サンディエゴ映画批評家協会賞2012 発表!

 サンディエゴ映画批評家協会賞(San Diego Film Critics Society)2012の結果が発表されました。(12月11日)

画像

 ◆作品賞
 ◎『アルゴ』 監督:ベン・アフレック
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』 監督:クエンティン・タランティーノ
 ・『世界にひとつのプレイブック』 監督:デイヴィッド・O・ラッセル
 ・『ザ・マスター』 監督:ポール・トーマス・アンダーソン
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』 監督:キャスリン・ビグロー

 ◆監督賞
 ・アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ◎ベン・アフレック 『アルゴ』
 ・デイヴィッド・O・ラッセル 『世界にひとつのプレイブック』
 ・キャスリン・ビグロー 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ・ポール・トーマス・アンダーソン 『ザ・マスター』

 ◆主演男優賞
 ・ブラッドリー・クーパー 『世界にひとつのプレイブック』
 ◎ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』
 ・ヒュー・ジャックマン 『レ・ミゼラブル』
 ・ホアキン・フェニックス 『ザ・マスター』
 ・ジョン・ホークス “The Sessions”(監督:ベン・リューイン)

 ◆主演女優賞
 ・ヘレン・ハント “The Sessions”
 ・ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック』
 ・ジェシカ・チャステイン 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ◎ミシェル・ウィリアムズ 『テイク・ディス・ワルツ』(監督:サラ・ポーリー)
 ・ナオミ・ワッツ 『インポッシブル』(米・西)(監督:フアン・アントニオ・バヨナ)

 ◆助演男優賞
 ・アラン・アーキン 『アルゴ』
 ◎クリストフ・ヴァルツ 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・クリストファー・ウォーケン “Seven Psychopaths”(監督:マーティン・マクドナー)
 ・マシュー・マコノヒー 『キラー・スナイパー』(監督:ウィリアム・フリードキン)
 ・フィリップ・シーモア・ホフマン 『ザ・マスター』

 ◆助演女優賞
 ・エイミー・アダムス 『ザ・マスター』
 ・アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』
 ◎エマ・ワトソン “The Perks Of Being A Wallflower”(監督:スティーヴン・チョボスキー)
 ・Rebel Wilson “Pitch Perfect”(監督:Jason Moore)
 ・サマンサ・バンクス 『レ・ミゼラブル』

 ◆オリジナル脚本賞
 ・クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ 『ムーンライズ・キングダム』
 ・サラ・ポーリー 『テイク・ディス・ワルツ』
 ・ジョス・ウィードン 『キャビン』(監督:ドリュー・ゴダード)
 ◎ポール・トーマス・アンダーソン 『ザ・マスター』

 ◆脚色賞
 ◎クリス・テリオ 『アルゴ』
 ・デイヴィッド・マギー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・トニー・クシュナー 『リンカーン』
 ・デイヴィッド・O・ラッセル 『世界にひとつのプレイブック』
 ・スティーヴン・チョボスキー “The Perks Of Being A Wallflower”

 ◆撮影賞
 ・Ben Richardson “Beasts Of The Southern Wild”
 ・ロバート・リチャードソン 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・ダニー・コーエン 『レ・ミゼラブル』
 ◎クラウディオ・ミランダ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・ミハイ・マライメア・ジュニア 『ザ・マスター』

 ◆編集賞
 ◎ウィリアム・ゴールデンバーグ 『アルゴ』
 ・ブライアン・A・ケイツ、John Paul Horstmann “Killing Them Softly”(監督:アンドリュー・ドミニク)
 ・ティム・スキアーズ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・レスリー・ジョーンズ、ピーター・マクナルティー 『ザ・マスター』
 ・ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー 『ゼロ・ダーク・サーティ』

 ◆美術賞
 ・サラ・グリーンウッド “Anna Karenina”(監督:ジョー・ライト)
 ・シャロン・シーモア 『アルゴ』
 ◎Hugh Bateup、ウリ・ハニッシュ 『クラウド アトラス』
 ・イヴ・スチュアート 『レ・ミゼラブル』
 ・アダム・ストックハウゼン 『ムーンライズ・キングダム』

 ◆作曲賞(Best Score)
 ・アレクサンドル・デプラ 『アルゴ』
 ・Benh Zeitlin、Dan Romer “Beasts Of The Southern Wild”
 ・マイケル・ダナ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・アレクサンドル・デプラ 『ムーンライズ・キングダム』
 ◎ジョニー・グリーンウッド 『ザ・マスター』

 ◆アンサンブル・パフォーマンス賞(Best Ensemble Performance)
 ・『アルゴ』
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・『レ・ミゼラブル』
 ・“Seven Psychopaths”
 ◎“The Perks Of Being A Wallflower”

 ◆アニメーション賞
 ・『メリダとおそろしの森』 監督:マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン
 ・『フランケンウィニー』 監督:ティム・バートン
 ◎『パラノーマン ブライス・ ホローの謎』 監督:クリス・バトラー、サム・フェル
 ・“Rise of The Guardians”『不思議の国のガーディアン』(米) 監督:ピーター・ラムジー
 ・『シュガー・ラッシュ』 監督:リッチ・ムーア

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Bully” 監督:Lee Hirsch
 ・『二郎は鮨の夢を見る』“Jiro Dreams Of Sushi” 監督:デイヴィッド・ゲルブ(David Gelb)
 ・“The Queen of Versailles” 監督:ローレン・グリーンフィールド(Lauren Greenfield)
 ・“Samsara” 監督:ロン・フリック
 ◎“The Invisible War” 監督:カービー・ディック(Kirby Dick)

 ◆外国語映画賞
 ・『愛、アムール』(オーストリア・仏・独) 監督:ミヒャエル・ハネケ
 ・『ヘッドハンター』“Headhunters”(ノルウェー・独 監督:モルテン・ティルドゥム(Morten Tyldum)
 ・“Holy Motors”(仏・独) 監督:レオス・カラックス
 ・『最強のふたり』(仏) 監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
 ◎『少年と自転車』(ベルギー・仏・伊) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

 ◆Body of Work for 2012
 ◎グレッグ・フレイザー(撮影監督) 『ゼロ・ダーク・サーティ』、“Killing Them Softly”、『スノーホワイト』

 ◆Kyle Counts Award
 ◎Dan Bennett(Member Emeritus SDFCS、North County Times Film Critic、International Children’s Film Festival)

--------------------------------

 『アルゴ』に4部門、『ザ・マスター』に2部門も賞を与えるという、現時点ではちょっと特異にも見えるチョイスをしています。

 主演女優賞や外国語映画賞も他の映画賞では選ばないようなチョイスがなされています。

 その一方で、撮影賞、美術賞、作曲賞は、本命らしきものが見えつつあるように思えます。

 こういうチョイスをする映画批評家協会賞の会員はどのくらいいるのかと思って調べてみたら、現在、サンディエゴ映画批評家協会賞は21名で、2年前より3名増えています。

 このくらいの規模だと、発言力のある人や影響力の強い人に影響されてしまいがちで、その結果、こうなったとも考えられますが、どうでしょうか。(ちなみに、個性的な結果を出す映画批評家協会賞として知られているロサンゼルス映画批評家協会賞は、現在57名の会員がいます。)

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_21.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_30.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_34.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_26.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2008 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_27.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年6月~2013年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_9.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック