ノミネーション発表後の、MCNによるオスカー2013予想!

 第85回米国アカデミー賞ノミネーションが発表なった翌日、それを受けてのMCNのオスカー予想が発表されました。(1月11日)

 ランキング対象者はすべて米国アカデミー賞ノミニーになったほか、主要部門以外をも含めて、21部門の予想が出されています。

 *公式サイト:http://moviecitynews.com/2013/01/gurus-o-gold-nominations-morning-page-1-of-2/

画像

--------------------------------

 ◆作品賞
 1位(前回1位):『リンカーン』 117ポイント
 2位(前回6位):『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 92ポイント
 3位(前回5位):『世界にひとつのプレイブック』 89ポイント
 4位(前回2位):『アルゴ』 67ポイント
 5位(前回3位):『ゼロ・ダーク・サーティ』 67ポイント
 6位(前回4位):『レ・ミゼラブル』 48ポイント
 7位(前回9位):『愛、アムール』 46ポイント
 8位(前回8位):『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』 40ポイント
 9位(前回7位):『ジャンゴ 繋がれざる者』 19ポイント

 ◆監督賞
 1位(前回1位):スティーヴン・スピルバーグ 『リンカーン』 64ポイント
 2位(前回4位):アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 51ポイント
 3位(前回圏外):ミヒャエル・ハネケ 『愛、アムール』 33ポイント
 4位(前回5位):デイヴィッド・O・ラッセル 『世界にひとつのプレイブック』 32ポイント
 5位(前回圏外):ベン・ザイトリン 『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』 15ポイント

 ◆主演男優賞
 1位(前回1位):ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』 65ポイント
 2位(前回3位):ヒュー・ジャックマン 『レ・ミゼラブル』 41ポイント
 3位(前回4位):ブラッドリー・クーパー 『世界にひとつのプレイブック』 37ポイント
 4位(前回2位):デンゼル・ワシントン 『フライト』 29ポイント
 5位(前回圏外):ホアキン・フェニックス 『ザ・マスター』 23ポイント

 ◆主演女優賞
 1位(前回1位):ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック』 56ポイント
 2位(前回5位):エマニュエル・リヴァ 『愛、アムール』 49ポイント
 2位(前回2位):ジェシカ・チャステイン 『ゼロ・ダーク・サーティ』 49ポイント
 4位(前回4位):ナオミ・ワッツ 『インポッシブル』 22ポイント
 5位(前回圏外):クヮヴェンジャネ・ウォリス 『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』 19ポイント

 ◆助演男優賞
 1位(前回1位):トミー・リー・ジョーンズ 『リンカーン』 61ポイント
 2位(前回2位)):ロバート・デニーロ 『世界にひとつのプレイブック』 47ポイント
 3位(前回3位):フィリップ・シーモア・ホフマン 『ザ・マスター』 39ポイント
 4位(前回3位):アラン・アーキン 『アルゴ』 30ポイント
 5位(前回圏外):クリストフ・ヴァルツ 『ジャンゴ 繋がれざる者』 18位

 ◆助演女優賞
 1位(前回1位):アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』 65ポイント
 2位(前回2位):サリー・フィールド 『リンカーン』 51ポイント
 3位(前回3位):ヘレン・ハント “The Sessions” 33ポイント
 4位(前回4位):エイミー・アダムス 『ザ・マスター』 24ポイント
 5位(前回圏外):ジャッキー・ウィーバー 『世界にひとつのプレイブック』 22ポイント

 ◆オリジナル脚本賞
 1位(前回4位):ミヒャエル・ハネケ 『愛、アムール』 56ポイント
 2位(前回1位):マーク・ボール 『ゼロ・ダーク・サーティ』 53ポイント
 3位(前回3位):ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ 『ムーンライズ・キングダム』 35ポイント
 3位(前回5位) クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』 35ポイント
 5位(前回圏外):ジョン・ゲイティンズ 『フライト』 16ポイント

 ◆脚色賞
 1位(前回1位):トニー・クシュナー 『リンカーン』 63ポイント
 2位(前回3位):デイヴィッド・O・ラッセル 『世界にひとつのプレイブック』 42ポイント
 3位(前回2位):クリス・テリオ 『アルゴ』 36ポイント
 4位(前回4位):デイヴィッド・マギー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 28ポイント
 5位(前回圏外):ルーシー・アリバー、ベン・ザイトリン 『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』 26ポイント

 ◆撮影賞
 1位:『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 57ポイント
 2位:『リンカーン』 47ポイント
 3位:『007 スカイフォール』 45ポイント
 4位:『アンナ・カレーニナ』 25ポイント
 5位:『ジャンゴ 繋がれざる者』 21ポイント

 ◆編集賞
 1位:『ゼロ・ダーク・サーティ』 50ポイント
 2位:『アルゴ』 48ポイント
 3位:『リンカーン』 44ポイント
 4位:『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 38ポイント
 5位:『世界にひとつのプレイブック』 15ポイント

 ◆美術賞
 1位:『アンナ・カレーニナ』 48ポイント
 1位:『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 48ポイント
 3位:『リンカーン』 45ポイント
 4位:『レ・ミゼラブル』 35ポイント
 5位:『ホビット 思いがけない冒険』 19ポイント

 ◆衣裳デザイン賞
 1位:『アンナ・カレーニナ』 56ポイント
 2位:『レ・ミゼラブル』 49ポイント
 3位:『リンカーン』 46ポイント
 4位:『白雪姫と鏡の女王』 24ポイント
 5位:『スノーホワイト』 20ポイント

 ◆メイキャップ・ヘアスタイリング賞
 1位:『ホビット 思いがけない冒険』 30ポイント
 2位:『レ・ミゼラブル』 29ポイント
 3位:『ヒッチコック』 20ポイント

 ◆視覚効果賞
 1位:『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 62ポイント
 2位:『ホビット 思いがけない冒険』 49ポイント
 3位:『アベンジャーズ』 39ポイント
 4位:『プロメテウス』 31ポイント
 5位:『スノーホワイト』 14ポイント

 ◆録音賞
 1位:『007 スカイフォール』 53ポイント
 2位:『レ・ミゼラブル』 51ポイント
 3位:『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 38ポイント
 4位:『アルゴ』 28ポイント
 5位:『リンカーン』 25ポイント

 ◆音響編集賞
 1位:『007 スカイフォール』 47ポイント
 2位:『ゼロ・ダーク・サーティ』 43ポイント
 3位:『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 40ポイント
 4位:『ジャンゴ 繋がれざる者』 26ポイント
 5位:『アルゴ』 24ポイント

 ◆オリジナル作曲賞
 1位:『リンカーン』 55ポイント
 2位:『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 50ポイント
 3位:『アルゴ』 34ポイント
 4位:『アンナ・カレーニナ』 30ポイント
 5位:『007 スカイフォール』 26ポイント

 ◆オリジナル歌曲賞
 1位:‘Skyfall’-『007 スカイフォール』 62ポイント
 2位:‘Suddenly’-『レ・ミゼラブル』 54ポイント
 3位:‘Pi’s Lullaby’-『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 36ポイント
 4位:‘Everybody Needs A Best Friend’-『テッド』 29ポイント
 5位:‘Before My Time’-“Chasing Ice” 14ポイント

 ◆長編ドキュメンタリー賞
 1位:“The Gatekeepers” 49ポイント
 2位:『シュガーマン 奇跡に愛された男』 48ポイント
 3位:“The invisible War” 32ポイント
 4位:『壊された5つのカメラ』 26ポイント
 5位:“How To Survive A Plague” 25ポイント

 ◆長編アニメーション賞
 1位:『シュガー・ラッシュ』 56ポイント
 2位:『フランケンウィニー』 52ポイント
 3位:『メリダとおそろしの森』 39ポイント
 4位:『パラノーマン ブライス・ホローの謎』 35ポイント
 5位:“The Pirates! Band of Misfits” 14ポイント

 ◆外国語映画賞
 1位:『愛、アムール』 65ポイント
 2位:『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』 42ポイント
 3位:『NO』 35ポイント
 4位:“Kon-Tiki” 27ポイント
 5位:『魔女と呼ばれた少女』 26ポイント

--------------------------------

 作品賞以外は、60ポイント以上獲得していれば、最有力候補と見なすことができるとすると、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚色賞、視覚効果賞、オリジナル歌曲賞、外国語映画賞には、一応、最有力候補(本命)があり、それ以外は、混戦していることがわかります。(2強だったり、全く有力候補が見えない部門があったりしますが)。

 今後、各部門に関する組合賞や協会賞が発表されれば、また予想は変わるのでしょうが、それまでの期間は、各作品・各候補に関するプロモーションや一般の反響を除けば、オスカー予想に関する新しい判断材料は特にないことになります。

 なので、あとはもう、各部門に関する組合賞や協会賞が発表された後の、最終予想を残すくらいですが、混戦している部門以外で、大きな順位(得票)変動はあるのかどうか。

 本年度のオスカー予想は、ずいぶんと作品(順位)が入れ替わりましたが、果たしてこの時点でどのくらい的中しているものでしょうか。1位で当たればもちろん的中、2位が受賞すればニアピンと見なすとして、21部門中何部門くらい当たっているものなのか。

 ずっと作品賞予想1位で来た『リンカーン』は、映画賞レースの中では主演男優賞以外は、大した成果も挙げてきませんでしたが、本当に作品賞(と監督賞)を受賞するのか。
 絶対確実と思われていても、少なからず、サプライズがあるのが、米国アカデミー賞なので、どうなるかはわかりませんが……。

 ポスト・トロント(9月)からずっと追いかけてきた全米映画賞レースも、いよいよ残り1ヶ月です。

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_30.html

 ・米国アカデミー賞2013ノミネーション データ、トリビア、予想など:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_31.html

 ・プレ・ゴールデン・グローブにおけるMCNのオスカー予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_15.html

 ・MCNのオスカー予想 2012年11月最終週:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_3.html

 ・MCNのオスカー2013予想第2弾:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_6.html

 ・MCNのオスカー2013予想第1弾:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_4.html

 ・22週前の米国アカデミー賞2013 予想!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201209/article_27.html

 ・2012年のライジング・スター15人:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201209/article_35.html

 ・早くも2013年米国アカデミー賞を予想してみました(2012年3月):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_6.html

 ・全米映画賞レース2012の結果をまとめてみました(前半戦):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_51.html
 ・全米映画賞レース2012の結果をまとめてみました(後半戦):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_40.html

 ・米国アカデミー賞にノミネートされた日本人リスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200801/article_20.html
 ・米国アカデミー賞各部門の名称について:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_19.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月~2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック