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞 30分未満の作品部門
 ◎“Beach Boy”(英/27分) 監督:Emil Langballe

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“The Manor”(カナダ/78分) 監督:Shawney Cohen

 【フォーラム・オブ・インディペンデント部門】

 ◆インディペンデント・カメラ・アワード(Independent Camera Award)
 ◎“Things the Way They Are(Las cosas como son)”(チリ) 監督:Fernando Lavanderos

画像

 【その他の賞】

 ◆観客賞
 ◎“Revival”(チェコ) 監督:Alice Nellis

画像

 ◆ワールドシネマへの芸術的貢献賞(Crystal Globe for Outstanding Artistic Contribution to World Cinema)
 ◎テオドル・ピシュチェック(Theodor Pištěk)

画像

 ◎オリバー・ストーン

画像

 ◎ジョン・トラヴォルタ

画像

 ◆映画祭会長賞(Festival President´s Award)
 ◎Vojtěch Jasný(チェコの監督)

画像

 ◆The Works in Progress Jury 2013 Award of 10 000 Euros in Services for the Most Promising Project
 ◎“Blind dates(Brma Paemnebi)(グルジア) 監督:Levan Koguashvili

--------------------------------

 【第48回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 Facts & Figures】

 上映作品:
 長編フィクション作品:163本
 短編フィクション作品:34本
 長編ドキュメンタリー作品:30本
 短編ドキュメンタリー作品:8本

 上映回数:全461回

 ワールド・プレミア:23本
 インターナショナル・プレミア:30本
 ヨーロッパ・プレミア:13本
 第1回監督作品:35本

 総チケット売り上げ:128031枚

 来場したフィルムメーカー:375人
 来場したフィルム・プロフェッショナルズ:855人
 来場したジャーナリスト:643人

--------------------------------

 コンペティション部門の受賞結果に関しては―
 ・既に本国で高い評価を受けている“Viva La Libertá”と“Quellen Des Lebens(Sources of Life)”の2作品は、意識的にか無意識にか、賞を贈る対象から外されたのではないか
 ・ポーランド、チェコ、アイスランドの3作品に対しては、審査員のナショナリティーが結果に影響したのではないか
 ということもありますが、個人的には、期待の“The Notebook(Le grand cahier)”がグランプリを受賞し、気になっていた“Bluebird”や“Papusza”が受賞を果たして、大いに満足です。

 既にチェコ映画界のエース的存在となっているヤン・フジェベイクに監督賞を与え、新進のベン・ウィートリーに審査員特別賞を贈り、アンサンブル賞的な意味合いで“Bluebird”に女優賞を授けるなど、賞の割り振り方もよく考えられてあります。

 受賞作品は、今後、各国の映画賞レースでも健闘してくれるはずで、いくつかの作品は、米国アカデミー賞2014外国語映画賞の各国代表に選ばれたりもするのではないでしょうか。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_17.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 コンペティション部門以外のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_18.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2012 ラインナップ&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_4.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_10.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_12.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_28.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200907/article_11.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック