釜山映画評論家協会賞2012 受賞結果!

 第13回釜山映画評論家協会賞の結果が発表になっていた(11月15日発表)ので、ここに書き出しておきます。

 昨年は12月上旬に発表されていたので、今年も12月になってから発表になるかと思っていたんですが……。

画像

 ◆作品賞
 ◎“Nameless Gangster: Rules Of The Time/범죄와의 전쟁:나쁜놈들 전성시대(犯罪との戦争)” 監督:ユン・ジョンビン

 百想芸術大賞は、『折れた矢』が作品賞を受賞。“Nameless Gangste/범죄와의 전쟁(犯罪との戦争)”が映画部門大賞を受賞。
 大鐘賞は、『王になった男』が受賞。
 韓国映画評論家協会賞と青龍映画賞は、『ピエタ』が受賞。

 ◆審査員特別賞
 ◎“Talking Architect(말하는 건축가')” 監督:チョン・ジェウン

 ◆男優賞
 ◎イ・ビョンホン 『王になった男』

 百想芸術大賞と韓国映画評論家協会賞は、アン・ソンギ(『折れた矢』)が受賞。
 大鐘賞は、イ・ビョンホンが受賞。
 青龍映画賞は、チェ・ミンシク(“Nameless Gangste/범죄와의 전쟁(犯罪との戦争)”)が受賞。

 ◆女優賞
 ◎ファン・ジョンミン “Jesus Hospital(밍크코트)”(監督:シン・アカ(신아가)、イ・サンチョル(이상철))

 百想芸術大賞は、オム・ジョンファが受賞。
 大鐘賞と韓国映画評論家協会賞は、チョ・ミンスが受賞。
 青龍映画賞は、イム・スジョン(“All About My Wife/내 아내의 모든 것(私の妻のすべて)”)が受賞。

 ◆脚本賞
 ◎“Romance Joe(로맨스조)”(監督:イ・グァングク)

 百想芸術大賞は、チョン・ゲス(“Love Fiction/러브픽션(ラブフィクション)”が受賞。
 大鐘賞は、ファン・ジョユンが受賞。
 韓国映画評論家協会賞は、ユン・ジョンビンが受賞。
 青龍映画賞は、ユン・ジョンビン(“Nameless Gangste/범죄와의 전쟁(犯罪との戦争)”)が受賞。

 ◆新人男優賞
 ◎キム・ソンギュン “이웃사람(隣人)”(監督:キム・フィ(김휘))

 キム・ソンギュンは、“Nameless Gangste/범죄와의 전쟁(犯罪との戦争)”で百想芸術大賞新人男優賞、“The Neighbors/이웃사람(隣人)”で大鐘賞新人男優賞と韓国映画評論家協会賞新人男優賞を受賞。
 青龍映画賞は、チョ・ジョンソク(조정석)(『建築学概論』)が受賞。

 ◆新人女優賞
 ◎キム・コウン(김고은) “Eungyo /은교”(監督・チョン・ジウ)

 百想芸術大賞は、スージーが受賞。
 大鐘賞と韓国映画評論家協会賞は、キム・コウンが受賞。
 青龍映画賞は、キム・コウンが受賞。

 ◆新人監督賞
 ・シン・アカ(신아가)、イ・サンチョル(이상철) “Jesus Hospital(밍크코트)”

 百想芸術大賞は、イム・チャニク(임찬익)が“Officer of the Year/체포왕(逮捕王)”で受賞。
 大鐘賞は、チェ・ジョンテ(최종태)が“Hand in Hand/해로(偕老)”で受賞。
 韓国映画評論家協会賞は、シン・アカとイ・サンチョルが受賞。
 青龍映画賞は、キム・ホンソン(김홍선)(“Traffickers/공모자들(共謀者たち)”)が受賞。

 ◆イ・ピル記念賞
 ◎オ・マンサン(오만상)(美術監督)

--------------------------------

 発表が大鐘賞(10月30日発表)と近かったこともあってか、主演男優賞、新人男優賞、新人女優賞が大鐘賞と同じになっています。

 韓国には、もうひとつ、韓国映画評論家協会賞という映画賞がありますが、これを作品賞で比較しておくと、以下のようになります。

 2001年 韓国:『春の日は過ぎ行く』 釜山:『春の日は過ぎ行く』
 2002年 韓国:『オアシス』 釜山:『復讐者に憐れみを』
 2003年 韓国:『殺人の追憶』 釜山:『地球を守れ!』
 2004年 韓国:『オールド・ボーイ』 釜山:『オールド・ボーイ』
 2005年 韓国:『デュエリスト』 釜山:『恋愛の目的』
 2006年 韓国:『家族の誕生』 釜山:『家族の誕生』
 2007年 韓国:『優雅な世界』 釜山:該当作なし
 2008年 韓国:『アバンチュールはパリで』 釜山:『アバンチュールはパリで』
 2009年 韓国:『母なる証明』 釜山:『母なる証明』
 2010年 韓国:『ポエトリー アグネスの詩』 釜山:『教授とわたし、そして映画』
 2011年 韓国:『高地戦』 釜山:『レイトオータム』

 2つの映画賞は、重なる部分も多いのですが、韓国映画評論家協会賞はわりとオーソドックスな(教科書的な)映画賞で、釜山映画評論家協会賞の方はそれとはもう少しずれた結果を出してきている映画賞、と言うことができるでしょうか。ホン・サンスは評価するけど、キム・ギドクは認めないというか。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・青龍映画賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_17.html
 ・青龍映画賞2012 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_1.html

 ・韓国映画評論家協会賞2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_5.html

 ・大鐘賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_38.html

 ・百想芸術大賞2012 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_14.html
 ・百想芸術大賞2012 テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_15.html
 ・百想芸術大賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_1.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年6月~12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック