メキシコ・アカデミー賞/アリエル賞2013 ノミネーション!

 第55回アリエル賞のノミネーションが発表されました。

 ◆作品賞(Película)
 ・『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)” 監督:ポーラ・マルコヴィッチ(Paula Markovitch)
 ・『マリアの選択』“La demora(The Delay)” 監督:ロドリゴ・プラ(Rodrigo Plá)
 ・“Los últimos cristeros(The Last Christeros)” 監督:Matías Meyer

 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』は、ベルリン国際映画祭2011 コンペティション部門出品。
 『マリアの選択』は、ベルリン国際映画祭2012フォーラム部門出品。

 ◆監督賞(Dirección)
 ・ポーラ・マルコヴィッチ(Paula Markovitch) 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)”
 ・ロドリゴ・プラ 『マリアの選択』“La demora(The Delay)”
 ・ルイス・マンドーキ “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”
 ・Matías Meyer “Los últimos cristeros(The Last Christeros)”

 ◆主演男優賞(Actor)
 ・Hernán Mendoza “Después de Lucía(After Lucia)”(監督:Michel Franco)
 ・ロベルト・ソサ(Roberto Sosa) “El fantástico mundo de Juan Orol(The Fantastic World of Juan Orol)”(監督:Sebastián del Amo)
 ・Francisco Cruz “Entre la noche y el día(Between Night and Day)”(監督:Bernardo Arellano)
 ・カルロス・バリャリノ(Carlos Vallarino) 『マリアの選択』“La demora(The Delay)”

 ◆主演女優賞(Actriz)
 ・テッサ・イア(Tessa Ia) “Después de Lucía(After Lucia)”
 ・パウラ・ガリネッリ・エルツォク(Paula Galinelli Hertzog) 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)”
 ・ウルスラ・ペルナダ(Úrsula Pruneda) “El sueño de Lú(The Dream of Lu)”(監督:Hari Sama)
 ・ロクサーナ・ブランコ(Roxana Blanco) 『マリアの選択』“La demora(The Delay)”
 ・Greisy Mena “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”

 ウルスラ・ペルナダは、上海国際映画祭2012で女優賞受賞。
 Greisy Menaは、バリャドリッド国際映画祭2012で女優賞受賞。

 ◆助演男優賞(Coactuación Masculina)
 ・ダニエル・ヒメネス・カチョ(Daniel Giménez Cacho) “Colosio el asesinato(Colosio The Assassination)”(監督:カルロス・ボラド(Carlos Bolado))
 ・ダゴルト・ガマ(Dagoberto Gama) “Colosio el asesinato(Colosio The Assassination)”
 ・Gerardo Trejoluna “El sueño de Lú(The Dream of Lu)”
 ・Luis Rodríguez “Los mejores temas(Greatest Hits)”(監督:Nicolás Pereda)

 ◆助演女優賞(Coactuación Femenina)
 ・Sharon Herrera 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)”
 ・Mari Carmen Farias “El sueño de Lú(The Dream of Lu)”
 ・アンジェリーナ・パレス(Angelina Peláez) “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”

 ◆オリジナル脚本賞(Guión Original)
 ・Michel Franco “Después de Lucía(After Lucia)”
 ・ポーラ・マルコヴィッチ(Paula Markovitch) 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)”
 ・Raúl Fuentes “Todo el mundo tiene a alguien menos yo(Everybody’s Got Somebody… Not Me)”(監督:Raúl Fuentes)

 ◆脚色賞(Guión Adaptado)
 ・ラウラ・サントゥージョ(Laura Santullo) 『マリアの選択』“La demora(The Delay)”
 ・Diana Cardozo “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”
 ・Israel Cárdenas、Matías Meyer “Los últimos cristeros(The Last Christeros)”

 ◆撮影賞(Fotografía)
 ・Carlos Hidalgo “El fantástico mundo de Juan Orol(The Fantastic World of Juan Orol)”
 ・ヴォイチェフ・スタロン(Wojciech Staron) 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)”
 ・María José Secco 『マリアの選択』“La demora(The Delay)”
 ・Damián García “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”
 ・Jerónimo Rodríguez “Todo el mundo tiene a alguien menos yo(Everybody’s Got Somebody… Not Me)”

 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』は、ベルリン国際映画祭2011で撮影賞(銀熊賞)受賞。

 ◆編集賞(Edición)
 ・Valentina Leduc “Carrière 250 metros(Carrière, 250 Meters)”(監督:Juan Carlos Rulfo)
 ・Loli Moriconi、マリアーナ・ロドリゲス(Mariana Rodríguez)、ポーラ・マルコヴィッチ 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)”
 ・León Felipe González “Los últimos cristeros(The Last Christeros)”

 ◆美術賞(Diseño de Arte)
 ・サルヴァドール・パーラ(Salvador Parra) “Cristiada(For Greater Glory: The True Story of Cristiada)”(監督:Dean Wright)
 ・Óscar Tello、バーバラ・エンリケス(Bárbara Enríquez) 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)”
 ・アントニオ・ムーニョ=イエロ(Antonio Muñohierro) “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”
 ・Rogelio Correa “Todo el mundo tiene a alguien menos yo(Everybody’s Got Somebody… Not Me)”

 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』は、ベルリン国際映画祭2011で美術賞(銀熊賞)受賞。

 ◆衣裳賞(Vestuario)
 ・Deborah Medina “El fantástico mundo de Juan Orol(The Fantastic World of Juan Orol)”
 ・Victoria Pugliese、Macarena Pazos 『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)”
 ・アデラ・コルタザール(Adela Cortázar) “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”
 ・Nohemí González “Los últimos cristeros(The Last Christeros)”

 ◆メイキャップ賞(Maquillaje)
 ・Alfredo Mora “Colosio el asesinato(Colosio The Assassination)”
 ・David Ruiz Gameros 『CLONES クローンズ』“Depositarios”(監督:ロドリゴ・オルドニュス(Rodrigo Ordoñez))
 ・Carla Tinoco、Alfredo García “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”
 ・Iñaqui Legaspi “Los últimos cristeros(The Last Christeros)”

 ◆視覚効果賞(Efectos Visuales)
 ・Gabriel Kerlegand “Colosio el asesinato(Colosio The Assassination)”
 ・Víctor Velázquez、Alejandro Berea 『CLONES クローンズ』“Depositarios”
 ・Leandro Visconti “Morelos”(監督:Antonio Serrano)

 ◆特殊効果賞(Efectos Especiales)
 ・Efeccine Mobile、Alejandro Vázquez、Salvador Servin Casas 『CLONES クローンズ』“Depositarios”
 ・Adrián Durán “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”
 ・Alejandro Vázquez “Morelos”

 ◆録音賞(Sonido)
 ・Matías Barberis “Cuates de Australia(Drought)”(監督:Everardo González)
 ・Samuel Larson “El sueño de Lú(The Dream of Lu)”
 ・Fernando Cámara、Martín Hernández “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”
 ・Alejandro de Icaza、Raúl Locatelli “Los últimos cristeros(The Last Christeros)”

 ◆オリジナル音楽賞(Musica Original)
 ・レオナルド・ヘイブルム(Leonardo Heiblum)、ジェイコブ・リーバーマン(Jacobo Lieberman) “Carrière 250 metros(Carrière, 250 Meters)”
 ・Alejandro Castaños “La vida precoz y breve de Sabina Rivas(The Precocious and Brief Life of Sabina Rivas)”
 ・Galo Durán、Guadalupe Villalpando “Los últimos cristeros(The Last Christeros)”

 ◆第1回監督賞(Ópera Prima)
 ・“El fantástico mundo de Juan Orol(The Fantastic World of Juan Orol)” 監督:Sebastián del Amo
 ・『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio(The Prize)” 監督:ポーラ・マルコヴィッチ(Paula Markovitch)
 ・“Todo el mundo tiene a alguien menos yo(Everybody’s Got Somebody… Not Me)” 監督:Raúl Fuentes

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Largometraje Documental)
 ・“Carrière 250 metros(Carrière, 250 Meters)” 監督:Juan Carlos Rulfo 共同監督: Natalia Gil Torner
 ・“Cuates de Australia(Drought)” 監督:Everardo González
 ・“El paciente interno(The Convict Patient)” 監督:Alejandro Solar Luna
 ・“La revolución de los alcatraces(Eufrosina’s Revolution)” 監督:Luciana Kaplan
 ・“Palabras mágicas(para romper un encantamiento)[Magic Words(Breaking a Spell)]” 監督:Mercedes Moncada Rodríguez

 “Cuates de Australia(Drought)”は、リマ・ラテンアメリカ映画祭2012 ドキュメンタリー賞第1回作品賞受賞。ロサンゼルス映画祭2012最優秀ドキュメンタリー賞受賞。バリャドリッド国際映画祭2012 タイム・オブ・ヒストリー部門 作品賞次点。

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Cortometraje Documental)
 ・“La herida se mantiene abierta(The Wound Remains Open)” 監督:Alberto Cortés
 ・“Las montañas invisibles(The Invisible Mountains)” 監督:Ángel Linares
 ・“Mitote” 監督:エウヘニオ・ポルゴブスキ(Eugenio Polgovsky)
 ・“Paal” 監督:Christoph Müller、Víctor Vargas Villafuerte

 “Mitote”は、ローマ映画祭2012出品。

 ◆短編映画賞(Cortometraje Ficción)
 ・“La tiricia o cómo curar la tristeza(The Doldrums or How to Cure Sadness)” 監督:Ángeles Cruz
 ・“Lucy contra los límites de la voz(Lucy vs. The Limits of Voice)” 監督:Mónica Herrera
 ・“Para armar un helicóptero(To Put Together a Helicopter)” 監督:Izabel Acevedo

 “La tiricia o cómo curar la tristeza(The Doldrums or How to Cure Sadness)”は、モントリオール世界映画祭2012出品。
 “Para armar un helicóptero(To Put Together a Helicopter)”は、クレモンフェラン国際映画祭2013グランプリ受賞。

 ◆短編アニメーション賞(Cortometraje Animación)
 ・“Como perros and gatos(Like Cats and Dogs)” 監督:Armando Vega-Gil
 ・“Dame posada(Give Me Posada)” 監督:Cecilio Vargas Torres
 ・“La noria(The Waterwheel)” 監督:Karla Castañeda
 ・“Un ojo(Eye)” 監督:Lorenza Manrique

 “La noria(The Waterwheel)”は、Expresion en Corto International Film Festival2012 最優秀短編賞受賞。

 ◆イベロアメリカ映画賞(Película Iberoamericana)
 ・“Blancanieves”(西) 監督:パブロ・ベルヘール(Pablo Berger)
 ・『NO』“No”(チリ) 監督:パブロ・ラライン(Pablo Larraín)
 ・“Pescador(The Fisherman)”(エクアドル) 監督:セバスチャン・コルデロ(Sebastián Cordero)

--------------------------------

 主な作品のノミネート状況は以下の通り。

 ・“La vida precoz y breve de Sabina Rivas”(11):監督・主演女優・助演女優・脚色・撮影・美術・衣裳・メイク・特殊効果・録音・音楽
 ・『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』(9):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・編集・美術・衣裳・第1回
 ・“Los últimos cristeros(The Last Christeros)”(8):作品・監督・脚色・編集・衣裳・メイク・録音・音楽
 ・『マリアの選択』(6):作品・監督・主演男優・主演女優・脚色・撮影
 ・“El fantástico mundo de Juan Orol”(4):主演男優・撮影・衣裳・第1回
 ・“El sueño de Lú(The Dream of Lu)”(4):主演女優・助演男優・助演女優・録音
 ・“Colosio el asesinato(Colosio The Assassination)”(4):助演男優・助演男優・メイク・視覚効果
 ・“Todo el mundo tiene a alguien menos yo”(4):脚本・撮影・美術・第1回
 ・“Después de Lucía(After Lucia)”(3):主演男優・主演女優・脚本
 ・“Carrière 250 metros(Carrière, 250 Meters)”(3):編集・音楽・ドキュメンタリー
 ・『CLONES クローンズ』(3):メイク・視覚効果・特殊効果
 ・“Morelos”(2):視覚効果・特殊効果
 ・“Cuates de Australia(Drought)”(2):録音・ドキュメンタリー

 米国アカデミー賞外国語映画賞各国代表作品が2作品あるほか、さまざまな国際映画祭で高い評価を受けた作品がいくつもあって、メキシコ映画界としては、2012年は、まあ、悪くない年ではなかったのでしょうか。2作品にノミネーションが集中した昨年と比べると豊作だったと言えるかもしれません。

 ただし、日本ではとっくにDVD化された『CLONES クローンズ』が2012年にようやく公開されたり、ベルリン国際映画祭で2つの銀熊賞を獲った『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』が1年以上本国での劇場公開を待たされたりしているのを見ると、作品の質は高くても、メキシコでの興行はあまりうまい具合には行っていないのかな、と思ったりしてしまいます。

 せっかく国際映画祭で高い評価を受けても、国内での興行がうまくいかないと、悪循環に陥ってしまいそうで、ちょっと心配ですね。

 ノミネーションとしては、『イノセント・ボイス 12歳の戦場』で母国に帰ってきたルイス・マンドーキの8年ぶりの劇映画“La vida precoz y breve de Sabina Rivas”が11部門で最多ノミネートとなり、次に『ダック・シーズン』の脚本家ポーラ・マルコヴィッチの初監督作品『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』が9部門、Matías Meyerの3本目の劇映画“Los últimos cristeros(The Last Christeros)”が8部門、若手のホープ、ロドリゴ・プラの『マリアの選択』が6部門と続いています。

 2012年のメキシコ映画には、カンヌで監督賞を受賞した、カルロス・レイガダスの『闇の後の光』がありましたが、賛否両論(たぶん「否」の方が多い)のこの作品は、アリエル賞のどこにもひっかかりませんでした。まあ、常識的な感覚だったら、そういうチョイスをするだろうなとは思いますが。

 第55回アリエル賞の発表は、5月28日です。

--------------------------------

 主なノミネート作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“La vida precoz y breve de Sabina Rivas”(メキシコ) 監督:ルイス・マンドーキ
 出演:Joaquín Cosí、Greisy Mena、フェルナンド・モレノ(Fernando Moreno)、アンジェリーナ・パレス(Angelina Peláez)、マリオ・サラゴサ(Mario Zaragoza)、 Beto Benites、ニック・チンランド(Nick Chinlund)、Miguel Flores
 物語:サビーナとホバリーは、10代のホンジュラス人で、メキシコとグァテマラの国境で、偶然の再会を果たす。サビーナは、アメリカでシンガーとして成功することを夢見ていて、一方、ホバリーは、ギャングのマラ・サルバトルチャの一員になりたくて、残虐な行為に関わっている。2人が会った状況は、最悪で、そこには、白人奴隷や、移民のエージェント、メキシコ領事、娼館の女将、麻薬密売のネットワーク、軍隊、そしてマラ・サルバトルチャらがたむろしていた。
 バリャドリッド国際映画祭2012 コンペティション部門出品。女優賞受賞(Greisy Mena)


 ・『プライズ~秘密と嘘がくれたもの~』“El premio (The Prize)”(メキシコ・仏・独) 監督:ポーラ・マルコヴィッチ(Paula Markovitch)
 出演:パウラ・ガリネッリ・エルツォク(Paula Galinelli Hertzog)、Sharon Herrera、ラウラ・アゴレカ(Laura Agorreca)、Vivi ana Suraniti、Uriel Iasillo
 物語:これは自伝的な物語。私は7歳で、学校に通っていた。当時は、ファシズムに支配されていて、人々は凡庸であることが求められていた。私は、寡黙でいることが家族を守ることだと信じて、ウソばかりついていたし、まわりもみんなそうしていた。唯一、母だけが私がそうすることを悲しんでいたが、他にどうすることができただろうか?
 フェルナンド・エインビッケの『ダック・シーズン』で脚本を手がけるポーラ・マルコヴィッチの初監督長編。
 ベルリン国際映画祭2011 コンペティション部門出品。銀熊賞(芸術貢献賞:撮影(ヴォイチェフ・スタロン(Wojciech Starton)))、銀熊賞(芸術貢献賞:美術賞(バーバラ・エンリケス(Barbara Enriquez)))受賞。
 WOWOWにて放映。

画像

 ・“Los últimos cristeros(The Last Christeros)”(2011/メキシコ・オランダ) 監督:Matías Meyer
 出演:Alejandro Limón、Antonio García、Jesús Moisés Rodríguez、Salvador Ferreiro、 Abel Lozano
 物語:1920年代~30年代にかけて、教会の力を弱体化させようとするメキシコ政府と、宗教的な迫害に抵抗する人々の戦いを描いた作品。信仰を捨てて恩赦を受け入れるよりは、信仰を守って戦うことを選んだ人々(Christeros)が、追い詰められ、食糧が乏しくなりながらも戦い、1938年、ついに最後の戦いを迎える。
 トロント国際映画祭2011 VISIONS部門出品。
 ロッテルダム国際映画祭2012 Spectrum部門出品。

画像

 ・『マリアの選択』“The Delay (La Demora)”(ウルグアイ・メキシコ・仏) 監督:ロドリゴ・プラ(Rodrigo Pla)
 出演:ロクサーナ・ブランコ(Roxana Blanco)、カルロス・バリャリノ(Carlos Vallarino)、オスカル・ペルナス(Oscar Pernas)
 物語:アグスティンは、年をとって、物忘れがひどく、自分でもそれを自覚している。一方、40代の娘マリアは、10代の娘と2人の男の子を抱え、裁縫師として低賃金で忙しく働いて、ほとんど眠る暇もない。2人は、相手のことを愛し、と同時に、相手からイライラさせられてもいる。アグスティンの物忘れは、アルツハイマーの初期症状なのか、それともただの老衰なのかはわからないが、今よりよくなる兆候は見られない。マリアには、妹がいるが、妹は老いた親の面倒を見る責任を負おうとはしない。マリアは、3人の子供たちの面倒をもっとちゃんと見るためには、老いた父親を老人ホームに入れるべきかもしれないと考える。そこで、彼女は、社会保障事務所にでかけていくが、そこで告げられたことは、彼女は、満足に父親の面倒を見るには貧しいが、公的保障を受けるには、稼ぎがありすぎるということだった……。
 メキシコで実際に起きたごとを、ウルグアイを舞台に変えて、映画化した作品。
 ベルリン国際映画祭2012 フォーラム部門出品。エキュメニカル審査員賞、Tagesspiegel Readers’ Prize受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2012 Supernova部門出品。
 モトヴン映画祭2012 グランプリ受賞。
 サンセバスチャン国際映画祭2012 ホライズンズ・ラティーノ部門出品。
 ムンバイ映画祭2012 セレブレート・エイジ コンペティション部門出品。作品賞次点。
 米国アカデミー賞2013 外国語映画賞 ウルグアイ代表。
 ラテンビート映画祭2012にて上映。

画像

 ・“El sueño de Lú(The Dream of Lu)”(メキシコ) 監督:Hari Sama
 出演:ウルスラ・ペルナダ(Úrsula Pruneda)、Gerardo Trejoluna、 Mari Carmen Farias、エミリオ・エチェバリア(Emilio Echevarría)、Moises Arizmendi、Maria Deschamps
 物語:ルシアは、最愛の息子を亡くして、哀しみのあまり、自殺騒ぎを起こす。しかし、人生をやり直そうと決意した彼女は、新しい人間関係を築き、そしてそこにささやかな奇跡を見出す。
 上海国際映画祭2012 金爵奨コンペティション部門出品。女優賞受賞(ウルスラ・ペルナダ)。
 モントリオール世界映画祭2012 フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門出品。

画像

 ・“El fantástico mundo de Juan Orol(The Fantastic World of Juan Orol)”(メキシコ) 監督:Sebastián del Amo
 出演:ロベルト・ソサ(Roberto Sosa)、Gabriela de la Garza、ロジャー・カドニー(Roger Cudney)
 物語:50年に及ぶ映画監督人生で約60本もの映画を作った、メキシコのB級映画の帝王Juan Orol(1897-1988)の半生を描いた作品。Juan Orolは、スペインに生まれ、キューバやハリウッドに渡り、1933年にメキシコに移って、そこでプロダクションを作った。幼い頃からギャング映画が好きで、俳優からキャリアをスタートし、のちに監督になった。その映画は、低予算で、技術的にも貧しく、ストーリーの一貫性も乏しくて、駄作を乱発したが、結果的に、エド・ウッドにも匹敵するカルト監督と称されることになった。「無意識のシューレアリスト」とも呼ばれる。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2012 ニュー・ヴィジョンズ部門出品。

画像

 ・“Después De Lucía (After Lucia)”(仏・メキシコ) 監督:Michel Franco
 物語:ロベルトは、妻ルシアを交通事故で失って、絶望し、プエルトバジャルタからメキシコシティーに引っ越しをする。17歳の娘アレハンドラは、なんとかして父を元気づけようとするが、うまくいかない。アレハンドラは、転校先で、いじめやセクハラを受けるが、それを父に話すことができず、父娘の溝は広がっていく。
 カンヌ国際映画祭2012 ある視点部門出品。ある視点賞受賞。
 サンセバスチャン国際映画祭2012 ホライズンズ・ラティーノ部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 シカゴ国際映画祭2012 審査員特別賞(シルバー・ヒューゴ賞)受賞。
 米国アカデミー賞2013 外国語映画賞 メキシコ代表。
 ゴヤ賞2013 スペイン語外国語映画賞ノミネート。

画像

 ・“Cuates de Australia(Drought)”(メキシコ) 監督:Everardo González
 メキシコの北部乾燥地帯にある畜産農家のコミュニティー。カメラは、そこで暮らす農夫やカウボーイたちの生活を映し出す。ディナーの食卓、学校へでかける子どもたち、村の祝祭、馬のレース、洗礼式……。深刻な悩みは、雨が降らないことだ。雨が降らなくては、彼らの生活は行き詰まってしまう。以前に比べても土地は乾き、家畜も弱ってきている。
 ロサンゼルス映画祭2012 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2012 タイム・オブ・ヒストリー部門 作品賞次点。


--------------------------------

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アリエル賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_4.html
 ・アリエル賞2012 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_4.html
 ・アリエル賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_25.html
 ・アリエル賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_8.html
 ・アリエル賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_23.html
 ・アリエル賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_11.html
 ・アリエル賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200904/article_1.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月~2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html

 追記:
 ・アリエル賞2013 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_41.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック