フェニックス映画批評家協会賞2012 結果発表!

 フェニックス映画批評家協会賞(Phoenix Film Critics Society)2012の結果が発表されました。(12月18日)

画像

 ◆作品賞
 ◎『アルゴ』
 ・『アベンジャーズ』
 ・“Beasts of the Southern Wild”
 ・『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・『リンカーン』
 ・『レ・ミゼラブル』
 ・『ムーンライズ・キングダム』
 ・『世界にひとつのプレイブック』
 ・『007 スカイフォール』
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』

 サンディエゴ、セントルイス、サウス・イースタン、フロリダに続き、『アルゴ』が作品賞を受賞。

 ◆監督賞
 ・ベン・アフレック  『アルゴ』
 ◎キャスリン・ビグロー  『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ・トム・フーパー   『レ・ミゼラブル』
 ・アン・リー  『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・スティーヴン・スピルバーグ  『リンカーン』

 本命!

 ◆主演男優賞
 ◎ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』
 ・ジョン・ホークス “The Sessions”
 ・アンソニー・ホプキンス 『ヒッチコック』
 ・ヒュー・ジャックマン 『レ・ミゼラブル』
 ・ホアキン・フェニックス 『ザ・マスター』

 本命!

 ◆主演女優賞
 ◎ジェシカ・チャステイン 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ・ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック』
 ・Quvenzhané Wallis “Beasts of the Southern Wild”
 ・メアリー・エリザベス・ウィンステッド “Smashed”

 NBR、ボストン・オンライン、ワシントン、シカゴ、セントルイス、インディアナ、フロリダに続き、ジェシカ・チャステインが受賞。

 ◆助演男優賞
 ・ハビエル・バルデム 『007 スカイフォール』
 ・ロバート・デニーロ 『世界にひとつのプレイブック』
 ◎フィリップ・シーモア・ホフマン 『ザ・マスター』
 ・トミー・リー・ジョーンズ 『リンカーン』
 ・エズラ・ミラー “The Perks of Being a Wallflower”

 ワシントン、カンザスシティ、シカゴ、サウス・イースタン、トロント、フロリダに続き、フィリップ・シーモア・ホフマンが助演男優賞受賞。

 ◆助演女優賞
 ・ジュディー・デンチ 『007 スカイフォール』
 ・サリー・フィールド 『リンカーン』
 ◎アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』
 ・ヘレン・ハント “The Sessions”
 ・エマ・ワトソン “The Perks of Being a Wallflower”

 本命!

 ◆オリジナル脚本賞
 ・ポール・トーマス・アンダーソン 『ザ・マスター』
 ◎ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ 『ムーンライズ・キングダム』
 ・マーク・ボール 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ・ニコラス・ジャレッキー “Arbitrage”

 サウス・イースタンに続き、『ムーンライズ・キングダム』が受賞。

 ◆脚色賞
 ・スティーヴン・チョボスキー “The Perks of Being a Wallflower”
 ・ウィリアム・ニコルソン  『レ・ミゼラブル』
 ・デイヴィッド・O・ラッセル 『世界にひとつのプレイブック』
 ◎クリス・テリオ 『アルゴ』

 『アルゴ』は、ロサンゼルスで脚本賞受賞、サンディエゴ、カンザスシティ、サウス・イースタン、フロリダで脚色賞受賞。

 ◆撮影賞
 ・ダニー・コーエン 『レ・ミゼラブル』
 ・ロジャー・ディーキンス 『007 スカイフォール』
 ・グレッグ・フレイザー 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ・ヤヌス・カミンスキー 『リンカーン』
 ◎クラウディオ・ミランダ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 本命!

 ◆編集賞
 ・スチュアート・ベアード 『007 スカイフォール』
 ◎ウィリアム・ゴールデンバーグ 『アルゴ』
 ・ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ・リー・スミス 『ダークナイト・ライジング』
 ・ティム・スキアーズ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 サンディエゴ、サンフランシスコに続き、『アルゴ』が編集賞受賞。

 ◆美術賞
 ・Hugh Bateup、ウリ・ハニッシュ 『クラウド アトラス』
 ・サラ・グリーンウッド  “Anna Karenina”
 ・Dan Hennah 『ホビット 思いがけない冒険』
 ・イヴ・スチュアート 『レ・ミゼラブル』
 ◎アダム・ストックハウゼン 『ムーンライズ・キングダム』

 サンフランシスコ、シカゴに続き、『ムーンライズ・キングダム』が美術賞受賞。

 ◆衣裳デザイン賞
 ・ボブ・バック、アン・マスクリー 、リチャード・テイラー 『ホビット 思いがけない冒険』
 ・パコ・デルガド  『レ・ミゼラブル』
 ◎ジャクリーヌ・デュラン “Anna Karenina”
 ・ジョアンナ・ジョンストン 『リンカーン』
 ・マノン・ラスムッセン “A Royal Affair”

 ラスベガスに続き、“Anna Karenina”が衣裳デザイン賞受賞。

 ◆視覚効果賞
 ・『アベンジャーズ』
 ・『クラウド アトラス』
 ・『ホビット 思いがけない冒険』
 ◎『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・『プロメテウス』

 本命!

 ◆オリジナル作曲賞
 ・マイケル・ダナ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・ダニー・エルフマン 『ヒッチコック』
 ◎トーマス・ニューマン 『007 スカイフォール』
 ・ジョン・ウィリアムズ 『リンカーン』

 インディアナに続き、『007 スカイフォール』が受賞。

 ◆オリジナル歌曲賞
 ◎『007 スカイフォール』-‘Skyfall’ アデル・アドキンス、ポール・エプワース
 ・『レ・ミゼラブル』-‘Suddenly’ アラン・ブーブリル、クロード=ミシェル・シェーンベルク
 ・『シュガー・ラッシュ』-‘When Can I See You Again’ アダム・ヤング

 ラスベガスに続き、『007 スカイフォール』が受賞。

 ◆ヤング男優賞(Best Performance by a Youth in a Lead or Supporting Role – Male)
 ・C・J・Adams “The Odd Life of Timothy Green”
 ・ジャレッド・ギルマン  『ムーンライズ・キングダム』
 ◎トム・ホランド  『インポッシブル』
 ・Daniel Huttlestone 『レ・ミゼラブル』

 ◆ヤング女優賞(Best Performance by a Youth in a Lead or Supporting Role – Female)
 ・イザベル・アレン  『レ・ミゼラブル』
 ・モード・アパトウ “This Is 40”
 ・カーラ・ヘイワード  『ムーンライズ・キングダム』
 ◎Quvenzhané Wallis  “Beasts of the Southern Wild”

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Best Breakthrough Performance on Camera)
 ・マーク・デュプラス “Safety Not Guaranteed”
 ・Dwight Henry  “Beasts of the Southern Wild”
 ・スラージ・シャルマ  『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ◎Quvenzhané Wallis  “Beasts of the Southern Wild”

 ◆ブレイクスルー監督賞(Best Breakthrough Performance Behind the Camera)
 ・スティーヴン・チョボスキー “The Perks of Being a Wallflower”
 ・セス・マクファーレン 『テッド』
 ◎Benh Zeitlin “Beasts of the Southern Wild”
 ・Craig Zobel “Compliance”

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble Acting)
 ・『アルゴ』
 ・『レ・ミゼラブル』
 ◎『ムーンライズ・キングダム』
 ・『世界にひとつのプレイブック』

 ボストン・オンラインに続き、『ムーンライズ・キングダム』が受賞。

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Bully”(米) 監督:Lee Hirsch
 ・『二郎は鮨の夢を見る』“Jiro Dreams Of Sushi”(米) 監督:ダイヴィッド・ゲルブb
 ・“The Queen of Versailles”(米) 監督:ローレン・グリーンフィールド(Lauren Greenfield)
 ◎『シュガーマン 奇跡に愛された男』(スウェーデン・英) 監督:マリク・ベンジェルール

 セントルイス、インディアナに続き、『シュガーマン 奇跡に愛された男』が受賞。

 ◆アニメーション賞
 ・『メリダとおそろしの森』
 ・『フランケンウィニー』
 ・『パラノーマン ブライス ・ホローの謎』
 ◎『シュガー・ラッシュ』

 NBR、セントルイスに続き、『シュガー・ラッシュ』が受賞。

 ◆外国語映画賞
 ・『愛、アムール』(オーストリア・仏・独) 監督:ミヒャエル・ハネケ
 ・『ヘッドハンター』“Headhunters”(ノルウェー・独 監督:モルテン・ティルドゥム(Morten Tyldum)
 ◎『最強のふたり』(仏) 監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
 ・『二郎は鮨の夢を見る』“Jiro Dreams Of Sushi”(米) 監督:ダイヴィッド・ゲルブb
 ・“A Royal Affair”(デンマーク・スウェーデン・仏) 監督:ニコライ・アーセル

 アフリカン・アメリカン、サテライト、セントルイス、サウス・イースタン、フロリダに続き、『最強のふたり』が受賞。

 ◆スタント賞
 ・『アベンジャーズ』
 ・『ボーン・レガシー』
 ・『ダークナイト・ライジング』
 ・『LOOPER/ルーパー』
 ◎『007 スカイフォール』

 ◆実写ファミリー映画賞(Best Live Action Family Film)
 ・『だれもがクジラを愛してる。』“Big Miracle” 監督:ケン・クワピス
 ・“Chimpanzee” 監督:アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド
 ◎『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・“The Odd Life of Timothy Green” 監督:ピーター・ヘッジス

 ◆見逃されがちな映画で賞(Most Overlooked Film)
 ・『キャビン』 監督:ドリュー・ゴダード
 ・『ハッピーニート おちこぼれ兄弟の小さな奇跡』“Jeff, Who Lives at Home” 監督:ジェイ・デュプラス
 ・“The Perks of Being a Wallflower” 監督:スティーヴン・チョボスキー
 ◎“Safety Not Guaranteed” 監督:Colin Trevorrow
 ・“Sound of My Voice” 監督:Zal Batmanglij

--------------------------------

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・『レ・ミゼラブル』(1/12):作品・監督・主演男優・助演女優・脚色・撮影・美術・衣裳・歌曲・ヤング男優・ヤング女優・アンサンブル
 ・『リンカーン』(1/8):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・撮影・衣裳・作曲
 ・『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(3/8):作品・監督・撮影・編集・視覚効果・作曲・ブレイク・ファミリー
 ・『007 スカイフォール』(3/8):作品・助演男優・助演女優・撮影・編集・作曲・歌曲・スタント
 ・“Beasts of the Southern Wild”(3/6):作品・主演女優・ヤング女優・ブレイク・ブレイク・ブレイク監督
 ・『ムーンライズ・キングダム』(3/6):作品・脚本・美術・ヤング男優・ヤング女優・アンサンブル
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』(2/6):作品・監督・主演女優・脚本・撮影・編集
 ・『アルゴ』(3/5):作品・監督・脚色・編集・アンサンブル
 ・『世界にひとつのプレイブック』(0/5):作品・主演女優・助演男優・脚色・アンサンブル
 ・“The Perks of Being a Wallflower”(0/5):助演男優・助演女優・脚色・ブレイク監督・見逃
 ・『アベンジャーズ』(0/3):作品・視覚効果・スタント
 ・『ザ・マスター』(1/3):主演男優・助演男優・脚本
 ・『ホビット 思いがけない冒険』(0/3):美術・衣裳・視覚効果
 ・“The Sessions”(0/2):主演男優・助演女優
 ・『ヒッチコック』(0/2):主演男優・作曲
 ・『ダークナイト・ライジング』(0/2):編集・スタント
 ・『クラウド アトラス』(0/2):美術・視覚効果
 ・“Anna Karenina”(1/2):美術・衣裳
 ・“A Royal Affair”(0/2):衣裳・外国語映画
 ・『シュガー・ラッシュ』(1/2):歌曲・アニメーション
 ・“The Odd Life of Timothy Green”(0/2):ヤング男優・ファミリー
 ・“Safety Not Guaranteed”(1/2):ブレイク・見逃
 ・『二郎は鮨の夢を見る』(0/2):ドキュメンタリー・外国語映画

 作品賞の本命と目されながら、一向に作品賞や監督賞を受賞できない『リンカーン』。それに対して、どんどん受賞歴を重ねていく『ゼロ・ダーク・サーティ』。この2作品の対決の陰で、しっかりと受賞数を稼いでいく『アルゴ』、『ザ・マスター』、『レ・ミゼラブル』、『ムーンライズ・キングダム』、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』、『007 スカイフォール』、“Beasts of the Southern Wild”。なんだか、そういう構図ができつつありますね。


 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・フェニックス映画批評家協会賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_34.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_32.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_65.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_58.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_39.html
 ・フェニックス映画批評家協会賞2008 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_27.html

 ・全米映画賞レース2012の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_51.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月~2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック